平成28年12月24日(土) 晴れ 85_28
  良く晴れて寒いが、午前中に今年3回目の小掃除を片付けて、午後から湯島の
 おり紙会館
に出かけた。2階ギャラリーでは
「歳神様をおもてなし」と題した展示会が
 ある。毎年ウサギの和紙人形が新年の準備をしている。だいぶ国際化したようで、
 外人が多い。折紙教室のような体験型観光が受けているようだ。写真は、新年に晴
 れ着を着せてもう一コマだろう。30分ほど粘り、100カットほど撮らせてもらった。近く
 のホテルのレストランで遅めのランチにした。 (DMC-G7、60ミリ相当マクロ)

          
 平成28年12月23日(金) 
天皇誕生日 曇り一時雨 84_28
  曇り空だが、妙に暖かく、ときおり雨もパラつくという変なお天気だ。折角の祭日だ。
 もう夕方だが、少し寒なリ雨も上がったので、柴又に出かけてみた。
柴又駅をアウト
 フォーカスに寅さん像を黄昏の中に切り取ってみたかったが、なかなか好い顔を見
 せてくれない。写真は、スイーツではないが、スコーン( scone,小麦粉・バター・牛乳
 などを混ぜて焼いた小型のイギリスの丸いパン.)だ。クローテッドクリームとブルー
 ベリーのシャムがつく。紅茶はダージリンにした。参道を離れるとお洒落な店がある。
 (DMC-G7、40ミリ相当)

          
 平成28年12月17日(土) 快晴 83_28
  今日は寒い。こんな日は霜柱(植物のシモバシラの根元に発達する氷柱)が見ら
 れるかもしれない。洗濯を早めに済ませて水元公園に出かけた。9時に公園の北
 にある野草園に着いた。
霜柱がいくつかできているが、三脚は使えない。LEDフラット
 ライトを左手に持ち、印影を確認しながら右手だけでシャッターを切った。この1枚の
 ために20カット撮っているが、ブレ・ボケの無いのは3枚だった。9時20分ごろ、同じ
 ことを考えたカメラマンが、もうひとりやって来た。挨拶を交わして、選手交代だ。
 (DMC-G7、90ミリ相当マクロレンズ)

          
 平成28年12月16日(金) 快晴 82_28
  帰りに浅草に寄ることができた。明日から羽子板市のようだが、仕方がない。
 写真は雷門だ。
結構明るくISO800で、手振れなく撮れる。浅草の夜は早いが、まだ、
 外国人が大勢いるというか、中国人がやたらと多い。「歩きながら食べるのは、やめ
 ましょう。汚れた手で商品に触るのは、やめましょう。」 とアナウンスが流れている。
 情けない国際化だ。あまり時間がない。雷門から本堂まで一往復して、今日は、おし
 まいた。都バス1本でも帰れるが、6号線の渋滞にはまってしまい1時間もかかった。
 電車の方がよさそうだ。(DMC-G7、24-70ミリ相当)

          
 平成28年12月11日(日) 快晴 81_28
  快晴の日曜日だ。よく晴れて放射冷却で寒い。こんな日はサザンカを撮りたくなる。
 布団を干して、さっそく出かけた。電車で30分ほどの都立亀戸中央公園
だ。
 写真は公園B地区に咲く乙女という名のサザンカ(山茶花)だ。背景にメタセコイア
 を配して、あまり絞らず縦位置に切り取った。直射日光があり、コントラルトがきつい
 が、初冬の雰囲気になった。(DMC-G7、28-280ミリ相当)


          
 平成28年12月7日(水) 晴れ 80_28
  帰りに、ちょっと寄り道をした。カステラの専門店だが、カフェコーナーもある。パン
 ケーキのセットを頼んだ。Jr(ジュニア)サイズで、パンケーキが3枚つく。レギュラー
 サイズだとパンケーキが6枚になり、タワーのようにそびえ立つ。次回、挑戦してみた
 いが、炭水化物が多すぎるかも。(DMC-G7、24-70ミリ相当)

          
 平成28年12月4日(日) 晴れ 79_28
  暖かい日曜日だ。1回目の小掃除は午後にして、市川市動植物に最後の紅葉を
 撮りに出かけた。動物園も家族連れでにぎわっている。写真は、動物園の「なかよ
 し広場」で出番待ちのモルモットだ。スタッフが手のひらに乗せてくれる。小さなこど
 も達が順番を待っている。「あったか~い。」という声が、あちこちから聞こえてくる。
 膝に乗せることもできる。
時折、ミニブタとヤギが寄ってくる。今は、鳥インフルエン
 ザの時期でもあり、夏場は見られるアヒルはオリの中だ。ふれあい広場出口では、
 手をしっかり洗うのが約束だ。大きな手洗い場とポンプ式の泡せっけんが用意され
 ている。(DMC-G7、24-70ミリ相当)

          
 平成28年12月3日(土) 晴れ 78_28
  夢の島ラン展に行ってみた。花々の少ないこの時期に温室はよい被写体を提供
 してくれる。隣接する清掃工場からの給熱で運営している夢の島熱帯植物館もその
 ひとつだ。ただ、ラン展の時期が、だんだん早くなるようだ。年を越すと都心で、大規
 模なラン展が開催されるが、(ここは)それと競うような規模ではない。また、植物館
 で保有している株を展示しているとパンフレットにある。今回は横着をして標準ズー
 ムだけで撮った。そのせいか、どうも切れがない。(DMC-G7、24-120ミリ相当)


          
 平成28年11月23日(水) 
勤労感謝の日 くもり 77_28
  午前中、用事があって足立区西新井に出かけた。写真は、帰りに道で見つけた
 カフェのディッシュケーキだ。ケーキにはヴェール(外側がピスタチオムースで、中に
 アーモンドクリームとナッツ類が入る)をチョイスした。小さな焼き菓子も3種類ついて
 くる。カフェオレも頼んで1000円と下町価格がうれしい。2階にも数席あるというが、
 小さくてお洒落な店だ。いったん帰宅し、午後は千葉県北小金の東漸寺(とうぜんじ)
 に紅葉を撮りに行った。(DMC-G7、40ミリ相当)


          
 平成28年11月21日(月) くもり 76_28
  このところ、「お使い写真」が多くなってきた。買い物や用事のついでに撮った写真
 をこう呼んでいる。写真は、京成線高砂1号踏切から撮ったポイントだ。日本語では
 転轍機(てんてつき)という。電車の轍(わだち)を切り替える装置だ。この踏切も開
 かずの踏切で、ピーク時は1時間のうち40分も閉まっているという。数年前に単線が
 高架になったが、まだ、これだけの路線が残っていて、あまり効果がなく、開かずの
 踏切は返上できそうもない。
(N_P7700)

          
 平成28年11月15日(火) 晴れ 75_28
  昨日のスーパームーンは雨で見られなかった。ならば、翌日の十六夜
(いざよい)
 月
を撮ろうと近くの公園の駐車場に向かった。17時で車は締め出されるので、快適
 に撮影できると思ったが、霞がかかり、どうもよろしくない。周囲を見回すとモミジバ
 フウ
(紅葉葉楓)が見事に色づいている。ザックからフラッシュを2台取り出し、1台
 をメイン光源としてモミジバフウの根元に置いて、スレーブ発光させると闇の中に紅
 葉が浮かび上がる。個人的ライトアップだ。露出は、絞り、シャッター速度とも任意に
 できるマニュアルが適している。フラッシュは強制発光モードだ。駐車場の足元灯、
 注意書きのプレートや白線は、殆ど分からない。(N_P7700、フラッシュ2台)

          
 平成28年11月13日(日) 晴れ 74_28
  中川緑道左岸公園の整備が終わったら、行きたいと思っていた。平成25年9月に
 来たときは、護岸の工事中でテラスに降りることはできなかった。今は、夜間照明も
 完備され、午後5時くらいだと、ジョギングの人も多い。水面に近いところから東京ス
 カイツリー
を撮ることができる。風の弱い夜ならば、対岸の明かりが水面に長く映り
 込み、独特の景色を見せてくれる。写真の撮影時刻は17:27だ。緑色のライティング
 はシャンパンツリーという。もみの木をイメージしたスカイツリーにシャンパンゴールド
 のきらめきを見るには絶好のスポットだろう。(DMC-G7、28-280ミリ相当)


          
 平成28年11月12日(土) 雨
晴れ 73_28
  6時半に新聞を取りに出ると晴れているが、ポストの上には水滴が光っている。
 こういう日は秋バラを撮りに行きたくなる。予定外だが習志野市谷津バラ園に出か
 けた。開園時刻の9時に少し遅れたが、バラに水滴が残っているうちに撮りたい。
 キャッチライトを入れたいので、外付けフラッシュをごく弱く入れている。写真は大パ
 ーゴラを背景に切り取ったヘンリーフォンダだ。10時半には引き上げた。谷津駅前
 のケーキ屋の喫茶コーナーで休憩し、反省会だ。 (DMC-G7、24-120ミリ相当)

          
 平成28年11月6日(日)
 晴れ 72_28
  出遅れてしまい、亀戸中央公園に着いたのは午後3時半になっていた。咲いた
 ばかりのサザンカを撮りたいと思っていたが、少し早いようだ。公園の北側のB地区
 のうち、日当たりの悪い園路の脇にサザンカの乙女が数本見られる。園内を2週し
 つつ、日没を待った。スマホで調べると、今日の日没は16時40分だ。空に碧さが残
 る時間帯は17時から遅くても17:30ころまでになる。写真は17:28に撮った人・自転
 車専用のふれあい橋だ。江東区と江戸川区の境を流れる旧中川に架かっている。
 人通りは多い。ホワイトバランスは蛍光灯にしてみた。(DMC-G7、28-280ミリ相当)

          
 平成28年10月30日(日)
 くもり 72_28
 
  今月は、寒暖の差が激しい。夏日に近い日もあれば最低気温が10℃に届かない
 日もあった。油断をしてカゼをひいた。ちょっとひどい。軽めの夕食とスイーツ、風邪
 薬を飲み、暖かくして早く寝れば、何とかなる。写真は、新たに見つけたパティスリー
 のピスタだ。ピスタチオのマカロンにクリームとイチゴなどが乗っている。
 (DMC-G7、60ミリ相当)



          
 平成28年10月23日(日)
 晴れ 71_28
 
  そろそろ、赤そばの花が見られる時期だ。電車で30分ほどの北総花の丘公園
 出かけてみた。千葉県立の大きな公園で、そば畑はBゾーンの芝生広場の真ん中
 にある。毎年行きたいと思っているが、この公園に来るのは5年ぶりだ。ローアング
 ルから背の高い1株にできるだけ寄り、60mm相当のマクロレンズで、わずかに青空
 を入れて切り取った。一脚が役に立つ。背景に山並みはないが、信州の高原のよう
 な雰囲気になる。このまま左を向くと千葉ニュータウン中央駅周辺の高層ビル群や
 印西クリーンセンターの煙突が見える。(DMC-G7、60ミリ相当マクロ)

          
 平成28年10月18日(火)
 雨後晴 70_28
 
  だいぶ遠回りだが、旧古河庭園に寄って薔薇を見てから、都心に買い物に行く
 予定だった。明け方に雨が止んだ。開園と同時に庭園に入り、まだ来園者の少ない
 バラ園で、30分ほど水滴のついたバラを撮ることができた。買い物がメインなので、
 カメラはいつものコンデジだ。それでも多少の工夫はしている。水滴にキャッチライト
 を入れるためフラッシュをごく弱く使用し、さらに簡易ディフューザーを付けている。
 露出はフォーカス枠連動の設定なので、スポット測光的な効果があり、暗く沈んだ背
 景から水滴をまとったソニアが浮かび上がる。偶然撮れたカットだ。 (N_P7700)

          
 平成28年10月15日(土)
 快晴 69_28
 
  
朝起きると快晴の空だ。こんな日はコスモスを撮りたくなる。急いで洗濯物とベッド
 パッドを干しであけぼの山農業公園に向かった。チューリップと風車で有名な公園
 だ。コスモスも、なかなか良いのだが、今年は一面のコスモス畑になっていない。
 まばらな感じだ。それでも花の密度の高そうなところを切り取ったが、結果は今ひと
 つだ。帰り道は途中下車して、ケーキを買って帰った。写真は「利休」と名前が付い
 た抹茶のムースだ。非対称の形に味わいがある。中が3層になっている。この頃の
 スイーツは、内部までしっかり仕事がしてある。(DMC-G7、60ミリ相当マクロ)

          
 平成28年10月 9日(日)
 雨/くもり 68_28
 
  
午前中に、ひどく雨が降ったが、午後には上がってくれた。風呂掃除を済ませてか
 ら柴又八幡神社の例大祭を見に行った。疫病除けを願って奉納される神獅子舞
 ある。雨は上がっているが暗く、ISO感度を6400に上げ、毎秒8コマの連写機能で切
 り取った。1時間ほどで600カットを撮ったが、激しい舞いで、90%以上がはブレボケ
 でHPへのアップに耐えない。20分ほどの舞いが午後8時までに、九番も奉納されると
 いう。舞い手は小学生から高校生までだという。横笛や太鼓なども含め伝統を継承
 する子供たちが大勢いることにも驚いた。(DMC-G7、28-280ミリ相当)

          
 平成28年10月 8日(土)
 小雨/くもり 67_28
 
  3連休の初日だ。そろそろ都立水元公園で、ミゾソバ(溝蕎麦)が見られる頃だと
 思って、折り畳み傘を持って出かけた。バードサンクチュアリの小路の両側に群落が
 あるが、着くころには小雨になった。左手で傘を差しつつ、右手に一脚に固定したコ
 ンデジを構えるという、アクロバティックが格好だ。
それでも数十枚は撮った。ごく弱く
 フラッシュを入れている。レンズシャッターのコンデジは、シャッター速度を意識する
 ことなくフラッシュが使えることが利点だ。といっても雨には敵(かな)わない。公園に
 近い、いつものパティスリーで雨宿りだ。どうも雨男は返納できない。(N_P7700)

          
 平成28年10月 5日(水)
 くもり|雨 66_28
 
  この頃は、フレンチトーストにはまっている。赤提灯に寄ることはないが、カフェに
 は吸い寄せられてしまうことがある。しっかり焼かれたフレンチトーストで、注文し
 てから時間がかかる。マンゴージュースがサービスでつく。ダージリンの紅茶とよく合
 う。ティーカップも良いものを使っているようだ。フォトジェニックで、また行きたくなる。
 (DMC-G7、40ミリ相当)


          
 平成28年10月 2日(日)
 晴れ 65_28
 
  上野のデパートに買い物に出かけた。昨日気が付いていれば、1日で済んだかも
 しれないが、今日も出かけた。
写真は、デパートの向かいにあるパーラーのあんみ
 だ。パーラー(parlor)とは、飲み物などを供する飲食店だが、このごろは聞かない
 名称で、古風な感じがする。店は1747年に初代が大阪から江戸へ下り、菓子屋を
 開いたときに始まるという。1949年(昭和24年)にレストランも開業し、その後パー
 ラーと改称しているようだ。(DMC-G7、24-70ミリ相当)

