彼岸花の丘

秋の彼岸の頃、丘の北東の斜面にヒガンバナの群落が現れる
かってに彼岸花の丘といっている。

小道



 撮影技法 № 143 では、一眼レフを利用して、1輪のヒガンバナを背景から浮き上がるように撮る方法を紹介したが、数輪のヒガンバナが浮き上がるように撮るとともに、群落もある程度表現したいと思っていた。今回、トライする機会があったので、結果と留意した点など合わせて紹介したい。

【ポイント】 よく観察することから始めたい
 立体感のある背景を探し、さらに群落から少し離れた数輪のヒガンバナをローアングルから出来るだけ近接し、広角レンズで切り取る。

【注 意 点】 片膝をついて※1見回すこと
 立ったままでは、見えてこない景色もある。片膝をつくにも一脚が便利だ。
 
【共通条件】 機材と設定: DMC-G7,24~70ミリ相当 ,28~280ミリ相当,
 外付けフラッシュ,絞り優先モード,ISO 200,WB:くもり,一脚  
 撮影場所 : 都立水元公園 東京都葛飾区水元公園  天候 :薄 ぐもり

【作例解説】
<例 225_1> 丘の上から全景
 高さ5mほどの丘の上から、小道
も入れて群落のほぼ全景をアイレベ
ルで切り取った。撮影ポイント①
<撮影データ>
28mm相当,f 5.6,1/250秒

<例 225_2> 丘の中腹から
 <225_1>の自転車の少し
上から、小道が画面に入らない
ようにウエストレベルで切り取
った。撮影ポイント②   
<撮影データ> 24mm相当,f 4.5,1/500秒
         
<例 225_3> 丘の斜面を入れる
 丘を下り、撮影ポイント③から、丘の斜面が入るようにフレーミングして切り取った。ヒガンバナの花と同じくらいのローアングルになっている。木の陰になっているので、フラッシュをFP発光モードで、弱く炊き込んでいる。
<撮影データ> 40mm相当 ,f 8.0 ,1/80秒 ,フラッシュ FP発光
※2

<例 225_4> 少し離れた数株にしぼる

 撮影ポイント③から左数歩移動し、群落から少し離れた数株に狙いを絞り、背景は丘の頂上になるようにして切り取った。1/800秒だがFP発光なのでシンクロしている。あまり絞らずパステルカラーのボケでヒガンバナの群落を表現した。
<撮影データ> 35mm相当 ,f 3.2 ,1/800秒 ,フラッシュ FP発光

 ※1 しゃがんてもいいのだが、カッコよくない。一脚を杖の代わりにして、軽く片膝をついた。
 ※2 高速シンクロともいう。露光時間中、フラッシュが発光を続けるため、シャッタースピード
    全速で同調が可能になる。ただし、ガイドナンバーは小さくなる。FP:focal-plane
    FPシンクロの原理はカメラメーカーのサイトのアニメが分かりやすい。一例



ヒガンバナの群落













<例 225_1 f 5.6 ,1/250秒>


<例 225_2 f 4.5 ,1/500秒>


<例 225_3  f 8.0 ,1/80秒>


<例 225_4  f 3.2 ,1/800秒

撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.225 ヒガンバナを撮る(その3) 群落を表現する cf9月下旬ほか

ついでにウォーキング