ついでにウォーキング




GH2ボディ

 < DMC-GH2 > Panasonic
  平成24年12月29日に、ついでにウォーキングの仲間になったマイクロフォーサーズの一眼だ。
 DMC-G1の後継機にするためにというより、家電量販店でこのシルバーボディーが一時的?に
 急減な値下がりをみせたので衝動的に注文してしまった。その数ヶ月後、販売終了になったが、
 その時の価格よりも大分安く入手できた。ピントを合わせたい箇所をモニター上でタッチするだ
 けで、そこにピントと露出を合わせてくれる。若干の修正は必要だが、タッチ式のモニターのお
 陰で、マクロ撮影がスムーズにできるようになった。1600万画素になり、十分な解像感がある。
 APS-Cサイズの一眼に引けを取ることはないだろう。  平成28年12月 引退

パソコン  
 自作6号機
  パソコンは平成23年11月13日に更新し、自作6号機になった。CPUは PhenomU×6、 メモ
 リーは12GB、ハードディスクは合計3TBを乗せている。OSは32bit の Windows7 professional を
 使用している。
  平成27年9月20日 主力機からセカンドマシンに用途変更


 < α55 >
 SONY
  平成23年4月30日、α350を下取りに出してボディを購入した。レンズは従来からのSIGMA
 18-200mm,F3.5-6.3DCを付けている。

  これから試し撮りをして本格デビューの予定だ。少しいじってみたが、EVF(電子ビュー
 ファインダー)の像がルミックス G1と比べても今ひとつ鮮明でなく、ざらついた感じが残る。
 また、非常に多機能なカメラだが、今まで購入したデジカメの中では、取扱説明書が一番貧
 弱のようだ。多機能な部分はあまり使う予定はないが、感心しない。その他にもネット上には、
 色々な欠点が指摘されているが未確認だ。
  何れにしても、小型軽量は、ついでにウォーキングとっては代え難い性能だ。どんどん使って
 行きたいと思う。

  試し撮りの結果、このカメラは暑さにひどく弱く、活躍は冬場中心になりそうだ。
 平成27年6月20日引退

 
        
 <TAMRON SP 60mm F/2 MACRO > TAMRON
  平成24年3月8日、α55用にマクロレンズを購入した。レンズメーカーのものだが定評がある
 レンズだ。銀塩時代は、T社の初代の90mmF2.5マクロを使用していた。内面反射があり逆光
 に弱かったが、順光では十分な解像度と切れのあるレンズだった。

  一方、このレンズは開放F値が2と明るいことが特徴だ。逆光にも強そうだ。α55ともよくマッチ
 している。長めのフードも気に入っている。ただ、マニュアル時のフォーカスリングが動きがやや
 渋いのが難点だ。クラッチ機構に少し問題があるかもしれないが、描写については十分なもの
 があり、カメラ側の解像度がさらに高くても対応できそうだ。
 平成27年6月20日引退

14〜45mm,F3.5-5.6

 < Lumix DMC-G1
& 14-45mm Panasonic              
  一眼レフカメラのように見えるが、レフレックスミラーがないので、一眼レフではない。メー
 カーも「一眼」と称している。マイクロフォーサーズ規格に準拠したカメラで、撮像素子は有効
 画素数1210万画素の4/3型LiveMOSセンサーが使われている。フルサイズの35ミリデジカメと
 比べて、ほぼ4分の1のサイズになっている。平成21年12月2日デビュー
  このため、レンズの焦点距離は、2倍すると35ミリ換算値になる。ダブルズームキットなので、
 レンズは14〜45mm,F3.5-5.645-200mm,F4.0−5.6の2本あり、ともに光学式手ブレ補
 正機能が付いている。

  カメラとレンズ2本の合計重量は、ちょうど1kgあり、フリーアングルモニターを搭載しており
 メーカーは異なるものの機能的には、ミノルタのデジマージュA200の後継機になっている。
 平成27年6月20日引退


14-140mm,F4.0-5.8
 
 < Lumix G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 >  Panasonic
  35mm換算で28〜280mm相当の高倍率ズームになる。重量は460gで、カメラG1と合わせて
 840gだ。カメラと比べてやや重く首から下げた時に下を向いてしまうが、ズームが自重で伸び
 てしまうことはない。光学手ぶれ補正機構があり、ファインダー像がピタリと張り付いたように
 動かないのは、精神衛生上大変よろしい。
  ズーム全域で50cmまで近接撮影ができる。・・・基準点は撮像素子の位置で、カメラの軍艦
 部にΦのマークがある。・・・ 280mmの時は、レンズの先端から被写体まで35cmになる。
 最大撮影倍率は0.2になる(35mm換算0.4倍)。このレンズとNo.2のクローズアップレンズを合
 わせると、ついでにウォーキングが対象とする被写体のほぼすべてに対応できる。
  肝心の画質だが、高倍率ズームとしては、まずまずだろう。遮光効果を十分に期待できる
 大型の花形フードが気に入っている。
 平成27年6月20日引退

 
 <PowerShot G12>
 Canon  cf.番外編 キヤノン
  ついでにウォーキングの主力機はコンデジの Canon PowerShot A650 IS だった。大分使
 い込んだので、いつ壊れてもおかしくないような状態なので、PowerShot G12を後継機として
 購入した。(H23年4月30日)

  このカメラの2世代前のPowerShot G10は、いつもカバンに入れておき、仕事や通勤写真
 に使用してきたが、フリーアングルモニターがなく、ついでにウォーキングの正式メンバーでは
 なかった。 このG10を下取りに出すことにした。α350よりも高値が付き、その分G12を安く
 入手できた。

  試し撮りで、仕様書やキヤノンのHPでも宣伝していない機能をひとつ発見して驚いた。
 外付けのフラッシュを使用すると、シャッター速度1/4000秒でもシンクロする。内蔵フラッシュ
 の場合は1/2000秒になる。撮影技法No.02日中シンクロ などで大変有利になる。
  
  多機能ではなく高機能を求めているついでにウォーキングにぴったりの仕様だ。
 ちなみに、バッテリーはG10と同じものが使える。大量撮影術でもバッテリーが3個あれば、
 2日程度は使えるので得した気分だ。ただ、A3ノビに印字すると描写が、ややゆるい。
 もっと高性能なコンデジがほしくなる。これは病気だ。σ(^◇^;)

  ついでに、G12と一緒に持ち歩く小物も紹介しておきたい。上段左から順に
 @ フィルターアダプター Canon FILTER ADAPTER FD-DC58B フィルターワークに必須
 A LEDフラットライト LPL LEDライトVL-136
 B フラッシュライト Panasonic PE-28S
 C クローズアップレンズ Canon 58mm CLOSE-UP LENS 500D ( CL.2相当 )
 D サーキュラーPLフィルター CF-SWCP62 , ステップアップリング 58→62
 E 三脚 撮影技法 6062 など参照 ,一脚のときもある。撮影技法 59 など参照

  平成25年2月24日、主力機の PowerShot G12 が故障した。写真は極端な露出オーバーに
 なり、拡大してみると横のラインが所々白く抜けている。シャッター速度は、みな1/2000秒と表示
 され赤くフリッカーして変更できない。
  電気的なトラブルのようだ。さらに、オートフォーカスが効かず時々異音がする。こちらは機械
 的なトラブルだろう。軽くたたいてみるとフォーカスだけが一時的に復旧することもあるが、これ
 では使えない。
  修理費が購入価格の半分を超えるときは、迷わず更新する。しかし、使用期間1年10ヶ月で
 致命的な故障というのは早すぎる。C社のコンデジは、次期主力コンデジの候補からはずれる
 ことになる。

 
 
       
 <PowerShot A650 IS>
 Canon
  RAWには対応していないが、1210万画素の実力は、少しシャープネスを掛ければA3ノビに
 印字しても十分鑑賞に耐える。植物をローアングルで撮影することが多いので手ぶれ補正と
 ともにフリーアングルの液晶モニターは必需品である。

  レンズの焦点距離は7.4〜44.4mm(35mmフィルム換算35〜210mm)となっている。広角側が
 やや物足りない。また、広角側でのタル型の歪曲収差が大きいため、画像編集ソフトで修正
 することにしている。

  また、「ついでにウォーキング」にはネックストラップが必需品だが、取付穴がボディーに1つ
 しかない。見た目は悪いが穴をあけたプラスチック板を取り付けて、これにネックストラップの
 片側を固定している。

  電池、SDHCカード等を含む実測重量は424gである。電池は単三4本を使用するが、汎用性
 があって助かることが多い。最近はエネループを使用し予備を持つようにしている。当サイト
 ページは650A ISで撮影した写真が多いが、このカメラはもう製造されていない。さらに高性能
 な後継機を期待している。

  平成23年11月19日 大掃除に伴い、お蔵入りとなり事実上引退  cf.Diary 平成24年10月31日
 

 <PowerShot G10>
 Canon
  使用期間は平成20年12月19日〜平成23年4月30日。ついでにウォーキングの正式メンバー
 ではなかったが、いつも鞄に入れておいたので、夜景などの通勤写真で活躍してくれた。
 
  有効画素数は
1,470万画素、撮像素子は1/1.7 型CCD(総画素数 約1500 万画素)、レンズ
 6.1 - 30.5 mm ( 35mm フィルム換算 28 - 140mm ) F2.8 (W) - F4.5 (T) という仕様だった。
 画素数が多すぎるためか高感度撮影には、やや無理な点があった。
 
  このカメラを提(さ)げて、東京都大田区下丸子3丁目にある(株)キヤノン本社の研究開発部
 門を訪ねたこともあった。


 <α350>
 SONY
  平成20年4月からメンバーになった手ぶれ補正機能のあるデジタル一眼レフである。レンズ
 はSIGMA18-200mm,F3.5-6.3DCを付けている。純正品のレンズではないが、A3ノビにプリント
 しても倍率色収差が少なく、安価だがすっきりした描写をする買い得なレンズだと思っている。

 撮像素子は、APS-Cサイズの1420万画素であり、上記ズームレンズと合わせても十分な
 解像度とコントラストがあると思うが、RAW+JPEGで撮影するとファイルサイズが大きく、8GBの
 CFカードでも300枚程度しか撮影できない。

  CFカード、電池等を含む左の写真の実測重量は1146gである。これで接写をするには三脚
 も必要になり、持ち出すにはそれなりの覚悟がいる。ちなみに、この時の三脚はスリック814
 EXにリンホフのユニバーサルボールヘッドTとスリックのクイックシューを取り付けている。
 (実測重量1,836g)

 やはり、「ついでにウォーキング」には、コンパクトデジカメがよく似合うようだ。

   ローアングルの縦位置でカメラを三脚に固定した時にモニタが見づらく、また、疲れてきた時に大きめのグリップが、
  手に余るため平成23年4月30日 α55の下取りとして引退。



 <DiMAGE A200>
  KONICA MINOLTA cf.番外編 ミノルタ  
  レンズの焦点距離は7.2〜50.8mm(35mmフィルム換算28〜200mm)、電池、CFカード等を
 含む写真の形での実測重量は607gである。手動のズームと明るいレンズ(f 2.8〜3.5)、フリー
 アングルの液晶モニタが気に入っている。

  また、コンパクトカメラとしては、撮像素子が2/3インチと比較的大きく、RAW対応の記録
 ファイル形 式とAdobeRGBのカラースペースと合わせて使用することで豊かな階調が表現
 できているはず。?

