※1 ゴールデンウィークの牡丹苑は、混雑しているので一脚の使用も遠慮した方がよい。
※2 
LUMIX G 1:1.7/20 ASPH.
※3
 LEICA DG MACRO-ELMARIT 1:2.8/45

ついでにウォーキング



 撮影技法No.131ではワイド画面を活用してボタンの豪華さを表現することにトライした。
今回は、一眼の(準)標準レンズを使い、背景から浮き上がるような表現にトライした。
作例の違いが分かれば、同様の作品が撮れるだろう。

【ポイント】 (準)標準レンズを開放絞りで使い、思い切り近づく
 ズームレンズ全盛の時代で、(準)標準レンズはあまり人気がないが、その実力が分かれば欲しくなるレンズのひとつだろう。一部の f値 の小さな明るいレンズは高価だが、リーズナブルなレンズも用意されている。これで十分だろう。

【共通条件】 すべて手持ち撮影※1 ,絞り優先モード ,WB:くもり,ノーフラッシュ,
  DMC- GH2,上野東照宮牡丹苑 , ボタンの品種:「紫紅殿」

【作例解説】
<例 164_1> 開放絞り
 40mm相当の準標準レンズを使用し、絞り優先モードのまま、手前のボタンのシベまで約30cmに近づいて撮った。プログラムモードの場合ISO感度が上昇したり、絞りとシャッター速度の組合せがカメラマンの意図しない方向に動くことがあるので、この場合は適当ではない。周辺が中央部と比べて、やや暗い感じがするが周辺光量の低下があるためだろう。絞れば改善するが、これもレンズの味わいと理解してむしろ活用したい。
<撮影データ> f 1.7 ,1/30秒 ,40mm相当※2

<例 164_2> 絞り f 2.2
 ほぼ同じポジションのまま、絞りを1段絞った。ひと絞りの違いだが、背景が少しうるさくなってくる。
<撮影データ>  f 2.2,1/25秒 ,40mm相当

<例 164_3> 参考 マクロレンズ
 参考に90mm相当のマクロレンズで縦位置に撮っている。同じく開放絞りだが背景のボケの感じは40mm相当の準標準レンズの方が好ましい。
<撮影データ> f 2.8 ,1/25秒 ,90mm相当マクロレンズ※3

撮影技法 No.164 ボタンを撮る(その2) 標準レンズのすすめ   cf.5月上旬











<例 164_1 開放絞り >


<例 164_2 f 2.2


<例 164_3 参考 90mm相当マクロ






撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る