撮影技法 No.53 カメラテスト(その3) 測光方式  特徴と活用方法

ついでにウォーキング

評価測光モード( カメラメーカー独自の演算をして露出を決める。ノウハウは未公開 )
   白バックの時はアンダーになった。+1EV程度の補正をしたい。グレーバックでは、わずか
  にアンダーで、+0.3~0.6程度の補正をしたい。黒バックでは、気持ちオーバー気味だが、
  補正は不要だろう。

中央重点測光モード( AF枠連動 、AF:オートフォーカス )
   被写体を中央に置き、ピント位置は馬の目の左端に合わせているため、評価測光とほぼ
  同様だが、少し明るくなっている。白バックでは、+0.6EV程度の補正をしたい。
  AF枠連動の重点測光は、AEL
の操作を正確で早くやることと同じなので、この機能の
  あるミラーレス一眼や一部のコンデジでは、AEL機能は使わなくても極端な露出過不足は
  少ないはずだ。

スポット測光では、何れもアンダーで、+0.6~1.0EV程度の補正をしたい。
   理由は簡単で、適正露出とは18%グレー板をその濃度に再現できる露光を与えることを
  意味する。それよりも白い物では、プラス補正、黒い物では、マイナス補正が必要だ。
  ③の実験では、シャッタースピードはどれも1/15秒で、周囲の影響は全くないようだ。
  白馬でなくグレーだったら、適正露出になっていたはずだ。 

3.まとめ
 (1) スナップ写真など早さや簡便さが求められる時は、評価測光が相応しい。
   何も理屈を考えなくても、それなりに写り、何と言っても楽だ。

 (2) もう少し露出に拘りたい人には、中央重点測光モード(AF枠連動)が向くと思う。
   一般的な注意事項 ( 白い物を白く撮るには+、黒い物を黒く撮るには-(マイナス)に
   補正する。 ) を知っていれば、比較的簡単に適正露出を得られる。 

 (3) 更に厳密な露出を求める方には、スポット測光が適しているだろう。ただし、使いこな
   すには、それなりの知識と経験が要求される。







<例 53  台紙の色



台紙の色  台紙の色グレー 台紙の色
   評価測光
   ( マルチ測光 )
  中央重点測光
 (オートフォーカス枠連動
 のため、ピントを合わせ
 た位置を中心とする重点
 測光になる )
スポット測光

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


 今回はデジカメの測光方式について、実験を通してその特徴を示し、使いこなすための
ノウハウの一端を紹介したい。

1.方   法 ① 使用カメラ LUMIX G1(ミラーレス一眼) , 45mm f 2.8 マクロレンズ
          ② 背景用の台紙に白、グレー、黒の3色のラシャ紙(A3)を用意した。
          ③ 馬の置き物(全高5cm)を台紙の中央に乗せ、測光モード3種類について
            9条件(台紙 3種類×3モード)の撮影して、背景の影響を比較検討した。
          ④ 共通条件 ISO 100、絞り優先モード、f 4.0、ホワイトバランス晴れ 、シーン
            モード なし、 三脚使用、ピント位置 目の左端 、天候:曇天、室内撮影 
2.結果と考察  結果を下表に示した。
 3枚の厚紙をずらして撮影した。見た目に近い濃度になった。ほぼ適正露出だ。
 中央重点測光であれば、
日の丸構図の場合、レンズを向けてシャッターを切れば、ピントと露出が同時に合うが、実際には、テーマが中央に来ないことも多い。

 そこで、カメラを構え直して、テーマをファインダーの中央にして、露出を測って固定し、カメラをまた構え直して、撮ることになる。この時必要な機能がAELだ。

 しかし、一部のコンデジやミラーレス一眼は、カメラに、テーマの位置を指示すれは、ピントと露出を同時に、素早く合わせてくれる。

 難しいことを意識させず、簡単にできる時代になった。
しかし、原理を理解しておいた方が、応用が利くことに変わりはない。
 cf.ときどきDiary 
   H23年4月 2日

※AEL 読み方:エーイーロック (Auto Exposure Lock ):露出補正機能のひとつ。