  ISO感度を上げるとノイズが多くなるので、ISO50を常用としている。発売が平成16年11月と
 やや古く、画素数は約800画素と少なく、モニタが1.8インチと小さいため出番が少なくなってい
 るが、最も気に入っている1台である。

  専用電池が入手できなくなり、中国製の互換電池を試してみたが、使用に耐えないため平成21年11月30日引退


 <Lumix DMC-LC33> Panasonic  
  仕事の記録用に使用していた。単三電池2本で駆動し、電池が入手しやすく外出先でも十分
 に働いてくれた。320万画素、レンズは f = 5.8〜17.4mm(35〜105mm相当) で作品造りには向
 かないが、巾着袋入れて鞄に放り込んでことができ、気楽に使うことができた。

 
 <Lumix DMC-LC5>
 Panasonic  
  平成14年12月11日に購入したコンデジだ。一眼レフにするか迷ったが、明るいレンズとモニ
 ターフードが決め手になった。雰囲気がライカのレンジファインダーカメラに似ている。レンズは、
 LICA DC VARIO-SUMMICRON 7〜21mm(35mm判換算 33〜100mm相当)f 2.0〜2.5を搭載
 する。1/1.76型CCD 総画素数401万画素だった。

  レンズが優秀で、ときどき驚くような描写をしてくれた。400万画素では四つ切りに印字する
 には無理があるため、平成17年1月にメインカメラの座をデジマージュA200に譲るまでの2年
 あまり活躍してくれたデジカメだ。今の技術で復活させてもらいたい機種だ。
 
  改めて、お蔵から取り出しても精悍でカメラらしい顔つきをしている。ここ数年、専用電池の
 メンテナンスをしなかったので、過放電により予備電池も全く使えなくなった。

   ※ 使用しない場合でも1年に1回程度は、少しだけ充電しておくと長持ちする。フル充電すると寿命は短くなる。
      リチウム電池の場合、過充電と過放電は特に寿命を縮めるので注意したい。写真はACアダプターで駆動。



 < EOS55 >
  Canon 銀塩カメラ
  レンズ24-85mm、75-300mm、フラッシュ380EX、アングルファインダー、縦位置グリップ。
 Canonのデジタル一眼レフを購入すれば、ボディと縦位置グリップ以外は、復帰できるはず
 だが、今のところ一眼レフはCanonに戻る気はないので、お蔵入りになった。

  半日で300枚以上も撮影する今のスタイルでは、35mmのフィルムはランニングコストの点から
 使い切れない。例えば、36枚撮りのフジクローム Velvia100 Professional 20本パックは14,000円
 ほどする。これを1日に10本使うと7,000円になる。これに現像代が加わり、さらにスキャナーで
 読み取りデジタル化する時間も考えると現実的ではない。
 
  張りぼてと呼ばれたカメラだが、その分軽く、よく一緒に出かけてくれたカメラだ。
 ご苦労様でした。

              
 < Mamiya New 6>  マミヤ ニュー6 6×6判銀塩カメラ
  レンズ75mm f 3.5、50mm f 4.0、150mm f 4.5。 明るく正確なファインダーから6×6(ろくろく)
 のライカと言われたレンズ交換式レンジファインダーカメラだ。

  6×6判のカメラとしては大変に軽いが、3kg近いジッツオの三脚と合わせると、それなりの
 重量になった。ときどき使ったフラッシュ(GN 30)とオートクローズアップレンズ( 75mmレンズ
 専用、倍率1/6 )を合わせて掲載したい。

  平成16年に移動は、公共交通機関にすると決めてから出番の少なくなったカメラだが、デジ
 タル化に押されて事実上引退となった。その後、軽量なカーボン三脚を購入したので、機会が
 あれば現役復帰させたいカメラだ。

 
<機材紹介 現役へ> <Home>に戻る


現役を引退した機材