<例 159_1 スイセンの群落


<例 159_2 逆光 ノーフラッシュ


<例 152_3 フラッシュ1/8 補正


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.159 スイセンを撮る(その1)   cf.2月上旬

ついでにウォーキング



 撮影技法No.89 ではスイセンの白い萼※1の裏側からライトを当て、透過光に輝く萼片の美しさを際立たせる方法を紹介した。今回は、逆光でねらいつつシベも明るく撮る方法を紹介したい。フラッシュをごく弱く入れることがコツになる。

【 ポイント 】 フラッシュ光量を段階的に減らして撮り、結果で判断
 逆光で撮り透過光に輝く白い萼の陰影を表現することはできるが、シベが暗くなってしまうことがある。花が近くにある時はレフ板が有効だが、遠い場合はフラッシュ光量を1/2、1/4、1/8と段階的に減らしながら総当たり的に撮り、パソコンの画面で確認しながらマイベストを選択したい。

【注 意 点】 高速シャッターでもフラッシュがシンクロするコンデジが適している。一眼ではFP発光するフラッシュが必要になる。難しい条件の場合、オート
※2では、希望の露出にならないことがある。フラッシュのマニュアル発光と大量撮影術で乗り切りたい。

【共通条件】 COOLPIX P7700,28-200mm相当,f 2-4,WB:太陽光 ,
 測光方式:評価測光,クローズアップレンズNo.2使用,一脚 ,都立向島百花園

【作例解説】
<例 159_1> 群落の全景
 逆光線、距離約2m
 庭園のニホンスイセンの群落を逆光線で撮っている。
<撮影データ> 60mm相当 ,f 3.2 ,1/500秒 ,ノーフラッシュ

<例 159_2> アップ ノーフラッシュ
 群落の中心の二輪に着目してズームアップした。さらにクローズアップレンズNo.2使用を使用して切り取った。白い萼(がく)が透過光に輝いているが、シベがやや暗くなっている。
<撮影データ> 175mm相当,f 4.0 ,1/640秒,ノーフラッシュ,CL No.2

<例 159_3> フラッシュ使用
 フラッシュの光量を1/2、1/4、1/8と段階的に減らしながら撮っていく。1/8にしたときに、ほぼ希望の露出が得られた。
<撮影データ> 175mm相当,f4,1/500秒,フラッシュ 光量1/8,CLNo.2
        
※1 中心に筒状の花びらを持つが、6枚に分かれている花びらのうち、外側3枚は萼(がく)で
   あり、内側3枚のみが花弁である。二つをあわせて花被片(かひへん)と呼ぶ。
※2 オートは、想定内の条件では機能するが、条件からはずれると期待したようには働かない。
   マニュアルの操作方法を練習しておきたい。