※1 色温度の単位はケルビン温度(絶対温度)で示される。 表記 °K 

※2 
RAWデーから現像する場合は、色温度を指定することができる。AWBのままでは雰囲気が十分に
    表現できないときは、色温度を調整してみたい。

※3 暖かみのある黒のこと。暗室でモノクロームの引き伸ばした経験がある方なら、体験を通して感覚的
    に理解できるはずだが、デジタルカメラから始まった方には、分かりにくいかもしれない。
改めて項目
    を起こし、作例をつけて説明したい。

撮影技法 No.167 スイーツを撮る(その3) クールに観察   cf.5月下旬


 撮影技法No.103 では、室内でスイーツを撮影するときのコツを紹介した。今回は、もう一歩踏み込んで、美味しそうに撮る方法を紹介する。スイーツは、写真を撮るよりも食べる方が得意な方が多いはずだが、ここはクールに観察することから始めたい。なお、撮影技法No.103 の注意点は厳守だ。ときどきDiary26 5月29日も参照されたい。

【ポイント】 できる範囲で、ポジションとアングルをわずかに変えてみる
 席に着いた後では、ポジションやアングルを大きく変えることはできない。座ったままで、あまり不自然にならずに上半身を動かせる範囲に限られる。まず、席を決めるときは光線状態や背景に十分注意したい。冷静な観察と素早い判断が求められる。店や時間帯にもよるが、このポジションの選択が一番難しいところかもしれない。

【共通条件】 すべて手持ち撮影 ,COOLPIX P7700 ,28-200mm相当 ,f 2-4 ,
 WB:オート ,測光方式:マルチパターン ,撮影場所:カフェ

【作例解説】
<例 167_1> 全景
 黒いテーブル、革張りのソファ、レモンの香りのする冷水(画面右上)が揃う、昭和の薫りのカフェに寄った。ショートケーキとコップに雫の付いた冷水まで入れて撮った一枚だ。
全体の配置は分かるが、光沢のあるテーブルに照明が盛大に映り込み、シックな雰囲気やトッピングのメロンのみずみずしさは伝わらない。
<撮影データ> 28mm相当 マクロモード,f 2.0 ,1/20秒
<例 167_2> アップに

 ポジションを少しだけ左に取り、55mm相当にズームして切り取った。奥行き感は出たが、まだ、蛍光灯が写り込んでいる。照明は蛍光灯と白熱灯のミックス光線だが、白い皿が白く再現されていてオートホワイトバランス(AWB)は、上手く働いているようだ。しかし、このシチエーションでは、やや冷たい印象になった。色温度は4250°K※1になっている。
<撮影データ> 55mm相当 マクロモード,f 2.8 ,1/10秒

<例 167_3> ポジションとアングルを変える
 今度は、冷水の入ったコップを画面に入れない位置まで身体を少し右に傾け、カメラ位置をアイレベルから少し下げて、ケーキに対してゆるいアングルから切り取った。テーブルの反射を拾わずに、スッキリした画面になった。画像編集ソフトで色温度を4600°Kまで上げて少し暖かみを演出した※2。白熱灯で撮ったような色合いに少し近づけた。背景の黒も温黒調※3になり、シックな雰囲気の中にショートケーキを表現した。
<撮影データ> 55mm相当 マクロモード,f 2.8 ,1/20秒

 先日、図書館で借りた写真のテクニックの解説書で、あるプロカメラマンは、「スイーツもシズル感を大切にするように。」と書いている。
 シズルsizzle とは、(名詞 )シューシュー[ジュージュー]いう音[擬声語] のことだ。ステーキなら出来たての感じをシズルと言ってもいいが、スイーツには不適当だろう。よく知らない片仮名書きの英単語はスペルを確認して辞書を引くことにしている。












<例 167_1_全 景


<例 167_2 わずかに左へ


<例 167_3_今度は右へ振る

撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング