平成27年12月27日(日) 晴れ 65_27
 
  今日まで、夢の島熱帯植物館では「夢の島ラン展」が開催されているはずだが、
 会場のイベントホールではフラワーアレンジメントの教室が開かれ、見学者はひどく
 入りにくい雰囲気になっている。最終日の午前中で来客が少ないが、これは感心し
 ない。常設展示のドームを一回りした。写真は小笠原諸島原産のタコノキだ。タコの
 足のように見える部分は気根だという。。(N_P7700)
          
 
平成27年12月26日(土) 晴れ 64_27
 
  おりがみ会館のギャラリーで花のお江戸のお正月という紙人形の展示がある。
 新年向けのイベントで、来年1月7にまで開催されている。入場無料、撮影okという
 ギャラリーだ。安近短がモットーのカメラマンには有り難い撮影ポイントになっている。
 来場者が少ないので、30分ほど粘って約200カットを撮影した。写真は、独楽回し

 する兎だ。高さ5cmほどの和紙の人形で秀作だ。+0.3EVの露出補正をして90mm
 相当のマクロレンズで切り取った。窓からの光が逆光になり、和紙の質感がよくでた
 1枚になった。帰り道で甘味処に寄り道しても12時には帰宅できた。(DMC-G7)

          
 
平成27年12月12日(日) 快晴 63_27
 
  紅葉の最後の輝きに期待して六義園を訪ねた。東京23区内にある庭園などの紅
 葉は、例年12月初め頃に見事な色づきを見せてくれるが、今年は暖冬気味で色づき
 が遅れていた。今年の「紅葉と大名庭園のライトアップ」の期間は11月19日~12月6
 日だった。このイベントには行けなかったが、ライトアップ以上の輝きを見せている。
 しかも、来園者は少なく快適に歩ける。ただ、10時を過ぎると一人しか通れない細い
 橋の上でも立ち止まり、大声で話をしてなかなか動かないような外人のグループが、
 急に増える。マナーを守らないこの手を不良外人と呼ぶことにしている。園内を2周し
 て10時半には引き上げ、寄り道をしてタルトを買って帰った。(DMC-G7)


          
 
平成27年12月6日(日) 晴れ 62_27
 
  例年、東京近郊の紅葉は12月上旬ごろがピークになる。昨日に続き、午前中に撮
 影に出かけた。写真は千葉県松戸市北小金の東漸寺
(とうぜんじ)の中雀門だ。山門
 と参道を中心に額縁構図を意識して切り取った。中雀門周辺は日陰で紅葉に鮮やか
 さがない。+0.7EVの露出補正をしたが、いまひとつだ。そこで外部フラッシュを取り
 出し、強制発光モードで炊き込んだ。カメラマンが数人写り込んでいるが、仕方ない。
 枯葉を掃く寺男氏に聞くと、日没後はライトアップをするが、原則17時には閉門だと
 という。日没は16:30ごろだ。次の週末も行くか、迷うところだ。(DMC-G7)

          
 
平成27年12月5日(土) 快晴 61_27
 
  快晴の土曜日だ。大量の洗濯物を干してから旧古河庭園に向かった。
カメラを首
 からぶら下げて開園と同時に入ることができた。職員が 「今日は、皇居の乾(いぬい)
 通りの一般公開と当園を結んだバスツアーが10時ごろからあるので、早めに撮った
 方がいいですよ。」 と教えてくれた。いつもなら園内を左回り、右回りと2周するところ
 だが一巡りで終わりだ。プレートを首から下げた人たちが、大勢入ってくる頃には引
 き上げた。近くのフランス洋菓子店で休憩と思ったが、ほぼ満員だ。JR駒込駅前の
 洋菓子店に変更し、2階席で反省会のお茶をして、11時半には帰宅できた。午後に
 は年末の小掃除が待っている。今日は窓まわりだ。(N_P7700)

          
 
平成27年11月28日(土) 快晴 60_27
 
  ついでにウォーキングの活動は、いつもは午前中だが、今回は午後から小石川後
 楽園
を訪ねてみた。
写真は大堰川(おおいがわ)の紅葉を清水観音堂跡から切り取
 った1カットだ。待っていても散策の人が途切れそうもない。むしろ増えてくる。ただ、
 午後の光線に山道が日陰なっているので露出を切り詰め、現像時には黒レベルを
 少し上げると散策の人たちの多くは、ほぼ見えなくなる。今年の紅葉の色合いは、も
 うひとつだが、緑から橙色までのグラデーションも悪くない。(N_P7700)

          
 
平成27年11月27日(金) 快晴 59_27
 
  ここ数年、恒例になっている個人的ライトアップによる紅葉の撮影だ。といっても
 木の根元にスレーブ発光対応のフラッシュを置き、メインのフラッシュに同調させて
 いるだけなので、わずか数千分の1秒のライトアップになる。17時を過ぎて、かなり暗
 いが散策の人は多い。三脚とコンデジがあるので写真を撮っていることは分かるも
 のの、たぶん個人的ライトアップと思う人はいないだどう。
写真はハゼノキ(櫨の木)
 を条件を変えながら20カットほど撮った中の1枚だ。1枚撮る度に足ものとフラッシュ
 の場所と光量を変更してから、三脚のところまで行きカメラ設定を変えセルフタイマー
 を10秒にして撮っているが、面倒だ。遠隔操作できるリモコン(スマホで出来るか?)
 とワイヤレスでもっと大光量のフラッシュが欲しくなる。また、撮影機材が欲しくなる
 病気が出そうだ。(N_P7700)

          
 
平成27年11月22日(日) くもり 58_27 
  降り出しそうなお天気だが、連休の中日だ。折り畳み傘を持って都立薬用植物園
 に出かけた。片道1..5時間の道のりだ。写真は、温室に咲くマメ科のオジギソウ(お
 辞儀草)だ。調べると学名はミモザ プディカ(Mimosa pudica)という。ミモザはオジギ
 ソウの学名に由来する植物名のようだ。日本語ではアカシア類の花をこう呼ぶことが
 多いが、これは誤用だという。英語名は sensitive plant だ。確かに葉に触れると、順
 に内側に閉じていく。ミモザの語源を調べると古代ギリシアの身振り劇ミモス(mimos
 パントマイムの前身 )だという。ミモザの名称は、センシティブなオジギソウに返した
 ほうがよさそうだ。(DMC-G7)

          
 平成27年11月15日(日)
晴れ 57_27
 
  午後から雨が上がった。もう3時を過ぎているが、都立水元公園に出かけることに
 した。午前中の雨の影響で人出は少なく快適に散策できる。いつも散策は土日また
 は休日の午前中のことが多いが、今回は陽が西に傾き、影が長く伸びている。色温
 度は高く、横光線に立体感が出ている。新鮮な感じだ。「 秋は、夕暮れ。」(枕草子)
 は今も変わらないようだ。これからは、ウォーキングの時間帯も考慮して出かけたい。
 ただ、夕飯の準備があるので、スイーツまで手が回らないかも。(N_P7700)


          
 平成27年11月14日(土)
小雨 56_27
 
  朝から小雨が降っている。湯島のおりがみ会館に「童と動物」という展示会を見に
 行った。作品の多くは人形教室の生徒の作品のようだ。今一つゆるい作品もあるが
 プロではない。生徒の成果の発表の場だ。今後、さらに良い作品を期待したい。
  写真は、寄り道して求めた里の秋(左、220円)と栗蒸し羊羹(右、173円)
だ。この
 値段で店が続けられるか心配になるが、100年も続く老舗だという。季節に合わせて
 菓子が替わるので、毎月行ってしまう。ついでにウォーキングも固定客の一人かもし
 れない。(N_P7700)

          
 平成27年11月 3日(火)
文化の日 晴れ 55_27
 
  日比谷公園でバラ展が開かれている。その他にもイベントが多数あるようだ。テニ
 スコートの東の陳列場では、「神代植物公園 バラの見どころ紹介」として、国際新種
 ばらコンクール2014年度入賞花が展示されている。一方、大噴水広場や第二花壇
 では「山梨ヌーボーまつり」として新種ワインの試飲・即売会が賑わっている。普段は
 立ち入り禁止の芝生広場も解放され、大変な人出だ。下戸のついでにウォーキング
 は、見るだけで十分だ。色づき始めた紅葉をバックに、草地広場の築山のベンチで
 語らうカップルをシルエット(
silhouette 影絵)ふうに切り取ってみた。逆光に加えて、
 露出をマイナス1段補正するだけでシルエットになる。(DMC-G7)

          
 平成27年11月 1日(日)
快晴くもり 54_27
 
  朝のうちは寒いくらいだが、快晴だ。洗濯物を干し、水元公園に出かけた。
往復
 とも徒歩にした。写真は、いち早く色づく第一駐車場のモミジバフウ(紅葉葉楓)だ。
 車の屋根が入らないように、ローアングルからPLフィルターを掛け半逆光ぎみに切り
 取った。青空に紅葉が映える。12時前に帰宅した。少しくたびれたので、簡単に冷ご
 飯にレトルトの麻婆豆腐を掛けレンジし、昨日の夕飯のミネストローネを温めてお昼
 にした。どちらも赤いオレンジ色だ。モミジバフウの影響か?。(N_P7700)

          
 平成27年10月29日(木)
小雨くもり 53_27
 
  見物の人を画面に入れないで菊を撮りたいと思い、平日に予定を入れておいた。
 天気予報はくもりだったが、朝5時50分に新聞を取りに行くと小雨だ。8時ごろになる
 と上がって、どんよりした曇り空になっていた。雨男を返上できそうだ。予定通り千葉
 県松戸市の戸定邸
(とじょうてい)の菊花祭に出かけた。展示される鉢は例年よりも少
 なめだが、中庭に並ぶ菊には気品がある。準標準レンズで、絞りをあまり絞らずに
 切り取った。お昼前に帰宅すると、もう晴れていた。午後は写真の選択とホームペー
 ジの編集に充てることができる。(DMC-G7)


          
 平成27年10月25日(日)
快晴 52_27
 
  天気図は西高東低の冬型になっている。快晴だが寒いくらいだ。菊花展には、まだ
 早く、花々もあまり期待できないが、向島百花園に行くことにした。春夏秋冬花不断
 
( しゅんかしゅうとう はな ふだん )の百花園だが花々は予想通り少ない。しかし、ススキ
 は多く、これを活かすことを考えた。遠景にスカイツリーを配して、逆光に輝くススキ
 を撮ってみることにした。なかなか都心のビル群を入れないで切り取れるポジション
 が見つからず、園内を2周した。ススキでビル群が隠れるようなローアングルから切
 り取り、晩秋の雰囲気を出すためモノクロームに変換してみた。(N_P7700)

          
 平成27年10月17日(土)
小雨 51_27
 
  週間予報はハズレて、朝から冷たい雨だ。一脚をザックから取り出し、換わりにフ
 ラッシュを入れて、予定通り習志野市の谷津バラ園に行った。9時の開園丁度に間
 に合った。来園者はいない。1番目の入園者だ。小雨だが空はけっこう明るく、早い
 シャッターが切れる。これなら左手に大きめの傘、右手にデジカメという二刀流でも、
 手振れの少ない写真が撮れる。10時までに400枚ほど撮ると、風が強くなってきた。
 また、来園者もちらほら出てきたので、引き上げることにした。帰り道に寄ったパティ
 スリーの喫茶コーナーは満席で、次回になった。帰宅すると雨は止んでいた。雨男
 は返上できそうもない。(DMC-G7)

          
 平成27年10月12日(月)
体育の日 晴れ 50_27
 
  3連休の3日目、早めに洗濯ものを干して市川市動植物園に出かけた。
この時期
 は、咲初めのバラや山野草(展)が見られる。もちろん小動物をまじかに見ることも
 できる。写真はバラ園のローズいちかわだ。昨夜の雨が雫として残っている。あま
 り絞らず90mm相当のマクロレンズで切り取った。背景が柔らかくぼけてバラが浮き
 上がる。バラ園を散策したら、動物園に回りたい。こちらは有料だ。子供連れでにぎ
 わっている。動物園で一番多い動物は、やはりヒトのようだ。人だかりができている
 所には、かわいい動物たちがいる。望遠ズームの出番になる。(DMC-G7)

          
 平成27年10月10日(土) くもり
49_27
 
  3連休の初日は、山野草展を目当てに川口グリーンセンターに出かけた。
イベン
 トが多数開催されているが、山野草展はもうひとつだった。園内を2周し、目についた
 ものは何でも撮ってみたが、写真の出来も、もう一つだった。写真は、途中下車して
 寄ったパティスリーの洋ナシイチジクのタルトだ。この頃は、タルトを置く店が多く
 なったようだ。タルト生地のほうがスポンジ生地よりも日持ちがするからだろう。小ぶ
 りなので、2つ食べてもよさそうだ。60mm相当のマクロレンズの画角が丁度よく、ノー
 トリミングで写真になる。レンズの切れなかなかだ。(DMC-G7)

           
 平成27年10月 3日(土) 晴れ
48_27
 
  午前中に都立水元公園を散策した。期待通りバードサンクチュアリーの小道の両
 側にタデ科のミゾソバ(溝蕎麦)の群落が数か所あり、ちょうど見ごろになっている。
 雑木林の少し開けたところで、陽(ひ)がさした数分の間に60mm相当のマクロレンズ
 で切り取った。このマクロレンズは、新たについでにウォーキングの仲間になった一
 眼DCM-G7と一緒に使うとフォーカスが早く、マクロ撮影でもオートフォーカスが迷う
 ことが少ない。マニュアルフォーカスでピント合わせをしなくても済むのは楽だ。露出
 は ピンポイントで中央の花に合わせた。背景は暗く沈み、数株だけがスポットライト
 が当たったように輝いている。ただこの条件では、コントラストがきついので、やや軟
 調気味に仕上げた。(DMC-G7)

           
 平成27年 9月27日(日) くもり
47_27
 
  明け方に雨が上がった。洗濯物は内干しにして、除湿器を4時間にセットしてから
 奥戸フラワーパークに出かけた。例年ならダリアがたくさん見られるはずだが、ひど
 く少ない。コスモスは植栽されていない。また、バラもあまり手入れがよくない。今年
 は方針が変わったようだ。写真は、数輪咲いていた日傘という品種のダリアだ。筒状
 の花弁に今朝の雨が残り、ごく弱く入れたフラッシュ光を反射している。中川を人専用
 の八釼橋
(やつるぎばし)で渡り宝蔵院にまわった。彼岸花で有名な寺だが、例年より早
 く終わっている。JR駅前のファミレスまで歩くことにした。(N_P7700)

           
 平成27年 9月22日(火)
国民の休日 晴れ 46_27
 
  国民の休日が制定されてSW(シルバーウィーク)は、毎年あると思っていたが違う
 ようだ。次回の5連休は2026年だという。この頃は、連休の有難味がなくなっているか
 もしれない。鎌倉野草園に出かけた。ヒガンバナは見ごろを過ぎている。露出は2絞
 り分アンダーにして、フラッシュを入れて疑似夜景風に切り取った。注目の2輪が鮮
 やかに浮き上がる。この連休でPCを更新したが、現像ソフトも最新版をインストール
 した。同じ設定で現像しても、新旧のソフトで
発色に微妙な差がある。旧版のほうが
 好ましい感じがする。まだ新版のカスタマイズが必要だ。(N_P7700)

           
 平成27年 9月20日(日) 晴れ
45_27
 
  
今年の例大祭は宵宮(よいみや)が雨で流れて出鼻をくじかれた。今日が最終日だ。
 遠くに祭囃子(まつりばやし)が聞こえてくる。夕食後に行くことにした。写真は参道の行
 燈
(あんどん)だ。LED照明のため、省エネだが温かさがない。自宅のシーリングライト
 は調光・調色機能のあるLEDだが、祭の行燈に望むのは無理だろう。現像のとき、
 少し色温度を上げてみたが、どうも芳しくない。ただ、ISO感度を3200に上げて撮っ
 ているが、画像の荒れは少なく、マイクロフォーサーズのデジカメにしては、頑張って
 いる。このカメラで夜景の手持ち撮影もできそうだ。(DMC-G7)

           
 平成27年 9月16日(水) くもり
44_27
 
  このところ雑用が重なり、シルバーウィークを前にくたびれてしまった。息抜きを兼ね
 て東綾瀬公園を散策した。
細長い駅前公園でウォーキングに調度よい。この時期、
 野球場北側のせせらぎの向こう側に彼岸花が観られる。帰りに道はファミレスで休憩
 だ。写真は紫芋のどらパンオムレットという長い名前の和風スイーツだ。どら焼きの
 皮のようなパンケーキには紫芋のペーストがポイップクリームと一緒に挟まれている
 オムレット(omelette)だ。カボチャのアイスクリームと柚子のシャーベットなどが添えら
 る。甘さは全体に抑えめだが塩味のパンケーキとの組合せは絶妙だ。(DMC-G6)

           
 平成27年 9月12日(土)
晴れ 43_27
 
  今週は台風17,18号の影響で豪雨が続き、だいぶ被害が出た。幸い東京のはず
 れは、被害がなく済んだ。
と思ったが、今朝5時49分ちょうど起きようとした時に地震
 があった。初期微動(P波)が殆どなく、いきなりドカンと来る直下型の大震災を心配
 したが、震度4で治まってくれた。早めに洗濯ものを干して、水元公園に向かった。
 小合溜(こあいだめ)も水位が高い。中央広場もぬかっている。舗装してあるところを歩
 き、グリーンプラザの北側の野草園に行ってみた。写真はクマツヅラ科のカリガネソ
 ウ(雁金草)だ。風がありなかなか止まらない。帰りは、パティスリーの喫茶コーナー
 によって一休みだ。夜は、インターネット回答の国勢調査が待っている。(DMC-G6)

           
 平成27年 9月 5日(土) くもり
一時晴れ 42_27
 
  市川市万葉植物園に出かけた。今日は、写真教室があるようだ。いかにもカメラ
 マンという出(い)で立ちの男性と生徒が来ている。プロカメラマンと撮影ポイントなど
 が重なるときは遠慮することにしている。超一流は別だが、普通のプロカメラマンは
 ユーザーやスポンサーがイメージする画が撮れないと生活にも影響する。素人は、
 そんな心配はないので、場所を譲ることにしている。また来ればいい。(
仕事上の)
 一番弟子は元プロだが、写真では食べていけないと今の仕事に就いたという。プロ
 の道はきびしい。写真の王道は、自由に撮れるアマチュアにありそうだ。上手く撮れ
 れば、なお楽しい。写真は、オミナエシ科のオトコエシだ。(N_P7700)

           
 平成27年 8月30日(日) くもり
一時 41_27
 
  8月下旬は急に涼しくなった。太平洋高気圧が弱く、早くも秋雨
(あきさめ)前線が本州
 に架かっているという。涼しいのは良いが、洗濯物が気になる。除湿器のスイッチを
 入れ、折りたたみ傘を持って向島百花園に出かけた。やはり降られた。写真は雨宿
 りに寄ったファミレスの大納言と黒豆のパンナコッタだ。パンナコッタ( panna cotta ,
 イタリア)とは、生クリーム(牛乳も加える)を加熱して,ゼラチンで固めたイタリアの家庭
 的な冷たい菓子
.【panna は生クリーム、コッタは加熱したものの意】だという。<Super国語辞典>
 
プリンと異なり、卵は使われていない。周囲の白いソースは、ココナッツミルクだった。
 ファミレスのスイーツもレベルが高くなってきた。(N_P7700)

           
 平成27年 8月29日(土) くもり
40_27
 
  変化朝顔展が開催されている都立日比谷公園に行ってみた。8時半に
日比谷駅
 のA10口を出ると雨になっていた。折りたたみ傘を差して、テニスコート前の会場に向
 かった。最終日に近く、展示も少なく朝顔は、くたびれ気味だ。屋外に展示された鉢
 に茶系の朝顔を見つけ、弱くフラッシュを入れ、水滴を強調するように切り取った。
 雨の公園を1周して、9時半には引き上げた。(N_P7700)
           
 平成27年 8月19日(水) くもり
39_27
 
  いつでも行けると思っている処ほど、なかなか行けないものだ。今日は思い切って
 都立日比谷公園に寄り道にした。寄り道に思い切ってとは大袈裟だが、事前に重
 くなるのを覚悟して小型三脚と雲台をバラしてザックに入れておかなくては、シャープ
 な写真が撮れない。やはり、多少の覚悟が必要だ。写真は、まだ空に青さが残る時
 間帯に撮った大噴水だ。公園のHPには、「毎日午前8時から午後9時まで稼動。(月
 1回の清掃日を除く)28分間周期で24景を楽しめます。」 とある。30分ほど粘ばり70
 カットほど撮ったがアップできそうな写真は6枚だった。(N_P7700)

           
 平成27年 8月14日(金) くもり
一時 38_27
 
  お盆の時期は、都心が空いている。朝8時台の電車でも空席がある。朝のうち小雨
 がぱらついたが、洗濯物を内干しにしてから都立木場公園に出かけた。
写真はキク
 チシャ(菊萵苣)だ。チシャとはレタスの意味だという。。根株から出る芽を軟白栽培
 したものがチコリ(和名:キクニガナ)だという。混乱しそうな名前になっている。
 曇ってはいるが、10時を過ぎるとさすがに暑い。1時間で退散した。帰りの電車も空い
 ていた。(DMC-G6)

No image            
 平成27年 8月11日(火) 晴れ
 36_27
 
  母が亡くなって2週間になる。ひどく暑い時期に、各種届け出や手続きで忙しかった
 が、やっとひと段落した。そろそろ趣味の方も活動再開だ。これまで書きためてきた
 撮影技法をまとめてアップした。ちょうど200本になった。
日頃から見て頂いている方
 に粗品を進呈することにした。


           
 平成27年 7月25日(土)
晴れ 35_27
 
  猛暑が続くが都立水元公園に出かけた。公園までの片道は歩くことにしているが、
 今回は往復バスだ。避難するパティスリーの喫茶コーナーも予定に入っている。
帰宅
 後、シャワーを浴び着替えをしてから昼食にした。さらに、その後20分ほど昼寝だ。
 これくらいしないと、この時期のウォーキングは身が持たない。家でじっとしていた方
 がいいかもしれないが、それもストレスが溜まるので週に1回は出かけたい。写真は
 公園のグリーンプラザ入口に咲くグロリオサだ。和名はユリグルマ、キツネユリとい
 う。不思議な形だ。コンデジがオーバーヒートする前に引き上げた。(N_P7700)

           
 平成27年 7月20日(月) 
海の日 晴れ 34_27
 
  3連休の最終日。西新井大師の風鈴まつりに行ってみた。
数張りのテントの天井
 に葦簀が張られ、風鈴が産地毎に吊されている。適度に風があり、その音も楽しむ
 ことができるが、このテントの中まで自転車で入ってくる一団がある。ひどく迷惑だ。
 外国人観光客の増加は歓迎したいが、この手の不良外人の増加は遠慮したい。
 本堂に上がりお参りを済ませて、もう一度会場に戻った。ちょっと、寄り道をしてデパ
 ートの食品売り場を縦走してから帰ることにした。(N_P7700)

           
 平成27年 7月18日(土) くもり
 33_27
 
  台風11号は日本海に抜け、熱帯低気圧になったが、時折強い風が吹き蒸し暑い。
 何とか折り紙会館に行くことができた。今日は紙人形展の最終日だ。毎回秀作の
 多い紙人形展だが、今回は細部にまで神経が行き届いていない感じで、あまり出来
 はよくない。
それでも、色々と条件を変えながら300カットほど撮った。撮影okで冷房
 の効いた無料のギャラリーだ。文句は言えない。写真は「鯉のぼり売り」 と題された
 人形を撮ってみた。調べると江戸に時代には、紙製の小さな鯉のぼりを売り歩く商売
 があったようだ。三角構図になり安定感がある。(DMC-G6)

           
 平成27年 7月11日(土) 晴れ
 32_27
 
  きのうまでの梅雨空とは打って変わって、快晴だ。しかも東京は真夏日だ。ところに
 よっては、35℃以上の猛暑日になった。向島百花園を散策したが、早々とパティス
 リーの喫茶コーナーに避難してアイスコーヒーで休憩にした。写真は百花園の各所に
 咲くヤブカンゾウだ。
オレンジ色が真夏を思わせるが、まだ梅雨が明けた分けでは
 ない。しかも台風が2つも来ている。今年の気候は、どうもおかしい。(N_P7700)

           
 平成27年 7月 9日(木) 雨
 31_27
 
  19時のNHKのニュースで、「東京地方では、7月の今日までの合計日照時間は、
 24分しかありませんでした。」 といっていた。雨が続くと困りごとがふえる。
 ①(毎日)洗濯物の乾燥に除湿器
を使うことになる。部屋干しでもよく乾くので部屋
  干し特有の臭いの問題はないが、電気代が増えそうだ。
 ②(傘をさしての)ウォーキングが面倒になる。
 ③(なぜか)スイーツに手が出てしまう。地元のパティスリーのショートケーキだ。
  
ショートケーキが美味い店のスイーツは、どれも美味い。(DMC-G6)
  湿度が下がるだけでなく、水蒸気の凝縮熱で室温が数度上がる。梅雨寒でも洗濯物がよく乾く。

           
 平成27年 7月 8日(水) くもり/雨
 30_27
 
  赤提灯に寄ることはないが、ファミレスの前では、つい足が止まってしまう。この頃
 流行のフレンチトーストだ。バニラアイスがトッピングされている。なかなか美味いが
 カロリーが501kcalもある。このところ土日が雨で、ウォーキングをサボっている。
 食事を加減しないとカロリーオーバーだ。(N_P7700)

           
 平成27年 7月 2日(木) 雨
 29_27
 
  平日だが予定を入れておいた。1週間前の週間天気予報では、梅雨の中休みのは
 ずだった。8時半には足立堀之内公園に到着したが、もう雨になっていた。今年の
 梅雨は、どうも天気予報が当たらない。気を取り直して、傘を差しながら撮影した。
 写真は大賀ハスだ。「 花笑う 」 そんなフレーズを意識しながら準標準レンズで、あま
 り絞らずに切り取った。この公園は、あまり知られていないため休日でもカメラマンは
 少ない。まだ蕾も多い。7月いっぱいは大賀ハスが見られそうだ。今度はマクロレンズ
 も持参したい。(DMC-G6)

           
 平成27年 6月28日(日) 晴れ
 28_27
 
  6月最後の日曜日だ。暑いくらいのお天気だ。千葉県松戸市のゆいの花公園
 散策した。JR武蔵野線東松戸駅から、徒歩10分ほど距離だ。ユリのカサブランカの
 見頃は、もう少し先だが、中央の芝生広場ではネジバナが多く見られる。芝生広場
 は立入okなので大群落にはなっていないが、十分にありがたい。色が濃くきれいに
 捩れている株を探して左回り・右回りに園内を2周した。帰り道は途中下車して、ファ
 ミレスなどに寄ることが、この頃のトレンドになっている。(N_P7700)


           
 平成27年 6月24日(水) 晴れ
 27_27
 
  平日だが、都立水元公園に出かけることができた。意外と散策やジョギングの人
 が多い。写真は公園の花壇に咲くアガパンサスのアップだ。一脚を前に倒しながら、
 マクロモードにしたいつものコンデジで、ピントが合うぎりぎりまで迫って切り取った。
 RAWデータから、コントラストを強めに現像したが、コンデジとは思えないキレを見せ
 てくれる。ただ、この頃はフォーカスが固まってしまい、ピント合わせができないトラブ
 ルが時々起こる。最寄りのサービスセンターは銀座7丁目だ。(N_P7700)


           
 平成27年 6月20日(土) 晴れ
 26_27
 
  諸般の事情から、近場しか行けなくなってしまったが、当分は仕方がない。市川市
 万葉植物園
なら、自宅から35分ほどの距離だ。ネジバナとカワラナデシコを求めて
 出かけた。開園と同時に入り、右回り左回りに園内を2周した。1時間ほどで2人とす
 れ違っただけだ。ネジバナは殆ど見られなかったが、気分転換に調度よい時間が持
 てた。帰りは途中下車してベリーのタルトを買った。ブラックのアイスコーヒーとよく
 合う。写真は、なかなか上達しないが、スイーツの情報は増えていく。(N_P7700)

           
 平成27年 6月14日(日) 雨/くもり
 25_27
 
  朝から小雨だ。梅雨時なので仕方がない。傘を持って旧古河庭園のバラの二番
 花を見に出かけた。
開花中のバラも少ないが、見物の人は殆どいない。9時半頃に
 雨が上がると、ちらりほらりと来園者とすれ違うようになった。写真は雫をまとった
 メリナだ。露出をマイナスに補正し、ごく弱くフラッシュを入れると雫にキャッチライト
 が入る。JR山手線 駒込駅前の洋菓子店の2階で休憩し、今日のついでのウォーキ
 ングは終了だ。11時20分には帰宅した。午後は見舞いの予定だ。(DMC-G6)

           
 平成27年 6月 6日(土)
くもり 24_27
 
  葛飾区のお知らせに柴又の山本亭で、里神楽の上演があるのを見つけた。毎月
 のようにイベントあるが里神楽は年に1回のようだ。息抜きのために、何とか都合を
 つけて出かけることにした。演目は葛西囃子から始まる7本で構成されるが、午前の
 部だけ観賞・撮影することができた。演じているのは、葛西囃子保存会のメンバーで
 高校生だという。レベルの高さに驚く。山本亭の鳥・雪・風の間を打ち抜いた広間で
 演じられる。観賞する人の邪魔にならないよう、廊下から撮っている。そのためポジ
 ションやアングルに変化が少ないが、撮影okというだけでありがたい。(DMC-G6)


           
 平成27年 4月29日(水)
昭和の日 晴れ一時くもり 23_27
 
  大型連休の始まりだ。向島百花園アンキンターズ
で賑わっている。といって
 も、ついでにウォーキングの時間帯は午前中だけなので、混雑するほどではない。
 写真は、花の集まりを踊り子の被る笠に見立てたオドリコソウ(踊子草、シソ科)だ。
 今年は群落が見られる。フリーアングルモニタ付きのコンデジなので、一脚からカメ
 ラを外し、すぐ超ローアングルから被写体を狙うことができる。背の低い花の撮影に
 は高速連写のできる一眼レフよりも取り回しの楽なコンデジが適している。後ろに
 ひとりカメラマンが待っている。10枚ほど撮って、その場を引き上げた。(N_P7700)
  休日を安近短で過ごす人達。複数形のsを入れると何となく英語風に聞こえる。

           
 平成27年 4月25日(土) 晴れ/くもり
 23_27
 
  千葉県松戸市の戸定が丘歴史公園に行った。この時期、多数の鉢植のフジ(藤)
 が見られる。写真は、帰り道で寄ったファミレスのチェリークラフティ・ラベンダーの
 アイス添え
だ。クラフティとは、フルーツ(特にサクランボ)を敷き詰めた上にカスター
 ド生地を流して焼いたフランスの伝統な菓子をいう。濃厚なクリームとラベンダーが
 ふわりと香るアイスが添えられる。これは美味い。アイスクリームが淡い藤色をしてい
 るが、なかなかこの色合いが出ない。今回はコンデジだが、カメラを替えて再挑戦し
 なくてはならない。また食べに行く理由は、いくらでもある。(N_P7700)

           
 平成27年 4月23日(木) 晴れ
 22_27
 
  都立薬用植物園に出かけた。やはり平日は空
(す)いていると思ったが、花壇に
 見られる花々は少ない。ロックガーデンと林地中心の散策になった。写真はセリ
 ヒエンソウ
(芹葉飛燕草)だ。セリのような葉にツバメが飛ぶような花を咲かせる。
 外来種だというが見事なネーミングだ。英語名だと chervil larkspur だ。成り立ちは
 chervil :チャービル、セリ科のハーブ (仏名:セルフィーユ、和名:茴香芹(ウイキョウゼリ)、lark:ヒバ
 リ
、spur:鳥などの蹴爪か?。セリバヒエンソウの方がピッタリくる。(GH2)

           
 平成27年 4月18日(土) 快晴
 21_27
 
  朝から快晴だ。今月は雨が多い。折角の晴れだ。じっとしているのは勿体ない。
 年度初めに、ついでにウォーキングの仲間になったレンズの試し撮りを兼ねて、
 上野東照宮ぼたん苑に出かけた。
写真は花弁に紅白が混ざる島錦だ。レンズは
 開放絞りだが中心部にはキレがあり、周囲に向けての柔らかなボケが、また良い。
 画像編集ソフトでコントラストの調整が不要なほどだ。しかも防塵・防滴仕様だ。この
 シリーズのレンズが欲しくなる。また、病気が出そうだ。 cf.機材の紹介 (GH2)
  LUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 ASPH. / POWER O.I.S ( 35mm換算24~70mm )

           
 平成27年 4月12日(日) 晴れ/
くもり 20_27
 
  午前中に洗濯と掃除を片付け、午後から自転車で水元公園に出かけた。久し振
 りにプジョーのホールディング(折りたたみ自転車)を持ち出した。自転車に調度よい
 距離だ。遠回りも苦にならない。帰りは少し走ってダックワーズ
を買って帰った。
  写真はベニバナトキワマンサク(紅花常磐満作)だ。漢字表記のとき常磐か常盤で
 悩むが、広辞苑を引くと 「常磐:
常にかわらない岩。永久不変なこと。」 となっている。
 また、植物名のトキワカエデには常磐楓の文字が当てられている。一方、常盤は人名
 となっている。常緑の紅いマンサクの意味でベニバナトキワマンサクならば、常磐が
 適当だろう。やっと使い分けが分かった。(N_P7700)
  ※ アーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子。 ついでにウォーキングは、勝手に「フランス最中」
    と名付けている。美味い。


           
 平成27年 4月11日(土)
くもり 19_27
 
  天気予報より早く朝に雨が上がり、午後は少し暖かくなった。市川市万葉植物園
 に行くことにした。
やはり、このところの寒さで見られる花々は少ない。例年ならクマ
 ガイソウが見られるはずだが、まだ蕾だ。写真はオキナグサ(翁草)だ。暖かそうな
 繊毛に覆われている。園内を右回り、左回りと2周して引き上げた。(N_P7700)
           
 平成27年 4月 2日(木)
晴れ 18_27
 
  この時期は、晴れても降っても落ち着かない日が続く。降れば桜が保つか気になり
 晴れれば何とか時間を作って撮影に行きたいと思ってしまう。
  平日だが何とか水元公園に行くことできた。写真はメタセコイアの森に続く小径に
 植えられたソメイヨシノを切り取った1枚だ。よく見ると桜の下で花見を楽しむ家族?
 がいるが、当分花見を楽しむ余裕はなさそうだ。(N_P7700)
           
 平成27年 3月29日(日)
晴れ 17_27 
  急に暖かくなった。お天気も良すぎるくらいで、花々の撮影にはコントラストがきつく
 向かないが、まだお天気を選べる身分ではない。千葉県柏市逆井
(さかさい)カタク
 リ
の群落を見に行った。ここはカタクリの自生地で頑丈な柵で保護され、柏市の指定
 文化財になっている。30度以上もありそうな北向きの急斜面で、高さは5m以上あり
 そうだ。アイレベルから見上げるだけで超ローアングルから撮ったような構図になる。
 群生地は歩道のない狭い生活道路に隣接している。そこから撮るので三脚は危険
 で使えない。一脚か手持ちだ。280mm相当までズームし、群落から少し離れた数株の
 まとまりを切り取った。2:3の縦横比にトリミングして、広がりを演出した。(GH2)

           
 平成27年 3月21日(土)
春分の日 薄曇り 16_27 
  撮影日のお天気が薄曇りだと、それだけで嬉しくなる。まったく安上がりに出来てい
 るようだ。山野草展と椿展を目当てに川口グリーンセンターに出かけた。どちらの
 展示も最終日に近く、花々はややくたびれ気味だが、これは仕方がない。それでも
 展示会と屋外の花々を合わせて400枚ほど撮った。といっても帰りの電車の中で100
 枚近くはボツになる。途中下車してデパートの甘味処に寄り、反省会だ。写真は豆寒
 白玉団子、きな粉と抹茶の蕨餅が揃う 「 いろどり 」 だ。どれも少しずつ盛りつけられ
 ている。これもまたフォトジェニックで、ちょっと嬉しい反省会だ。(N_P7700)

