撮影技法 No.130 カメラテスト(その7) ピクチャーコントロールを試す

ついでにウォーキング











<例 9 自販機
スタンダードのピクチャー
コントロールのままで、 .
-1EVとして、フラッシュ
を弱く入れてみた。正面
からの発光なので、反射
を拾っているが、全体的
には見た目に近いようだ。


Picture Control
種類と説明
取説の説明をそのまま転記
(1) 設定時のモニタ画面
(2) 撮影結果 (3) コメント※2
    


 
      
 
    
 

撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る


 3原色を強調しすぎているように見える。くどい感じで、積極的に使用しにくい。

      ビビッド
 メリハリのある生き生きとした色鮮やかな画像になります。青、赤、緑など原色の色を強調したいときに適しています。

  スタンダード(初期設定)
 鮮やかでバランスのとれた標準的な画像になります。ほとんどの撮影状況に適しています。

    ニュートラル
 素材性を重視した自然な画像になります。撮影後に画像を加工したいときに適しています。

 常用するコンデジの変更に伴いカメラメーカーも変わった。そこで、このカメラメーカーの画作り※1を確認するために撮影技法No.101 と同様のテストをしてみた。特徴がある程度分かったので紹介したい。ちなみに撮影技法No.101でカラーチャート代わりに使用した自動販売機が撤去されていたので、別の場所の自販機を利用した。

1.目  的
  ピクチャーコントロールの違いによる色調の変化を調べ、使い方と注意点を
          模索する。

2.方  法  ① 使用カメラ  Nikon COOLPIX P7700
          ② 三脚にデジカメを固定し、同一の被写体を設定を変えながら撮影する。
3.結  果  結果とコメントを下表に示す

    モノクローム
 白黒やセピアなど、単色の濃淡で表現した画像になります。

 全体的にくすんでいるように見える。質感が良く出ているというわけでもなく、素材性を重視したという意味が分からない。

 モードはスタンダードだが、全体的に派手な印象だ。
あまり常用にしたいとは思えないが、picture control の適用無しという選択肢はない。

※1 Nikonは、この設定項目を Picture Control と呼び、取説では、『 撮影状況や好みに合わせて、記録する
    画像の画(え)作りを設定できます。輪郭強調の度合い、コントラスト、色の濃さ(彩度)を細かく調整すること
    もできます。』 としている。

※2 
分野は全く違うが、もともと技術屋なので、この手の商品テストの評価は厳しくなってしまう。WEB上のカメラ
    の性能試験や紹介などは、スポンサーが付いていたり機材が借り物だったりして評価が甘いものが多い。
    これらのテスト自体がCMの一環なので当然のことだろう。 当サイトにはスポンサーはなく、すべて自腹な
    ので、その点の偏りはない。

4.まとめ
 ピクチャーコントロールには4つのモードが用意され、各モード毎にさらに細かな設定ができるようになっている。RAWと比べて、JPG画像は色調の修正の範囲が狭いので、しっかり見極めて設定しないと初期値の方が良い結果だったということにもなりかねない。ピクチャーコントロールはスタンダード(初期値)のままか、場合によってはモノクロームにして使用することになるだろう。
 基本的には、今までと同様にJPGとRAWの両方で記録し、JPG画像を参考にしつつもRAW
から現像することになる。

 スタンダードの絵柄の彩度を単純にゼロにしたものと比べると、コントラストがあり、赤系統が明るく写っている。モノクロ写真ならイエローのフィルターをかけたような写りになっている。