撮影技法No.185 では覆い焼きのテクニックを紹介した。今回は、覆い焼きと対(つい)になる焼き込みを紹介したい。これは、画面の中の露出オーバーぎみの部分だけの露出を調節する技法になる。暗室にこもってモノクロームの現像・引き伸ばしをやった人には、懐かしい言葉で、すぐに理解できる。操作は簡単だ。

【用語解説】
常用の現像ソフト(SYLKYPIX Develper Studio Pro ver.6)のヘル
 プから、用語の解説をそのまま引用する。

 『
焼き込みとは、白とびに近い明るい部分を自動で検出し、減感させることで
 階調を復元することができます。また、これは明るい部分にのみ適用され、暗
 い部分の明るさには影響がありません。


【 ポイント 】
何回でもやり直しができるので、白とびには、まず試してみる。

【作例解説】
<例 203_1> 丸窓と菊の一輪挿し +1EV
 
戸定邸(千葉県松戸の大名屋敷)の菊花展で、丸窓を背景に一輪挿しを切り取った。
外は明るく室内は暗いため1段プラスに露出補正した。屋外の緑は飛んでいる。
<撮影データ>f 2.0,1/100秒,40mm相当,+1EV,WB:オート,露出:
       フォーカスポイント連動モード,DMC-G7

<例 203_2> 焼き込み 0 → 96%
 そこで、画像編集ソフトに用意されている焼き込みのパラメータを 0 がら 96% まで上げてみた。だいぶ外の景色が見えるようになった。用語解説の通り、暗部には影響はなく見た目に近い※1,※3

<例 203_3> 水元公園のモミジバフウ
 
都立水元公園の第一駐車場で、快晴の空をハックにモミジバフウ(紅葉葉楓)をローアングルから切り取った。半逆光のため画面の左1/4程度は、PLフィルターが効いていない。雲の存在感を出すために、もう少し空に青さがほしい。
<撮影データ>f 4.0,1/100秒,28mm相当,PLフィルター,WB:晴れ
       COOLPIX-P7700

           
<例 203_4> 焼き込み 0 → 70% 
コントラストがでた
 そこで、焼き込みのパラメータを 0 がら 70% まで上げた。雲と空のコントラストが出てきた。しかし、目の覚めるような印象の表現には、もうひとつだ。


<例 203_5> (自然)フィルム調K 適用

 ここまでの操作で色調はいじっていないが、色調に画像編集ソフトのフィルム調Kを適用した。コダクローム※4に近い発色をする現像パラメータ群になる。青い空にモミジバフウが映え、ほぼイメージ通りの仕上がりになった。

 ※1 画像編集ソフトにHDR※2の機能があれば、ほぼ同じような画ができるはずだが、合成写
    真になり違和感のある写真になることがある。
 ※2 HDR:High Dynamic Range imaging 露出オーバーで明るいところが白くなってしまっ
    たり(白とび)露出が不足で暗いところがつぶれて(黒つぶれ)しまったりした写真を合成
    し、肉眼で見る画に近い画像を作成する技法
 ※3 今回の作業はRAWデータを元に編集をした。JEPGのデータを元に全く同じ作業をしてみ
    たが、RAWの方が、よく再現できるようだ。RAWの方が白とびの部分でもJPEGよりも情報
    が残っているためだろう。
 ※4 イーストマン・コダック社が製造したリバーサルフィルム。銀塩時代にコダクローム25を
    使ったことがある。粒状性が大変によく大伸ばしにも余裕だったが、ISO感度が25と低く
    しっかりした三脚が必須だった。また、渋い発色で使いこなすのがむずかしかった。デジ
    タルなら簡単に使え、場面を選べば効果も大きいようだ。













<例 203_1 一輪挿し +1EV


<例 203_2 焼き込み 0→96>


<例 203_3 モミジバフウ>


<例 203_4 焼き込み 0→70>


<例 203_5 フィルム調 K 適用>


撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.203 焼き込みを試す   cf.10月下旬 11月上旬

ついでにウォーキング