<例 82_1  f 2.8
④の画像は背景がうるさい
ので開放絞りにした。周辺
量が落ちて暗い感じになっ
たので撮影技法No.80を活
用して補正した。      .




<例 82_2 全 景





ケース 画 像 コメント 位置関係(平面図)
 LEDライト未使用
 共通条件

  シャッタースピード 1/200秒
  絞り 5.6

 被写体に対して約45度の位置にLED
 ライトをもってきた。①より立体感は出
 たが、ハイライトが飛び気味だ。
 LEDライトなので光量の調節はできない。
 弱くしたいときは遠ざけるか、ティッシュ
 ペーパーを使うことになる。
 ほぼ、真横からのライティングだ。
 スポットなので、花だけにライトが当たって
 いる。中心の花弁の影が右側に出ている。
 影はややきつい

 わずかに逆光になるように、LEDライトを
 移動した。質感と立体感が出てきた。
 やはり、影がきつい。バックはもっと単純
 化
したい。LEDライトは手持ちなので、ファ
 インダーを覗くことはできない。フリーアン
 グルモニタを見ながらセルフタイマーを切
 ることになる。
  LEDライトを花から少し離し、絞りを開ける
 と<例 82_1> になる。

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


 演劇の舞台を考えると主人公は舞台の中心にいるとは限らないが、何処にいてもスポットライトが当たり主役であることが強調されている。このスポットライトを撮影にも取り入れてみたい。舞台のような照明などあるはずもない。替わりに使用するのは手軽なLEDライト※1だ。これを停電のときだけに使うのは勿体ない。今回はテストの成果を紹介したい。

1.目  的  LEDライトが、スポットライトの代用になるかフィールドで確かめる。
2.方  法  ① カメラを三脚に固定する。必須条件だ。
          ② LEDライトの位置を変え、スポットライト効果を確認しながら撮影する。
3.機  材  LUMIX G1(ミラーレス一眼) , 45mm f 2.8 マクロレンズ、三脚、LEDライト
4.結  果  結果を下表に示す。
平成23年11月27日(日) 都立亀戸中央公園にて、 サザンカ 初光

撮影技法 No.82 花を撮る(その21) スポットライト効果

cf11月下旬 

ついでにウォーキング

5.まとめ   
 ① 日中使用するので、LEDライトは十分な明るさがほしい。また、明るさの調整は被写体と
   の距離やティッシュペーパーで調整するという不便さ多少もある。
 ② しかし、創意と工夫で補助光として十分に役立つことが分かった
※2 

※1 懐中電灯:携帯するように作られた小型の電灯。乾電池などを電源とする。 < 国語大辞典 小学館>
   「懐中電灯」、この古めかしい響きは LED(Light Emitting Diode,発光ダイオード)を使用した器具には、どう
   もしっくり来ない。 米語の flashlight は、閃光電球のようだし、英語の electrictorch も「トーチ:たいまつ」
   が元にあり馴染まない。そこで、Lightとライトが被(かぶ)るがLEDライトとした。色温度に影響を与えることの
   少ない白色LEDを使用したい。日中使用するので十分な明るさがほしい。

※2
 補助光源なので、変化は微妙なものだ。この微妙な変化をしっかり捉え、コントロールすることが、優秀な
   カメラマンの条件だろう。まだまだ研鑽が必要だ。