ときどき Diary 26  ( 平成 22年23年24年25年,26年,27年28年29年 )

 
            
 平成26年12月28日(日)
晴れ 74_26 
  関東地方は、この冬7回目の寒波
に見舞われているという。こんな日曜日は霜柱
 が見たくなる。年末最後の小掃除は午後に回し、防寒対策を十分にしてから都立水
 元公園
に出かけた。グリーンパークの開園時刻に少し遅れたが、野草園には誰もい
 ない。期待どおり枯れたシモバシラの茎の根元には、氷の霜柱ができている。今年は
 地面から40cmほどの高さまで発達している。これほど大きなものは初めてだ。さっそく
 いつものコンデジをマクロモードに切り替えて色々なアングルから撮ってみた。シモバ
 シラの隣には来年の準備?の双葉が出ている。さすがに冷える。30分ほどで切り上
 げ寄り道をして、パティスリーの喫茶コーナーで休憩にした。(N_P7700)

   夜のニュースでは、東京地方は、この冬一番の冷え込みだと報じていた。

            
 平成26年12月23日(火)
天皇誕生日 晴れ 73_26 
  表参道ヒルズのHPには、「年に一度の聖なる祝宴の日。街のシンボルである教会
 の鐘の音を合図に街が光を放ち、楽器の村がチューニングを始めます。その楽器の
 音が混ざり合い、ジオラマツリー全体で交響曲を奏で、森と街が音と呼応し、ツリー
 全体が聖なる光に包まれます。」 と紹介されている。シンフォニー
にしては、全体的な
 統一感にやや欠ける感じは否めない。ツリーの上部を飾る楽器の村々のオブジェは
 作り込みが不足だが、教会の周囲の北欧風のジオラマは良くできている。教会を中心
 とした街なので、日本風に言えば門前町か。北欧風門前町を撮ってみた。(P_GH2)

            
 平成26年12月20日(土) くもり後雨 72_26
 
  このところ日本各地で大雪の被害が出ているが、東京は空っ風
が強く寒い日が
 続いている。厚手のフリースの上にマウンテンパーカーを着込んで都立水元公園
 出かけた。
午後から雨の予報もあり、さすがに散策の人は少ない。写真は中央広場
 の落ち葉を思い切りローアングルからマクロモードで切り取った一枚だ。ここは落ち
 葉の掃除をしない(広すぎて、すぐには出来ない?)ところが何ともよい。向こうの林
 までずっと続く落ち葉に、誰もいない初冬の感じを込めた。いつも帰りに寄るパティス
 リーの喫茶コーナーはクリスマス期間で、休みだった。27日から始めるという。物足り
 ないが、その分早く帰宅できる。昼食の準備には十分だ。(N_P7700)
  ※ からっかぜ 湿気や雨雪をともなわないで、激しく吹く風  

            
 平成26年12月13日(土) 快晴 71_26
 
  例年1月に開催されていた夢の島熱帯植物館のラン展が年末になっていた。夢の
 島熱帯植物館のHPをWEB巡回ソフトに登録しておいたので、お知らせのコーナーの
 更新が、これにヒットした。写真は、交配種のコーナーに出品されたランだがカトレア
 属のようだ。出品者名と作品の名称
がプレートに書かれている。一見マゼンダかぶり
 が出ているように見えるが、花弁に淡いピンク色が乗っている。あまり絞らず、準標
 準レンズで背景をぼかしつつ切り取った。湿度の高い温室ではレンズの結露で困る
 ことがあるが、使い捨てカイロを貼ったカメラポーチにデジカメを入れておいたので、
 デジカメ全体が少し暖かく、レンズのくもりはなく快適に撮影できた。(P_GH2)

            
 平成26年12月 6日(土) 快晴 70_26
 
  少し前、テレビに 「そうだ、京都へ・・・ 」 というCMが流れた。行ってみたいが当分
 は諸般の事情が許してくれそうもない。文化庁のHPを調べると各県の寺院の数が分
 かる。京都府は3,094寺で、さすがに多いが東京都でも2,875寺ある
(平成25年の統計)
 そこで、全く観光名所になっていない都内の寺を巡るとことにした。手始めは地下鉄
 1本で行ける文京区にした。写真は浄雲院心光寺で、逆光に映えるもみじを背景に
 六地蔵の1体を切り取った。明暗差が大いので、常用の画像編集ソフトの覆い焼き
 
の機能を活かして地蔵を表現した。ひどく安近短だが、静寂の中に錦秋を満喫できる
 都心の紅葉の寺巡りにも旅情がある。誰かに見せたくなるかも。(P_GH2)

 
            
 平成26年11月29日(土)
くもり一時雨後晴れ 69_26 
  厚い雲の間から時折、陽が差す忙しいお天気だ。降り出す前に千葉県松戸市の
 漸寺
(とうぜんじ)を30分ほど散策した。今年は紅葉の発色が今ひとつ冴えない。この寺
 は、拝観の人は少いところが魅力だったが、シニアが多数来ている。先生と呼ばれる
 人も含めて女性グループは、とにかく喧
(やかま)しい。これは撮った、次は本土寺に廻
 る・・・と聞こえきた。撮影ツアーのようだ。何を撮るかは感性が直感的に教えてくれる
 が、どう撮ったら思いが表現できる作品になるか、経験とテクニックに相談しほうが
 いい。そのためにも、じっくり観察したい。曇りの日の撮影では、画面に空が入ると締
 まらない写真になることが多い。ダークトーンの背景に朱から黄、緑までのグラデー
 ションも画面に収め、静寂の中に奥行きのある作品に仕上げたい。(N_P7700)

           
 平成26年11月23日(日)
勤労感謝の日 晴れ 68_26 
  公園の紅葉を個人的にライトアップして撮ってみた。昨年と同じ場所だ。ただ時刻
 が18:17と
日没(16:31,東京)よりもだいぶ遅く、周囲は暗い。街灯だけを頼りに自動
 露出で撮ると、ISO100では f 2,15秒 だった。しかも、蛍光灯の黄緑がかった色合い
 で、背景の家並みまで写ってしまう。ここは外付けフラッシュ2灯による個人的なライト
 アップで撮ることになる。1灯はホットシューに、もう1灯はテーブル三脚に固定して地
 面に置き、スレーブ発光モードに設定した。シャッター速度1/1000秒でも2灯ともシン
 クロする。雑多な背景は闇に沈み紅葉だけが浮き上がる幽玄の世界が展開する。
 ホワイトバランスは太陽光で問題ない。(N_P7700)

           
 平成26年11月22日(土) 快晴 68_26
 
  
柴又帝釈天から江戸川土手を歩いて葛西神社まで散策した。写真は京成柴又
 駅にほど近いカフェの苺のシフォンケーキだ。青果店の2階にある10席ほどの小
 さな店だが、なかなかだ。コーヒー豆はトラジャのようだ。カップ&ソーサーはウエッジ
 ウッドのワイルドストロベリーを使っている。苺(甘王?)は、1階の青果店から仕入
 れたものか、新鮮だ。(N_P7700)
  ※ Wedgwood & Corporation Limited イギリスの陶磁器メーカー。1759年にジョサイア・ウェッジウッド
     によって設立された世界最大級の陶磁器メーカーの一つ。主に高級食器を製造・販売する。

