撮影技法 No.35 では、コンデジ撮影を前提に、画面が大きく荒れない範囲( ISO感度を800まで )の夜景撮影のテクニックを紹介した。今回は一眼を使用し、超感度撮影と画像
編集ソフトの合わせ技のひとつとして粗粒子効果※1のテクニックを紹介したい。


【ポイント】  超高感度
※2で撮影し、画像編集ソフトでモノクロ化すると迫力がでる
 画像編集ソフトで彩度をゼロにすると簡単にモノクロ画面になる。コントラストとガンマを
調節してシャドーを締めると力強い写真になる。ISO感度を上げると粒子が荒れる。

【注意点】 

 ① 明るい日中では、シャッタースピードと絞りが間に合わないので、夜間撮影が対象に
   なる。明るい状況ではNDフィルターを使用することになる。
 ② コントラストは強くなるが、手ぶれがあっては台無しになる。早いシャッターを切りたい。
 ③ もう良いと思った所から周囲の状況に注意しながら、さらに2歩前進したい。思い切り
   被写体に迫ることが迫力を出す一番のコツだ。

【作例解説】 共通条件:SLT-A55V(α55),28-300mm相当ズーム,WB:オート
<例 93_1> ひょっとこ踊り
  ISO感度を12800とし、祭りのひょっとこの踊りを撮影した。画面は、かなり荒れている。ホワイトバランスは自動だが発色に濁りがあり好ましくない。
 <撮影データ> 120mm相当 ,f 5.6,1/400秒

<例 93_2> 以降は画像編集ソフトによる作業
  モノクロ化した。彩度の調節項目をゼロにするとモノクロになる。やや暗い印象だ。市松模様の浴衣の朱色は見た感じでは、もう少し明るい。編集ソフトの露出補正を0.5EV程度上げれば全体的に明るくなるが、黒にしまりがなくなる。

<例 93_3>
  そこで、赤系統の色が明るくなるようにモノクロ化してみた。銀塩写真ならば、オレンジ
フィルター※4を掛けたような印象になっている。面の丸い眼とともに、扇子の動きと開いた左手が、
こちらに何かを求めて迫ってくるような1枚になった。

<例 93_4>
  <例 93_3>のお面の部分をを等倍に切り出した。粗粒子効果が分かる。点描画※5
 のように見える。

※1 銀塩フィルムで見られる粗粒子表現は、主にモノクロームの高感度フィルムを高温現像して、意図的
    に銀粒子を粗くする現象方法を使った写真表現のひとつ。こうした銀塩フィルムの写真表現をデジカメ
    でも高感度撮影や画像編集ソフトを利用して再現できる。

※2 
超高感度の定義は調べた範囲では見つからなかった。高感度※3の設定を大きく超えている程度と
    理解したい。
※3  high sensitivity photograph カメラのISO感度を高めて撮影すること。一般にはISO 800以上での撮影
    を指す。高感度撮影ではシャッター速度を速くできるので、手ぶれや被写体ぶれなどによる失敗写真
    が少なくなる。<日経パソコン用語事典2009>
※4 モノクロの銀塩写真において、青系統の色を暗く、黄色から赤系統の色を明るくするためのフィルター。
    赤外フィルム使用時にレッドフィルターの替わりに使用することもできる。
※5 点あるいはそれに近い短い筆触で描き、形を色の点によって構成する絵画表現技法。
    <国語大辞典 小学館 >











<例 93_1 ISO12800で撮影


<例 93_2 単純モノクロ化


<例 93_3 コントラスト調整


<例 93_4 等倍 粗粒子効果












  







撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング

撮影技法 No.93 超高感度+モノクロ化→粗粒子表現    cf.9月中旬