オトメツバキよりも乙女椿と書きたいこの花の学名は、Camellia japonica f. otome と
いう。camellia を英和辞典で引くと 『 〔植〕ツバキ(椿);サザンカ(山茶花);その花 語源:
モラヴィア※1の宣教師 G. J. Camellus(1661-1706)による。』
(プログレッシブ英和中辞典 )となっている。同様に japonica は 「 ツバキ 」 という名詞だ。 otome は、乙女だろう。

【ポイント】 正面から日の丸構図でねらいたい
 背景に注意しつつも、堂々と日の丸構図※2でねらいたい。この花は十分期待に応えてくれるはずだ。

【注 意 点】 絞り優先+一脚
 コンデジでも一眼でも絞り優先モードで、あまり絞らずに花壇に踏み込まない範囲で、ぐっと迫ってみたい。一脚が適している。

【作例解説】
<例 188_1>
 日影に咲く1輪を右上に蕾を配して、マクロレンズの開放絞りで切り取った。立体感はやや弱いが、咲いたばかりのやさしい感じになった。
<撮影データ> f 2.8 ,1/640秒 ,90mm相当マクロレンズ ,-0.3EV ,DMC-G1
           平成24年4月3日 ,撮影場所:都内 病院の前庭 ,天候:くもり

<例 188_2>
 陽が差した時をねらった1枚だ。花びらの一部がトビ気味だが、立体感がある作品に仕上がった。画像編集ソフトでRAWから現像時にコントラストを少し弱めた。色調の調節はしていないが、鮮やかに仕上がっている。
<撮影データ> f 3.2 ,1/320秒 ,50mm相当マクロモード,PowerShot G12
           平成25年3月26日 ,撮影場所:向島百花園 ,天候:くもり時々晴れ

<例 188_3>
 まだ、寒い時期で花の色合いも淡いが、コンデジにしては解像感のあり、光沢のある葉の質感もよく出ている。春まだ浅い百花園の1コマを写し撮ることができた。
<撮影データ> f 3.2 ,1/1000秒 , 75mm相当マクロモード ,-0.3EV ,COOLPIX
          P7700,平成26年2月2日,撮影場所:向島百花園,天候:うすぐもり

※1 モラヴィア:英語: Moravia チェコ共和国の東部の名称。歴史的な中心地はブルノ。
※2 
撮影技法 No.3 等参照

撮影技法 No.188 オトメツバキを撮るその1)   












<例 188_1 平成24年4月3日


<例 188_2 平成25年3月26日


<例 188_3 平成26年2月2日


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング