ときどき Diary 24  ( 平成 22年23年,24年,25年26年27年28年29年)

 
           
 平成24年12月28日(金)
 曇り 96_24 
  今年も安近短のウォーキング・撮影に終始した。締めくくりは水元公園だ。かなり
 寒く小合溜(こあいだめ)には氷が張り、人影も少ない。グリーンプラザ裏の野草園
 のシモバシラの根本には氷の霜柱ができている。12月に見られるのは珍しい。
  写真は、公園にほど近いパティスリーのイートインのカシスケーキとアメリカンだ。
 40mm相当のパンケーキレンズは、開放絞りでもピントを合わせた中心部はキリリと
 しまり、周囲に向かって甘く溶けるような描写をする。テーマが浮き出て、スイーツの
 撮影にも適したレンズのようだ。年末に投資した甲斐があった。(P_G1)

           
 平成24年12月23日(日) 
天皇誕生日 曇り 95_24 
  3連休の中日だ。11月に開館した大温室を目当てに新宿御苑に行ってみた。開館
 から1ヶ月あまりで植物のコンディションが良くないのは仕方がないが、建屋の保温性
 が悪いらしい。天井や壁の結露がひどく、水滴がボタボタ落ちてくる。エントランスの
 床に水たまりがある
特集№143 <2/16>)。一部の周回路は滑って危険だ。補修等の
 維持費がかさみ、耐用年数も短くなる。サボテンコーナーは乾燥しているはずだが、
 湿度が高く生育環境は悪そうだ。建物には主人(今回は植物)の住環境を外界から
 長期間、適切な維持費で守ることが求められる。新宿御苑は環境省の管轄だ。
 税金で建てる施設には、もっと工夫が欲しい。(P_G1)

           
 平成24年12月21日(金) 晴れ 94_24
 
  年末にマイクロフォーサーズ一眼の標準レンズをやっと購入した。デジタル一眼に
 使える標準レンズが手元に無いまま、写真が上手くなってきた人達に、「 標準レンズ
 で撮って勉強すると、もっと上達しますよ。」 と言ってしまったことが気になっていた。
 12月なので内需拡大に少し協力することにした。ただ、Panasonicには専用のレンズ
 フードがないので、ショップブランドのフードにした。ついでにウォーキングで活躍する
 マイクロフォーサーズ一眼は、動画機能もない初期のモノだが、黒バックで撮ると傷や
 塗装のはがれも目立たず結構サマになる。これも物撮りの練習だ。ものとりが物盗り
 と変換されて具合が悪い。プロは商品撮影をぶつどりと言うようだ。(C_G12)

           
 平成24年12月18日(火) 晴れ 92_24
 
  撮影技法 No.124 フラッシュライトを選ぶ をやっと書き上げた。
これまで使用してき
 たフラッシュを並べてみた。専用フラッシュは高機能だがカメラが限定されるので避
 けてきたが、今年は内需拡大に寄与してしまった。シューの形状はISOに準拠して
 いるので、高機能な部分を使わなければ汎用性もある。SONYは新製品からシュー
 をISO518に準拠した形状にしたが、汎用のフラッシュではおさまりが良くないらしい。
 ときどき出番のあるα55でも外付けフラッシュが欲しいときがある。このシューはミノ
 ルタ時代からの独特の形状だが、アダプターを購入するか悩むところだ。(C_G12)
  ※ 国際標準化機構、International Standard Organization

            
 平成24年12月 9日(日) 晴れ 91_24
 
  今年のもみじ山鑑賞会
(千葉県市川市大町公園 11/29~12/9)は最終日に間に合わせ
 ることができた 。もみじ山は市川市動植物園に隣接するが、この十日間、紅葉狩り
 の人々に開放される。すでに山の紅葉は盛りを過ぎている。しかし、動物園の東側の
 斜面の楓(順光線では赤茶けた枯葉にしか見えない)が、やや逆光気味の朝日を受
 けて最後の輝きを見せてくれる。こんこんとキツツキ?が幹をつつく音が大きく響く。
 賑やかなグループもいるが、オレンジから朱に輝く楓のグラデーションと斜面に長く
 伸びる影に、深山幽谷の雰囲気を味わいたい。(P_G1)

           
 平成24年12月 8日(土) 晴れ 90_24
 
  寒さが続くが快晴だ。千葉県松戸市の本土寺
(ほんどじ)に出かけた。先週訪ねた
 東漸寺とはJR北小金駅を挟んで反対側になる。1日で両方回れるが、連続した時間
 がとれないので2回に分けて行くことになる。いよいよ紅葉も終盤だが残ったもみじに
 も趣がある。渡り廊下の窓硝子を背景に、逆光気味に切り取った。この光線状態は
 朝早くないと得られない。お寺さんの朝は早く、8時に開門する。(S_α55)

           
 平成24年12月 2日(日) 晴れ 89_24
 
  東京も、このところの冷え込みで紅葉が終盤を迎えている。何とも落ち着かないが、
 午前中に2時間ほど余裕ができた。三脚を持たず千葉県松戸市の東漸寺
(とうぜんじ)
 に行くことにした。
昨年に比べて色合いが今ひとつ冴えないが、逆光に輝く部分だけ
 を狙いローキーフォトを意識して200枚ほど切り取った。中央重点測光ならマイナス側
 に大きく露出補正をしなくても、狙ったところは、ほぼ適正露出で周辺はアンダーに沈
 み重厚な印象を演出できる。境内で1時間撮影できた。帰り道にケーキも買い11時前
 に帰宅した。お昼の準備、午後は掃除が待っている。(P_G1)

           
 平成24年11月25日(日) 晴れ 88_24
 
  仏像を撮る機会があった。妙見菩薩坐像
(みょうけん ぼさつ ざぞう)、江戸時代の作。
 高さ14.8cmと小像だが北方の守護神・玄武に乗り、右手に武器を握るなど武装神だ
 という。妙見菩薩は北辰(北極星)を神格化した菩薩で、光背に七星を背負っている。
 撮影はコンデジ、高感度(ISO800)、手持ち撮影、さらにRAWからの現像ではノイズ
 低減を優先したので画像は全体的にゆるく、緻密な造りの描写に向かない。デジカメ
 の究極形はコンデジにあると思っているが、理想的なものは無いようだ。(C_G12)
   菩薩のひとつ。一般には北極星を神格化したものといわれ、国土を守護し、災厄を除くという菩薩。

           
 平成24年11月23日(金) 
勤労感謝の日 曇り/小雨 87_24 
  午前中に昨日の葛飾ハープ橋の特集をアップしたので、小雨がぱらつくが午後から
 柴又の山本亭に出かけた。葛西囃子神楽が上演されるという。区の施設なので、
 入場料100円で楽しめる。演じているのは葛西囃子保存会の素人だという。お囃子の
 太鼓には幼稚園児もいたが驚くほど上手い。神楽の演目は「稲荷山」の一場面だ。
 写真は稲荷大神
(いなり おおかみ、演じ手は女子高生)に呼ばれた弧が天弧の舞を舞うとこ
 ろだ。40分ほどの上演中に約800枚を撮りきった。このカメラは夏に弱いが冬場なら
 問題なく連写できる。予備バッテリーは2個持つことにしている。(S_α55)

           
 平成24年11月22日(木) 晴れ 86_24
 
  週末カメラマンだが、近くの夜景なら平日でも都合がつく。空にまだ碧さが残る頃、
 京成押上線四ツ木駅に着いた。目的地の東四つ木避難橋まで20分の距離だ。気が
 急
(せ)くが土手の上で照明がないので、まだ明るいうちにLEDライト2つを取り出し、
 カメラと三脚を準備してから歩き出した。この周辺は東京スカイツリー葛飾ハー
 プ橋
を同時に見られる数少ないポイントだ。S字にカーブする葛飾ハープ橋が僅か
 に碧さの残る空にダイナミックに浮かび上がる。シャッター速度は5秒で、車のヘッド
 ライトの明かりが流れ、動感を表現できる。カッチリと捉えたハープ橋と車の流れの
 静と動の対比も狙った。しっかりした三脚が不可欠だ。(S_α55)
  ※
避難橋には照明がある

           
 平成24年11月18日(日) 晴れ 85_24
 
  都立亀戸(かめいど)中央公園の周辺を歩いた。公園はサザンカで有名だが、まだ
 咲き初めだ。昭和の栄、富士の峰、初光
(はつひかり)と皇帝ダリアが見られる。写真は
 ほどほどにして明治通り沿いをウォーキングすることにした。京成曳舟駅近くはカフェ
 が多く、手書きのメニューに誘われて休憩にした。写真はとうふのレアチーズケーキ
 で、タルトとアイスクリームは普通だがブドウが添えられた生クリームに見えるものは
 豆腐の味がする。甘みはごく薄くブドウと良く合う。コーヒーも薫り高く、セットで\680
 はリーズナブルだ。また、寄り道スポットが増えてしまった。(P_G1)

