撮影技法 No.14 では、チャンスを待って動物を撮る方法を紹介した。人は興味のあるものだけを注視できるが、レンズはその取捨選択ができない。 動物の面白いしぐさも檻(おり)が写っては台無しだ。そこで、今回は目立たない程度に檻をぼかす撮影テクニックを紹介したい。ボケの少ないコンパクトカメラでは難しいので、マイクロフォーサーズの一眼を使用した。

【ポイント】 檻に近づき、開放絞り、マニュアルフォーカスで写す。
(1)
動物と檻との距離 が重要で、ある程度離れていることが必要だ。
                              
                  

(2) 次に、檻とカメラの距離 Bはできるだけ近いことが望ましい。
(3) 前ボケを徹底的に活用するので、レンズは望遠が有利になる。
(4) カメラは、絞り優先モード開放絞りにしたい。できるだけ明るい(f値が小さい)
   レンズほど檻はボケて見えにくくなる。

【注意点】 ピントはマニュアル操作で、見せたい箇所にしっかり合わせたい。

【作例解説】 共通条件 : 80~400mm相当ズームレンズ,DMC-G1
< 例 39_1 >
 上野動物園のカンガルー※1の檻の前での1枚だ。檻も遠方の被写体もボケている。カメラのモードはプログラムオート※2のオートフォーカスだ。Aは約5m、Bは約 50cmだった。カメラは檻にピントを合わせようとしたが、檻がピントの合う最短距離よりも近いので、ピンぼけ状態になっている。もちろんカンガルーも分からない。
 <撮影データ> 230mm相当,f 4.9※3,1/400秒
< 例 39_2 >
 そこで、マニュアルフォーカス、絞り優先モードに切り替えて、その場所からカンガル
ーにピントを合わせて撮った1枚だ。よく見ると画面左から1/3の所を縦に格子が走っているのが分かる。横の格子は背景や日陰に紛れて、分からないくらいまでボケている。
 <撮影データ> 270mm相当,f 5.1,1/500秒
< 例 39_3 >
 さらカメラを檻に近づけて撮影した1枚だ。両手はいっぱいに前に伸ばし、モニターで確認しながら格子の中心とレンズが重なる位置で、カンガルーの顔と曲げた肘がモニターにちょうど収まるポジションに移動した。実際には格子のマス目で左に2つ移動した。B=30cm程度になっている。画面の両端には縦に走る格子があるはずだが、気づかない程度にボケている。
 <撮影データ> 330mm相当,f 5.3,1/500秒

※1 オオカンガルー(Eastern Gray Kangaroo)有袋目 カンガルー科
※2 通常 P にダイアルを合わせる。明るさに応じて絞りとシャッタースピードが自動的に変化する。
※3 絞りは開放だが焦点距離によって、微妙に変化する。







オリ

 ←- B-→

檻が十分にボケると、両肘を付き、まるでオヤジのようにくつろぐカンガルーの姿が現れる.。
動物のしぐさは本当に面白く、動物園は、1日いても飽きることはない。
見る側の気持ちや体験を動物に投影してしまうので、人生経験の豊富な大人ほど楽しめる場所だと思う。

←--- A ---→

撮影技法 No.39 動物を撮る (その2 ) 檻を消す

cf10月中旬 

ついでにウォーキング

パシャッ













< 例 39_1 オートフォーカス


< 例 39_2 マニュアルフォーカス


< 例 39_3 さらに檻に近く

 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る