           
 平成26年11月18日(火) 快晴 67_26
 
  
火曜日は燃やすごみの日だ。7時過ぎには集積場所に出す。ふと見ると近所の
 お寺さんの大銀杏が朝日に輝き、山門の屋根と見事なコントラストを見せている。
 急いで戻り、コンデジを持って山門に直行した。朝の貴重な時間だが寺まで1分ほど
 だ。大銀杏を数枚撮り、そのまま本堂に向かった。大屋根を見上げると鬼瓦が牡
 丹の花の形をしている。鐘楼の屋根の鬼瓦は確かに鬼の顔だが、本堂は牡丹だ。
 5月には境内に見事なボタンが見られる寺だが、大屋根にもあったとは知らなかった。
 今日のごみ出しは、思わぬ収穫があった。樹齢500年の羅漢槇(らかんまき)もあるが、
 これは次回だ。撮るほどに宿題が増えてしまう。(N_P7700)
  ※ 屋根の棟(むね)のはしに置く大きな瓦。昔は魔よけのために鬼の面をかたどったものを用いたが、
    今はいろいろの意匠のものがある。<国語大辞典 小学館> 牡丹でも鬼瓦のようだ。


           
 平成26年11月15日(土) 快晴 66_26
 
  
快晴だ。大量の洗濯をすませ、布団を干した。朝9時に開店するケーキのチェーン
 店に寄ってから都立水元公園に出かけた。PLフィルターが良く効いて青空に皇帝
 ダリア
が映える気持ちの良い写真になる。ただ、シベが花びらの影に入り暗くなるの
 で内蔵フラッシュをマニュアルでフル発光させた。といってもコンデジなのでガイドナン
 バーは10にも満たない。高さ4mほどの皇帝ダリアにはパワー不足だが、少しは効い
 ている。帰れば、洗濯物などの取り込みと風呂掃除が待っている。(N_P7700)

           
 平成26年11月 9日(日) くもり一時雨 65_26
 
  
くもりの予報だが、念のために折りたたみ傘を持ち、サザンカを目当てに都立亀戸
 中央公園
に出かけた。昭和の栄、乙女、初光、立ち寒椿などの種類が見られる。
 特に、散った花びらを背景に咲く昭和の栄などには風情(ふぜい)がある。また、黄葉し
 たケヤキなどをアウトフォーカス気味にバックに配して切り取った乙女(サザンカ)には
 晩秋の趣が漂う。ただ、主題と副題の明暗差が大きく、何の工夫もなく撮るどちらか
 が白く飛ぶか黒く潰れる。露出は背景に合わせ、テーマの露出不足はフラッシュの
 光量を調節して切り取った。コンデジだが良い写りをする。園内を右回り左回りと2周
 したが、やはり途中で降られてしまった。雨男は返上出来ない。(N_P7700)

           
 平成26年11月 1日(土) 雨/くもり/雨 64_26
 
  
午後から雨の予報だったが朝から雨だ。9時を過ぎると止んできた。今から行けば
 千葉県松戸市の戸定邸の開園に間に合う。ここの菊花祭は、気品があり撮ってお
 きたい被写体のひとつだ。ただ、市の行政サービスとして、七五三の親子に限り庭に
 降りて記念写真が撮れるので、10時を過ぎると着飾った親子が団体でやってくる。
 10時までの30分間が勝負だ。建物は重要文化財なので三脚などは使えない。手持ち
 の大量撮影術で感性に任せて撮っていく。質素な中にも雰囲気がある中庭の景色を
 準標準レンズで切り取った。11時前には帰宅したが、直後にまた降り出した。ラッキ
 ーだが、このまま雨男返上になるとは思えない。(P_GH2)

           
 平成26年10月23日(木) 雨 63_26
 
  
混雑を避けて平日に予定を入れたが、朝から雨だ。昨日用意した一眼をコンデジ
 に変更し、防水の効いたウォーキングシューズを履き、大きめの傘をさして千葉県習
 志野(ならしの)市の谷津バラ園に出かけた。確かに来園者は殆どいない。雨もまた、
 よしと気を取り直し、水滴にライトが入るように、内蔵フラッシュをマニュアルに切り
 替えて、ごく弱く発光させた。写真はブライダル ピンクだ。大きめの花は雨に打た
 れて下を向いている。小ぶりの花に絞って切り取った。(N_P7700)
 今年は、6月に旧古河庭園に行ったときも雨だった。雨男は、返上出来そうもない。

           
 平成26年10月18日(土) 快晴 62_26
 
  
台風19号の後は、急に暑くなったり寒くなったり忙しいお天気だった。今日は、この
 時期らしい快晴になった。大量の洗濯をして、ベッドパッドと毛布を干してから青和ば
 ら公園※1
に出かけた。数は少ないが数種類のバラを楽しめる。写真はブルームー
 ン
だ。香りがある。その香りをイメージして前ボケを作ってみたが、明るすぎて開放絞
 りというわけにはいかない。マクロレンズにもNDフィルター※2が欲しくなる。(P_GH2)
  ※1 東京都足立区青井3-18-15 足立区立公園 2 減光フィルター。色合いは変化しない。

           
 平成26年10月11日(土) 晴れ 61_26
 
  
台風19号の動きは予報よりも遅く、東京は、まだ晴れている。今のうちにと向島百
 花園
に向かった。この時期、秋の七草には遅く花々は少ないが、サクラタデ(桜蓼)
 は見頃になっている。この植物は花が小さく、少しの風でも揺れて、特にフォーカスの
 遅いコンデジには厳しい被写体だ。5分ほど粘って十数枚撮ってみたが、8割以上は
 ピンぼけだった。写真は、帰り道で寄ったパティスリーのミルキーストロベリーだ。
 天の川※1に見立てたアラザン※2に惹かれてしまった。ピスタチオグリーンが鮮やか
 だが、ホワイトバランスもオートのままで特に色調はいじっていない。(N_P7700)
  ※1 Milky Way  ※2 砂糖の粒を銀箔を覆った糖衣菓子 argent 仏語:銀 

           
 平成26年10月4日(土) くもり 60_26
 
  
大型の台風18号の来る前にダリアとコスモスを求めて奥戸フラワーパークを30分
 ほど散策した。どちらも見頃をやや過ぎているが仕方がない。区立の公園だが、よく
 手入れがされている。曇り空で、色温度を調節しても花の色合いが冴えない。露出を
 1段マイナスにして、外付けフラッシュをマニュアル発光させた。ガイドナンバーを変え
 ながら撮り、GN≒1でほぼ納得のいく露出と発色になった。高速シンクロに対応した
 フラッシュなので、シャッター速度を意識せずに作画に専念できる。(P_GH2)

           
 平成26年10月2日(木) くもり 59_26
 
  
用事が早めに片付いた。お天気も何とか保ちそうなので都立水元公園に出かけ
 ることにした。写真はミゾソバ(溝蕎麦)だ。バードサンクチュアリー(野鳥の聖域)の
 小径の両側に小さな群落が点在し、植栽したものではなさそうだ。よく見ると可憐な花
 だが、小さな花に気づいて足を止める人は少ない。ピントは蕊(しべ)にを合わせたい
 がコントラストが弱く、コントラストフォーカス式のコンデジには厳しい条件になる。
 林の中で風がないのは助かる。しかし、ピント位置をマニュアルで指定しても10枚に
 1枚くらいしかピントが来ない。群落を撮るので一眼なら、50mm相当のマクロレンズの
 出番だろう。また、レンズが欲しくなる病気が出そうだ。(N_P7700)