           
 平成27年 3月15日(日) くもり/雨 15_27
 
  毎月第3日曜は廃品回収の日だ。束ねた新聞紙と段ボール紙を所定の場所に出
 してから向島百花園に向かった。夕方から雨の予報だが、午前中に40分ほど園内
 を散策できた。夜は予報どおり雨になった。写真はキンポウゲ科のスハマソウ(州
 浜草)だ。3月7日に赤塚植物園で雪割草展
(ミスミソウ、スハマソウなどを展示、番外編 №86
  参照)
を見ているが、枯葉の間から顔を出す地植えのほうが自然な感じがする。距離
 がありクローズアップレンズを使い望遠接写にしたが、描写がやや緩い。(N_P7700)

           
 平成27年 3月14日(土) 晴れ/くもり 14_27
 
  都合をつけて水元公園に出かけた。写真は公園の至る所で見られるオオイヌノ
 フグリ
(大犬の陰嚢)だ。この名称は果実の形に由来し、植物学者 牧野富太郎
 命名だという。
この色合いから、気の利いた別名がないかネット検索すると瑠璃唐草
 (るりからくさ)とするサイトもあったが、これはネモフィラの別名だ。何かよい名前は~?
 また宿題が増えてしまった。(α55)
  植物学者。高知県出身。小学校を中退し独学で植物学を学び、主に日本の高等植物の分類学的研
   究を行い、日本の植物相の解明に貢献。また、植物知識の啓蒙活動を行い、アマチュア植物研究家
   の育成に尽力した。著「日本植物志図篇」「日本植物図鑑」など。(1862-1957)<国語大辞典>

           
 平成27年 3月 7日(土) くもり|雨 13_27
 
  時々小雨の舞う天気だが、せっかくの土曜日だ。雪割草展は3月7、8日の2日間
 限定なので、折りたたみ傘を持って板橋区立赤塚植物園に行くことにした。
ひどい
 雨には降られなかったが、今日は厄日のようだ。レンズ交換の時にすべって45mm
 マクロレンズを床に落としてしまった。しゃがんで交換するので落差は少ないが、コン
 クリートの床がきつい。外観の異常はないが、レンズの手ぶれ補正スイッチを入れた
 ときの動作音が、ガサガサする。ピントも少し緩い感じだ。ドック入りかも。(;´Д`)
  写真は鉢植のユキワリソウ(雪割草)だが、今年の出来は今一つの感じだ。(GH2)

           
 平成27年 3月 1日(日) 晴れ/くもり/雨 12_27
 
  春の天気は変わりやすい。早朝は晴れていたが、昼前にはもう雨だ。用事があって
 隣の駅まで出かけた。写真は千葉県松戸市を流れる坂川の両側に植えられたカワ
 ヅザクラ
(河津桜)だ。ちょうど咲き始めのようだ。3月7日から第6回松戸宿坂川河津
 桜まつりなので今年は、うまく時期があったようだ。ポスターには夜間はライトアップ
 されるとあるので行ってみたい。写真は
PLフィルターがよく効いて、半逆光の空に咲
 いたばかりの数輪が浮かび上がる。用事が済めばお使いは終わりだ。朝9時には店
 を開ける和菓子屋さんに寄り、早めに帰宅した。(N_P7700)

           
 平成27年 2月28日(土) 晴れ 11_27
 
  今日は、湯島天神の白梅とおりがみ会館の雛祭りの紙人形をめでるという盛り沢
 山で忙しいウォーキングになった。受験シーズンは、そろそろ終わりのはずだが相変
 わらず湯島天神は神頼み?の人達で混み合っている。白梅は満開のようだ。境内を
 1周して引き上げた。天神さんの正門から清水坂を下って、蔵前橋通りを右折すると
 200mほどで、おりがみ会館に着く。中2階の展示場では紙人形たちが雛祭りを祝って
 いる。見学無料、撮影okという有り難いギャラリーだ。今日は、さらに神田明神と湯島
 聖堂も廻ったので、スイーツの時間は取れなかった。(N_P7700)

            
 平成27年 2月25日(水) くもり 10_27
 
  用事が早く片付いたので、戸定邸
(とじょうてい)※1に行くことにした。いつもスイーツ
 はウォーキングの後のご褒美なのだが、半端な時刻で始めになってしまった。

 写真は抹茶のマカロンだ。フランスを代表する焼き菓子のひとつだが、抹茶仕様に
 なっている。小倉あんがサンドイッチされている。これも和魂洋才※2かもしれない。
 コーヒーともよく合い美味い。戸定邸だが、平日なので人出は少なく快適に撮影がで
 きる。庭園と梅と屋敷の客間に展示されたひな祭りの人形たちを撮ってみた。(GH2)
  ※1 徳川昭武の大名屋敷 千葉県松戸市松戸714-1  cf.番外編No.51
  ※2 和魂漢才にならって作られた語)日本人固有の精神をもって西洋伝来の学問・知識を取捨・活用
     するという行き方。<国語大辞典(新装版)小学館>


            
 平成27年 2月14日(土) 晴れ 9_27
 
  夢の島ツバキ展に行くことができた。外は強風だが館内は、暖かく快適だ。
展示
 されるツバキは切り花が多く、2月3日から開催されているので館内の暖かさで傷んで
 いるものも多い。期間中に傷んだものは交換されるだろうが、やはり展示が始まった
 ら、早めに見に行きたい。とはいうものの、時間が自由になるのはもうしばらく先だ。
 いいこともあった。バレンタインデーということで先着200名にチョコレートのプレゼント
 があった。早起きは得のようだ。(GH2)

            
 平成27年 2月11日(水)
建国記念日 晴れ 8_27 
  写真は、高さ5cmほどのセツブンソウ
(節分草)だ。暖かさに誘われ、都立野川公園
 に出かけた。節分草は春の妖精(
スプリング エフェメラル,spring ephemeral )と呼ばれる
 植物のひとつで、ephemeral には儚
(はかな)いという意味がある。野川公園は調布市
 小金井市、三鷹市に跨がり、3市の市境の交点には二枚橋衛生組合
※1があった。
 3市の可燃ごみを焼却していた二枚橋焼却場
※2は寿命もあり停止となったが、各市
 の行政や市民団体の思惑の相違から3市のごみ処理を担当する二枚橋衛生組合
※3
 も解散となった。生活に根ざした行政サービスには、継続性が求められる。廃棄物行
 政が ephemeral では、住民は安心してごみ出しができないだろう。(N_P7700)
  ※1 1957年発足、2010年解散  ※2 1967年稼働、2007年停止、解体 ※3 複数の自治体から成り、
     構成市などの行政事務の一部分だけを所管する一部事務組合は構造的な脆さを持っている。

            
 平成27年 2月 1日(日) 晴れ 7_27
 
  一見すると桜に見えるが、紅冬至というウメの花だ。寒いものの日差しは強く影の
 きつい写真になってしまう。そこで、露出を切り詰めフラッシュをごく弱く入れてみた。
 快晴の青空がダークトーンに沈み、影の弱まったピンク色の花びらとのコントラストの
 ある作品なった。200mm相当にズームしたコンデジだが、それなりに解像感はある。
  外国人観光客が大幅に増えている。観光収益の点では歓迎なのだろうが、大声で
 話す人や香料の強い化粧品を使う女性も多く、ほのかな梅の香りや雰囲気を楽しむ
 のはむづかしくなった。苑内を1周して30分ほどで引き上げた。
(N_P7700)

           
 平成27年 1月25日(日)くもり 6_27
 
  午後になってしまったが、暖かさに誘われて散策に出た。急に決まったときは、いつ
 も水元公園になる。暖かいせいか散歩の人が多い。公園では、キャンプ場以外での
 幕営
( ばくえい :テントを張って野営すること )は禁止のはずだが、中央広場にテントが多数
 ある。リードを長く伸ばして犬を散歩させる人や、その間を縫って行くスケートボーダー
 
は小さな子供たちにとっても危険で困った人達だ。やはり午前中がついでにウォーキ
 ングの時間帯のようだ。早々に引き上げた。写真は帰り道で買ったガトー・ノアだ。
 スイスのエンガディン地方の伝統菓子のエンガディナー
(クルミとキャラメルがつまったタル
 ト)を箱船の形にしたようだ。キウイとバニラアイスクリームを添えてみた。日持ちが
 するので来客用に買っておくが、美味しくて客に出すまで持たない。(GH2)


           
 平成27年 1月18日(日) 快晴 5_27
 
  午前中に上野東照宮牡丹苑を30分ほど散策した。苑はリニューアルに伴い通路
 はバリアフリー化され、トイレも清潔になっている。入苑料は値上げされている。肝心
 の冬ボタンは、先週の強風でだいぶ傷んでいるのは仕方がないが、品種を示すプレ
 ートが殆どないのは感心しない。
快晴のためコントラストが強すぎるので、オフカメラ
 ケーブルを使い影を弱める方向から、ごく弱くフラッシュを入れている。コンデジなの
 で日中シンクロも簡単にできる。残念ながらアップに耐えるものは少ない。久し振りに
 デパートの中も散策して引き上げた。(N_P7700)

           
 平成27年 1月17日(土) 晴れ
くもり 4_27 
  
JR山手線目黒駅から、西へ行人坂を150mほど下ると左側に五百羅漢の松林山
 大圓寺がある。この五百羅漢は、明暦9年(1772)の行人坂の火事で亡くなった人々
 を供養するために建立されたという。羅漢とは仏教の修行の最高段階、また、その
 段階に達した人(広辞苑)だが、まだまだ娑婆気(しゃばっけ:世間の名誉や俗念を離れない心)
 が抜けず、喜怒哀楽がもろに表情に出ている。ひょうきんな羅漢も多く、楽しい被写
 体になってくれる。右端の羅漢は、コメディアンの志村けんのアイーンのポーズのよ
 うだ。こちらが元祖かもしれない。周囲の羅漢には、うけていないようだが、「アイーン
 だ、アイーンだ。」 といって喜んでいる参拝者は多い。被写体が遠く、柵の外から高
 倍率ズームレンズの望遠側で撮っているので、描写がややゆるい。(GH2)


           
 平成27年 1月11日(日) 快晴 3_27
 
  
快晴だが、遠出ができない。ほっと待以夢さんのブログで見た「わが町の東京タワ
 ー」を探す散歩に出かけた。といっても当てがあるので、すぐに見つかる。送電鉄塔
 が快晴の青空に映える。さらにコントラストを強調するためにPLフィルターを掛けると
 空が一層ダークトーンに沈みアイボリーの塔がオブジェのように見える。高さは60m
 以下のようだ。ストロボライトの点滅や赤白塗装はない。これは、東京タワーという
 より細身なのでスカイツリーのようだ。環境調和型鉄塔だという。(N_P7700)
  航空法第51条により地上より高さ60メートルを超える建造物などには航空障害灯の設置や昼間
    障害標識(赤白の塗装)の設置を義務付けられているものがある。

            
 平成27年 1月 4日(日) くもり 2_27
 
  板橋区立熱帯環境植物館で開催中のらん・ラン・蘭展2015に行ってみた。
 写真はデンドロキラムだ。
何でも撮るが、値札のある鉢にはレンズが向かない。区の
 施設だが、指定管理者制度のもと民間業者が運営しているので、展示即売会も簡単
 にできるようだ。施設名称は熱帯環境植物館だが、ミニ水族館や昆虫標本、恐竜の
 足跡標本から喫茶室まである。温室の熱源は隣接する清掃工場に頼っている。事業
 者から直接的な持ち出しはないためか、室温が高すぎ熱の無駄遣いになっている。
 新宿御苑の大温室や夢の島熱帯植物館でも、これほど暑くない。植物が繁茂し、植
 物名のプレートが見えない場所が多く、管理は今ひとつだ。教育文化施設を効率性
 だけから指定管理者制度に委ねることの難しさも見えるミュージアムだ。(N_P7700)

            
 平成27年 1月 3日(土) 晴れ 1_27
 
  来客に出す前に、マクロレンズで撮った松の雪という和菓子だ。松の葉に見立てた
 餡と粉砂糖の雪の色合いも上品で、金箔を飾る小豆がアクセントになっている。
 ケーキ皿に載せても違和感はない。あまり有名ではないようだが、大正3年創業の老
 舗の和菓屋
だ。煉り切りは、どれも220円になっていた。季節が変わる毎に買いに
 行くが、これでやっていけるのかと心配になることがある。電球色の赤みを少し残し
 つつ、ややアンダー気味に切り取った。(GH2)

  ※ 栄泉堂 岡松 千葉県松戸市松戸1809

Diary27<Top>へ   <home>に戻る  

ときどき Diary 27  ( 平成 22年23年24年25年26年,27年,28年29年 )

ついでにウォーキング