撮影技法 No.165 スズランを撮る 半逆光のすすめ   cf.5月上旬


 スズランは園芸植物としてもよく見かける花のひとつだが、安易に撮影するとその別名のキミカゲソウ(君影草)のイメージからほど遠く、質感の飛んだ白い花弁と緑の葉ばかりが目立つ白と緑の2色の塗り絵のような写真になりがちだ。撮影技法No.24 ではモデルとしても登場してもらったが作品とは言い難く、その繊細な情景を描写するための試行錯誤が続いていた。今回、ほぼ満足のいく作品になったのでノウハウを紹介したい。

【ポイント】 手持ち+半逆光+コンデジ(マクロモード)+運も少し
 花の撮影には三脚か一脚が不可欠といつも言っているが、今回は異なる。これらを使っていては、超ローアングルで葉の茂ったスズランの株の間からの撮影はできない※1
ややアクロバチックになるが、フリーアングルモニタの付いたコンデジ(マクロモード)を片手で持ちながら葉の間に入れ、モニタが十分確認できないままフォーカスポイントだけを指定して、後は運を天に任せて※2大量撮影術で撮っていく。ホワイトバランスも露出もオードのままとした。ただし、通常のJPG形式とRAW形式の同時保存にしたい。

【共通条件】 すべて手持ち撮影 ,COOLPIX P7700 ,28-200mm相当 ,WB:オート ,
 測光方式:マルチパターン ,撮影:水元公園 東京都葛飾区水元公園

【作例解説】
<例 165_1> 順光線
 焦点距離を65mm※3とし、右手だけで持ちながら順光線のもとローアングル※4からスズランを撮った。下から3輪目の花にピントは合ったが、平板で面白みがない。
<撮影データ> 65mm相当,マクロモード,f 3.5 ,1/250秒

<例 165_2> 半逆光線
 今度は、半逆光になるポジションから同様に撮った。f 3.5だが、これで開放絞りだ。
花弁の左上が逆光に輝き立体感があり、葉も透過光でグラデーションがついている。さらに、後ボケの中に数輪が写り込み奥行きを演出している。それなりの工夫と偶然があって撮れた1カットだろう。ただし、コントラストがきついのでRAWからの現像に当たって軟調気味に仕上げた。露出と色調の補正は不要だった。
<撮影データ> 65mm相当,マクロモード,f 3.5 ,1/640秒

※1 スタジオの中で、数個の鉢植をテーブルに並べるとできるかもしれないが、これではネイチャー フォト
    ではない。また、今回のテクニックは小さく軽いコンデジならではの技だろう。

※2 ちなみに、運を天に任せてファミコンで大当たりをした会社が任天堂だ。大当たりは要らない。1枚撮れ
    れば十分だ。工夫と努力をしたところに運が巡ってくる?。

※3 マニュアルに記述がないが、このコンデジのマクロモードが有効に働く焦点距離を調べると28~65mm
    相当だった。

※4 アイレベルから撮ったのでは優しさが伝わらない。上から目線は、この場合も適当ではない。













<例 165_1_順光線



<例 165_2 半逆光線






撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング