撮影技法 No.50 カメラテスト(その2) マクロレンズ vs クローズアップレンズ

ついでにウォーキング

 微動装置は、本体右側の黒いダイヤルにより、カメラ全体を前後させることができる。
 ハス歯ギアなので、下を向けても自重で落下することはなく快適だ。また、ストッパーも付いている。

※1 カメラなど光学系で、レンズに斜めに入射した光線の一部が鏡筒やレンズの縁で遮られ、視野周辺部の光量が減少する現象。
<デジタル大辞泉>
 画面の四隅が暗くなる現象。これは絞りを絞ることで改善されることもある。また、一部の画像編集ソフトでは修正できる。


 
ついでにウォーキングでは、目的に応じて機材を使い分けている。ウォーキング主体なら、コンパクトデジカメになる。








   

<例 50_0 微動装置











cf.ときどきDiary 
H23年2月19日

結果一覧 (1)一眼+マクロ
  レンズ45mm

 
( 35ミリ換算90 )
   LUMIX G1
 (2) 一眼+14~
 140mm+No.2
CL
 
(35ミリ換算28~280)
  LUMIX G1
 (3) コンデジ
 (35ミリ換算35~210)
 PowerShot A650IS

F4.0
該当なし
F5.6
F8.0
最短距離
参  考 ---- ----

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


「 花の接写には、マクロレンズ と クローズアップレンズのどちらが良いか。」 という問い合わせをもらった。質問者の判断材料の一助となるよう、手持ちの機材によるテスト結果を掲載することで回答としたい。

1.目 的 マクロレンズとクローズアップレンズで同一の被写体を撮影し、画質
      を比較検討して、接写に適した機材選びの参考資料とする。

2.方 法 ① 使用カメラ  結果表に記載
      ② 馬の置き物
(全高5cm)を被写体とし絞りを3段階に変えて撮影する。
      ③ 微動措置を利用し各機材の最短撮影距離まで近づき撮影する。
      ④ 共通条件 焦点距離は遠近感が自然な90~100mmに調節した。
       ISO 100 、絞り優先モード、 ホワイトバランス 自動 、 評価測光、
      シーン モード なし、 三脚および微動装置使用

3.結果と解説  結果を下表に示す。

① 一眼+45mm(90ミリ相当)が、どの条件でも最も良い画質を示した。特に最短
 距離では、等倍(撮像素子上の大きさが、被写体と等しい)での画質は見事だ。絞
 り開放付近で周辺光量の低下が目立つ。
② ズームレンズで開放Fがやや暗く、F5.6から始まっている。CLがアクロマート
 なので色収差は殆ど見られない。画質は①よりやや落ちる。
③ コンデジはの焦点距離は、少し長めで105mmになった。800×666ドットの大き
 さでも、①と比べて鮮鋭度が落ちているのが分かる。なお、コンデジは、広角マク
 ロの時が最も寄ることができる。参考では馬からレンズまで約3cmだったが、か
 なりデフォルメされる。

4.まとめ   
 ① マクロレンズは最短距離、ボケ具合とも、群を抜いている。周辺光量の低下が
  見られる点が惜しい。このレンズは前玉が小さく、口径食
※1(こうけいしょく)
  の影響が考えられる。
 ② 14~140mmズーム+No. 2 CL(AC)の組合せは、マクロレンズにはやや劣る
  が、ズーム全域での接写が可能で、その利便性は高く十分に実用的である。
 ③ コンパクトデジカメは、やや見劣りするが接写用具を必要とせず、280mm相当
  +No.2に 匹敵する接写能力があり、かつ軽量で、ついでにウォーキングには必
  需品だ。