※1 3年間前の宿題をやっと片付けた。継続可能な発展が世の中のトレンドだが、これでは遅いかも。
※2 主光源が被写体の斜め後ろ45°くらいにある状態のこと。ポートレイトや料理などにも活用できる。
※3 TAMRON SP 60mm F/2 MACRO



 撮影技法 No.96 では、逆光を利用して早春に咲く河津桜を撮る方法を紹介したが、PLフィルターを利用するなどテーマを強調するための背景の処理を取り上げるとができなかった。やっと作例が準備できたので3年越しの宿題※1を片付けておきたい。

【ポイント】 PLフィルターは常時持ち歩き、こまめに使いたい
 PLフィルターはケースに入れた状態のまま、ザックのポケットに入れておきたい。
若干重量は増えるが、大した重さではない。

【注 意 点】 フィルター枠を回転し、もっとも効果のあるポイントを探す
 PLフィルターは付けているだけでは効果がない。フィルター枠を回転し空の色が最も濃くなる位置を探したい。絞り優先モード(A)ならば、シャッタースピードが一番遅くなったところが、そのポイントだ。三脚または一脚があったほうが、この作業は簡単だ。

【作例解説】
<例 192_1> テクニックの再確認
 まずは、撮影技法 No.96 の復習になる。このレベルに達していないと、次に進むのが難しい。半逆光※2になる位置から広角マクロモードで約5cmまで近づいた。透過光に花弁が輝くが、シベが暗くなるので光量をマニュアルで1/64にしたフラッシュを入れた。
<撮影データ> 28mm相当 ,f 3.6 ,1/1250秒 ,COOLPIX P7700 マクロモード ,フラッ
           シュ使用 M 1/64 ,簡易ディフューザー使用

<例 192_2> 同系色でまとめる
 ここから応用問題になる。少し離れたひと枝に咲く数輪を、半逆光のポジションから切り取った。あまり絞らずに撮ると背景の花々は大きくボケて、濃淡のあるピンク色の背景になる。同系色でまとめることで、上品で優しい感じの作品になった。
<撮影データ> 90mm相当マクロレンズ※3 ,f 2.8 ,1/600秒 ,α55 ,一脚使用

<例 192_3> PLフィルター使用
 青空が背景になる数輪に着目し、半逆光からPLフィルターを効かせて切り取った。
空の色が一段と沈み、淡いピンク色とのコントラストの際立つ作品になった。ここでも、ごく弱くフラッシュを入れたい。
<撮影データ> 120mm相当 ,f 3.5 ,1/400秒 ,COOLPIX P7700 一脚使用 ,フラッ
           シュ使用 M 1/64

撮影技法 No.192 河津桜を撮るその2)  cf3月上旬ほか 











<例 192_1 松戸市坂川 河畔



<例 192_2 水元公園



<例 192_3 松戸市坂川 河畔



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング