撮影技法 No.155 冬ボタンを撮る 空の青さも強調したい   cf.1月中旬

ついでにウォーキング

 撮影技法No.131 では、春のボタンを華やかに撮るテクニックの一例を紹介した。今回
は冬バージョンになる。厳寒のこの時期、快晴の空のもと雪囲いを纏
(まと)健気(けなげ)に咲く冬ボタン※1を表現してみたい。

【 ポイント 】 マニュアル露出+補助光+ローアングルで切り取る
  露出はマニュアルで快晴の空に合わせ、青空も取り入れたい。

【注 意 点】 複合技になる。個々のテクニックをマスターしていないと、まとまりが無く、
 作品になりにくい。自宅の鉢植などで予行演習をしておきたい。

【共通条件】 上野東照宮ぼたん苑 東京都台東区上野公園9-88
 手持ち撮影 ,COOLPIX P7700 ,28-200mm相当 ,f 2-4,WB:晴れ,フラッシュ
  DMW-FL360,オフカメラケーブル

【作例解説】
<例 155_1> 絞り優先、アイレベル
 アイレベルから絞り優先モードで、ボタン、雪囲い、背景の五重塔と青空を撮影した。
フォーカスは花に合わせている。露出はフォーカスポイントに合わせる設定なので、ボタンの花は、ほぼ適正露光だが明暗差が大きく五重塔も青空も飛んでいる※2
<撮影データ> 30mm相当,f 2.5 ,1/100秒 , 露出補正なし

<例 155_2> 露出補正-2EV
 そこで、2段階マイナス側に露出補正をした。五重塔は見えてきたが空の色はでない。
主役のボタンがアンダーになり過ぎている。
<撮影データ> 30mm相当, f 2.5 ,1/400秒 ,-2EV

<例 155_3> マニュアル露出
 絞り優先モードのままで、レンズを空に向けて(太陽は入れない)露出を測ると f 2.8 ,
1/1000秒 と表示されたので、露出モードをマニュアル※3に切り替え、この条件をセット
した。フラッシュにオフカメラケーブルを取付け、ガイドナンバー(GN)を2.5から順次変えながら数カット撮影すると、GN 4 のときにボタンに対して、ほぼ適正露光になった。
<撮影データ>  30mm相当,f 2.8 ,1/1000秒 ,フラッシュ使用 GN 4

<例 155_4> ウエストレベル
 雪囲いが五重塔の先に被ってしまったので、右斜め前に半歩前進しウエストレベルから、同じ条件で切り取った。空も青く、希望の構図に表現できた※4
<撮影データ> 30mm相当,f 2.8 ,1/1000秒 ,フラッシュ使用 GN 4












<例 155_1 アイレベル


<例 155_2 -2EV補正


<例 155_3 フラッシュ使用



<例 155_4 構図を微調整






撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


※1 寒牡丹と冬牡丹は同じとしている辞典もあるが、上野東照宮は区別している。 特集No.79 参照

※2 デジカメにHDRの機能があれば、表現できるはずだが、使用するコンデジにはこの機能はない。
    光(photo)で 描(graph)く ことが写真(photograph)の基本なので、当分HDRを使う予定はない。

※3 露出について、AELの機能はあるが今回は使用しない。AELはファインダーから目を離さない
    ような状況では有効だが、今回のように(フラッシュの)設定を順次変えながら撮り続ける場合は、
    マニュアル操作が適している。AELは、時間経過や何か別の操作によってキャンセルされて
    しまうため、時間をかけてじっくり撮る時には適さない

※4 欲張りすぎてテーマが引き立たない。やはり写真は引き算が基本だ。分かっているが、・・・