植物の群落の広がりを表現するには、広角レンズでそのまま撮影する方法もあるが、一部分をクローズアップして、背景をぼかすことで群落の広がりを表現することもできる。

【ポイント】被写体に寄って写し、背景をぼかすことで広がりを表現する
 大きな後ボケを活用したいので、花の密度が高く、背景と距離がある部分を探したい。

【注意点】
@ 形の良い数輪をよく探すこと。背景をぼかしたいので、背景の花との距離がと
 れるものが好ましい。
A 片手の手持撮影のノーファインダー
※1撮影になることもある。手ぶれを防ぎ
 たいので撮影モードは、「シャッター速度優先」が適している。風景撮影は、
 何でも「絞り優先」が適している訳ではない。その場に応じたモードに切り替
 えて撮影したい。
B 今回のように無理な姿勢での撮影では、カメラの連写機能を使って数枚撮って
 おき、ピントや構図の良い1枚を選択することも必要になるだろう。多少の偶
 然に期待するのも撮影技法のひとつだ。

【作例解説】
<例 04_1> 60mm相当

 東京都立赤塚公園で、桜の木の周辺に自生するリニンソウを撮影した1枚だ。立入防止用の柵の外側から、アイレベル
※2で撮影している。群落であることは分かるが、何の花なのか分からない。
 <撮影データ> PowerShot A650 IS,60mm相当,f4.0,1/200秒
 
<例 04_2> クローズアップ
 撮影技法No.01を生かしてローアングルに構え直し、ぼけを活用できる数輪のニリンソウに狙いを絞って、数カット撮影した中の1枚だ。柵の間から、できるだけ手を伸ばして片手で撮影している。被写体が小さいので<例 04_2>は元の写真を2/3になるくらいにトリミングしている。
 ピントの合っている花は中央に数輪しか写っていないが、背景にボケたニリンソウがあり、群落がずっと続いているように見える。
 <撮影データ> PowerShot A650 IS,210mm相当,f4.8,1/250秒 ,
        −0.3EV 補正

※1 ファインダーを覗かない撮影のこと。ライブビュー機能のない一眼レフでは、むずか しい
    が、コンパクトデジカメでは意識しないものの通常これが多い。
※2 普通に立った状態で、目の高さ

撮影技法 No.04 クローズアップで広がりを表現  cf.4月中旬 













例 04_1 都立赤塚公園 >



04_2 クローズアップ

撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


ついでにウォーキング