           
 平成24年11月16日(金) 晴れ 84_24
 
  この時期、湯島天神には、合格祈願の受験生や両親が引きも切らずに参詣に
 やって来る。大学名などが書かれた絵馬が、鈴なりに掛かっている。また、菊まつり
 に協賛する企業の出し物は、ひな壇で妍を競っている。境内では色々な思いが入り
 混じる。
どうも落ち着かない。菊の気品が写し撮れないので、早々に引き上げた。
 湯島には甘味処も沢山ある。お茶することにした。(P_G1)


           
 平成24年11月11日(日) くもり 83_24
 
  午後から雨だという。午前中に柴又の寅さん記念館山本亭を目当てにウォーキ
 ングに出かけた。写真は寅さん記念館の 「わたくし生まれも育ちも葛飾柴又です」 と
 いうコーナーのジオラマ(
:diorama,情景模型 )だ。昭和30年代の柴又が10cm程度の
 フィギア(figure,
人物像で巧みに表現されている。紙芝居の出し物は月光仮面のよう
 だ。確かに近所のお寺の境内で見た記憶があるが、自転車の荷台にはソースせん
 べいなどの駄菓子が入った紙芝居上演装置兼用の大きな箱が載っていた。
  研修などでプレゼンソフトの扱いが上手いと言われるが、理由はこの原体験にある
 ようだ。今は電子紙芝居を技術の継承に活用している。(P_G1)

           
 平成24年11月 8日(木) 快晴 82_24
 
  雲ひとつない天気だ。平日だが都立水元公園に行くことができた。
第一駐車場の
 モミジバフウだけが紅葉している。車のない箇所を選んで遠近感を誇張するように
 撮った。PLフィルターが良く効く。樹木には『 モジミバフウ・・・マンサク科 』と説明板
 が付いていた。漢字名は紅葉葉楓だったが、フウ科フウ属と説明しているサイトが多
 い。調べると分類体系が違うことが分かった。従来からのクロンキスト体系ではマン
 サク科だが、最近はDNA解析から実証的に分類したAPG植物分類体系が主流だと
 いう。モミジバフウは、この分類ではフウ科となる。(C_G12)

            
 平成24年11月 3日(土) 曇り後晴れ 81_24
 
  菊花祭を見るために千葉県松戸市の戸定が丘歴史公園に出かけた。
戸定邸は
 最後の将軍徳川慶喜の実弟の徳川昭武( とくがわ あきたけ )が住んだ大名屋敷だ。
 華美なところは全くなく、質素だが気品があり菊花と良く調和する。芝の張られた広
 い庭は普段は立ち入り禁止だが、菊花祭の期間だけ、七五三の子供と保護者は庭
 に下りることができる。行政も気の利いた計らいをする。(P_G1)

             
 平成24年10月31日(水) 曇り一時雨 80_24
 
  このところ秋山庄太郎
の写真集を見ている。花と女優の写真で日本を代表する
 写真家の一人だ。レンブラント光と黒い背景のもとで、女優のポートレイトや花をロー
 キーを基本に撮っている。ポートレイトは難しいが、黒バックのローキーフォトならすぐ
 できる。現役を引退したコンデジを被写体に真似てみた。傷だらけでボコボコなのだ
 が精悍に写る。真に写ると思うと間違える。光(Photo)で描く(Graph)から、フォトグラ
 フ(Photograph)だ。まず、使用機材から試している。(P_G1)

   ※1920-
2003年、女優のポートレイト写真の第一人者。ライフワークとして花の写真にも取り組んだ。
 
             
 平成24年10月28日(日) 曇り一時小雨 79_24
 
  どうも心掛けが良くないらしい。旧古河庭園に来て30分も経たないが、9時半頃か
 ら小雨がパラつきだした。秋のバラフェスティバルは今日までだが、観光バスも到着
 し、旗を立てた団体さんがやって来たので、早めに引き上げることにした。
  庭園近くのパティスリーでコショネ( cochonnet
フランス語、子ぶた とプチフールpetit
 four 一口サイズのケーキ ) 買い、庭園に隣接する小さな公園で撮影後、休憩にした。
 ちょうど雨が上がって空が明るくなり、コショネに陰影が付いて立体感が出た。悪い
 こともあれば、良いこともあるようだ。(P_G1)

             
 平成24年10月18日(木) 小雨 78_24
 
  台風22号の影響で朝から小雨がぱらつくが、傘を持って予定どおり谷津バラ園
 行くことにした。来園者は殆どいない。今回はコンデジと90ミリ相当マクロレンズを付
 けた一眼の二刀流だ。ぶれぼけが多くなるのは覚悟の手持ち撮影だ。1時間ほどで
 合計500カットを撮り引き上げた。このマクロレンズは切れが良くボケも素直だ。
 内蔵フラッシュの光量を1/4に補正したが、まだ露出オーバーになるのでティッシュを
 8重に折りフラッシュに輪ゴムで止めて使用した。水滴とバラがフォトジェニックだ。 
 品種:コンラッド ヘンケル (P_G1)


           
 平成24年10月12日(金) 晴れ 77_24
 
  五色桜大橋※1の夜景を撮るために、少し(
だいぶ?)寄り道をした。首都高速中央
 環状線が荒川を横切りダイナミックに西に延びる。土手から江北JCT
※2につながる
 五色桜大橋を見上げる。(C_G12)

 
 ※1 全長:146.2m 、構造:2層式ニールセンローゼ橋(アーチ橋の一種。アーチ部と桁の間に斜めに
     張ったワイヤ-で支える構造。) LEDの電力の一部が振動発電によって供給されているという。

 ※2 JCT:junction 高速道路などの合流点

            
 平成24年10月 7日(日) 雨のち晴れ 76_24
 
  3連休の中日だ。午後から晴れたので、奥戸フラワーパーク宝蔵院を目指して
 出かけることにした。
あまり時間がないので三脚は持たず、代わりに手ぶれ防止の
 ためISO感度を200に上げた。園内に30分ほどいたが来園者は2人だけだ。
 中川を八剣橋(やつるぎばし)人道橋で渡ると約10分で宝蔵院に着く。盛りは過ぎている
 が地蔵や石仏をバックに水滴が残る彼岸花が映える。寺では休日にミニコンサート
 が開催され参拝者?の自転車が多く並んでいる。〆はイートインのあるコンビニの
 ベリーチーズケーキパフェにした。なかなか侮れないものがある。(P_G1)

           
 平成24年10月 6日(土) 晴れ 75_24
 
  3連休の初日だ。市川市動植物園に出かけてみた。写真はフェネックだ。東京動
 物園協会の東京ズーネットでは、その特徴を 「
イヌ科の中で最も小型です。・・・また
 体のわりに大きな耳は体温の発散につごうがよく、暑い昼間の砂漠でのくらしに役立
 っています。夜行性ですが、朝は日光浴をしていることもあります。」と紹介している。
  上野動物園では、昼夜を逆転し足もとも見えないくらいに照明を落とした小獣舎で、
 フェネックを展示している。暗い中で動きが速いため、ISO感度を12800に上げても満
 足に写らない。一方、市川市動植物園は、屋外で自然のままだ。どちらがフェネック
 には好ましいか?。カメラマンは写真が撮れる後者だが・・・。(S_α55)

            
 平成24年10月 2日(火) くもり 74_24
 
  夜10時まで開館している区立中央図書館に寄ってみた。最近は土門拳の古寺巡礼
 に関する写真集などを借りて、仏像の撮り方を研究している
帰りはカフェに寄る
 こともある。こういうはしごならokだ。パンプキンタルトのセットだ。名前はタルトだが
 カップケーキだ。甘さは抑え目で小さく、カロリーの心配も少ない。何より遊びがある
 ところが好い。フェイスマークは >_< になっている。アメリカンと良く合う。古寺巡礼と
 パンプキンの組み合わせに土門もびっくり (*゚Д゚) しているかもしれない。(C_G12)
   大判カメラの絞りを一杯にしぼる長時間露光。その間にフラッシュバルブを多方向から焚くようだ。
     土門は想定外の傑作が撮れたときに、「鬼がついた。」と表現している。今のゆるい写真では、鬼の
     協力は得られそうもない。

            
 平成24年10月 1日(月) 快晴 73_24
 
  東京は昨晩から強風が続き、台風17号は速度を上げて海上に抜けた。南風が吹
 き、今日は朝から快晴で暑いくらいになっている。電車も平常運転だった。
 9月30日は陰暦では8月15日にあたり、中秋の名月だ。1日遅れの右上がわずかに
 欠けたを自宅の窓から撮ってみた。400ミリ相当で撮り、約1/10にトリミングして
 いるが、何とか月面のクレーターが確認できる。銀塩時代では、とてもできないことだ
 が、今はパソコン上で簡単にできる。(P_G1)
    陰暦の16日の夜の月を十六夜の月(いざよいのつき)という。

