自然の造形や人工の構造物の中には、曲線で構成されている景色がある。特にS字形または、S字の左右反転形に見える風景は、流動感やリズムを連想させることが多く、これを上手く取り入れるとS字構図になる。
 

【ポイント】
 風景の中にS字を見つける。
 風景の中のS字を強調するように切り取ると、画面に奥行きを与えることが出来る。
 
【注意点】
 (1) ハイアングルから撮影したほうが効果を出しやすいようだ。
 (2) 広角レンズでデフォルメするよりも望遠系で、おもしろい部分を切り取り、望遠レンズ
   の圧縮効果を狙いたい。

【 作 例 】
<例 32_1> 尾瀬ヶ原の木道
 作例は、銀塩時代の写真で、池塘(ちとう)を避けながら尾瀬ヶ原に伸びる木道を早朝のハイカーのいない時間帯に撮影した1カットだ。木道は池塘を左右に避けているので必然的に蛇行するが、これから向かう燧ヶ岳のシルエットを遠景に配して、早朝の尾瀬ヶ原の優しさと奥行きを表現した。

<例 32_2> ワインディングロード
 作例は、東京都墨田区の地蔵通商店街をアイレベルから撮影した1カットだ。商店街だがワインディングロードのようなおもしろさがある。
 被写体から離れて、長めのレンズで撮った方が圧縮したような効果が期待できる。しかし、撮影場所よりも引いてしまうとS字の全景が撮れなかったので、作例では90mm相当の焦点距離にした。この時、電柱が傾いていると不自然になるので注意したい。
 <撮影データ> 90mm相当 ,f 4.5 ,1/320秒 ,-0.3EV ,PowerShot A650 IS
 











< 例 32_1 尾瀬ヶ原



< 例 32_2 ワインディングロード








撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.32 S字構図  奥行きとリズム感を表現する

cf銀塩時代P.3 ほか 

ついでにウォーキング