           
 平成26年 9月27日(土) 晴れ後くもり 58_26
 
  
写真は、漢方薬原料区のシオン(紫苑)だ。東京都立薬用植物園なので薬草とし
 て植栽されている。根および根茎には去痰作用※1や利尿作用※2があるという。
 生薬名も植物名と同じく紫苑だ。調べると花言葉は 「君の事を忘れない 」、「遠方に
 ある人を思う 」 だという。この頃は日常の雑務に追われて、そんな色っぽい話は、
 とんと無い。(N_P7700)
  ※1 きょたん : 気管や気管支にたまっている痰を除き去ること。
  ※2 りにょう : 尿の分泌あるいは排泄(はいせつ)を増加させること。


           
 平成26年 9月21日(日)
快晴 57_26 
  
くもりの予報だが、快晴になった。レースのカーテンを洗濯してから東綾瀬公園
 30分ほど歩いた。柵の外からヒガンバナを撮っているとゴムの胴長を履き腰に蚊取
 り線香を下げて小川の掃除をするお父さんが、「みんな、そうだと良いんだがなー。」
 と話しかけてきた。踏み荒らされるので、面倒だが石の間に植えているのだという。
  小川も岩も花も人工的に配置されたものだが、流れが右に大きく曲がる位置から
 上流に向けてヒガンバナと流れを対比させてを撮った。散策の人々や自転車、隣接
 する家のブロック塀などを避けてフレーミングすると岩畳に咲くヒガンバナの群落が
 現れ、東京メトロ千代田線 綾瀬駅北口の駅前公園とは思えない景色が展開する。
 さて、この画でボランティアのお父さんは納得してくれるか。(N_P7700)

           
 平成26年 9月15日(月)
敬老の日 晴れ 56_26 
  
3連休の最終日だ。洗濯と掃除を済ませてから、ヒガンバナを目当てに鎌倉野草
 園
に出かけた。祭日だが園内は空いている。観光バスも来ない?小さな区立公園
 だが、職員が見頃の花など一回り案内をしてくれる貴重な公園だ。ヒガンバナには少
 し早いがアレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)が見られる。「天狗の顔に見えるでしょ。」
  と説明してくれた。確かに赤い鼻が高い。(P_GH2)
  鎌倉野草園 東京都葛飾区鎌倉3-22-1

           
 平成26年 9月13日(土) 快晴 55_26
 
  
このところ、お天気が安定しないが珍しく午後から快晴になった。洗濯物を取り込
 んで都立水元公園に出かけた。昨年までは無かった蕎麦畑が出現している。せせ
 らぎ広場と中央広場の丘の間に畑が造られている。南北50mほど、東西10mほどあり
 かなり広い。青空に雲がほしいので、モニター内に雲が入るのを待って、広角マクロ
 モードで思い切り寄って長手方向に撮った。まるで信州の高原の蕎麦畑のように撮
 れる。東京23区内の公園とは思えない景色になる。(N_P7700)

           
 平成26年 9月10日(水) くもり 54_26
 
  
午前中に30分ほど向島百花園を散策できた。ウリ棚の下を歩いていると足下に
 赤く丸いものが落ちている。見上げるとゴーヤーの実が割れて赤い種が見える。
 棚に下がる名札はツルレイシとなっている。改めて調べると、標準和名はツルレイシ
 (蔓茘枝)だった。完熟すると甘く、果実がライチに似る蔓(つる)性の植物なのでツ
 ルレイシとなったという。(N_P7700)
  茘枝〈中国〉 《植物学》中国の華南原産でムクロジ科の常緑樹 (果実は白色で多汁,ゼリー状で
    甘く独特の香気がある).◆楊貴妃が好んだことで有名 レイシともいう。<学研カタカナ新語辞典>
.

           
 平成26年 9月 7日(日) 雨後くもり 53_26
 
  
午後から雨が上がった。予定がないときのウォーキングは都立水元公園になる。
 このところデング熱が流行っている。広い意味で公衆衛生は分野なので、多少の知
 識はある。数年前から夏でも植物園などに行くときは長袖で、手先や首回りに防虫
 スプレーを吹いている。熱帯性の感染症の流行は、温暖化の弊害のひとつだろう。
  写真はパイナップルのタルトだ。あまり酸味が強いとスイーツに向かないが、完熟
 を使っているようだ。ジューシーで甘い。ホットコーヒーが合う時期になってきた。
 このまま涼しくなり、ヒトスジシマカの活動が収束することを願いたい。(N_P7700)

           
 平成26年 8月31日(日) くもり 52_26
 
  
8月の最終日だ。やり残した宿題は多いが日曜日だ。いつもの先送りで、小石川
 植物園
周辺のウォーキングに行くことにした。写真は、やや俯(うつむ)きに咲くアカ
 バナツユクサだ。そのため、花の中心のシベが暗い。そこで、ザックからレフ板を取り
 出して撮ることにした。プリンタ用紙の袋に入っている白い厚紙(台紙)で、A4番の大
 きさがちょうど良い。植物園だが夏の疲れが出て花々は少なく、全体的にくたびれて
 いるようだ。分類標本園と薬用植物園を廻り、45分ほどで引き上げた。寄り道をして
 和菓子を買って帰った。食べる前に和菓子を撮りたい。また宿題が ・・・

           
 平成26年 8月30日(土) 雨後くもり 51_26
 
  
7時頃には雨が上がった。念のため洗濯物は内干しにし、除湿器のタイマーを入
 れて市川市万葉植物園に出かけた。オミナエシ、ミソハギ、ツリガネニンジン、メハ
 ジキが見られるくらいで花々は少ない。期待していたミズアオイやクズは全くない。
  写真はミソハギのピンク色を背景に撮ったオミナエシだ。点在する花々がずっと続
 くように見える。30分ほどで引き上げ、パティスリーでゼリーを買って帰った。洗濯物
 は乾いている。除湿器のタンクには1.5ℓほどドレンが溜まっていた。(N_P7700)

           
 平成26年 8月24日(日) 晴れ 50_26
 
  
8月24日は、うちの寺の施餓鬼だ。普段は「仏ほっとけ」なのだが、そうもいかない。
 写真は、ちょと寄り道をして求めた麩まんじゅうだ。JR松戸駅近くの流山街道沿い
 にある和菓子店だ。調べると百年ほど続く店のようだ。なかなか美味い。しかも、今
 どき162円とは安い。ほかの煉切も税込み220円と安近短のついでにウォーキングの
 の土産にぴったりだ。繊細でフォトジェニックだ。障子の明かりをバックに、柔らかさ
 と共に涼感も写し撮った。自宅なのでお茶は冷蔵庫の麦茶だ。(P_GH2)

           
 平成26年 8月23日(土) くもり時々晴れ 49_26
 
  
処暑(二十四節気の一つ。暑さが峠を越し後退し始める。)だが、まだ暑い。
 昼食後、洗濯物を取り込むと急に、くもり小雨が降ってから少し涼しくなった。前線が
 一時的?に南下したらしいが、このまま秋にはなりそうもない。
  午前中はオニバス(鬼蓮)を求めて都立水元公園の18号池に出かけた。多数見
 られるが遠く、400mm相当の望遠レンズで引っ張ってもまだ小さい。写真は帰り道の
 旧水産試験場跡地の池に咲くヒメコウホネ(姫河骨)だ。花の直径は3cmほどだが
 池のすぐ際に咲いている。縮めたままの一脚を池の縁にセットし、花の方に傾けれ
 ば簡単に撮れる。池には柵がないので、転落注意だ。(P_GH2)

           
 平成26年 8月16日(土) くもり一時小雨 48_26
 
  
ときおり小雨が舞うが、涼しくなったので午前中に都立水元公園を散歩した。
 写真はグリーンプラザの前の水鉢に咲くタヌキモ(狸藻)の花だ。直径5~6mmの花
 で、花軸がひどく細い。少しの風でも揺れてピントが来ない。カメラマン泣かせだ。
  タヌキモは広辞苑にも載っている。「 タヌキモ科の水生食虫植物。東アジア北部に
 分布し、池沼・水田に浮ぶ。茎は細長く柔軟。葉は羽状分裂して狸の尾に似、捕虫嚢
 (ホチュウノウ)がある。夏、水面に長い花柄を出し、唇形の鮮黄花をつけ、花後朔果(サ
 クカ)を結ぶ。」 水中の食虫植物のようだ。あらためて風の無いときに、一眼とマクロ
 レンズでトライしたい。(N_P7700)


           
 平成26年 8月14日(木) 晴れのち雨 47_26
 
  
台風11号の通過後、一時的に涼しくなった。予報では、午前中は晴れるという。
 そこで、午前中に都立木場公園を歩くことにした。9時到着して散策と撮影を始めた
 が10時には、このところの暑い夏に逆戻りだ。早々に退散することにした。
  写真はハツユキソウ(初雪草)だ。遠目には一面の白い花?と思ったが、近づくと
 斑入りの葉が花のように見えていた。プレートにはハツユキソウとある。気持ちだけ
 でも涼しくと思い、準標準レンズで思い切り近づいて撮ったが、やはり気持ちだけで
 は涼しくならない。お盆休みで地下鉄も空いている。行き帰りは快適だ。(P_GH2)

           
 平成26年 8月10日(日) くもり・晴れ・雨・強風 46_26
 
  台風11号の影響で、お天気が目まぐるしく変わり、昨日に続き今日も洗濯物は、
 内干しだ。写真は、「抹茶と梅の涼味二重
(りょうみふたえ)というファストフード店のスイ
 ーツだ。ゼリーの透明感を表現するのがむづかしい。天上の照明だけで撮るとゼリ
 ーが影に入ってしまう。外光に対して半逆光に配置して、影を弱めるためにフラッシュ
 をスイーツの右側の壁にバウンズしてみた。これは、自宅でないとできない。現像時
 には、色温度とコントラストを調節して電球色を残しつつも涼感を表現した。ファスト
 フード店のスイーツも見た目、テイストともなかなかだ。(P_GH2)


           
 平成26年 8月 9日(土) くもり・ときどき強風 45_26
 
  台風11号は、まだ遠いが東京にも影響が出ている。風が強く散策には向かない。
 撮影技法No.129では、デジカメの性能を把握することが、上手く撮るためには必要
 だとしてコンデジの接写能力を調べたが、一眼とマクロレンズの組合せのテストをして
 いないことが気になっていた。
今日は、この宿題を片付けることにした。写真は十円
 硬貨の表の平等院鳳凰堂の刻印だ。マイクロフォーサーズの一眼に90mm相当の
 マクロレンズを付けて撮っている。ノートリミングだ。さらに被写体に寄ることができる。
 結果の整理ができたら、等倍撮影のテクニックとして紹介したい。(P_GH2)

           
 平成26年 8月 2日(土) 晴れ 44_26
 
  7月下旬のNHKのニュースで、あけぼの山農業公園ひまわり畑が紹介されて
 いた。相変わらず出遅れて1週間経つが、猛暑にもめげず
公園に行ってみた。
 一面の背の高いヒマワリは、ほぼ終わりだ。畑の周囲に植えられた1mほどの種類は
 何とか見られる。しかし暑く、数枚しか撮れない。JR常磐線の我孫子(あびこ)駅の近く
 のパティスリーでタルトを買うことにして、30分で退散した。今日は千葉県松戸市の花
 火大会だ。これを書く今、音が遠くに聞こえているが、今回はパスだ。(N_P7700)

           
 平成26年 7月26日(土) 
晴れ 43_26 
  猛暑のなか都立
向島百花園に出かけたが、30分で退散だ。(N_P7700)
           
 平成26年 7月21日(月) 
海の日 くもり 後 晴れ 42_26 
  
3連休の最終日、海の日だ。(平成28年から8月11日が山の日として祝日になると
 いう。これは歓迎したい。)足立区の西新井大師の風鈴祭りに行ってみた。
  風鈴が産地別に展示されている。番号と値札が付いて販売を兼ねている。ディスプ
 レイには、もう一工夫ほしいが、音色を聴き比べるのも面白い。写真は琉球風鈴だ。
 コーラやビールの空きびんなどを原材料にする琉球ガラスのひとつだ。厚手の仕上
 げで音色は好みに合わないが、鮮やかな色合いのものが多く良い被写体になってく
 れる。背景がアウトフォーカスになるように、200mm相当の開放絞りで切り取った。
 フラッシュをごく弱く入れると輝きと鮮やかさが増す。(N_P7700)

           
 平成26年 7月19日(土) くもり一時晴れ・雨 41_26
 
  
朝から本曇りで、夕方から雨の予報だ。洗濯物を内干しにして都立水元公園に出
 かけた。公園に着くと、時折薄日が差す天気だ。洗濯物を気にしつつ、陽が出るとき
 を狙い、水産試験場跡地の中央水路に咲くハスを半逆光から切り取った。30分ほど
 で切り上げ、スーパーで買い物をして、ついでにファミレスで休憩にした。写真は桃の
 ロールケーキだ。桃は皮付きで香りがよい。どうにか午前中に帰ったが、午後は雨が
 ぱらつく雨男の洗濯は、どうも具合が悪い。除湿器の出番になった。(N_P7700)

           
 平成26年 7月12日(土) 晴れ 40_26
 
  
台風8号が千葉県の東海上に抜けた後は、急に真夏日になった。おりがみ会館
 HPを見ると、「古代のキャリアウーマン」と題した紙人形展が開催中とある。日曜が
 休みなのは難点だが、撮影okのギャラリーで、しかも冷房が効いている。ありがた
 い場所だ。写真は、2階ギャラリーのあやめゆかたと題した紙人形の1カットだ。
 大川(隅田川)端の風物の一こまだという。アヤメの時期だが、浴衣ではない。また、
 瓜実顔(うりざねがお)ではなく丸顔で、和紙が厚手のせいもありメタボぎみだ。画像編集
 ソフトで横比だけを10%縮小してスリム化した。二人の視線が呼応するような配置と
 ゆるやかな曲線で構成される人形に、独特の雰囲気が醸し出される。(N_P7700)

           
 平成26年 7月 6日(日) 晴れ 39_26
 
  
貴重な梅雨の晴れ間だ。大洗濯を済ませ急いで出かけたが、足立区堀之内公園
 に着いたのは9時少し前だ。すでに20人ほどのカメラマンがいる。散策の人の他にも
 地元の子供が広場で遊んでいるので、三脚は使わない。ザックから一脚を取り出し、
 自由雲台をねじ込み、カメラマンがあまり居ないハス池の西側から撮っている。
 半逆光になるが、ハスの花びらが透過光に輝くとともに、背景はややアンダーになり、
 大賀ハスが一層引き立つ。写真は、コンデジによるアップだが解像感が高く、上手く
 条件を選べば、単焦点レンズに負けないほどの描写を見せる。(N_P7700)

           
 平成26年 6月28日(土) くもり 38_26
 
  
梅雨どきは、水元公園の北の端にある野草園でも花々は少なく、なかなか歩数が
 伸びない。写真はゲートボール場の脇に咲くインドハマユウだ。曇り空に白い花が
 埋もれて、モニタで見てもコントラストのない眠い写りだ。そこで、フラッシュをごく弱く
 入れてみた。帰りはイートインのあるパティスリーに寄り、マンゴータルトとアイスコー
 ヒーで休憩にした。これで写真・ウォーキング・スイーツの3拍子そろったと思ったが
 帰宅後、PCで見るとやはり眠い画面だ。そこで、黒レベルを少し上げモノクロームに
 変換した。花弁の質感とともにコントラストがある作品になったか?。(N_P7700)

           
 平成26年 6月22日(日) 雨 37_26
 
  朝から雨だが、予定どおりバラの二番花を目当てに旧古河庭園に出かけた。門の
 前には傘をさして4人の来園者が並んでいる。8時58分に5番目で入園した。
  バラは少ないが、見る人はもっと少なく、快適に撮れる。大きめの傘を左手に持つ
 のでコンデジは、右手だけのホールドになる。フラッシュはマニュアルの強制発光だ。
 光量を1/64に設定した。さらに簡易ディフューザーを着けているので、ガイドナンバー
 (GN)は0.1程度になっているはずだ。これで十分に雫にキャッチライトが入る。絞り
 優先モードの開放絞りのままで、感性に任せて切り取っていく。雫をまとったカトリーヌ
  ドゥヌーブが洋館をバックに艶やか浮き上がる。(N_P7700)

           
 平成26年 6月21日(土) くもり 36_26
 
  めずらしく薄曇りで、植物の撮影にはちょうどいい。早めに洗濯を済ませて、都立
 木場公園
に出かけた。
写真はチドリソウ(千鳥草)、別名:ヒエンソウ(飛燕草)だ。
 花の大きさや葉の形は大分異なるが、花の形はセリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)に
 よく似ている。どちらもキンポウゲ科だ。辞典では、「チドリ:多くの鳥。チドリ科および
 その近縁の鳥の総称。日本には12種が分布。」 となっている。ヒエンソウの方がフォ
 トジェニックな感じで撮りたくなるネーミングだ。ついでにウォーキングは、全くの下戸
 だがチドリ・・・だと、手ぶれが出てしまいそうだ。(N_P7700)

           
 平成26年 6月15日(日) 午後 快晴 35_26
 
  市川市万葉植物園ではネジバナが見られないまま午前中に帰宅した。午後も少し
 時間がとれたので、片道40分ほどの堀切菖蒲園に出かけることにした。
菖蒲祭の
 イベントがあるためか人出が多い。手持ち撮影だが、菖蒲田を横切る木道では立ち
 止まることもむずかしい。また、人を画面に入れないポジションを探すのに苦労する。
 20分ほどで引き上げた。帰りに、ゆっくり買い物ができた。(N_P7700)

           
 平成26年 6月15日(日) 午前 快晴 34_26
 
  真夏のように暑いが、ネジバナとカワラナデシコを求めて、市川市万葉植物園
 出かけた。例年、ネジバナが見られる丸い花壇には別のプレートがついている。芝に
 も見られたはずだが、芝刈り機で刈り取り作業中だ。今年は終わったらしい。

  カワラナデシコは、暑さでくたびれ気味だが、ピンクと白が見られる。絞らず後ボケ
 を狙いたいが、明るすぎてシャッター速度が1/2,000秒までしかないコンデジでは露出
 オーバーだ。そこで、NDフィルター機能onにした。開放絞りでも1/2,000秒で適正
 露出になった。コンデジを三脚にセットして静止画を撮る人は少ないが、性能を十分
 に引き出せれば、一眼に対抗できる画が撮れそうだ。(N_P7700)

           
 平成26年 6月 5日(木) ときどき雨 33_26
 
  今日は、環境基本法に定められた環境の日だが、特にイベントはない。
 ときどき小雨の空模様だが予定どおり、傘を持って千葉県の本土寺に出かけた。
 アジサイもハナショウブも咲き始めたところだ。これは予定どおりとはいかない。少し
 早いが11時には帰宅した。写真は、妙朗堂の前に咲くムラサキツユクサ(紫露草)
 の写真をを等倍に切り出してみた。マクロモードにしたコンデジ写真が元の画像だが、
 良く解像している。今後は身近なモノの接写にも取り組んでみたい。発見があるかも
 しれない。気象庁は、梅雨前線は掛かっていないものの 「 関東地方が梅雨入りした
 と見られる。」 と発表した。(N_P7700)

           
 平成26年 5月29日(木) 晴れ 32_26
 
  カフェならば平日でも寄ることができる。写真は見た目には平凡なメロンのショート
 ケーキだが、香りの良さに釣られてしまった。ケーキセットを頼むと10種類ほどのサ
 ンプルがサーバーに載って出てくる。この時にメロンの甘い香りに誘われてしまった。
 ジューシーさも甘みも洗練されている。素材の良さだろう。セットで1,270円は、ちょっと
 高めだが、それ以上のテイストだ。スイーツを食べると自然と笑顔 になる。いつもの
 コンデジだが、黒いテーブルに照明が映り込まないアングルを探すとシックな写真に
 なる。スーツを撮るには素直な感性、クールな観察力、それらを総合的に表現するテ
 クニックが求められる。また、感性を磨きに行かなくては。σ(^◇^;) (N_P7700)

           
 平成26年 5月25日(日) 薄曇り 31_26
 
  薄曇りは(正式な)天気予報にはない用語だというが、花を撮るには貴重なお天気
 になる。早めに洗濯を終え、メールを2本送信して、ケーキ屋さんに寄り道してから
 水元公園まで歩いた。あまり時間がないので、公園の北にある野草園まで行く余裕
 はない。写真は抹茶のモンブランだ。
公園のメタセコイアの森で、ケーキの写真を
 撮っているフォトグラファーを見かけたら、それはついでにウォーキングに間違い
 ないだろう。撮影後モンブランは、少し遅めの10時のおやつになった。また、ウォー
 キングの効果が帳消しだ。σ(^◇^;) (N_P7700)

           
 平成26年 5月18日(日) 快晴 30_26
 
  今日も快晴だ。ウォーキングも花々の撮影にも薄曇りが好ましいが、お天気は選べ
 ない。都立向島百花園に出かけた。
日向の花々はコントラストがきつく写真的には
 今ひとつになってしまう。早々に退散だ。写真は帰りに買ったサントノール オ カラメ
 ルだ。フランスの伝統的な菓子だという。タルトに小さなシュークリーム3個がカラメル
 味のクリームで固定されている。ほろ苦いカラメルが大人の味わいだ。テーブルには
 黒いラシャ紙を敷いてみた。光線は自然光に電球色蛍光灯のミックス光線だが、ホワ
 イトバランスは太陽光で撮り、RAWから電球色を残しながら現像した。(P_GH2)

           
 平成26年 5月11日(日) 快晴 29_26
 
  日差しが強く、夏のようだ。今年はバラの開花が早いという。葛飾区立奥戸フラワ
 ーパーク
に行ってみた。すでに満開を過ぎている感じだ。写真はファルツァ-・ゴー
 ルドだ。淡い色合いの花を選んで、90mm相当のマクロレンズで切り取った。露出は
 評価測光に加えて-0.6
EVの補正をした。 暑くて帰り道はコンビニに避難した。コン
 ビニスイーツもなかなかだ。
休憩中に再生してみると薄いクリーム色は、ほぼ再現
 できているが周囲の葉は、だいぶアンダーになっている。しかし、それが花を浮き立
 たせてくれる。日差しが強くコントラストがきついので、RAWからの現像時に、やや軟
 調気味に仕上げることにした。(P_GH2)

           
 平成26年 5月10日(土)
 晴れ 28_26 
  用事があってJR常磐線南千住駅まで出かけたついでに、近くの汐入
(しおいり)公園
 に
寄ってみた。日時計広場の花壇は、フレンチラベンダー (French lavender)で一面
 パープルに染まっている。頂部のウサギの耳のように見える苞が特徴だという。
 逆光で撮ると苞が透過光に輝いて見える。(N_P7700)

   ※花や花序の基部につく葉。通常の葉に比して小形で、ときに鱗片状をなすが、種によっては色彩
     の美しい花弁状を呈するものもある。包葉。<広辞苑>


           
 平成26年 5月 5日(日) 
こどもの日 くもり一時小雨 27_26 
  朝 5:18 地震だ。枕元のラジオのスイッチを入れた。1分ほど揺れた。東京地方震
 度5弱だ。家の中を確認したが被害はなさそうだ。二度寝しようと思ったが、そのまま
 ベッドの上で6時半になってしまった。テレビニュースでは電車も遅れている。朝から
 出鼻をくじかれた。気を取り直して上野に出かけた。写真は上野牡丹園の「紫紅殿」
 という品種だ。40ミリ相当の準標準レンズを使い最短距離で撮っている。絞りは開放
  f 1.7 だ。背景をアンダー気味にしたいので -0.3EV
の補正をして、外付けフラッシュ
 をマニュアル発光(GN=3)させた。さらに、ディフューザーを使用したのでフラッシュ
 臭さは少なく、ほぼ期待どおりの写りになった。(P_GH2)
 
           
 平成26年 5月 3日(土) 
憲法記念日 晴れ 26_26 
  ゴールデンウィーク
も後半になった。相変わらず安近短だが水元公園を散策する
 ことにした。ここは写真・ウォーキング・スイーツと3拍子揃う貴重なエリアだ。8時半
 に園の東の端に到着したが、目指す野草園までは3km近くある。寄り道をしつつ気
 になるものを撮りながら行くので1時間はかかる。急ぐ旅でもない。ジョギングをする
 人達に追い越されながら、ゆっくり行くことにした。今年からボランティア花壇が多く
 なったようだ。今はネモフィラが植栽され、見事なブルーを見せてくれる。(N_P7700)

           
 平成26年 4月29日(火) 
昭和の日 晴れ 25_26 
  今年のゴールデンウィークは飛び石なので、超大型連休になる人とカレンダーどお
 りの人に分かれそうだ。休日は
例によってJR京葉線直通の武蔵野線は舞浜に行く
 人たちで混雑している。市川大野駅で降りる人はわずかだ。9時半の開園と同時に
 市川市万葉植物園に入ることができた。クマガイソウは花期を過ぎているが、ホタ
 ルカズラ
(蛍葛)がラピスラズリー ( lapis lazuli ,瑠璃 ) のような見事なブルーを見
 せてくれる。90ミリ相当のマクロレンズだけで撮りまくった。まだ、10時半だが園内を
 2周したので引き上げることにした。帰りの電車は空いている。(P_GH2)

           
 平成26年 4月27日(日) 晴れ 24_26
 
  今年もゴールデンウィークに合わせて、日比谷公園で春の山野草展
があった。
 当分の間、安近短専門のカメラマンには貴重な被写体だ。遠慮せずに出かけた。
 写真はサトイモ科のユキモチソウ(雪餅草)だ。名前の由来は見れば分かるが、
 実に不思議な形をしている。(P_GH2)

  4月26日~30日 10:00~16:00 日比谷公園陳列場 主催 むさしの山草会 入場無料 
           
 平成26年 4月20日(日) 晴れ 23_26
 
  午前中に1時間ほど小石川植物園
を散策できた。入園料が改定されている。
 これまでは大人330円だったが400円になった。消費税のアップ(5→8%)の時期に
 合わせているようだが、消費税相当分の値上げではないようだ。同園では Life in
  Green Project と称して傷みの目立つ温室などの修繕・改築のための寄附を募って
 いる。寄附に回せる余裕はないが、このくらいの値上げなら協力できる。分類標本
 園では、淡いピンク色のハナカイドウ(花海棠)が上品に咲いている。(P_GH2)

           
 平成26年 4月19日(土) 晴れ 22_26
 
  久し振りに都立木場公園に出かけた。
都市緑化植物園に9時の開園と同時に入
 ることができた。写真はショカッサイ(諸葛菜)だが、プレートには「オオアラセイトウ」
 と記されている。調べると植物学の権威の牧野富太郎氏が名付け親だという。ほか
 にもハナダイコン、ムラサキハナナと沢山の名称があり、親しまれた花のようだ。
  この花の紫のグラデーションは是非とも撮っておきたい被写体のひとつだが、少し
 の風でも揺れて20枚ほど撮ってシベにピントが来たのは、この1枚だけだった。ラン
 ニングコストの安いデジカメはまったく有難く、アマチュアには良い時代になった。
 フィルム代のかかる銀塩時代だったら10枚で諦めていただろう。(P_GH2)

           
 平成26年 4月13日(日) 快晴 21_26
 
  このところ好天が続く。朝から快晴の日曜日だ。家にいるのは勿体ない。急に散策
 に行くときは、いつもの水元公園になる。
写真はよく見かけるハナニラだ。分類が
 よく変わるようだ。APG植物分類体系第3版ではヒガンバナ科、APG植物分類体系
 第2版ではネギ科、クロンキスト体系ではユリ科に属するという。葉がニラに似た匂い
 がするハナニラで、ヒガンバナ科と覚えておけば忘れないかも。(N_P7700)

           
 平成26年 4月12日(土) 晴れ 20_26
 
  あけぼの山農業公園では人出が早く写真があまりに撮れなかった
ので、予定外
 だが、
荒川河川敷の虹の広場に行くことにした。見事に咲いているが、ここのチュー
 リップを撮りに来る人は殆どいないようだ。土手を走るサイクリストが時々、河川敷に
 降りてくるくらいだ。同心の半円形に植栽されたチューリップだけでは変化に乏しく、
 常磐線の鉄橋を入れてみたりするが今ひとつだ。電車から見下ろしたときに見栄え
 がするようになっているらしい。写真は手前の1輪にフォーカスし、できるだけ絞らず
 撮った。チューリップ畑が延々と広がるように見える。(P_GH2)

           
 平成26年 4月 5日(土) 晴れ 19_26
 
  午前中に向島百花園を45分ほど散策することができた。写真は3月29日の市川
 市万葉植物園のミツマタと同じ構図だが、桜を背景にしている点が異なる。
春らしい
 明るい色合いに発色した。百花園の入口には花の見頃情報が掲示されている。
 4月3日付けだが、草本類約40種、木本類約60の花の名称が載っている。気をつけ
 て丹念に探せば約100種類の花々が見られるはずだ。見頃情報を撮ってから園内
 を右回り左回りと2周して、20種ほどの花々を撮ることができた。(N_P7700)
  
●:つぼみ ○:咲き始め ◎:見頃 △:まだ見られる ▲:そろそろ終わり に分類している。

           
 平成26年 4月 4日(金) 雨/くもり/晴れ 18_26
 
  写真は、フワフワのチーズスフレ
をアイスクリームとフルーツ等でデコレイトした
 スフレ・フロマージュだ。桜のマカロンとクッキーもおまけに付いた。しかも喫茶コー
 ナーの利用者には、消費税分の値上げもしないという。文京区白山のパティスリー
 だが、及ばずながら協力したい。ただ、スイーツが食べたいだけかも。(N_P7700)

   ※スフレ【フランス】:泡立てた卵白などを用い、オーブンで焼くなどしてふんわりとふくらませた菓子・
     料理。チーズ‐スフレ・チョコレート‐スフレなど。<広辞苑>


           
 平成26年 3月29日(土) 快晴 17_26
 
  春分の日(3月21日)を過ぎると急に暖かくなった。定番のウォーキングコースから、
 千葉県の市川市万葉植物園を散策した。
まだオキナグサ(翁草)がやっと顔を出
 したところだ。沢山の花々を見るなら、もう1週間ほど先が好いと手入れをする人達
 が言っていたが、カタクリを含め20種類ほどの花々の写真が撮れた。
  写真はミツマタ(三叉)だ。ローアングルから見上げるように撮った。花の下半分が
 影になるので、フラッシュをごく弱くマニュアル発光させて光を補っている。空が一層
 青く映り、コントラストが際立つ。(N_P7700)

           
 平成26年 3月23(日) 
晴れ 16_26 
  3連休の最終日。相変わらず遠出はできないので、午前中に都立水元公園を散
 策した。グリーンプラザ裏の野草園ではキクザキイチゲ(菊咲一華、写真左)やショ
 ウジョウバカマ(猩々袴)が見られる。ボランティアの方が手入れをしている。都内の
 公園で山野草を咲かせるのは大変な苦労があることだろう。感謝しつつ、10枚ほど
 撮らせてもらった。マクロモードにしたコンデジを使い、絞り優先モードの開放絞りだ
 が、結構観賞に耐える写真になっている。一眼の出番が減りそうだ。(N_P7700)

           
 平成26年 3月21(金) 
春分の日 晴れ 15_26 
  3連休の初日は、墓参りに出かけた。写真は、その帰りに寄り道をして松戸市の坂
 川沿いで撮ったハクモクレン
(白木蓮)だ。例年と比べて花期が遅いようだ。
 カワヅザクラもあったが満開を少し過ぎたくらいで十分楽しめるが、お花見ができる
 場所はない。駅前のデパート内のカフェで桜のスイーツでお花見にした。(N_P7700)
  ※ 白い花に露出を合わせると空のブルーが一層アンダーになり、コントラストが付く。画像編集ソフト
     による色調調整は不要だ。


           
 平成26年 3月16(日) 晴れ 14_26
 
  例年、この時期に(埼玉県の)川口グリーンセンターで、春の山野草展椿展
 が開催される。鉢植の山野草や椿よりも、梅林と福寿草の競演を撮ってみたいので
 今年も出かけてみた。斜面の上部に梅林があり下草にフクジュソウを配して切り取
 れるスポットは少ない。さらに、順光線で撮れるスポットは1ヶ所だけだった。
40mm
 相当の準標準レンズを使用し、レンズの先端から花まで約15cmまで近づけて手持ち
 で撮っているが、花の密度が少なく画が寂しい。また、背景の梅林ももっと広く取り込
 みたいが、レンズの選択を間違えたようだ。むしろ、画質はやや落ちるがコンデジの
 方が向いていたかもしれない。また、レンズがほしくなる病気が出そうだ。(P_GH2)

           
 平成26年 3月12(水) くもり 13_26
 
  「梅に鶯」だ。甘味処で ふく梅うぐいす餅 を頼んだ。これなら休日やお天気で
 なくとも観賞・撮影できる。赤ちょうちんに寄ることはないが、甘味処はつい・・・。
 草食系スイーツ男子は治りそうもない。(N_P7700)

 
ふく梅:梅じそを加えた白餡をういろうで包み、梅の形に整え小梅をのせた和菓子
           
 平成26年 3月 8(土) 快晴 12_26
 
  快晴だが北風が強く寒い。用事があって隣り駅まで出かけた。
第5回松戸宿坂川
 河津桜まつりのイベントは3月2日までだが、今頃になって坂川河畔のカワヅザクラ
 がやっと咲いたようだ。帰りにイベント会場を散策した。写真は、その帰りに寄り道を
 したカフェのオレンジムースと金柑のタルトだ。タルトの中にはざくざくしたキンカン
 の甘露煮が入っている。甘さは抑え目で香りが高く、逸品だ。柑橘系の香りは酸味
 の少ないコーヒーとよく合う。(N_P7700)

           
 平成26年 3月 4(火) 晴れ 11_26
 
  平日だが、予定を入れておいたので、午前中に30分ほど向島百花園を散策して、
 青空とはいかないが、東京スカイツリーをバックに梅林を撮ることができた。

  今年は例年になく寒さが続く。梅が咲く時期はユキワリソウ(ミスミソウ)などが咲い
 ているのだが、今年は顔を出したばかりだ。自然が相手で、こちらの予定に合わせ
 てくれる分けもない。早々に引き上げて、溜まった雑用を片付け、撮影技法 「人形を
 撮る(その2)」 を書くことにした。(N_P7700)

           
 平成26年 3月 1(土) くもり 10_26
 
  梅を求めて湯島天神に行ったが、
人出のあまり多さにパスすることにした。そのか
 わり湯島天神に近いおりがみ会館に寄ることにした。2階の展示場では桃の節句
 を紙人形たちが祝っている。紙人形だが実に見事だ。会場は広くないが、できるだけ
 奥行きを表現したいのであまり絞らずに撮った。近接撮影なのでフラッシュは-2EVの
 補正をかけ、さらに天上にバウンズさせている。ホワイトバランスはあえて「晴れ」に
 した。電球色の赤みが残り、柔らかい感じとともに一眼らしいボケを少し出すことが
 できたようだ。(P_GH2)

           
 平成26年 2月23(日) くもり
 9_26 
  地図を眺めていると埼玉県との境の大場川にマリーナ( marina,
ヨットやモーターボート
 のための停泊所 )を見つけ、日曜日の予定にしておいた。都県境を越えると歩道が無く
 なる道で、ウォーキングには向かない。バースには白いモーターボートが係留されて
 いるが、やはり冬場で人影は殆どなく、ボートも多くが陸揚げされていて、あまり写真
 的ではない。大場川沿いに歩いて水元公園を経由して帰ることにした。写真は寄り
 道したパティスリーの栗のフラン( フラン:タルトの一種 )だ。やっと形が保てるほどの柔ら
 かさだ。渋皮ついたままの栗の仄かな甘みがアメリカンとよく合う。(N_P7700)

           
 平成26年 2月11(火) 
建国記念日 晴れ 8_26 
  昨年も同じ時期に川口グリーンセンター洋ラン展に行っている。ついでにウォ
 ーキングもマンネリぎみだが見られる植物は毎年違い、工夫を重ねることで楽しく撮
 ることができる。といっても今年は特に時間がないので、コンデジを持って会場を1周
 しただけだ。
-0.3EVの露出補正をして、その不足分をフラッシュのマニュアル発光で
 補っている。光量は1/16~1/64に抑え簡易ディフューザーを着けている。30cmほど
 にある被写体は、ほぼ適正露光になるが背景は、ややアンダーになる計算だ。
 さらに花の鮮やかさを少し引き出すことができる。この少しというところが大事で編集
 ソフトによる補正が不要なときもある。(N_P7700)

           
 平成26年 2月 8(土) 雪 7_26
 
  昨晩から大雪が続いている。JRの運行状況を確認して、トレッキングシューズを履
 きマウンテンパーカーを着込んで
上野ぼたん苑に出かけた。弱くフラッシュを入れる
 ことで、雪囲いの下のボタンとともに雪の質感を写し撮ることにトライしたが、上手く
 いかない。写真はマニュアル発光で光量を8分の1に絞っている。降る雪にフラッシュ
 光が反射して白い丸ボケになっている。10時を過ぎると風が強くなり吹雪のようだ。
 大きな傘をさしていても雪がカメラにどんどん付着する。防滴ではないカメラはお手上
 げだ。コンデジが故障する前に引き上げることにした。(N_P7700)
   東京は45年ぶりの大雪だという。2月9日追記

           
 平成26年 1月29(水) 快晴 6_26
 
  平日だが、用事が早めに片付いたので柴又帝釈天に出かけた。昨年3月にコンデ
 ジを更新してから
新しいコンデジが、どこまで質感を描写してくれるか試してみたいと
 思いつつ、もう10ヶ月も経ってしまった。撮影技法 № 79 と同様に柴又の説話彫刻を
 撮った。写真は常不軽菩薩受難の図の全景だ。1月下旬のページには、木彫の左端
 の3人のアップを載せている。高倍率ズームのコンデジだが良い写りを見せてくれる。
 今まで使用したコンデジの中ではトップクラスだろう。ただ、広角側では樽型の歪曲収
 差が大きい。JPG画像では、このコンデジの持つ補正機能が働くが、RAWには反映さ
 れない。編集ソフトでの補正がやや面倒だ。(N_P7700)

           
 平成26年 1月19(日) 快晴 5_26
 
  早咲きの梅を求めて皇居東御苑を1時間ほど散策した。梅林坂の下に数本咲い
 ている。写真は八重野梅だ。純白ではなく、わずかに黄色が入り暖かみがある。
 枝先の蕾をアウトフォーカスに配して、70mm相当のマクロモードで切り取った。この
 70mm相当がマクロの効く一番長い焦点距離になる。コンデジだが、背景がほどよく
 ボケてくれる。たくさんの蕾の中にやっと咲いた数輪が、早春を感じさせてくれる。
 今日も寒いが10時半を回ると団体さんがやってくる。退庁時刻だ。(N_P7700)


           
 平成26年 1月18(土) 晴れ 4_26
 
  今日は、都立水元公園の野草園でシモバシラの根元に小さな霜柱を見つけた。
 1月5日(日)には見られなかった氷の華だ。何とか写真に撮ることができた。
  霜柱が出来るくらいだ。やはり寒く、帰り道はパティスリーのイートインに避難して、
 タルトフレーズとアメリカンコーヒーで休憩にした。フレーズとはフランス語で苺なの
 で、苺のタルト(クッキー生地を使用した皿状の焼菓子
)のことになる。40mm相当の
 準標準レンズで、あまり絞らず撮っている。背景が甘く溶けるようにボケてくれる。
 まさスイーツ向きのレンズだ。12815歩。 (P_GH2)

           
 平成26年 1月11(土) 快晴 3_26
 
  3連休の初日だが快晴で放射冷却もあり、ひどく寒い。その分、東照宮ぼたん苑
 人出は少なく、快適に撮影できる。といっても三脚は使えない。日差しが強く、影がき
 つく出る。また、ボタンの花は雪囲いの下にあるので、色彩が今ひとつ冴えない。
 ここは、外付けフラッシュとオフカメラケーブル
(延長コード)の出番になる。フラッシュを
 左手で高く持ち、花の左上からGN
(ガイドナンバー)を2,3,4,6と変えつつ、右手だけで
 カメラをホールドして総当たり的に撮っていく。これも大量撮影術のひとつだ。
GN4の
 とき背景は沈み、雪囲いの下の黄冠(ボタンの品種)が見事に浮き出た。(N_P7700)

           
 平成26年 1月 5(日) 晴れ/くもり 2_26
 
  今日も寒い。シモバシラの根元に霜柱ができていることを期待して、都立水元公園
 に出かけてみたが、全くない。屋外のバケツに、うっすら氷が張ったので地表付近は、
 氷点下のはずだ。気温だけが霜柱の生成条件ではなさそうだ。
また来ればいい。
  写真はポプラ並木が大きくカーブする公園の西端だ。大場川と並木をパンフォーカ
 スに切り取った。広角特有の上すぼまりを画像編集ソフトで修正し、コントラスを強め
 にした。遠近感が強調されるとともに、ポプラの枝先までクッキリと写り、冬のきりりと
 締まった風景になった。帰りはパティスリーで、ゆるゆるとお茶にした。(N_P7700)

           
 平成26年 1月 4(土)
 晴れ 1_26 
  この頃の散策は、電車1本で行ける文京区が多くなっている。今日は、千代田線
 湯島駅周辺を1時間ほど歩いた。おりがみ会館の中2階でウサギのお正月という
 テーマの紙人形展があった。値札はないので作者はアマチュアらしい。正月の風物
 詩を身長
(耳の先まで)10cmほどの兎たちが、楽しそうに演じている。いつものコンデジ
 をマクロモードにして、あまり絞らずに撮ったが、光線の状態が今ひとつだ。撮影ok
  という会場なので、外部フラッシュを天上にバウンズさせた。撮影技法No.4748
 応用になる。影が弱まりウサギのひょうきんな表情が浮き出た。(N_P7700)

Diary26<Top>へ   <home>に戻る  

ついでにウォーキング