撮影技法 No.72 カッコ良く構える(その1) 人のふり見て※1

ついでにウォーキング

 花の撮影に三脚か一脚は必需品だが、散歩の時や、ちょっとした買い物など三脚がないときもある。そんなときは、せめてカッコ良く構えてみたい※2。今回は、今年の公園散歩で偶然に写り込んだ人達※3に登場していただき、反省材料になってもらった。  次回へ



 

No.
写真 コメント
例-1  ① 左肩に掛けたバッグが、両足の間にぶら下がり揺れて今にもズリ落ち
   そうだ。これでは撮影に集中できそうもない。
 ② 両足が揃い、中腰で疲れそうな構えになっている。ゆっくり構図やピント
   を合わせるのはむづかしそうだ。
 ③ 左手でレンズの下を支えるのは基本どおりだが、その肘(ひじ)を締める
   のを忘れているようだ。
例-2  ① 両足が揃っているため、遠目にも身体が前後に揺れている。
 ② さらに、よく見ると両足の踵(かかと)が浮き上がっている。
   安定しているとは言い難い。
 ③ ロープの内側に入らない点は紳士だが、気持ちも身体も前屈みになり過
   ぎているようだ。ゆったりとした気持ちで撮りたい。
例-3  ① 縁石の外側で撮っているのは紳士だが、左手でレンズの下を支える基本
   を忘れているようだ。
 ② このスタイルでは足が痺れそうだ。時間をかけて構図やピントを決める
   には辛い体勢だろう。
例-4  ① 当日は風が強く、首に掛けたバッグが、揺れていた。
 ② 高倍率のズームレンズを使用しているようだが、この姿勢は頂けない。
   ここまで、屈(かが)むなら片膝を芝について背筋を伸ばした方が見た
   目もカッコ良く、安定感もあるはずだ。 写真-5 と比べるとよく分かる。
 例-5  ① 柵とロープの間のポジションが、ちょっと微妙のようだ。
   立ち入り禁止かも。
 ② コンクリート製の構造物に腰掛け、足を前後に少し開き、姿勢も良いので、
   安定感がある。また左肘も締めていて基本どおりだ。
 
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


※1 諺(ことわざ) 「人のふり見て我がふり直せ」 他人の行為の善悪を見て、自分の行為を反省し改めよ。
    国語大辞典<小学館>
※2 
撮影テクニックの本には、最初に 『安定した構え方の例』 が載っているが、不安定な例は載っていない。

※3 ウォーキングのついでに、公園全体の様子も数カット撮ることにしている。たまたま、その全景に小さく写り
    込んだカメラマン達だ。 登場人物にとっては大きなお世話かも知れない。