           
 平成24年 9月29日(土)
曇、一時小雨、後晴れ 72_24 
  台風17、18号の影響で天気がめまぐるしく変わる。折りたたみ傘を持って鎌倉野草
 園
に出かけた。遅れていた彼岸花が見られる。大群落とはいかないが赤と白が交互
 に植えられている。絞り開放で形のよい赤花の1輪に迫り、背景に白花をアウトフォー
 カスに配して90ミリ相当マクロで切り取った。雲が厚く、花の赤が濁るため光量を1/4
 に絞ったフラッシュで鮮やかさを補った。奥行き40mの小さな園の歩道沿いに5mほ
 ど植えられている彼岸花だが、奥行きが感じられる作品になった。身近な中にもフォト
 ジェニックな美しさを見出す感性と、それを表現するテクニックが相まって
作品にな
 るが、小雨がパラつき、その余裕もなく30分で引き上げた。(P_G1)
   
感性だけだと独りよがりになる。テクニックに走ると訴えるものがない。両方とも磨いていきたい。

            
 平成24年 9月22日(土)
秋分の日 曇 71_24 
  ウォーキングの後は、お約束のスイーツだ。前回のファミレスは雰囲気的に今いち
 たっだので、今回はカフェでアーモンドのパンケーキセットにした。バナナミルクキャラ
 メルソースと長い名前だが、甘さを抑えたキャラメルソースの香りとローストしたアー
 モンドのカリカリの食感が心地よい。バナナと軽い生クリームが添えられる。カロリー
 消費のため、ひと駅歩くことに。墓参りの帰りだが、ご先祖も大目に見てくれるだろう。
 がんばって12時半には帰宅した。午後は掃除が待っている。(C_G12)

            
 平成24年 9月22日(土)
秋分の日 曇 70_24 
  墓参りの後、市内を散策した。『 暑さ寒さも彼岸まで』 というが急に涼しくなった。
 2週間ほど前に千葉県松戸市の常盤平
(ときわだいら)周辺を歩いたときは、車が多くて
  被写体が少ない悪いパターンだった。今回は、十分に下調べをして交通量の少ない
 道を選んだので快適に歩ける。この辺りではヒガンバナにはまだ早く、祖光院に数株
 見られるだけだ。白花を1株見つけ、気を取り直して松戸市育苗園
(いくびょうえん)
 向かった。(P_G1) 
cf.番外編 No.63 暑さ寒さも彼岸まで

            
 平成24年 9月17日(月)
敬老の日 晴・雨・曇 69_24 
  台風16号の影響で、朝から快晴・雨・曇りを頻繁に繰り返す忙しいお天気だ。
 折りたたみ傘を持って都立向島百花園に出かけた。ノカンゾウが数本植えられて
 いる。マクロレンズで、あまり絞らずぐっと近づいて撮ると、水滴が残るノカンゾウが
 ずっと続く群落のように写る。今日の百花園は60歳以上の人が無料
のようだ。
 10時を過ぎると急に混雑してきた。雨が上がると真夏のように蒸し暑い晴天になり、
 風も出てきた。早めに引き上げることにした。午後はHPの編集だ。 (P_G1)
   
9月15日~21日まで、都立9庭園では60歳以上の方の入園料無料 <都立公園協会HP>

           
 平成24年 9月15日(土) 晴れ 68_24
 
  地元の神社の例大祭で奉納される葛西囃子
(かさいばやし)の1カットだ。アングル
 モニタを下に向け、両手をいっぱいに伸ばして、頭上から連写を活かして切り取った
 数十枚のなかの1枚だ。桴(ばち)がブレるようスローシャッターにして動感を出した。
  もともと暑さに弱いカメラだが、涼しい夜なら大丈夫かと思い持ち出した。40分ほど
 撮影の間に3回もオーバーヒートした。『 しばらく使用できません。カメラの温度が下
 がるまでお待ちください 』 と表示される。日中の公園なら木陰に逃げ込み、レンズを
 はずし、電池も抜いて冷ますところだが、お祭りの神社ではそうもいかない。
  デビューしてから1年5ヶ月のデジカメだが、どうしたものか。(S_α55)

           
 平成24年 9月12日(水) 晴れ 67_24
 
  都立水元公園の中央広場の北側に水元グリーンプラザがある。
その温室前に
 瓶(かめ)が数個置かれ、ホテイアオイの花が咲いている。コンデジにクローズアップ
 レンズNo.2を取り付け、フラッシュの光量を1/4に補正してローアングルから半逆光
 ぎみに撮影した。レンズシャッターなので 1/1000秒 でもしっかりシンクロする。
 影になっていた花弁の模様が浮き上がる。一眼では、こうはいかない。やはりコン
 デジは便利だと思っていたら、35ミリフルサイズの超高級コンパクト?カメラが発売
 されたという。悩みが増えそうだ。(C_G12)

           
 平成24年 9月10日(月) 晴れ 66_24
 
  キャラメル・ショコラだ。チョコレートが敵
(かたき)なので、ショコラに手が伸びる。
 耳順
まであと3つになった。バブルの時代の恩恵を将来的に受け取るため、平成の
 初めから自発的に個人年金を掛けている。公的年金と合わせて、その点の心配は
 少ないが、パスティリーのイートインコーナーに入るのが少し恥ずかしくなってきた。
 テイクアウトなら問題ない。
(S_α55)
   六十にして耳に順(したが)う。<論語> 人の意見が素直に聞けないのは、そのためか。

           
 平成24年 9月 9日(日) 晴れ 65_24
 
  千葉県松戸市常盤平
(ときわだいら)松戸市育苗園を目当てに、常盤平駅の北側
 の金ヶ作
周辺を歩いてみた。駅の南側は大きな常盤平団地があり、道も整備され
 ているが、北側は生活道路でも車が多く、歩道や路側帯が整備されていない。ウォ
 ーキングには向かないようだ。
松戸市のHPには、育苗園でハーブを栽培していると
 なっているが、手入れをしていた人に挨拶をすると 「 このとおりの草ぼうぼうで、写
 真は、ちょっと・・・ 」 と言っていた。暑さのせいもあり、被写体は少ない。3m以上あ
 りそうなパンパスグラスが青空に映える。午前中に帰宅した。 (P_G1)
 かねがさき : 「 かながさく 」 ともいう。地名の由来は、古代下総牧の一部にあたり、金牧(こがね
    まき)の馬柵である野馬除土手があったことによる。<日本地名大辞典(12巻千葉県の部)>


             
 平成24年 9月 7日(金) 晴れ 64_24
 
  晴海客船ターミナルに寄ってみた。7時近いが空にわずかに赤みが残る中、東京
 タワーがライトアップされている。タワーの公式HPを見ると金・土・祝日の20時~22時
 の2時間ダイヤモンドヴェール(diamond veil ?)というライトアップをするという。点灯
 が1時間早いが、ゆっくりできないので得をした気分だ。第一展望台から下に赤・青・
 緑の順になっている。HPではコーラル・レッド/コーラル
のような優しい赤、アクア・
 ブルー/水のように澄んだ青、ピュア・グリーン/宝石のように煌めく緑
となっている。
  AWBで撮るとテラスのオレンジ色の照明や夜空の残照が白くなり雰囲気が出ない。
 ここは、WB:太陽光が適している。寄り道をしたが20時には帰宅した。(C_G12)
 
 coral :サンゴ ( 珊瑚 )

             
 平成24年 9月 4日(火) くもり/晴れ/雨 63_24
 
  平日だが、足立区立郷土博物館
行くことができた。区制80周年記念企画展の
 『 タイムスリップ 昭和家電 』が開催されている。個人が収集した昭和の家庭電化製
 品だという。ポスター・チラシ類から雑貨、当時の食品のパッケージ(一部は未開封で
 中身が入っている)そして家電と合計100点を超える。撮影禁止は仕方がないが展示
 方法は上手くない。一部照明がガラスに反射して見づらい。また、展示品をケースに
 詰め込み過ぎている。建屋は蔵や城をイメージさせる造りで外庭・中庭とも広くとられ
 建物の観賞には向くが、博物館は本来オブジェではない。行政には郷土の歴史・文化
 を保存すると共に、見て頂くという謙虚さを併せ持った設計が求められる。
  コンデジでは、葦簀(よしず)や壁の質感まで写し撮れそうもない。(C_G12)

            
 平成24年 8月26日(日) 快晴 62_24
 
  暑い日が続くが、千葉県野田市の
清水公園に行ってみた。園内の花ファンタジア
 に9時10分に到着した。受付のおじさんが 「 この暑いのに、・・・ ご苦労さま。」 と言
 いながら入場券をくれた。確かに1時間半ほど園内を歩いたが、散水する園の職員
 しか会わない。たぶん ・・・ は、「 物好きだね~」 の省略形だろう。1時間で500mlの
 ペットボトルが空になり、塩飴を3個もなめてしまった。ひどく暑いが、20種類以上の
 花々が見られるのは物好きの特権だろう。この頃はコンデジ90ミリ相当のマクロレ
 ンズを付けた一眼一脚 の軽快なスタイルが定着している。 (P_G1)