          
 平成28年10月 1日(土)
 くもり 64_28
 
  9月10日におりがみ会館日本のまつり展を見に行ったときは、1階の展示場を
 見過ごしていた。今回は、1階の展示場を見ることにした。写真は、土佐県高知市の
 よさこい祭りと題された和紙人形だ。人形の右側には、はりまや橋の欄干があり、
 橋を練り歩く三味線(鳴り物という)奏者のふたりをアップに切り取った。高さ20cmほ
 どの和紙人形だ。プロの人形作家の仕事だが、秀作だろう。ただ、写真を撮るには
 光線状態が、あまりよくない。色々と工夫をして撮りたいが、土曜日で来館者も多い。
 さっと撮って引き上げた。 (DMC-G7、24-70ミリ相当)

          
 平成28年 9月25日(日)
 くもり 64_28
 
  今日もきのうに引き続き、ヒガンバナの集中撮影だ。まず、水元公園の彼岸花の
 丘(とかってにネーミングしている)に向かう。1年に10日ほど出現する撮影ポイント
 だ。時期的にちょうどいい。撮り終わったら、駅に向かう。今度は電車で2駅の綾瀬
 東公園だ。写真は公園の北にある50mほどの小川だが、周囲の人や車を入れない
 ように切り取ると渓流に咲くヒガンバナの群落に見える。本当は隣接する野球場から
 子供たちの声援が聞こえている。それなりの機材をザックに詰め込み、安近短だが
 2か所を巡ると、ちょっとくたびれる。駅前のファミレスに寄り、スイーツで反省会をす
 るのがお約束になっている。 (DMC-G7、90-400ミリ相当)

          
 平成28年 9月24日(土)
 
くもり 63_28 
  やっと雨が上がった。今日は2か所を回るので、ちょっと忙しい。といっても、いつ
 もの安近短だ。まず、区内の鎌倉野草園を散策した。そこから徒歩30分ほどの
 宝蔵院に回るコースだ。どちらも隠れたヒガンバナの名所にしておきたい。写真は、
 宝蔵院の道祖神をアウトフォーカスに配して、ヒガンバナを切り取ってみた。これだ
 け見ると、信州?といえなくもないが、北アルプスが写っていない。それはもう少し先
 になりそうだ。(N_P7700)

          
 平成28年 9月22日(木)
 
秋分の日 小雨 62_28 
  今週は台風の影響もあり雨が続く。買い物に出かけた。写真はデパートのカフェ
 のタル ト オ ミュスカだ。ぶどうのタルトとすればいいのだが、小洒落(こじゃれ)た
 
名前を付けたいのだろう。4階の全面ガラス張りの窓から駅前のロータリーが見渡
 せる。テーブルにはワレモコウ?が1輪あり、確かに街のケーキ屋さんよりも洗練さ
 れている。準標準レンズをあまり絞らずに、プラスに露出補正をして、縦位置に切り
 取った。雰囲気は、それなりに表現できた。 (DMC-G7、40ミリ相当)

          
 平成28年 9月18日(日)
 くもり|小雨 61_28
 
  時々、小雨が舞う天気だが、折り畳み傘を持って水元公園に出かけた。
写真は
 食虫植物のタヌキモ(狸藻)だ。水中に吸引型の捕虫嚢をもち、これでミジンコなど
 を捕らえるという。花は5mmほどの大きさだ。グリ-ンプラザに着くころには、本降
 りになってきた。早々に退散だ。(N_P7700)



          
 平成28年 9月17日(土)
 晴れ|くもり 60_28
 
  台風の影響で来週の週間予報は、全部雨になっている。ときどき曇るお天気だが
 大量の洗濯物を干してから皇居東御苑に出かけた。大手門が開く9時に着いたが、
 外人が、結構並んでいる。ひとりずつ手荷物検査をされている。その列の最後に並
 んでしまったためか、ジッパーを開け、ザックの中身を見せてから入場した。皇宮警
 察の巡回も多いような気がする。5分に1回くらい巡視の警官とすれ違う。あまり落
 ち着かないが、仕方がない。この時期二の丸雑木林でヤマホトトギスが見られる。
 10時半ごろになると、旗を立てた団体さんが多くなる。苑内を2週して引き上げた。
 (DMC-G7、90ミリ相当マクロ)

           
 平成28年 9月10日(土)
 晴れ 59_28
 
  昼食をして、ちょっと休み午後は水元公園に向かった。午前のおりがみ会館だけ
 では、歩き足りない。いつも安近短なので、1日に2回出かけても体力的にも経費の
 面でも負担にならない。写真はサルスベリだ。園内の小径を右下に配して大きく
 ぼかし、奥行き感を表現した。また、太陽の位置が高くサルスベリの房下半分が影
 になるので、フラッシュをごく弱くFP発光させた。(DMC-G7、28~280ミリ相当)



           
 平成28年 9月10日(土)
 晴れ 58_28
 
  午前は、文京区湯島のおりがみ会館に出かけた。2階ギャラリーでは、「日本の
 まつり 」 と題した紙人形展が見られる。撮影ok、しかも無料という有り難い展示会
 (9/2~10/22)だ。どれも個性的で秀作ぞろいだ。30分ほどで100カットを撮らせても
 らった。場所柄あまり長居はできない。甘味店で抹茶セットを味わってから引き上げ
 たが、帰宅しても12時前だ。今日は午後の部もある。(DMC-G7、24~70ミリ相当)
           
 平成28年 9月 3日(土)
 晴れ 57_28
 
  午前中に鎌倉野草園を散策した。鎌倉といっても神奈川県の鎌倉市ではない。
 葛飾区立の公園だ。安近短のついでにウォーキングには、ぴったりの野草園だ。
 ボランティアが、一緒に園内を1周して見ごろの花々を案内してくれる。写真は2cm
 ほどのカリガネソウ(雁金草)だ。やや赤みのさした花弁とシベが独特の形を作って
 いる。つる性の植物で少しの風でも揺れて、なかなか撮れせてくれな。ISO感度を400
 に上げ、さらにザックからLEDフラットライトを取り出し、左手に持ちながら10カットほ
 ど撮った。ブレの少ないのはこの1枚だけだった。帰りは、新柴又駅に近いパティス
 リーの喫茶コーナーに寄り道だ。(DMC-G7、90ミリ相当マクロ)

           
 平成28年 9月 1日(木)
 快晴 56_28
 
  9月になっても暑い。このところ台風が3つも続けてやって来て、快晴の日がもった
 いない。夜の散策に出かけた。18時半ごろに綾瀬川に架かる東四つ木避難橋に着
 いた。自宅から電車と徒歩で35分ほどだ。丁度いい時間帯になっている。肉眼では、
 空はほぼ黒だが、写真的には青さが残っている。葛飾ハープ橋のライトアップも
 ちょうどいい。コンデジのNDフィルターをonにして露光時間を意図的に延ばした。
 車のライトの流れが光跡となり、一部が川面に反射して奥行き感を出してくれる。
 橋の上は風があって涼しいが、しっかりした三脚が必要だ。(N_P7700)

           
 平成28年 8月28日(日)
 くもり|
雨 55_28 
  台風10号の影響で、お天気が、くるくる変わる。降られても、近くの駅に逃げ込める
 都立木場公園に出かけた。9時に着いたが、時々パラパラと落ちてくる。風は、ごく
 弱いので撮影を続けて園内を2周した。写真は、どこにでもあるヤブランだが、なか
 なか思うように撮れない。今回使用した24~120mm相当のズームレンズは、広角か
 ら標準域の描写がよく解像感もある。レンズ先端から約15cmまで寄れる。望遠側の
 切れがもう少し良ければ、散歩レンズに最適なのだが、なかなか上手くいかない。
 (DMC-G7、24-120相当)

