撮影技法 No.33 夜景を撮る(その1) では、三脚の使用を前提に夜の風景の撮影方法を紹介した。今回も夜景だが、手持ちと高感度撮影という日常的な条件で、人やイベントを少し上手く撮影する方法を紹介したい。

【ポイント】 全自動とマニュアルを使い分ける
(1) 全自動 
 ① コンパクトデジタルカメラの全自動モードは優秀で、人がメインの夜景ならば、全自
   動モードに任せてもそれなりに上手く撮れる。
 ② できるだけ被写体に迫り、シャッターチャンスを待ちたい。
   全自動モードでは、シャッタースピードはあまり速くないので(メーカーがスローシン
   クロを意識してプログラムをしているためか?)、人の場合動きが一瞬止まるか、
   ゆっくりになった時がチャンスだ。
(2) マニュアル ⇒ 高感度+絞り優先モード+ノーフラッシュ
 ① ISO感度を上げるとノイズは多くなり画面が荒れる。使用するカ メラの性能を確認
   しておきたい。単純に感度目盛の上限ではなく、どこまで画面の荒れを許容できる
   かというカメラマンの問題だ。今回はISO 800が限度で、その上は使いたくない。
 ② ISO感度800、絞り優先モードで絞り開放、フラッシュ発光禁止の設定にする。
   手ぶれ補正機能はもちろん on だ。
 
【作例解説】 使用カメラ:PowerShot G10
<例 35_1 > 神楽殿で踊るひょっとこを全自動モードに頼って撮影した1カットだ。
 カメラが自動的に条件を設定してくれる。被写体に集中し、ひょっとこがへっぴり腰の自分を指さして、動きが止まった一瞬を切り取った。
 <撮影データ> 28mm相当、ISO 250、f 4.0、1/60秒、フラッシュon

<例 35_2 > 参道に並んだ行灯(あんどん)を全自動モードで撮影した1枚だ。
 カメラ的には最適条件だが、フラッシュ光で行灯の明かりが掻き消され、遠景の鳥居周辺が暗く潰れて祭りの賑わいが感じられないなど、やや不満が残る。 
 <撮影データ> 28mm相当、 ISO 250、f 2.8、1/60秒、フラッシュon 

<例 35_3 > そこで、マニュアルで、2歩前進して撮った1枚だ。
 (2)の②の条件設定で撮った。画面は荒れているが、行灯の明かりと遠景の提灯も写し出され、祭りの賑わいと帰り道の一抹の寂しさが表現できた。手ぶれも少ない。
 <撮影データ> 28mm相当、ISO 800、f 2.8、1/13秒、フラッシュoff

<例 35_4 > ISO感度を最高の1600にして撮った1枚だ。
 シャッタースピー ドは1段速くなって1/25秒となり、手ブレの危険は少し減ったが、サイズ変更前の原画を等倍で見たときの画面の荒れは許容できない。

 <撮影データ> 28mm相当 ISO 1600、f 2.8、1/25秒、フラッシュoff、

経験的に、軽くカメラを構えて息を吐き終わってからシャッターを切るとブレにくい。











< 例 35_1 全自動


< 例 35_2 全自動 不適


< 例 35_3 絞り優先 ISO800


< 例 35_4 ISO 1600








撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.35 夜景を撮る(その2) 高感度撮影

cf9月中旬 

ついでにウォーキング