撮影技法 No.157 質感を描写する(その2) コンデジ編  

cf1月下旬 

ついでにウォーキング

 コンデジの質感描写を 撮影技法No.79 で試したところ、ほぼ満足できる結果が得られて安心していた。昨年、主力機のコンデジを更新したが、後継機は十分な試写をしないまま使い続けてしまった。だいぶ遅いが試写の機会があったので、現像の考え方と結果を紹介したい。モデルには柴又帝釈天を飾る木彫 「常不軽菩薩受難の図」 から怒る3人に協力してもらった。

1.撮 影 条 件
  COOLPIX P7700(1200万画素),100mm相当 ,f 4.0 ,1/20秒,
              ISO 100 ,WB:晴れ ,RAW保存
2.画像編集ソフト  Silkypix developer Sutdio Pro
3.編 集 作 業  編集作業の考え方と手順、及びその結果を以下に示した。
4.ま と め  画像編集ソフトの機能を活用すれば※1コンデジでも質感描写がある程度でき
          ることを再確認できた。ほぼ満足のいく画像になった。JPG画像も同時保存※2
          しているがJPG画像では、ここまでの補正はむずかしい。ちなみに後継機のほ
          うが画質が良さそうだ※4

※1 RAWデータは、撮像素子から出力された信号をデジタル化したデータで、汎用画像データになっていない。
   各種のパラメータを与えて画像データに変換(これを現像するという)することが前提になっている。RAWで保
   存するということは、これに対応した現像ソフトを使うことが必須条件になり、それなりの勉強が必要だ。

※2
 RAWで撮るという表現は、あまり正しくない。撮像素子から出力される信号はすべてRAW(生:なま)だ。
   初期設定では、この信号をカメラ内で現像処理し、JPEG規格※3の静止画像データとしてメモリーカードに
   保存するようになっていることが多い。この現像には各メーカーの画作りの考え方が反映されているが、その
   結果が、いつもカメラマンにとってベストとは限らない。
    保存方法の設定としてJPG保存、RAW保存、JPG・RAW同時保存のどれかを選ぶことになる。使用中のコン
   デジもこの表現になっている。

※3 JIS X 4301:1995 「 標題 連続階調静止画像のディジタル圧縮及び符号処理―第1部 要件及び指針 」と
   して日本工業規格になっている。制定年月日 1995年1月1日

※4 
C社とN社のコンデジを同じ条件で厳密に比較したわけではないので、感覚的な話になる。










<例_1
常不軽菩薩受難の図より


 
手順
全 体 拡大画像
ひとりを等倍に切り出した
編集作業 
 ① 質感描写にブレ・ボケは大敵だが、場所がら三
  脚は使用できない。見学者の少ない平日に一脚
  を使用して撮影した。
 ② 左の写真は、RAWから撮影時の条件のまま現像
  した。画像は修正していない。
 ③ 右の等倍画像は、コンデジとしては良好だが、
  光線状態が悪く立体感とコントラストに欠ける。
 以下は画像編集ソフトによる作業
 ④ そこで、画像編集ソフトでモノクロに変換した。
 ⑤ 編集ソフトのシャープネスの項目を「シャープなし」
  から「ナチュラルファイン」に変更した。
  コントラストは出てきたが、陰影が弱い。
  ⑥ 全体に陰影が弱く立体感に欠けるので、編集ソフト
  の黒レベルを 0(規定値)から 43(max100) に変更
  した。影は強くなったが全体にアンダーになった。
  ( モノクロ画像で黒レベルを上げれば、全体に黒くな
  るのは当然で、カラー画面のまま作業した方が良い
  結果になるかもしれない。)
 ⑦ そこで、露出を+0.5EV補正した。
  陰影がハッキリとし、立体感とともにコントラストが
  ついて、ほぼ希望の質感・・・木彫の柔らかさの中に
  も険しい緊張感が漂う・・・を表現できた。


 
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る