           
 平成24年 8月19日(日) 晴れ 61_24
 
  昨日に続き、午前中だけ出かけることができた。相変わらず安近短だが、
市川市
 万葉植物園
にした。まだお盆休み状態で、交通機関も空いている。苦労して帰郷す
 る方には申し訳ないが、この時期、都心やその近郊では快適に散策できる。
  東京の土着民ならではの時間だ。万葉植物園もひどく暑いが秋の七草の女郎花
 (オミナエシ)が満開になっている。池と樹木を背景に、半逆光気味に撮るとオミナエ
 シの花が輝きを増す。をみなへしの語源は、をみな=美女,佳人,女へし(圧し)
 = 押すこと から、美女を圧倒する美しい花とする説もある。(異説がある。)
  地元の古老は「押す」ことを「おっぺす」という。このぺすは、へす(圧す)で葛飾には
 万葉言葉が残っているようだ。 (P_G1)  ※ この場所(東京)で、4代目だ。

           
 平成24年 8月18日(土) くもり 60_24
 
  猛暑日が続くが、今日は天気予報が当たり、朝から少し涼しい土曜日だ。出かける
 ことにした。予定していないときは水元公園になる。
今回は旧水産試験場の跡地を
 中心に歩いた。かつて研究などに使用された池が多く残りガガブタ、オニバス、ヒメコ
 ウホネなどが生育している。フェンスで囲われた池には職員が常駐し、一部では金魚
 も飼われている。10時を過ぎるとさすがに暑くなってきた。寄り道してアイスコーヒーと
 チェリータルトで身体の中から冷却することにした。濃厚なカスタードクリームとチー
 ズクリームの2層になって美味い。休憩すると気力も失せてバスで帰ることにした。
 また、ウォーキングの効果が帳消しだ。(C_G12)

No image             
 平成24年 8月17日(金) 晴れ 59_24
 
  撮影技法が100本を超えた頃から目次を作ろうと思っていた。撮影技法は内容に
 に相応しい作例が撮れたときしか書けない。頭の中には、実践してきたテクニックが
 あるが、週末カメラマンの撮影は行き当たりばったりで、全く体系化していない。
 せめて目次だけでもと思い、編集作業を始めていた。作業は簡単で撮影技法の各
 INDEXをExcelのシートに貼り、項目をまとめて章題をを付けてHP作製ソフトに書き
 戻して体裁を整えれば完了だ。作業は合計しても3時間程度だろう。
  改めて見直すと、ひどく偏りが多い。趣味の世界だ、と言いいたいところだが、用語
 やメカニズムのやさしく具体的な説明が足りない。これではテクニックだけを説いても
 実践できそうもない。今後の方向性が少し見えてきたようだ。
  
・・・・ 過去を集約して見直せば、未来が少しは見えてくる。これも温故知新だ。

            
 平成24年 8月11日(土) くもり 58_24
 
  都立木場公園の都市緑化植物園の花々は、ボランティアが世話をしている。
話を
 聞くと休日だけ作業に来ている人もいるようだ。写真はイチビの花と実だ。
 広辞苑にも載っている。「アオイ科の一年草。インド・西アジア原産。高さ約一メートル。
 全体に軟毛が密生。夏、黄色五弁の花を開く。茎の繊維で綱・糸・粗布を製し、暖地
 で稀に栽培。きり麻。白麻。」 近年、アメリカから飼料などに混ざって侵入したものが
 急速に広まっているという。日本生態学会によって 「日本の侵略的外来種ワースト
 100 」 に選定されている。植栽するには広めない工夫が必要だ。(S_α55)
   外来種の中でも特に生態系や人間活動への影響が大きい生物。
 
            
 平成24年 8月 8日(水) くもり/晴れ 57_24
 
  平日だが、マクロレンズと一脚を持って向島百花園にいくことができた。というより、
 「大朝顔展(7/29~8/5)
」を見たいと思っていたが、いつものことで出遅れた。それが
 幸いしてか今日は、猛暑が一段落して涼しい。ゆっくり見ることができる。
 小葉擬宝珠(こばぎぼうし)シベにピントを合わせて、群落が分かるように背景にも注
 意しながら24カット撮った。要した時間は2分25秒だ。次の30秒でクイックシューをは
 ずし、一脚を縮めてズボンのベルトに差し込み(脇差しスタイル)、その場を離れた。
 さすがに10時半になると暑い。ファストフード店で休憩だ。 (P_G1)

            
 平成24年 8月 4日(土) 晴れ 56_24
 
  土手から夜空に開く花火と、それを映す江戸川の水面(みなも)を撮ってみようと少
 し早めに出かけた。
松戸花火大会イン2012は比較的空いている。開始10分前に現
 地に着いたが、三脚を広げる場所を確保できた。見晴らしの良い土手には三脚と一
 眼レフが多数並ぶが、見える範囲では皆カメラを横にセットしている。打ち上げポイン
 トは1カ所しかない。左の写真を横で撮っても、左右には闇が広がるばかりで、スカス
 カになってしまいそうだ。(左右に振って多重露光すれば別だ。)
  打ち上げとともに視線が縦に動く。動画は別として静止画ならば、カメラは視線の動
 きに合わせて、タテ位置に構えた方が素直だろう。(S_α55)

            
 平成24年 8月 2日(木) 晴れ 55_24
 
  気がつけば、ホームページを開設してから4年が経過した。巷の個人サイト4年寿命
 説はクリアしたことになる。来場者数は8,958人になっている。3年目のカウンタ数は、
 約4,500
だったので、この1年間でほぼ4,460人が見てくれたことになる。ダブルカウン
 トをしない設定なので、日平均では12人になる。
  週末カメラマンなので、サイトの更新は週に1,2回しかない。また、掲示板に投稿し
 てくれた方への返事も、翌日になってしまうことが多い。そんな中12人/日の来場者
 は大変にありがたい。

             
 平成24年 7月29日(日) 晴れ 54_24
 
  平日も土日も、分け隔て無く猛暑日が続く。当たり前だが、天気に休日はない。
 日中はあまりに暑くて、ウォーキングには向かない。早めに夕食の後片付けをして、
 
ライトアップされた噴水を目当てに和田倉噴水公園に行った。地下鉄も空いている。
 平日の昼時なら、サラリーマンやジョギングの合間に休憩する人達でベンチは一杯
 だが、今はカップルが数組いるだけだ。100枚ほど撮り20:15に引き上げることにした。
 歩数が伸びないと思ったが、20時で最寄りの地下鉄の出入り口は閉鎖になり、次の
 出入り口まで歩くことになった。地下鉄に乗ってしまえば直通で帰れる。(S_α55)
 
             
 平成24年 7月24日(火) くもり 53_24
 
  今日は第46回葛飾納涼花火大会がある。最寄りのJRの駅では階段規制をする
 ほど混雑し、改札口を出るだけでも待たされる。
昨年は大震災の影響で短縮バー
 ジョンだったが、今年は19:20からの1時間に10800発を打ち上げるという。翌日の新
 聞では58万人の人出があったという。地元の花火大会だが、夕飯の準備をしてから
 出かけるので、現地に着くのは開始直前になってしまう。良い撮影ポイントがない。
  去年の反省からバルブ機能のある一眼でトライした。あまり上手くないのは、カメラ
 のせいではなさそうだ。(P_G1)   cf.バルブ H23.8.22

             
 平成24年 7月22日(日) くもり時々小雨 52_24
 
  昨日に引き続き時折小雨の降る天気だが、ダリアを目当てに奥戸フラワーパーク
 に行ってみた。
小雨のせいもあるが来園者は一人もいない。通路には、びっしりとシ
 ロツメクサが生えている。バラの時期以外は、来園者が少いないようだ。
 雨が強くなってきたので、1時間ほどで引き上げた。帰り道、パティスリーの前で足が
 止まってしまった。写真はマンゴーカシスだ。小さなマカロンが乗っている。半分に切
 るとカシスのムースが出てくる。この大きさで二重構造にするのは手間が掛かってい
 るはずだ。見た目、香り、味、そして見えないところまでしっかり仕事がされている。
 オススメの一品だ。(P_G1)

            
 平成24年 7月21日(土) くもり時々小雨 51_24
 
  7月17日に関東地方は梅雨が明けたが、7月19日から急に肌寒くなった。このところ
 天気予報はあまり当たらない。たまに小雨がぱらつくが張り子の虎ではない、多少濡
 れても破れることはない。折りたたみ傘を持って水元公園
※1に出かけた。
  いつものコースを廻り、マンゴープリンを買って葛飾清掃工場の脇の水元中央公
 園
※2に寄り休憩にした。ごみの臭いはない。広場ではシルバーエージがゲートボー
 ルに興じている。ポニースクール(牧場)もあるが今日は静かだ。今の工場は三代目
 だが小学校4年の社会科見学で来たときは、初代の焼却場だった。(C_G12)
   ※1 
広さ271700平方メートルの都立公園   ※2 広さ4
300平方メートルの区立公園

             
 平成24年 7月19日(木) 晴れ 50_24
 
  2週間に1回くらい駅前の中央図書館に寄り、映画のDVD1枚と本を1冊借りてくる。
 3年前に駅前再開発で開館した区立の中央図書館だ。業務は民間委託され、午後
 10時ま開いている(それほど遅くなることはない)。図書類はICタグ
で管理され、貸し
 出し・返却は簡単にできる。休館日は月1回で、住民サービスもよい。
  同じ低層棟にはファストフード店もあり、つい寄り道になってしまう。黒ごまと抹茶の
 フローズンデザートとアイスコーヒーのセット\390 だ。なかなか侮れないものがある。
 もちろん、スーパーマーケットもあるので食料品も買って帰る。(C_G12)
 