           
 平成28年 8月27日(土)
 くもり 54_28
 
  迷走していた台風10号が近づいてきているが、朝のうちは、比較的涼しく晴れ間も
 覗くお天気だ。市川市万葉植物園に出かけた。開園とほぼ同時に入るが、誰もい
 ない。10時ごろから急に、暗くなり風が強くなった。屋外の植物の撮影では、風が
 大敵になる。そうそうに引き上げた。写真は、途中下車で買った和菓子だ。名前は、
 左側が金魚、透明な寒天の中に紅い金魚が見える。鉢は餅と白あんでできている。
 右側は桔梗だ。グラデーションも実によくできている。(DMC-G7、24-70相当)

           
 平成28年 8月21日(日)
 晴れ 53_28
 
  台風が、9,10,11号と3つも来ている。今週は大荒れになりそうだが、今日は落
 ち着いている。念のため、折り畳み傘を持って、水元公園に出かけた。写真は、グリ
 ーンプラザ前の鉢で咲くミツガシワ科のガガブタだ。直径1cmに満たないほどの大
 きさだが、コンデジのマクロモードでやっと切り取った。ペットボトルの水が無くなるこ
 ろ、ケーキ屋さんの喫茶コーナーに避難して、クールダウンした。午後は観葉植物の
 植え替えが、待っている。帰り道はバスにした。(N_P7700)

           
 平成28年 8月14日(日)
 晴れ 53_28
 
  文京区の白山を散策した。まず、小石川植物園に向かう。やはり、盛夏には花が
 少ない。分類園と薬草園を一回りした。続いて石仏が見られる厳浄院に寄ってみる。
 お盆の時期で、墓参りの人が多い。数カット撮らせてもらって、すぐに引き上げた。
 〆はパティスリーの喫茶コーナーになる。フロマージュ・クリュ(チーズケーキ)にした。
 紅茶はダージリンをホットで頼んだ。酸味の効いたソルベ(シャーベット)が暑い時期
 にはうれしい。立体的なデコレートでフォトジェニックだ。(DMC-G7、24-70相当)

           
 平成28年 8月13日(土)
 晴れ 52_28
 
  一時期よりは、いくらか涼しい。浜離宮恩賜庭園で、キバナコスモスが見ごろだと
 いう。早速行ってみた。園内を一回りして中之島の茶店で休憩しようとしたが、外人
 観光客で、混雑している。今回はパスして、旧芝離宮恩賜庭園に向かった。徒歩40
 分程度だ。JR浜松町駅のすぐ隣で、もっと来園者が多いかと思ったが、それほど
 でもない。(DMC-G7、24-120相当)
           
 平成28年 8月7日(日)
 晴れ 51_28
 立秋
  ひどく暑いが暦の上では立秋だ。朝顔展を目当てに向島百花園を訪ねた。開園
 と同時に入ったが大輪朝顔は、どれもうな垂れている。写真はトウテイラン(洞庭藍)
 だ。ゴマノハグサ科なので、ラン(蘭)ではなく、名称のランは、藍色の藍だという。
 しかし暑くて30分でパティスリーの喫茶コーナーに非難した。ε-(´・`) フー
 (DMC-G7、90 マクロ)
           
 平成28年 7月30日(土)
 晴れ 50_28
 
  7月28日に関東地方の梅雨が明けた。公園ナウでは都立水元公園の花菖蒲園の
 近くでソバの花が咲いていると紹介されている。遅れ気味だが、行ってみることにし
 た。場所はすぐ分かったが風が強くて、ブレボケ写真ばかり撮れてしまう。30分ほど
 粘ってみたが、暑くてそろそろ限界だ。今回は、バスで帰ることにした。
 (DMC-G7、24-120)


           
 平成28年 7月24日(日)
 晴れ 49_28 
  昨日で色々なことが一段落した。これからは撮影に専念できそうだ。写真は、市川
 市万葉植物園
に咲くオニユリ(鬼百合)を雲の浮かぶ青空をバックに、ローアングル
 から切り取った1枚だ。露出を切り詰め、空の青さを強調しつつ弱くフラッシュを入れ
 ている。シャッター速度は1/1600秒だが、コンデジのレンズシャッターなので、問題な
 くシンクロする。
ただ、画素数が1200万画素しかなく、四つ切相当にトリミングすると
 1000万画素以下になってしまい、今後のことを考えると、やや力不足だ。このコンデ
 ジは、使い始めて3年半になる。そろそろ後継機を考える時期だ。(N_P7700)

           
 平成28年 7月18日(月)
 
海の日 くもり 48_28 
  連休は都心の方が、すいていることが多い。小石川後楽園に出かけた。電車も
 座っていけるほどだ。ここは文化財保護法によって国の特別史跡・特別名勝に指定
 されている都立庭園だ。入園料300円で、水戸黄門ゆかりの名園を鑑賞できる。
 隣接して東京ドームと後楽園遊園地があり、時折ジェットコースターの乗客の絶叫が
 聞こえてくるのは、仕方がない。特に晩秋の通天橋周辺の紅葉が見事だが、今回、
 HPでレンゲショウマ、ヤマユリが見られますという紹介を見つけて行ってみることに
 した。写真は、円月橋をバックにしたヤマユリだ。この1株だけ咲いていた。1輪でも
 十分ありがたい。(DMC-G7、24-120)

           
 
平成28年 7月16日(土) くもり 47_28
 
  3連休の初日だ。雨が降り出しそうな曇り空だが、久しぶりに都立薬用植物園
 出かけた。
写真は、民間薬原料植物区に咲く、マメ科のハブソウ(波布草)だ。
 「生薬名はボウコウナン(望江南)といい、健胃などの目的に煎用される。」とパネル
 に説明がある。園内を2周して、コンビニのサンドイッチでお昼をしてから引き上げた。
 (DMC-G7、24-120)
           
 
平成28年 7月2日(土) 晴れ 46_28
 
  谷津バラ園の公式HPでは、「 開花率は30%となっております。園内は開花率30%
 とは思えないほど咲きならんでいます。」 となっている(7月1日現在)。これに期待し
 て谷津バラ園に出かけた。ただ、最盛期は過ぎていて傷んだバラも多い。花殻摘み
 の職員も数人見かけたが、間に合わないくらいだ。ある程度、花殻を積んだ午後の
 ほうが、写真的には好いかもしれない。しかし、午前中でも暑くてデジカメがオーバ
 ーヒートしそうだ。バラの撮影も咲き始めがよさそうだ。(DMC-G7、28-280)

           
 
平成28年 6月26日(日) うす曇り
 45_28 
  植物の撮影には、もってこいのお天気だ。連日のウォーキングになるが、コンデジ
 と一脚の軽装備で小石川植物園に出かけた。写真は、薬園保存園に咲くエゾキス
 ゲ(蝦夷黄萓)だ。場所がら群落とはいかない。逆光ぎみに切り取った。分類標本園
 も2周したが、あまり植物の管理はよくない。温室は更新工事中で見られない。帰り
 道はフランス菓子店の喫茶コーナーで、反省会だ。
シャンテフレーズ(苺のショートケ
 ーキ)が美味いパティスリーは一流だと思う。店員が2名増えていた。ギャルソン(男
 性給仕)とセルヴーズ(女性給仕)か、それともパティシエ見習いかも。(N_P7700)

           
 
