撮影技法No.10では、透過光を利用して紅葉の色の美しさを表現する方法を紹介したが、いつも晴れるとは限らない。そこで、今回は長谷山本土寺※1の紅葉を例に曇天でも、ある程度鮮やかな作品に仕上げるためのテクニックを紹介したい。

【ポイント】 作品創りは、次の大きく2つの工程からなっている。
1.撮影の条件
① 絵になる風景を丹念に探す。
   日本庭園の木々は自然に生育しているものではなく、建物や池、石などとの配置
  を考えて植栽したものであり、庭の良さを観察・観賞することから始めたい。
② 三脚か一脚は構図を決めるために必需品だ。今回は、寺の境内で一部道が狭いと
  ころがあり、紅葉見物の人出も考慮して一脚を持参した。
③ 全体に暗いため、ISO感度を上げて撮影するので、コンデジよりノイズの少ない
  APS-Cサイズの一眼レフを使用したい。
④ フラッシュも使用する。カメラの内蔵フラッシュでも十分役に立つ。
   フラッシュのガイドナンバー 24 (ISO 400)、レンズの絞りを5.6とするとフラッシュの
  有効距離は 24/5.6≒4mとなる。被写体との距離が4m以下ならば、露出はカメラ
  の自動調光機能に任せれば良いが、多少の工夫は必要だ。

2.画像編集ソフトによる修正 メリハリを付ける
① フラッシュを使うので鮮やかさは多少演出できるが、物足りない場合は画像編集ソフ
  トを活用してメリハリを付けたい。今回は特に鮮やかさを強調した。
② 画像編集には、SILKYPIX Developer Pro を使用している。RAWの現像ソフトだが
  JPEGにも対応している。このソフトのカラー調整機能には、記憶色
※2というモード
  があり記憶色2を適用するとイメージにピタリとはまることもある。

【作例解説】
<例 41_1> プログラムオート撮影
 今にも降り出しそうな天気だった。本土寺の庭園の渡り廊下と苔と楓の組合せを狙った1枚だが、陰影が無いため立体感に乏しく、色も濁った感じで、全体に冴えない写真になっている。感度は自動設定で、結果的にISO 320になった。) 
 <撮影データ> 40mm相当 ,f 5.6 ,1/320秒 ,プログラムオート,DSLR-350
<例 41_2> 絞り優先モード+内蔵フラッシュ
 内蔵フラッシュを発光させた1カットだ。楓との距離は約 4 mで、フラッシュ光が十分に届き、自動調光も上手く機能している。メリハリが出た。
 <撮影データ> 40mm相当 ,f 5.6 ,1/80秒 ,絞り優先,フラッシュ,DSLR-350
<例 41_3> 以降はパソコンでの編集作業
 <例 41_2>に画像編集ソフトの記憶色2を適用した。フラッシュ光だけでは、まだ濁りがあった楓が、このモードを適用するだけで明るくなり、、画面に立体感が出た。
<例 41_4>
 これは、フラッシュを発光しない<例 41_1>に記憶色2を適用した例だ。色合いは今ひとつで、あまり立体感もない。

 ノーフラッシュに記憶色を応用して
も、陰影の無い写真は、やはり冴え
ない。
写真は光りで描くものだ。

※1 所在地:千葉県松戸市平賀63,入園料:500円,開園:8:00~17:00,入園 16:30まで
   交
通:JR常磐線 常磐線(各駅停車) 「北小金駅」下車、徒歩10分

※2 マニュアルでは、「記憶色とは記憶に残っている色、この物体がこうであって欲しいと思う色。」
    となっている。平たく言って綺麗な色ということになる。ただ、もともと色鮮やかな花などに、
    このモードを適用すると色が飽和し、かえって白けるので、注意したい。

撮影技法 No.41 紅葉を撮る(その3)  くもりの日でも

cf11月下旬 

ついでにウォーキング










< 例 41_1 ノーフラッシュ


< 例 41_2 内蔵フラッシュ


< 例 41_3 フラッシュ+記憶色


< 例 41_4 ノーフラッシュ+記憶色

 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る