 ※ RFID ( Radio Frequency IDentification :電磁波による個体識別標 ) のひとつ
 
            
 平成24年 7月14日(土) 晴れ 49_24
 
  3連休の初日だが、今年も遠出はむづかしい。東御苑に行ったが、さすがに暑く
 人出は少ない。二の丸の雑木林は大部分日影になっているが、風が弱く蒸し暑い。
 ヤマユリが点々とあるが、昨日の強風で倒れて写真になりにくい。背の低いキキョウ
 は大丈夫で、みごとに咲いている。マクロレンズで切り取った。
 
 今日の東京は今年一番の暑さだという。この「今年一番」が、どんどん更新されて
 いくだろう。まだ身体が暑さに慣れていない。ペットボトルの水がそろそろ空になる。
 少し早いが10:30には引き上げることにした。 大手町駅から、東京メトロ千代田線に
 乗れば直通で帰れる。(P_G1)

            
 平成24年 7月 8日(日) 曇一時晴 48_24
 
  曇り空だが、晴れ間がのぞくことを期待して、足立堀之内公園に出かけた。

 カメラマンは少ないが、大賀ハスを順光線で撮るため、池の東側に陣取っている。
 経験から、ハスは逆光に輝くところを撮ったほうが、美しく立体的な作品になることが
 多い。公園を4週した。前半は90mm相当のマクロを持ち、後半はいつものコンデジ
 に切り替えた。雲が切れた時に、池の西側からマクロレンズで集中的に撮った。
  まだ、梅雨だが晴れると暑い。締めくくりはカフェで涼みながらアップルパイにした。
 コーヒーとも良く合う。ゆっくりしたいが、正午前に帰宅した。午後は、風呂掃除や買
 い物などの家事が待っている。夜は写真の整理とHPの編集だ。(C_G12)

            
 平成24年 7月 4日(水) 晴れ 47_24
 
  市川市万葉植物園に行くことができた。開園の9:30に入り1時間ほどで約300枚
 を撮っている。千葉県市川市
(いちかわし)の植物園で、JR武蔵野線 市川大野駅から
 徒歩約10分の所だ。無料だが来園者は少ない。「この花は何ですか。」と孫を連れた
 お祖父ちゃんに聞かれた。「ネジバナといいます。捩(ねじ)れているように見えるで
 しょ。」 などと会話を交わした。ほぼ1時間いたが、この2人しか合わなかった。
  この植物園はネジバナが多い。花壇以外の道ばたでも見ることができる。色の濃い
 ものを選んでマクロレンズで思い切り寄って撮影した。レフ板が効果的だ。(P_G1)

             
 平成24年 6月24日(日) 曇 46_24
 
  長谷山本土寺に出かけた。お寺なので開園は早く8:00に入れる。6月も下旬なの
 で紫陽花も花菖蒲もそろそろ終わりだ。本土寺の公式HPに開花状況があり、参考に
 していた。理由は分からないが、急に閉鎖になった。
拝観は従来どおりできる。
  少し早いが10時過ぎには引き上げる。多数の来園者の中での撮影は互いに邪魔
 になる。マナーだけでは片付かない。快適な撮影とウォーキングのために少しの努力
 と工夫を心掛けている。帰り道では多くの団体とすれ違った。(C_G12)

             
 平成24年 6月23日(土) 曇 45_24
 
  ノウゼンカズラは真夏の花だと思っていたが、向島百花園ではもう咲いている。
 
この冬は寒さが続き、なかかな暖かくならなかった。そのせいか花の遅れる植物が
 多かったが、ここへ来て急に早まったようだ。水元公園のホテイアオイ(布袋葵)も
 咲いていた。これも真夏の花だ。季節の進み方が今までと違うようだ。
  産業活動などによる二酸化炭素の増加のため、温暖化が進んでいるという説や太
 陽活動の低下から、太陽系を覆う磁場が弱まり地球に到達する宇宙線が多くなり、
 雲ができやすくなって地球の気温が低下するという研究もある。日常生活に関係す
 ることだ。そう簡単に諸行無常と達観できない。 (S_α55)
 
             
 平成24年 6月22日(金) 雨のち曇 44_24
  
  パイナップルのシブーストだ。林檎のシブースト( chiboust ,仏 )
は、見かけるが
 パイナップルはめずらしい。カラメルはしっかり焦がされ、パリパリだがシブーストクリ
 ーム(カスタードクリーム・ゼラチン・メレンゲなどから作る)の風味が物足りない。
  生地のタルトにはパイナップルが入っている。食感からドライフルーツを使っている
 ようだ。パイナップルにはブロメリン(タンパク質分解酵素)が含まれているため
 まま使用するとゼラチンは固まりにくい。それを避けるために、ドライフルーツにした
 ようだ。そのため、風味がやや物足りない結果になったと考えられる。こんな場合は、
 フレーバー(香料)を少し使うこともありだと思う。(C_G12)

 
             
 平成24年 6月17日(日) 雨のち晴れ 43_24
    
  雨だが、旧古河庭園にバラの二番花を見に出かけた。
東京都公園協会のHPに
 よれば、二番花が6月いっぱい楽しめるという。お天気にもよるが来園者は少ない。
 9時24分に着いたが、入場券のナンバーは025になっている。
  写真は、1993年に鈴木省三氏が発表した「熱情」という品種だ。雫にライトを入れる
 ために、外部フラッシュをスレーブ発光させた。雨が一時止んでくれたので傘を置き、
 右手にコンデジ左手にフラッシュを持って三十数カット撮った中の1枚だ。 帰り道は、
 川端康成が賞賛した(直筆の推薦文が展示される)パティスリーに寄りショコラ・バナ
 ーヌでお茶にした。庭園の周辺には歴史のあるケーキ屋さんが多い。(C_G12)

            
 平成24年 6月16日(土) くもり 42_24
    
  6月16日は和菓子の日だという。全国和菓子協会のサイトには、『西暦848年(承和
 15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ
 菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したとい
 う古例にちなみます。』 とある。
1979年(昭和54年)に同協会により制定された。
  左の和菓子は「露の花」、露(つゆ)が梅雨に通じることから、梅雨時に咲く紫陽花の
 意味だ。。右が「梅しずく」だ。涼しげで優しい甘さがある。寒天は意外と堅く、しっかり
 している。(C_G12)

            
 平成24年 6月10日(日) 快晴 41_24
    
  昨日梅雨入りしたが、今日は朝から快晴だ。得した気分で水元公園に出かけた。
 6月9日、10日の土日で、梅雨時の定番のハナショウブとアジサイを見ることができた。
 遠出をすれば良い写真が撮れるとは限らない。当分、安近短が続くが機会を捉えて
 創意と工夫で写真を撮り、作品に仕上げていきたい。
  撮った写真のサイトへのアップは、あまり時間を掛けられないこともあり、HP作製
 ソフトの機能をそのまま使用し、あまり凝らずにアッサリとアップしている。(P_G1)

            
 平成24年 6月9日(土) 雨 40_24
    
  昨夜から雨だ。「関東地方が例年よりも1日遅く梅雨入りしたとみられる。」 と気象庁
 が発表した。新聞などでは、梅雨入り宣言などと書かれるが、宣言 declaration などと
 重い表現ではなく、ただのお知らせだ。
テレビで、そのお知らせを見てから葛飾区の
 堀切菖蒲園に出かけた。開園の9時に間に合った。
  黒沢監督はカメラに写らない雨を表現するのに墨汁を入れた水を降らせたという。 
 映画の話だ。公園では、そうはいかない。左手に大きめの傘、右手に28~280mm相
 当レンズを付けた一眼を持ち、すべての場面で光量を1/4に補正したフラッシュを使用
 した。カメラはマイナス 0.6~1EV の設定にしている。ハナショウブは適正露光で水滴
 が輝き、背景はアンダーになった。雨の日のやや重い雰囲気も表現した。(P_G1)

             
 平成24年 6月2日(土) 晴れ 39_24
    
  千葉県習志野市の谷津バラ園に出かけた。
このところの悪天候(強風、雹など)で
 バラは少し傷んでいるが、よく探せば被写体向きのバラが見つかる。薄曇りで、きつ
 い影もなく快適に撮影できる。例によって大量撮影術で2時間ほどで600枚を撮った。
 1つの被写体につきピントや露出を少しずつ変えながら、多いときは10カットほど撮り
 PC上でマイベストを選ぶ方法だ。今回は、90ミリ相当のマクロレンズだけだ。
  午後には、衣替(ころもがえ)が待っている。夏物と冬物を入れ替える作業だ。午前
 11時過ぎには引き上げ、ケーキと防虫剤を買って帰った。(S_α55)

