<例_1 供養塔の図より


 
手順 全 体 拡大画像
天女を等倍に切り出した
編集作業 
 ① 質感描写にブレ・ボケは大敵だが、場所がら
  三脚は使用できない。見学者の少ない平日に
  一脚を使用した。
 ② 左の写真は、RAWから撮影時の条件のまま
  現像した。画質は修正していない。
 ③ 拡大画像(等倍に切り出した天女)は、コン
  デジとしては良好だが、質感にやや欠ける。
 以下は画像編集ソフトによる作業
  ④ そこで、画像編集ソフトでモノクロに変換
  した。一般の画像編集ソフトでも彩度をゼロ
  にすると簡単にモノクロになる。
 ⑤ 年代を経た欅(ケヤキ)の色や積もった埃
  (ほこり)の色が白黒に還元され少ししまっ
  て見える。
  ⑥ さらに鮮明さがほしいので、編集ソフトの
  シャープネスをナチュラル(デフォルト)か
  らナチュラルファインに1段階補正した。1m
  くらいから見ると拡大画像でも十分に鮮明だ。


  ⑦ 操作3で終了にしても問題ない。こから先は
  好みの世界だ。被写体が木彫であるとこと考え
  ると、もう少し柔らかい描写がほしい。
 ⑧ そこで、編集ソフトの調子を「やや軟調」に
  変更した。木彫の柔らかさと併せて、年月を経
  た被写体の質感をある程度表現できた。
 
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る 


撮影技法 No.79 質感を描写する_1 コンデジ編  

cf11月中旬 

ついでにウォーキング

 被写体の微妙なテクスチャー※1までも写し取る質感描写といえば、銀塩時代ならブローニーフィルム※2の中判カメラか、シートフィルムを使用する大判カメラの世界だった※3。35ミリ判カメラでは太刀打ちできないものがあった。デジカメで、どこまで質感描写できるか、画像編集ソフトの力も借りてトライした。無謀にもコンデジから始めてみたい。被写体には、柴又帝釈天の木彫「供養塔の図」の天女と僧に協力してもらうことにした。

1.撮影条件 Canon PowerShot G12(1000万画素),100mm相当,f4.5 ,
       1/320秒,ISO 100,フラッシュ使用1/4補正,WB:晴れ,RAW保存
2.画像編集ソフト  Silkypix developer Sutdio Pro
3.編 集 作 業  編集作業の手順とその結果を以下に示した。
4.まとめ  十分とまではいえないが、コンデジでも条件の整えて画像編集ソフトの
       機能を活用すれば、質感描写がある程度できることが分かった。

※1 texture (織物の)織り方、織地、生地、(一般に)織物;(視覚的・感触的な)表面の感じ。
※2
 ( ブローニーはアメリカBrownie ) 写真フィルムのサイズの一つ。幅6cm、長さ9cmの
   大きさ。アメリカのイーストマンコダック社製のブローニーカメラの寸法からいう。
    補足 ほかにも 6×4.5,6×6,6×7、6×8cmなどのサイズがある。ロールフィルム。


※3 銀塩時代の話だ。
精緻な風景写真を追求する写真部員たちは、35ミリ一眼レフから中判、大判カメラへと乗り換えていった。
しかし、機材は重く機動性は失われ撮影ポイントは車から降りて、すぐ撮れる場所に限定されるようになり、写真は平凡になっていった。

偉そうなことは言えない。当時ついでにウォーキングも 6×6 を使っていた。

機材は体力とコストを考慮して選びたい。過去の反省から今では、小型軽量・リーズナブルを心がけている。