平成28年 6月25日(土) 雨
曇 44_28 
  明け方に強い雨があったが、6時半ごろに止んだ。いつもより遅めに向島百花園
 に出かけることにした。アジサイには、やや遅いがキキョウ(桔梗)やノウゼンカズラ
 (凌霄花)などが見られる。ローアングルの時片膝をつくとチノパンが多少汚れるが
 明日洗濯すればいい。綿とポリエステルの混紡で、すぐに乾く。写真は、帰りに道に
 寄ったパティスリーのビジュ(フランス語、宝石)だ。この時期はアイスコーヒーを頼む
 ことになる。東京スカイツリーの形のサブレがおまけにつく。ちょうど紫陽花とツリー
 のコラボを撮ってきたところだ。(DMC-G7)

           
 
平成28年 6月22日(水) 雨
曇 43_28 
  JR山手線日暮里駅東口周辺の再開発で、老舗の団子屋さんもビルに納まってし
 まったが、同時に茶店もできた。今日は、ちょっと寄り道た。写真は、羽二重アラカ
 ルトだ。スイーツは5種類の中ならチョイスできる。すべてミニサイズだ。焼き団子、あ
 ずき羹、ぜんざいを選んだ。果物は季節で変わるという。
 荒川区が積極的に関与した再開発で、超高層マンションも数棟できたが町全体の調
 和や統一感はほとんどなく、写真を撮りたいという気にはなれない。(DMC-G7)

           
 
平成28年 6月18日(土) 快晴 42_28
 
  足立区のお知らせが更新され、「 堀之内公園の大賀ハスは、来週見頃です。」 と
 なっている。広角から望遠ズームまで十分なレンズを準備し出かけた。しかし、数輪
 しか残っていない。腕章を付けた指導員に聞くと、今年は例年と比べて(開花が)特
 に早く、もう終わりだという。見物に来た人も、「え~っ」 と言って、そのまま帰って行
 く。写真は帰り道で見つけた配管?だ。配管マニアとしては、思わずバスを下りよう
 とした。ただ、配管の色は流体によって決まっているはずだが配色が変だ。バルブ
 ハンドルが2つ付いているが、バルブ本体は無いようだ。下車するのは止めて3枚
 撮った。調べると、この場所の名称は堀之内一丁目プチテラスだと分かった。
 プチテラスは足立区まちづくり公社
(2012.3.31解散、読売新聞調べ)が整備したごく小さな
 公園で区内に数十カ所あり、それぞれに芸術作品とも実用品とも、分からないような
 オブジェが設置されている。災害対策用給水槽ではなかった。(DMC-G7)

           
 
平成28年 6月16日(木) くもり一時雨 41_28
 
  平日だが、ネジバナとカサブランカを目当てに、それなりに準備をして千葉県の
 ゆいの花公園
に出かけた。武蔵野線東松戸駅を下りると突然の雨だ。折りたたみ
 傘をさして公園を目指していると、10分ほどで雨が上がった。芝生の所々でネジバ
 ナが見られるが、群落にはなっていない。ホワイトバランスは、くもりの設定だが色彩
 が冴えない。特に花のピンクから赤が冴えない。いつものコンデジだがマクロモード
 で被写体まで約5cmまで迫っている。カメラを持つ左手が芝に触れるほどの超ロー
 アングルで、三脚は対応できない。内蔵フラッシュをマニュアル発光、光量1/64 とし、
 背景に(バラの)アーチを選び、奥行き感を演出した。(N_P7700)

           
 
平成28年 6月12日(日) くもり 40_28
 
  曇り空で蒸し暑いが、午前中に野田市の清水公園を1時間ほど散策できた。写真
 は公園内の花ファンタジアに咲くスカシユリ(透百合)だ。時期的に少し遅いようだ。
 園内のミニユリ園(といても十分に大きい)のうち早咲き?のピンク系のユリはそろそ
 ろ終わりのようだ。発色が今一つだが、黄色系統のユリを中心に広さを表現するた
 めに広角マクロで、ぐっと迫ってみた。コンデジだが、背景がほどよくボケて奥行き感
 も出た。今年から、花ファンタジアの営業期間は3月~6月、9月~11月のシーズンだ
 けになり、それ以外は休園だという。(N_P7700)

           
 
平成28年 6月11日(土) 晴れ 39_28
 
  関東地方は6月5日に梅雨入りしたが、その後ほとんど雨は降っていない。今日の
 東京地方の最高気温は29.1℃だという。午前中に水元公園を散策した。いつもは
 往復とも徒歩だが、まだ身体が暑さに慣れていないので、片道はバスにした。
写真は
 グリーンプラザの温室で見かけたフウロウソウ科のベクティスグリッターだ。ゼラニウ
 ムの一種らしい。花弁におもしろい模様がある。日陰を選んで歩いているが、やはり
 暑い。そうそうにパティスリーの喫茶コーナーに避難した。(N_P7700)

        
 
平成28年 6月 4日(土) 晴れ 38_28
 
  荒川の河川敷の堀切水辺公園に寄り、ショウブと東京スカイツリーのツーショット
 を撮ってから堀切菖蒲園に向かった。菖蒲園に入ったのは9時を過ぎていた。
 そのため、園内は日傘を差した来園者でいっぱいだった。写真はショウブの辰野
(た
 つの)と首都高速中央環状線の対比をねらった。江戸時代からあった菖蒲園と高速道
 を組み合わせてみた。歌川広重の浮世絵には、ローアングルから空をバックに菖蒲
 を描いた作品もある。今は、ローアングルにすると高速道路が背景に入ってくる。
 それもありだろう。10時を過ぎると、立ち止まって写真をとることさえ憚
(はばか)られる
 ような状態だ。園内を1周半して引き上げた。(N_P7700)

        
 
平成28年 5月29日(日) 晴れ 37_28
 
  このところクレープフレンチトーストをメニューに載せるファミレスやカフェが多く
 なってきた。歓迎したい。これなら気軽に楽しみつつ写真も撮れる。周囲の迷惑にな
 らないようにISO感度を上げたコンデジで数枚撮り、デジカメはさっと仕舞う。写真は
 クレープシュゼットだ。ファミレスなので銀座ぶどうの木のようなフランベ・サービスは
 ない。香りでは負けているが、味では頑張っている。甘さの中にも苦みのあるオレン
 ジソースが絶妙だ。オレンジ、晩柑、グレープフルーツが添えられる。(N_P7700)

        
 
平成28年 5月28日(土) くもり 36_28
 
  天気予報が当たって、薄曇りで少し蒸し暑い土曜日だ。タチアオイ(立葵)とカワラ
 ナデシコ
(河原撫子)を期待して市川市万葉植物園に出かけた。ちょうどタチアオ
 イが咲き始めたところだ。カワラナデシコは全くない。写真は桃色のタチアオイだ。
 説明のプレートには、「万葉名 あふひ」と書かれている。園内を2周したが、来園者
 は一人もいない。10時半に引き上げたが、そのときに、門のところでカメラを提げた
 人とすれ違った。空いているのは結構だが、あまりに利用者が少ないと植物園の存
 続が心配になる。(DMC-G7)

        
 
平成28年 5月21日(土) 快晴 35_28
 
  晴れれば、夏日になる陽気だ。午前中に少し歩くつもりで、日焼け止めクリームを
 塗って、都立水元公園に出かけた。半袖の人も多く見かけるが、一昨年に代々木公
 園周辺で感染者が出たのデング熱や、今年のジカ熱対策として長袖が望ましい。
 また、虫除けスプレーなどもしておきたい。

 写真はグリーンプラザ裏側に咲くニゲラだ。和名は、種が黒いことからクロタネソウ
 (黒種草)だという。(N_P7700)

        
 
平成28年 5月15日(日) 晴れ 34_28
 
  昨日に続き晴れだ。日焼け止めを塗り帽子をかぶって奥戸フラワーパーク

 かけた。早く到着したいのでバスにした。開園時刻の前から門が開いている。公園の
 管理は近所の人が任されていて、花の時期は早めに開けるらしい。やや満開を過ぎ
 ている感じだ。それでも花殻を摘んでくれると、すっきりした画面になるはずだが、行
 政もボランティアには、そんなに頼めないだろう。もう1週間早いほうがよさそうだ。
 写真はゴールデンメダイヨンだ。(N_P7700)

        
 
平成28年 5月14日(土) 晴れ 33_28
 
  案内はがきが来ていた第30回 日草展に行ってみた。全国のプロ・アマの丹精込め
 た山草が集まっているという。会場の1,2階が展示スペースになっている。受賞作品
 が、多数並んでいる。屋外は即売会場だ。開園と同時に入ったが、30分もすると大変
 な人出になった。そうそうに退散したが、以前から見たいと思っていたキヌガサソウ
 (衣笠草)を撮ることができた。会場の上野グリーンクラブは、不忍通り沿いにある。
 通りを南下して、秋葉原にあるパナソニックの修理工房に寄って、点検の終わったレ
 ンズを受け取ってから帰ることにした。(DMC-G7)

        
 
平成28年 5月11日(水) 雨/くもり 32_28
 
  午前中は雨風が強かったが、午後2時くらいに上がった。近場の清和ばら公園
 寄ることができた。都立団地の中の区立公園だ。ちょうど見頃に間に合った。バラの
 1株毎に名前のプレートがなく、植栽された5m角ほどの区画に1つあるだけだ。1区
 画に十種類ほど植えられ、その名称が1カ所の大きなプレートに、花の色合いととも
 に、まとめて列記されている。1種類のバラを数カット撮っては、プレートの場所に戻
 り、その名前と思われるプレートの部分を接写した。面倒な作業だ。散策する女性グ
 ループも 「 これは何?これは?」 と呟
(つぶや)きながら歩いている。(N_P7700)

        
 
平成28年 5月 7日(土) 晴れ 31_28
 
  今年の上野東照宮ぼたん苑の春ボタンの開苑期間は、今月10(火)までだ。開苑
 と同時に入った。沢山のシャクヤク(芍薬)が見られる。・・・・ 品種を示すプレートが
 少なく名前が分からない。シーズン終了が近いためか?・・・・ 快晴のお天気で影が
 きつく、あまり写真的ではない。といっても、くもりの日を選んで来ることもできない。
 外付けのフラッシュを取り出し、設定をFP発光にして、ごく弱く炊き込んでいる。シベ
 などの影は弱くなり背景は、少しアンダー気味になる。新調したズームレンズだが、
 やや暗いもののキレもボケも期待以上だ。35ミリ換算で約1/2倍まで写るので、2本の
 マクロレンズの出番が減りそうだ。(DMC-G7)

        
 
平成28年 5月 3日(火) 
憲法記念日 晴れ 30_28 
  ついでにウォーキングの仲間になった24~120mm相当のズームレンズの試し撮り
 を兼ねて向島百花園に出かけた。
これは広角側では、レンズ先端から約10cm、
 望遠端でも約15cmまで被写体に寄ることができる。クローズアップに強いレンズだ。
 開放f値が暗いのが難点だが、35ミリ換算で約1/2倍までいける。写真は反省会に
 寄ったパティスリーのケーキ(ポワジェ)だ。感度をISO800まで上げてシャッター速度
 は1/15秒だ。スカイツリーを模した焼き菓子がおまけに付いて、ちょっと得した気分
 だ。洋梨のコンポートとカラメル味のチョコレートクリームが絶妙だ。(DMC-G7)

        
 
平成28年 5月 1日(日) 
晴れ 29_28 
  ここ数年、ゴールデンウィークには皇居東御苑の散策が恒例になっている。相変
 わらず安近短だ。連休は都心の方が空いている。地下鉄も往復とも座ることができ
 る。開苑と同時に入り、二の丸雑木林の小径を隈無
(くまな)く歩いた。写真はセン
 リョウ科のフタリシズカ(二人静)だ。雑木林にひっそり咲く様子を表現するため広角
 マクロモードで10cmほどに迫り、フラッシュの光量を絞って炊き込んだ。こんな時も
 一脚が便利だ。今回は雑木林に拘ってみた。(N_P7700)

        
 
平成28年 4月29日(金) 
昭和の日 晴れ 28_28 
  今日から5月3日まで、日比谷公園の陳列場で春の山野草展がある。
 ひどい強風で、陳列場のガラス窓はすべて閉まっている。窓の外からガラスの反射
 を拾わないように撮っていると、スタッフが中に入ってもいいという。陳列場の一番
 外れに 「 中へお入りください 」 と書かれた小さな紙が貼ってあった。
さっそく、入れ
 てもらうことにした。これなら、風による被写体ブレやガラスの反射もなく撮れる。
 写真はエゾルリソウ(蝦夷瑠璃草)だ。淡いブルーに惹かれて数カット撮った。通路
 は人がすれ違えないほど狭く、引くことができず苦労した。(DMC-G7)

        
 
平成28年 4月23日(土) 晴れ 27_28
 
  この頃、拡幅整備される都道は、大分様子が変わっている。歩道が広くなり、電線
 は埋設され、空がすっきりしている。街路樹にはシャクナゲ(石楠花)やハナミズキ
 (花水木)などが植栽され、カメラマンに被写体を提供してくれる。大変結構だが、ひ
 とつ心配もある。花々に気を取られると、ドライバーの注意が散漫になりそうだ。
 今のところ、事故が増えたという話はないので大丈夫だろう。今日は、やや遠回りだ
 が、この道を歩いて公園に向かった。(N_P7700)


        
 
平成28年 4月20日(水) 晴れ 26_28
 
  清水公園のブログでは、今年はヒスイカズラ(翡翠葛)の花付きが、過去最高に
 いい、となっているのを見て、
何とか平日に出かけたいと思っていた、開園の9時と
 ほぼ同時に入園し、さっそく温室に向かった。職員が水やりをした直後で、花に水滴
 が残っている。この時間帯だけの見所だ。まだ他に来園者もなく落ち着いて撮れる。
 といっても通路は狭く、一脚を使用した。コンデジをマクロモードに設定し内蔵フラッ
 シュにはディフュザーをかぶせ、15分ほどで30カットほど切り取った。(N_P7700)

         
 
平成28年 4月16日(土) 晴れ 25_28
 
  クマガイソウ(熊谷草)を
期待して、市川市万葉植物園に出かけた。業者が鯉を
 仮設の槽に移して、池の水抜きと清掃をやっていた。騒音はあるが、写真には写ら
 ないので問題ない。クマガイソウは満開だった。これを撮るために90~400mm相当
 のズームレンズを持っていたが、柵の外からでも、けっこう90mmマクロで撮ることが
 できる。葉の付け根に、ごみが溜まって、どうも目障りだ。ブロワー(ブラシ)を取り出
 し、吹き飛ばした。これなら植物に触れることなく掃除ができる。(DMC-G7)

        
 
平成28年 4月15日(金) 晴れ 24_28
 
  平日だが、足立区都市農業公園
行くことができた。畑がある公園で、レンゲを
 期待して出かけたが、全くなかった。平成19年の4月中旬に来たときは沢山咲いて
 いた。ハーブ園ではボリジが植えられ、独特のブルーの花が見られる。透過光で見
 ると美しく輝くブルーだが、立ったままのアイレベルからだと全く冴えない。今回は、
 一眼に60mm相当のマクロレンズを付けている。カメラを支える左手の甲が地面に
 着くくらいのローアングルから切り取った。フリーアングルモニタなので、楽な姿勢で
 撮ることができる。逆光に輝く繊毛と神秘的なブルーを切り取った。(DMC-G7)

        
 
平成28年 4月10日(日) 晴れ/くもり 23_28
 
  板橋区立赤塚植物園と都立赤塚公園のニリンソウ自生地を結んで歩いてみた。
 植物園では、区主催のグリーンフェスタ2016が開催され、コンサートや各種屋台で賑
 わっている。樹木医などによるガイドツアーもあり結構だが、コンサートでエレキギタ
 ーを大音量で掻き鳴らすのは、頂けない。特に隣接する万葉植物園を歩くときは、
 ひどく違和感がある。住宅地の中の公園だ。周辺住民への配慮も欲しい。写真は、
 舞い落ちた桜の花びらとニリンソウのコラボを狙った1カットだ。桜が終わる頃ニリン
 ソウは満開になる。花々のリレーが続く。コンサートでは、このリレーを応援するよう
 な曲目の選択を望みたい。(N_P7700)

        
 
平成28年 4月9日(土) 晴れ 22_28
 
  暑いくらいのお天気だ。午前中は特に予定もないので、チューリップを撮りに荒川
 の河川敷に出かけた。野球場に隣接して虹の広場があり、半円形にチューリップが
 植栽されている。写真を撮っている人は殆どいない。トレーニングをするシニアや脇
 の道をロードレーサーで駆け抜けるサイクリストが多く、貸し切り状態とはいかない。

 できるだけ絞らずに、常磐線の鉄橋を背景に半逆光から切り取った。午後はサッシ
 の掃除が待っている。30分ほどで引き上げた。(DMC-G7)

        
 
平成28年 4月2日(土) くもり 21_28
 
  本曇りのお天気だが、桜を求めて小石川植物園に出かけた。満開だが、残念な
 がら青空をバックとはいかない。一回りして、パティスリーで休憩した。ラピュタ(宮崎
 アニメにインスピレーションを得て作ったというクロカンブッシュ※1)をパナッシェ※2
 
で頼むと写真のようにデコレートしてくれる。木製のプレートで供されるが、天空なの
 で、淡いブルーのプレートならば満点だ。(N_P7700)
 ※1 クロカンブッシュ(仏: croquembouche) フランスの菓子
 ※2 パナッシェ(Panaché) フランス語 混ぜ合わせたの意 セットメニューだ。
 

        
 
平成28年 3月31日(木) 晴れ/くもり 20_28
 
  五色桜橋とその袂(たもと)の桜に期待して、
ザックに機材を詰め込んでおき、少
 し無理をしたが空に碧さが残る時間帯に間に合うように、荒川土手に寄ってみた。
 時刻は午後6時半だ、空の碧さも橋のライトアップもちょうど良いが、肝心の桜がまだ
 2分咲きだ。それでも外付けフラッシュ2灯を駆使して、桜と橋のコラボを切り取った。
 帰ってから、ニュースを見ると、東京地方は、今日満開だという。それは、気象庁が
 決めた靖国神社の標準木の話だ。さて、4,5日後にもう一度行けるか。お天気は?
 やはり、この時期は落ち着かない。(DMC-G7)

          
 
平成28年 3月27日(日) くもり 19_28
 
  桜は、まだと思いつつも皇居東御苑に出かけてみた。千代田線大手町駅を降り
 るとすでに見物?の人が多い。まだ8:55だ。乾(いぬい)通りの通り抜けは10時から
 のはずだ。
一方、9時開門の東御苑は、いつもの日曜日より、やや人が多い程度だ。
 二の丸の雑木林を右回り左回りと2周し、梅林坂を上って本丸休憩所の裏にある
 椿園に向かった。ツバキのヒカルゲンジ(光源氏)の名前は、ここの案内板の写真と
 説明書きで知っていたが、見事に咲いているところを見るのは初めてだ。昨日、今日
 と連日出かけて忙しい。お約束のスイーツまで手が回らない。(N_P7700)

          
 
平成28年 3月26日(土) 
くもり/晴れ 18_28 
  3月21日(月)に東京地方に桜の開花がアナウンスされたが、その後の花冷えで、
 開花は足踏み状態だという。お花見は来週の楽しみにして、足元に咲く花々を期待
 して向島百花園に出かけた。ミツマタは、ふわふわ感と鮮やかな黄色を表現したい
 が、自身の影で下半分が暗くなりがちだ。そこで、真下からLEDフラットライトを入れ
 てみた。黄色の鮮やかさを確認しつつシャッターを切った。内蔵フラッシュの場合は
 光量を段階的に変えながら大量撮影術で撮っていくが、LEDフラットライトなら直接、
 効果を確認しながら撮影できる。cf撮影技法No.213 (N_P7700)

          
 
平成28年 3月21日(月) 
振替休日 薄ぐもり 17_28 
  医者で処方されたアレルギーの薬を飲んでいるが、やはり花粉症がつらい時期だ。
 目薬を差しマスクをして帽子を深くかぶり、花粉が着きにくいパーカーを着て板橋区
 の赤塚植物園に出かけた。
三田線高島平駅から歩いて行くので、片道1.5時間ほど
 かかる。開花情報を公園のテレホン案内で聞いてから出かけるが、やはり、咲いて
 いる花は少ない。そんな中、蕾のハナイカダを見つけた。長さ2cmほどの若葉だが
 葉の中央には、蕾が付いている。わずかの風でも揺れて、なかなかピントが蕾に来
 ないが、60ミリ相当のマクロレンズで逆光気味に20カット近く撮り、透過光に輝く若葉
 と蕾を切り取るこができた。黒レベルを上げてRAWから現像した。(DMC-G7)

          
 
平成28年 3月13日(日) くもり 16_28
 
  寒くて降り出しそうな曇り空だが、春の山野草展と椿展を目当てに川口グリーンセ
 ンター
に出かけた。山野草展が始まるのは10時からだ。それまで園内を一周した。
 カタクリは見られるものの、この寒さで花が開いていない。
暖かくなると花弁が反り返
 って、それらしくなる。今日は無理そうだ。ネコヤナギもまだ寒そうにしている。ごく弱
 くフラッシュを入れたので綿毛が輝いて見える。カメラマンのお父さんたちが手作りの
 ディフューザーを見て、これ何ですかという。効果と作り方を教えると帰って作ってみ
 ようと言っていた。
椿展、山野草展の順に見て回ったが、どちらもあまり手入れが良
 くないようだ。途中下車で寄り道をしてから帰宅した。(N_P7700)

          
 
平成28年 3月 6日(日) くもり 15_28
 
  午前中に散髪に行き、たまった家事を片付けた。午後から雨の予報だが、まだ持
 ちそうだ。午後2時を過ぎたところだが水元公園に出かけた。先週見つけたホトケ
 ノザ
ベロニカの群落を60mm相当のマクロレンズで撮るためだ。
3時前には群落
 のあるメタセコイアの林に着いたが、薄暗くなり風もできた。数カット撮ったが、どうも
 芳しくない。降ってくる前に急いで引き上げた。スイーツはお預けだ。(DMC-G7)

          
 
平成28年 2月28日(日) 晴れ 14_28
 
  梅林と戸定さくら雛を求めて、千葉県松戸市の戸定邸をたずねた。ここは、最後
 の将軍徳川慶喜の実弟昭武の大名屋敷だ。月に数回、庭に出られる日がある。
 今日はその日だ。さっそく一回りした。
芝が張られた庭では、昭武はゴルフも楽しん
 だという。写真を趣味とするハイカラな人物だったようだ。当時は湿板写真の時代だ。
 ガラス乾板(かんばん)が隣接する戸定歴史館で見られる。(DMC-G7)