            
 平成24年 5月27日(日) 晴れ 38_24
    
  撮影技法100本記念のプレゼントを買いに、JR常磐線の三河島駅から徒歩1分の
 スイーツの店に出かけた。改札口を出ると甘いニオイが漂っている。ここの焼き菓子
 はオススメだ。ついでにウォーキングの焼き菓子部門ランキングの No.1 だ。
 ダクワーズを発送し、自分にもご褒美にプチガトーを購入した。午前中に帰宅したが、
 午後は水元公園にウォーキングに出かけた。往復徒歩だ。新緑が美しい。(S_α55)

            
 平成24年 5月20日(日) 晴れ 37_24
    
  徒歩1時間半ほどの奥戸フラワーパークに行った。開園期間は、4月15日~11月
 30日まで、春にはバラ、秋にはダリアが楽しめるが、花はこの2種だけだ。開園期間
 も植栽も限定という珍しい公園だ。 2026m2
と十分な広さがあり、手入れも行き届い
 ているが、午前10時でも来園者は数人だ。交通が不便なこともあるが、ついでにウォ
 ーキングにはピッタリの公園でありがたい。 写真は、ゴールド バニー。作出国:フラ
 ンス 早咲きで勢いがあり、株の強い品種です、とプレートにある。
  帰り道に美味しいスイーツ店があるが、ママ友らいし客で満席だ。今日は見送りに
 なった。ウォーキング、写真、スイーツの3拍子はなかなか揃わない。(C_G12)

            
 平成24年 5月19日(土) 快晴 36_24
    
  
小石川植物園に行ってみた。正式な名称は東京大学大学院理学系研究科附属
 植物園・本園という長い名前だ。通称、小石川植物園という。小石川後楽園と間違え
 る人もいるという。小石川後楽園は、水戸徳川家の水戸光圀の代に完成した大名
 庭園で、「(士は) 天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ 」 こと
 から 「 後楽園 」と名づけられたという。
  後の楽しみはスイーツだ。喫茶コーナーのあるパティスリーで休憩した。ピスタチオ
 のムースの色(ピスタチオグリーン)が街路樹の緑と調和する。もちろんアメリカンとも
 良く合う。店内から播磨坂(はりまざか)は写真のように見える。(C_G12)

            
 平成24年 5月12日(土) 晴れ 35_24
    
  
江東区の都立木場公園に出かけてみた。風が強くて、なかなか花の動きが止まら
 ず苦労したが、都市緑化植物園を2周ほどして1.5時間ほどで300カットを撮った。
 まだ、10時45分だが団体さんが多くなったので引き上げることにした。
  門前仲町まで歩き、ショートケーキで有名な店でサバランを注文した。広辞苑に、
 【savarin フランス】大食通ブリヤ=サヴァラン(A.Brillat-Savarin 1755~1826 )の名から
 ラム酒入りシロップをしみ込ませた丸型のスポンジ・ケーキ。とある伝統的なスイーツ
 だ。ラム酒はアルコール分を殆ど感じないほど、お子様向けにフランベされているが、
 香りも一緒に飛んでしまっている。加減が難しいケーキだ。また、甘すぎてアメリカン
 との相性も今ひとつだ。WEB情報には、はずれもある。(C_G12)

            
 平成24年 5月 6日(日)
晴れ 34_24    
  
この連休は、天気が安定しないまま最終日になってしまった。昨日の強風で散って
 しまったかもと思いつつ、フジを目当てに戸定が丘歴史公園に出かけた。
  例年、園内の小径沿いに数十鉢の藤が並ぶが、今年は数鉢しかない。カメラマン
 のほうが多いくらいだ。気を取り直して撮影するが、白藤は難しい。暗いバックを選び
 房が重ならないようにマクロレンズで、あまり絞らずに切り取ってみた。ここは藤棚で
 はなく、すべて鉢植になっている。藤棚よりも、むしろ自然の姿に近いだろう。
 香りは強いが、これは写真では表現できない。(S_α55)

             
 平成24年 5月 4日(金)
みどりの日 小雨 33_24    
  
今朝も小雨が続いている。雨もまたよしと思い、上野東照宮ぼたん苑に行った。
 入園料を払うと、昨日までの大雨で花が痛んでいると1年間有効な入場券をくれた。
 多くのボタンは下を向いているが、日よけの下は大丈夫だ。むしろ、水滴の付いた花
 が新鮮に映る。一時雨が上がったので園内を1.5往復し、湯島に向かった。
  上野に来ると甘味処に足が向いてしまう。今日は抹茶ババロアにした。抹茶ババ
 ロアというと神楽坂の店が有名だが、抹茶の渋さにぜんざいの程良い甘さが調和し、
 バニラアイスとのコラボも絶妙だ。若葉の演出も含め一押しのひとつだ。(C_G12)

             
 平成24年 4月30日(月)
振替休日 くもり 32_24    
  
週末カメラマンにとってゴールデンウィークは書入れ時だろう。連休中盤は天気
 が悪い予報なので、都合を付けて皇居東御苑に出かけた。月曜日は休みだが振替
 休日なので開園している。この時期は諏訪の茶屋付近のクルメツツジ(久留米躑躅)
 が見頃だ。来園者の多くは直行するが、二の丸雑木林のキンラン、ギンランも捨てが
 たい。雑木林の小径をくまなく歩いた。11時頃には来園者が増えてきた。昼食の準備
 もあるので引き上げることにした。(P_G1)
   ※ 帳簿の記入に忙しい時の意から、営業で最も利益のあがる時をいう。<広辞苑>

             
 平成24年 4月25日(水) くもり 31_24
    
  
桜を撮る というテーマで撮影技法を書き上げた。桜の撮り方を書こうと思ったのは
 昨年の4月だから、執筆するまでに1年かかっている。やっと作例が準備できた。
 後は頭の中にあること書くだけなので1.5時間ほどでページを作製してアップした。
  背景と対比させることで、桜を強調して撮るときの留意点を書いたが、実は究極の
 対比表現が抜けている。夜桜だ。漆黒の闇に花びらを散らしながら浮かび上がる染
 井吉野は中々撮れない。情景に人影が入ると幽玄の世界が消し飛んでしまう。
 景色を借り切ることもできない。「 夜桜を撮る 」 これも宿題だ。(C_G12)

             
 平成24年 4月22日(日) くもり 30_24
    
  
昨日に引き続きお天気は降らずに何とか保っている。連休前なので遠出は控えて、
 安近短の定番にしている都立向島百花園に出かけた。気軽に行けるが内容は充実
 している。3周ほど回って撮影し、帰り道で美味いケーキ屋さんに寄って、お茶にした。
  写真はフレジェ( fraisier )だ。日本風にするとショートケーキが近い。クリームは生
 ではなく、やや固めに仕上げたカスタードバタークリームのようだ。これが濃厚で実
 に美味い。(C_G12)

            
 平成24年 4月21日(土) くもり 29_24
    
  
川口グリーンセンターの花だよりのコーナーに、キバナカタクリの開花のお知らせ
 があったのでさっそく出かけてみた。 山野草園で咲いているが、実際に見るとハイブ
 リッドの小形のユリのように見えてしまう。葉に斑紋がなく、花弁の特有の模様も薄く
 はっきりしない。写真的には今ひとつだ。
  ネモフィラは噴水前の花壇にある。コンデジだがクローズアップレンズを付け、思い
 切り寄って撮ると群落のように見える。瑠璃唐草(ルリカラクサ)という和名が好い。
 (C_G12)

            
 平成24年 4月15日(日) 快晴 28_24
    
  
関東南部のソメイヨシノは、ほぼ終わりだ。今度は、野草たちが待ちかねたように
 花を咲かせている。都内最大のニリンソウの自生地が板橋区の赤塚公園内にある。
 というよりも自生地を公園に指定して保護しているようだ。こちらは都立公園だ。近く
 の板橋区立赤塚公園は野草園もあり沢山の花々を一度に撮影できる。勿論ニリン
 ソウの群落もあるので、こちらを先にすることが多い。被写体が豊富で、コンデジとマ
 クロレンズを付けた一眼で約800枚を撮ったところで11時になり、ニリンソウの自生地
 の脇を通って家路を急ぐことになった。今日は掃除と買い物だ。(P_G1)

            
 平成24年 4月12日(木) 快晴 27_24
    
  
昨日は夕方から風雨が強くなった。明後日の土曜日も雨で荒れるとの予報だ。
 どうもこの時期は落ち着かない。「世の中に絶えて桜の無かりせば、・・・ 」 毎年の
 ことだ。何とか遣り繰りをつけて、半日、千葉県松戸市の本土寺に出かけた。
  少し散り始めているが、花びらが舞うさまもまた風情がある。本土とは、お釈迦様
 の本土(本来いらっしゃる場所)という意味で極楽のことだという。
  ワンコイン(500円)で、花々の咲く極楽に行くことができる。行ったままでは後が困
 るが、仁王門を出れば簡単にこの世に戻れるところが有り難い。(S_α55)

            
 平成24年 4月 8日(日) 快晴 26_24
    
  
土・日とも天気が良いのは久しぶりだ。お花見とウォーキングを兼ねて、都立水元
 公園に出かけた。さくら堤の桜は満開だ。宴会をしている人達は例年と比べて少な
 いようだ。場所取りだろうか、ブルーシートを広げ大の字に寝ている人もいる。
  今日まで2400枚ほどの写真をサイトにアップしているが、その6割はコンデジで撮影
 している。画質的にも十分だと思っているが、桜の花だけは1000万画素のコンデジ
 では力不足で、もっと解像感がほしいところだ。(C_G12)

             
 平成24年 4月 7日(土) 快晴 25_24
    
  
東京都公園協会のHPで浜離宮恩賜庭園でナノハナとソメイヨシノが見頃だという
 お知らせ見つけた。さっそく行ってみた。遠景に超高層ビル群を配し、来園者を画面
 に入れないようにローアングルから菜の花を撮った。画面を黄、青とビルのグレーで
 構成し、シンプルに都会の庭園の春を表現した。
  将軍や公家達が眺望を堪能した休憩所(中島の御茶屋)は改修工事中で抹茶と
 和菓子のセットをいただくことは出来なかった。ウォーキング・写真・スイーツの3拍子
 が揃わなかった。(P_G1)

             
 平成24年 4月 5日(木) 快晴 24_24
    
  平日だが、予定の千葉県柏市のあけぼの山農業公園
逆井のカタクリの群生
 地
に行くことができた。予定日が晴れてラッキーだが、今日は暑いくらいだ。
  写真は逆井
(さかさい)の崖地の北側斜面に自生するカタクリだ。昭和41年に柏市の
 指定文化財になっているが、あまり有名ではないのでカメラマンは数人しかいない。
 快適に撮影できる。雲が切れて花びらが逆光に輝いた一瞬を切り取った。一眼も
 アングルモニターなので、ローアングルから花びらの模様を苦労せずに撮影できる。
 撮影技法No.13No.25 を意識して撮っている。(S_α55)

             
 平成24年 4月 3日(火) くもり/雨 23_24
    
  毎月第一火曜日は母親を糖尿病内科に連れて行く日だ。診療開始は9時、受付は
 8時から始まる。その受付の順番を取るのさらに早く出かけることになる。診察券を
 診療科の受付に出したら、いったん戻り9時に向けて再び出かける。
  写真は病院の庭に咲いている乙女椿だ。椿
は見舞いには不適といわれるが、
 庭の植栽で見舞いではない。見事に咲いている。帰りに数カット撮ってみた。
 
      椿の花は萼(がく)と雌しべを木に残して丸ごと落ちる。この散り方が死を連想させるため。
       花弁がばらばらに散る園芸品種もあるようだ


             
 平成24年 4月 1日(日) 晴れ 22_24
    
  カタクリの群落を求めて千葉県柏市の逆井
(サカサイ)に行ってみたが、すべて蕾だ。
 JR常磐線柏駅に戻り、新松戸駅で武蔵野線に乗り換え、市川大野駅で下車して、
 市川市万葉植物園に寄ってみた。3月20日に来ているが、ウォーキングなので休日
 のたびに散策しても好いところだ。といってもまだまだ寒く被写体は少ない。
 池の辺(ほとり)ネコヤナギを見つけた。花穂を猫の尻尾に見立てたことによると
 いう。銀白色に光る繊維に包まれた暖かそうな尻尾の質感を写し撮った。

             
 平成24年 3月29日(木) 晴れ 21_24
    
  午前2時頃、段々大きくなる消防車のサイレンの音で目が覚めた。家の前の通りに
 止まったらしい。重要品の場所を確認し、ガウンを羽織って2階の南側の雨戸を少し
 開けると赤色灯を点滅した2台のポンプ車が停車している。消防士が機敏に放水の
 準備を始めた。火は見えない、こげ臭もなく火元は分からない。そのうち、消防士の
 動きがゆっくりになった。40mほど先のアパートで小火(ぼや)があったという。「安心
 してください。」というアナウンスがあった。デジカメを首に掛け写真も撮りつつ万が一
 に備えるなど不思議と落ち着いている。また、寝て6時に起床し、予定通り都立薬用
 植物園にカタクリの撮影にも行った。忙しい一日だった。

             
 平成24年 3月25日(日)
 晴れ 20_24    
  今年は中々暖かくならないこともあり、やや運動不足だ。都立水元公園を目指して
 ウォーキングに出かけた。園内の野草園にはショウジョウバカマ(猩々袴)やキクザキ
 イチゲ(菊咲一華)が見られる。だんだん整備されてきたようだ。
  写真は桜のムースだ。塩漬けの桜の葉に巻かれ、花びらとマカロンが付いている。
 甘さは抑えめだが、ほんのりとした桜の香りと塩気で和のテイストになっている。
 午前中に15000歩になった。写真もそこそこ撮り、スイーツも頂き今回は3拍子揃っ
 たウォーキングになった。午後の空いた時間に画像編集とサイトへのアップの準備を
 するが、実際に更新できるのは早くても翌日の夜になる。

             
 平成24年 3月20日(火)
春分の日 晴れ 19_24    
  仏ほっとけの生き仏中心主義だが、年に5回墓参りをする。合掌。
 墓参りの帰りに寄り道をして千葉県市川市万葉植物園に行ってみた。オキナグサ
 のプレートのある花壇には、薄紫の
萼片(がくへん)を持ち、上を向いて咲く花がある。
 どうも西洋オキナグサのようだ。寒さの続くなか健気(けなげ)に咲いているが、万葉
 集に謳(うた)われた植物を集めたという植物園には、今ひとつ馴染まない。
             
 平成24年 3月18日(日) 雨後くもり 18_24
    
  昨日から降り続いた雨が朝方上がったので、千葉県市川市のじゅん菜池緑地
 出かけた。
梅はだいぶ遅く、いま満開状態だ。里見公園から弘法寺(ぐほうじ)をまわ
 り、京成市川真間駅から帰宅した。今回は、休憩できるケーキ屋さんが見つからな
 いので、アップルパイをテイクアウトして、自宅でバニラアイスを添えてお茶にした。
 アップルパイに使うリンゴは紅玉が最適だ。できればアイスクリームはバニラビーン
 ズのツブツブが分かるような香りの良いモノにしたい。コーヒーはブラックが好い。

             
 平成24年 3月11日(日) 晴れ/くもり 17_24
    
  今日で、
川口市立グリーンセンターの椿展山野草展が終わりだ。最終日なので
 植物たちも少しくたびれているが、これは仕方がない。
  午前中に、2つの展示場だけで約450枚、屋外の福寿草と梅で100枚ほど撮影した。
 午後、自宅でチェックするとサイトへのアップに耐えるのは44枚だった。全体の 92%
  が没だが、大量撮影術なのでムダ玉もある程度必要だ。
  今回は、すべてコンデジ(G12)で撮っているが、展示会場では望遠接写の技法と
 LEDフラットライトを活用した合わせ技が多い。やはり、ついでにウォーキングには、
 小回りの効くコンデジがよく似合う。

           
 平成24年 3月 8日(木) くもり 16_24
    
  確定申告の還付金を使い、上野駅前の家電量販店でレンズを購入した。将来に向
 けてのささやかな投資だ。上野駅で降りるとお父さん達は、赤提灯に吸い寄せられる
 ようだが、ついでにウォーキングは甘味処に足が向いてしまう。
  今日は、この時期限定の桜あんみつだ。寒天には水っぽさがなく、角がしっかり
 していて歯触りが好く新鮮だ。天草などの海草の香り残しつつも自己主張し過ぎない
 ところが、また好い。トッピングの桜あいすには桜の花びらが練り込まれ、桜の
 
(ほの)かな香りと、やさしい甘みで一足早く春を味わえる。

            
 平成24年 3月 3日(土) 晴れ 15_24
    
  別名ユキワリソウ(雪割草)、スハマソウ(洲浜草)などある。学名 Hepatica nobilis 、
 キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草なので、ミスミソウ(三角草)が正式な名称のよう
 だが、情緒的には雪割草
がぴったりくる。板橋区立赤塚植物園の雪割草展に行って
 みた。公園も展示会も無料で安近短のついでにウォーキングにはピッタリだ。
  個人の園芸研究家が育てた鉢植えの雪割草を板橋区立の公園の研修室で展示し
 ているようだ。一つの種(しゅ)とは思えないほど多彩の色と形がある。

           
 平成24年2月22日(水) 晴れ 14_24
    
  平日だが、向島百花園に寄ることができた。庭門には「春夏秋冬花不断」とあるが、
 今年は寒く花は少ない。しかし、ここ数日の暖かさで、やっと顔を出したセツブンソウ
 を見ることができた。帰り道、曳舟文化センターの近くで休憩した。
  『 世の中は 色と酒とが敵(かたき)なり どふぞ敵に めぐりあいたい 』 
 蜀山人の狂歌だ。どうもケーキセットではチョコレートが多くなる。下戸だが替わりに
 チョコレートが敵のようだ。ショコラ・キュイとブレンドコーヒーの800円で敵討ちだ。
                                    cf.番外編No.43 大田蜀山人

