イカリソウ(碇草)は、「メギ科の多年草。高さ約30cm。葉は三出複葉で小葉は卵形。四月頃、茎上に碇に似た四弁花を開く。花色は白か紅紫で変異が多い。茎・根は生薬名を淫羊かく※1といい、強壮・強精薬とする。」 と説明されている(広辞苑)。4月には多くの植物園でも見られ、フォトジェニックは被写体を提供してくれる植物だ。今回は、イカリソウの撮影で留意した点と、その結果をまとめてみた。よく見かける鈴なりに咲く様子を上手く表現するテクニックは、次回までの課題としたい。

【ポイント】 密生した花々から少し離れた数輪をローアングルで撮る
 密集した花々をそのまま撮っても、ごちゃついた感じになり、この花の神秘的な形を表現できないことが多い。そこで、花の塊から少し離れた数輪にねらいを絞りたい。

【注 意 点】 ピントを合わせる位置を意識する
① 立体的な花でオートフォーカスでは何処にピントが来るか分からない。フォーカス枠を
  変更できる機種では枠を小さくして※2、どの花に合わせるか決めておきたい。
② または、始めからマニュアルフォーカスとして構図を決めたら、モニタ画面を拡大して
  マニュアルでしっかりフォーカスしたい。普通はシベにフォーカスするところだが、イカリ
  ソウは見えないことが多い。花弁のどの位置に合わせるかを考えておきたい。

【作例解説】 
<例 200_1> 俯瞰※3撮影(ふかんさつえい)
 地上15cmほどの位置に花があったため、上から見下ろすような撮影になった。4本の花弁が四方に伸びる様子は分かるが、海底に刺さるような碇の感じあまりしない。
<撮影データ> 90mm相当マクロ,f 4.5 ,1/250秒 ,ISO 160,DMC-GH2,一脚,
           平成26年4月20日,小石川植物園

<例 200_2> ローアングルから赤花数輪を切り取る
 一脚を縮めて柵の外から前に倒すようにして、花とほぼ同じ高さから赤花の数輪を切り取った。花が重なり合って、ちょっと鬱陶
(うっとう)しい絵柄になった。できれば赤から白までのグラデーションがある花を選びたかったが、今回は赤花と白花の2種類だった。
<撮影データ> 65mm相当(マクロモード) ,f 4.5 ,1/80秒 ,ISO 200,COOLPIX
           P7700,一脚,平成26年4月13日,都立水元公園

<例 200_3> クローズアップレンズ(CL No.2)使用
 この年は、グラデーションの豊かなイカリソウを見つけることができた。コンデジだがクローズアップレンズ(No.2)を装着し、ぐっと迫ったので背景が大きくぼけている。ただ、被写界深度は浅く、右のこれから開く1輪にフォーカスしたので左上の開いた1輪は、ややアウトフォーカスになった。
<撮影データ> 150mm相当 ,f 4.0,1/60秒 ,-0.7EV,内蔵フラッシュ -2EV補正,
           COOLPIX P7700,CL No.2,一脚,平成25年4月20日,都立水元公園

<例 200_4> 2輪に着目

 野草園の通路にはみ出すように咲いていた。小型三脚をローアングルにセットすると、ちょうど好いポジションになった。右に見える蕾を入れ、手前の1輪の中央部にフォーカスし、淡いグラデーションの碇をグリーンを背景に切り取った。絞り込みが、やや足りない。
<撮影データ> 90mm相当マクロ,f 4.0 ,1/500秒 ,ISO 160,DMC-G1,三脚,
           平成24年4月15日,板橋区立赤塚植物園

※1 いんようかく(インヤウクヮク)【淫羊かく】
   中国から渡来した薬草「ほざきいかりそう(穂咲碇草)」の漢名。日本では、これを中国にはないイカリ
   ソウの漢名に当てることが多い。また、その茎葉を乾燥させた漢方の強壮・強精薬。
   <国語大辞典(新装版)小学館>

※2 ミラーレス一眼では、オートフォーカス枠の大きさを変えることができる機種もある。
※3 ふかん : 高い所から広い範囲を見おろしながめること。















<例 200_1 俯瞰撮影



<例 200_2 ローアングル



<例 200_3 クローズアップレンズ使用



<例 200_4 2輪に着目

撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.200 イカリソウ撮る(その1)  cf4月中旬ほか 

ついでにウォーキング