撮影技法 No.124 フラッシュライトを選ぶ

ついでにウォーキング

 この頃は、カメラマンよりもフォトグラファーという言葉を耳にすることが多くなった。フォトグラフは photographphoto(光)+graph(描く) という意味で、写真の本質を捉えた言葉なので歓迎したい。光で描くのだから光(源)の扱いは重要になる。太陽(光線)は自由にならないがフラッシュならば少し自由になるので、自由雲台 と同様にフラッシュでも浮気が続いている。今回は、お蔵入りした機種も含め使用可能な5台をコンデジに付けて紹介したい。











<例 124 フラッシュ
使用可能な5台。光の扱い
が上手くなれば、写真は上
達するはずだが、フラッシュ
だけが増えていく。    ,

cf.Diary H24.12.18

 

フラッシュ 引退/使用中  
 National panashot PE-140
  初めて購入したフラッシュだ。GN14 単三電池2本
 35年ほど前のものだが、シンプルで故障したことはない。お蔵で眠って
 いたが、今でも十分に使える。 
MAID IN JAPAN
 Sunpack auto30SR
  GN30 単三電池4本 銀塩時代に35ミリの一眼レフ と 6×6判で使用
 一度故障し、受光部を交換している。発光部ズーム機能(35-135mm)、
 バウンズ可能(上部方向、左右とも)。左写真のように組合せると、ひど
 く頭でっかちになる。昭和の時代の製品だが、今でもこの名称の製品が
 あるようだ。 
(平成24年12月17日現在 MAID IN JAPAN
 Canon SPEEDLITE 380EX
  GN31(照射角50mm)、単三電池4本 銀塩時代のCanon EOS55 と
 共に、平成11年12月18日に購入したEOSシリーズの専用フラッシュ。
 オートズーム機能があり使用レンズの焦点距離(24-105)に応じて照射
 角度が自動的に変化する。上部方向のみのバウンズ、FP発光可能。
 コンデジのG12に付けてもオートズームが働く。 
MAID IN KOREA
 Panasonic PE-28S
  GN28 単三電池4本 デジカメ ルミックス DMC-LC5用に平成14年
 12月30日に購入した汎用フラッシュ。比較的小さく軽い。さらに、発光
 部分が水平よりも下を向く(-15度、-30度)近接撮影モードやスレーブ
 の機能が有り、今のところ最も活躍している。
 MAID IN INDONESIA
 Panasonic DMW-FL360
  平成24年10月27日、ついでにウォーキングに仲間入りした新顔だ。

 GN36(焦点距離42mm時) 単三電池2本  オートズーム、バウンズ、
 FP発光可能
。また、発光部が下方向に7度まで傾けることができ、近接
 撮影にも対応する。オフカメラシューもついでに買ってしまったので、当
 分デジカメはPanasonicから離れられない。  MAID IN CHINA

 ※
フラッシュ  Electric Flash 写真撮影用の閃光装置のひとつ。キセノンガスなどを封入した放電管に高圧電流を
             通じて、極めて短時間に昼光に近い光を出す装置。
   ストロボ   Strob ストロボリサーチ社製の写真撮影用の閃光装置の名称。元来は商品名だ。
            各カメラメーカーの呼び名 キヤノン : スピードライト  ソニー : フラッシュ  ニコン : スピードライト
            ペンタックス:オートストロボ  パナソニック : フラッシュライト    平成24年12月現在
    当HPでは、写真撮影用の閃光装置をフラッシュと呼ぶことにしている。
     平成になる頃から、モノの製造国が韓国、インドネシア、中国となっている。技術屋としては、日本の物作りが
    心配になる。
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る