           
 平成24年2月18日(土) 快晴 13_24
    
  休日に春を求めて都立水元公園を散策した。まだまだ寒く、植物のシモバシラの
 根本に繊細な霜柱ができている。よく見ると右隣に双葉ある。種類は分からないが
 春の息吹を見つけた。
 写真は一眼のマクロレンズで撮っている。コンデジで撮影した特集No.84の「霜柱_3」
 と同じものだが、被写界深度が浅く背景がきれいにボケて、より柔らかく繊細な感じ
 を表現できた。今日のご褒美は、生チョコパイにした。

           
 平成24年2月12日(日) 快晴 
12_24    
  朝から快晴だ。江戸川の土手を散歩して、千葉県市川市の里見公園に行った。
 里見公園は高台にあるが、これほど富士が良く見えたのは初めてだ。
 もちろん東京スカイツリーも、その左には葛飾ハープ橋、さらに左には150mの墨田
 清掃工場の煙突も見える。( コンデジ140mm相当で撮影 )地図から判断して、もう
 少し南下して、300~400mm相当の一眼で狙えば富士とスカイツリーのツーショット
 が撮れそうだ。お天気次第だが、都合を付けてトライしてみたい。
 
           
 平成24年2月11日(土) 晴れ 
建国記念日 11_24    
  昨年11月中旬の柴又帝釈天の仏教彫刻は、いつものコンデジで撮影したものだが
 今回はマクロレンズで質感描写にトライした。光の扱いに工夫を凝らし、ローキー
 フォト風にまとめてみた。そのせいもあり、幾分かコンデジの描写よりも良い。
  撮影後の楽しみは、キャラメルクレープにした。焼きたてのクレープでカスタード
 クリームをはさんでいる。生クリームの上のキャラメリゼしたナッツが香ばしい。アイ
 スクリームが添えられ、小皿のキャラメルソースを掛けていただく。焼き菓子も付く。
 全体に甘さ控えめだが、帰り道もカロリー消費のため徒歩になった。
 
            
 平成24年2月5日(日) 晴れ 10_24
    
  埼玉県の川口市立グリーンセンターに行ってみた。植物園からプール、アイス
 スケート場も持つ広大な施設だ。今日も寒いが、昼近くになると小さな子供連れの家
 族で大型遊具のあるわんぱく広場は賑わっている。
  それでも2月は来園者が少ないためか、観賞温室で洋蘭展が開催されるようだ。
 愛好家が育てたランのほかに(販売)業者の商品も同様に展示される。商売気が出
 るのでディスプレイも今ひとつ洗練されていない。もう少し引いて全体も撮りたいが値
 札が写り込んでしまい、どうも上手くない。アップ専門だ。写真の「クリスタル チェリー
  コットン」には7,000円のタグがあった。手を掛ける時間もないので、ランの愛好家に
 はなれそうもない。

           
 平成24年1月28日(土) 快晴 09_24
    
  夢の島ラン展2012を目当てに、都立夢の島公園を訪ねた。夢の島熱帯植物館に
 熱を供給する清掃工場には行ったことがあるが、隣接する植物館は初めてだ。
  温室ではカメラのレンズが曇ってしばらく撮影できないことが多い。そこで、1週目は
 デジカメを取り出さず、館内(室内)をゆっくり1週することにしている。2週目はコンデ
 ジで植物の全景を中心に、3週目はマクロレンズの一眼を取り出してアップを撮るこ
 とにしている。レンズの結露を防ぎつつ、歩数も少し伸ばすことができる。

No image
           
 平成24年1月22日(日) 雨/くもり 08_24
    
  昨日に続き今日も雨だ。これまでのサイト運営上の課題と今後の方向を探る材料
 を得るため、平成23年の活動状況を整理して番外編No.53
を書き上げた。
  先の見えない時代だという。しかし、これまで努力してきた人には、それなりの蓄積
 があるはずだ。過去の成果を整理・集約・解析して、それを下敷きに現状を考察
 れば将来の方向性が少しは見えてくるはずだ。これも温故知新だ。
  論語が流行っているという。集約・解析するテクニックとともに知識を合理的に運用
 する知恵が求められている。

           
 平成24年1月19日(金) くもり 07_24
    
  京成線青砥(あおと)駅で途中下車した。ここは、上野~成田空港を最短36分で
 結ぶスカイライナー東京スカイツリーを同時に見られる数少ないスポットだ。
 ホームの端の待合室の中から撮影できる。オートフォーカスを効かせながらの連写
 性能は約6枚/秒のカメラだが、早い列車を良く追ってくれた。
  途中下車をシリーズ化したいところだが、しばらく先になりそうだ。隣の高砂(たかさ
 ご)駅で乗り換えたが、数人の鉄っちゃんがホームの端でカメラを構えていたので
 すぐに引き上げることにした。乗降客の邪魔にならないように注意すれば、高架で視
 界が効くホームは意外なビューポイントになる。   ※ 鉄道を趣味とする人
 
           
 平成24年1月15日(日) くもり 06_24
    
  昨日に引き続き午前中だけ、ついでにウォーキングに出かけた。しばらくは時間が
 自由にならず、時間的に「短」であることが必須条件だ。当然、出かける場所は「近」
 になり、結果的に費用は「安」だ。逆に読むと、いつもの安・近・短になる。
  光線が希望の状態になるまで、現地で待てないことが多いので、補助光源として
 使えそうなLEDフラットライトを購入した。これなら被写体の陰影を直接目視で確認
 できるので、フラッシュだけを使用する時の大量×(撮影+予備電池) から、いくらか
 解放されそうだ。

           
 平成24年1月14日(土) 快晴
 05_24    
  広辞苑(第4版)では、『 かん‐ぼたん【寒牡丹】 二季咲性のボタンの変種。いくつ
 かの品種があり、冬咲きさせるためには夏咲きの花芽を摘除する。冬牡丹。』
 とあり、寒牡丹と冬牡丹は同じ意味になっている。 一方、上野東照宮の説明では、
 『 牡丹には、二期咲きの性質を持つ品種があり、このうち低温で開花した冬咲きの
 ものが古来より寒牡丹と呼ばれています。(中略) 花の少ない冬にお正月の縁起花
 として抑制栽培の技術を駆使して開花させたものが冬牡丹です
。』 と両者を明確に
 区別している。冬ぼたんは手がかかっているようだが、この寒さで元気がない。

            
 平成24年1月9日(月) 快晴 
成人の日 04_24    
  皇居東御苑のHPの花だよりの1月6日の記事に、二の丸雑木林で霜柱シソ科の
 シモバシラの根本にできる氷柱
)が見られるとある。早速、行ってみた。地下鉄千代
 田線の大手町駅までなら自宅から40分で行ける。比較的暖かく霜柱は、できていな
 かった。しかし、植物の実など被写体は数多くある。
  苑内を2時間ほどで2周したが、ほぼ20分毎に皇宮警察のパトロールとすれ違う。
 日本一安全な公園?だろう。昼近くになると、旗を立てた団体が大勢やってくるので
 11時頃には引き上げたい。

            
 平成24年1月7日(土) 晴れ 03_24
    
  明日、姪と甥がやってくるので、焼き菓子を買いに行った。包んでもらう間にケース
 にタルトバナーヌを見つけ、お茶にすることにした。生クリームもバナナピューレも、
 やっと形が保てるほど柔らかいが、パイ生地はパリパリだ。作り置きしていないこと
 が分かる。バナナの香りとほどよい甘さが、アメリカンに良く合うが、フォークだけで
 きれいに食べるのは難しい。
  姪と甥のことを考えながら、帰り道の30分もウォーキングすることになった。

            
 平成24年1月4日(水) 快晴 02_24
    
  今日まで、お正月気分でいられる。今朝は、良く晴れて放射冷却が強く寒いが風も
 弱く霜柱を撮るには絶好の天気だ。都立水元公園に出かけた。予想通り枯れたシモ
 バシラの根本に霜柱が見られる。
  白いモノを撮るには露出をプラスに補正という常識では、この繊細な氷の芸術は
 満足に写らない。例によってコンデジだが覆面外部フラッシュ、クローズアップレンズ
 等々を駆使して撮影した。アマチュアの場合、撮影テクニックは見る人に感動を伝え
 るための知恵の集積だ。これを軽視すると霜柱は、枯れ枝に白一色の雪の塊が着
 いたようにしか写らない。
 
           
 平成24年1月3日(火) 晴れ 01_24
  都立浜離宮恩賜庭園放鷹術(ほうようじゅつ、鷹匠の技)の実演があるという
 ので出かけてみた。10:30に庭園に着いたが観客席は、ほぼ埋まっている。
席と反
 対側に陣取った。演技者から遠いが、こちら側が順光線だ。
  浜離宮といえば、鴨場を持つ江戸時代の大名庭園で、将軍の鷹狩りの場だ。鷹狩
 りの伝統技術を継承し、広く市民に披露する場として相応しい。鷹匠は見習い?も含
 めて5人登場したが、うち2人が若い女性で驚いた。ファッションは昭和初期の鷹匠
 の衣装を正装として採用しているという。実演中の無駄のない仕草とともに格好よく
 是非残していきたい文化のひとつだ。
  毎秒10コマでも中々写し撮れない。まだまだ、修行が必要だ。

Diary24<Top>へ   <home>に戻る  

ついでにウォーキング