          
 
平成28年 2月27日(土) 晴れ
 13_28 
  午前中に、上野で開催されている雪割草展全国大会を見に行った。
会場は東京
 メトロ千代田線の根津駅から徒歩3分ほどの距離だ。上野グリーンクラブという日本
 盆栽協同組合が平成4年に造った展示即売や各種催し物の会場だ。1,2階は即売
 会で、バイヤーが来ている。3階が受賞作品などの展示会になっている。撮影自由
 だが、アンケートの記入を求められる。会場を2周して帰宅した。まだ、11時半だ。
 少し歩き足りない。昼食後、洗濯物を取り込んでから水元公園に向かった。快晴の
 空に紅梅が映える。こちらの方が落ち着いて撮影できる。帰りは、いつものようにス
 イーツ店のイートインに寄り道だ。(DMC-G7)


          
 
平成28年 2月21日(日) 晴れ
くもり一時雨 12_28 
  庭園に行こうの お知らせ に浜離宮恩賜庭園
ナノハナとウメが見ごろです、と
 いう記事を見つけてさっそく行ってみた。当日朝の天気予報は 「 晴れ一時くもり、降
 水確率10% 」 だったが、10時前には、ポツリポツリと降り出した。大量に干してきた
 洗濯物が気になり撮影に集中できない。写真は、菜の花を背景に白梅が浮き出る
 ように、絞りをあまり絞らず、さらに内蔵フラッシュを弱く入れてみたが、構図も描写
 も今ひとつゆるい。12時前には帰宅したが晴れてきた。(DMC-G7)

          
 
平成28年 2月17日(水) 晴れ 11_28
 
  JR山手線目黒駅から10分ほどの目黒自然教育園に寄ることができた。
写真は
 キンポウゲ科のユキワリイチゲ(雪割一華)だ。薄紫の花びらが特徴だが、これは
 萼辺だという。茎葉は3枚が輪生し、その3枚が正三角形を形づくるように見える。
 90mm相当マクロレンズで撮っている。しかも手持ちだ。群生していないので、遠くに
 咲く花は撮っても何だか分からないほど小さくしか写らない。足下の園路の脇に咲く
 一輪を切り取った。これもスプリング・エフェメラル(春植物)のひとつだ。(DMC-G7)

          
 
平成28年 2月13日(土)
 晴れ 10_28 
  墓参りの帰りに寄り道をして、千葉県松戸市の坂川のほとりを散策した。かつて
 は、東京の水道水はまずい
※1といわれた原因のひとつになっていた汚れた河川
 だった。市の清流復活事業により河川は改修され、ほとりにはカワヅザクラが植え
 られ、この時期には快適な散策コースになっている。時折、排水溝から泡を出して流
 入する生活排水※2に目がいってしまう。これは職業病の後遺症だ。(N_P7700)
  ※1
藍藻類が分解したときに発生するジオスミンなどが、水道水のカビ臭さの原因といわれる。
     今は、生物活性炭処理などの浄水技術が向上し、異臭はほぼなくなっている。ただし、渇水
     期や大雨の後などに、わずかに臭うことがある。
  ※2 松戸市の下水道普及率 81.5% (平成23年度末)

          
 
平成28年 2月11日(木)
建国記念の日 晴れ 09_28 
  向島百花園に出かけた。ウメは3分咲き程度だろう。ロウバイ、フクジュソウ、太郎
 冠者
(ツバキ)、スイセンなどが見られる。春夏秋冬花不断(しゅんかしゅうとう はなふだん)
 という百花園だ。冬でも数種類の花々が見られる。写真は、サービスセンターの入り
 口の右側に植えられた鹿児島紅
(かごしまべに)という紅梅だ。百花園の外にあり近寄
 って香りを楽しみ、アップの写真も撮ることができる。(N_P7700)


          
 
平成28年 2月 7日(日) 晴れ 08_28
 
  梅と椿を求めて花と緑の振興センター
に行ってみた。埼玉高速鉄道 戸塚安行駅
 から都県道(埼玉県道・東京都道103号吉場安行東京線)を南下する。片道1.5kmほどのコー
 スをとったが交通量が多く、あまりウォーキングに向かない。梅は、咲き始めたところ
 だ。根本には福寿草が植えられている。こちらも咲き始めたところだ。椿は、園路か
 ら見える範囲では、あまり咲いていない。帰り道、JAが運営する大きな園芸センター
 に寄ってみた。鉢植えが大量に並んでいる。一回りして、数カット撮らせてもらった。
 まだ、特集を組むにはアップできる写真が少ない。今度は、途中下車してスイーツを
 買った。写真はパッション・ショコラだ。パッションフルーツの酸味とホワイトチョコレー
 トがよく合う。トップの半分を飾るアラザンもおしゃれだ。(N_P7700)

          
 
平成28年 2月 6日(土) 晴れ/くもり 07_28
 
  JR東小金井駅から歩いて、野川公園に行った。公園のHPでは1月31日の記事で
 節分草が紹介されていた。例年群落の写真が掲載されるが、今年は1輪だけの写
 真だ。自然観察園を2周したが、去年の群生地でも数輪しか見つからない。ときどき
 来ているというカメラマン氏に聞くと、12月から1月初めの、異常な暖かさと1月中旬
 からの急な寒さと雪の影響で、今年は殆ど(セツブンソウは)出ていないという。
 
自然相手なのでしかたがない。やっと見つけた1輪を90ミリ相当のマクロレンズで、
 約10cmまで寄り切り取った。あまり被写体に寄れないスマホで撮っていたおとうさん
 は、「これじゃ、どこに写っているか分からない。」 とぼやいていた。(DMC-G7)

          
 
平成28年 1月27日(水) 晴れ 06_28
 
  週末にかけて、暖かくなり雨が降る予報だ。これではシソ科のシモバシラの根本に
 できる霜柱(氷の結晶)が見られないかもしれない。都合をつけて平日に水元公園
 に
出かけた。開園と同時にグリーンプラザに入ると野草園で目当ての霜柱が見られ
 た。撮っていると、ほどなく案内のボランティアが、得意げに 「 これが霜柱ですよ。
 シモバシラの名前の由来は、この氷の結晶です。」 と言いつつ見学者を連れてきた。
 素人カメラマンは退散するタイミングだ。帰り道、カフェに寄ってフレンチモーニング
 を頼んだ。発酵バターとメイプルシロップで食べるフレンチトーストは、スイーツだ。
 コーヒーがついて税込み600円は安い。寄り道スポットばかり増える。(DMC-G7)

          
 
平成28年 1月23日(土) くもり 05_28
 
  暖冬の予報だったが、数日ひどく寒い日が続く。イヤーフラップの付いたキャップを
 かぶり、厚手のフリース手袋をして、いつもの水元公園を散策した。
やはり寒く、グ
 リーンプラザの温室に逃げ込んだ。写真は匂い椿の舞姫だ。1鉢だがちょうど見頃
 になっている。マクロレンズで1輪を切り取った。JPEG形式の画像ファイルでは花弁
 の淡いピンク色の濃淡が出なかった。同時保存したRAW形式のファイルから、画像
 編集ソフトの機能を使い、やっとグラデーションを引き出した。(DMC-G7)

          
 
平成28年 1月16日(土) 晴れ 04_28
 
  1年ぶりに板橋区熱帯環境植物館に出かけた。
らん・ラン・蘭展2016が開催され
 ているが、昨年同様、写真的には、いまひとつだ。作品は、企画展示室の窓ぎわに
 置かれ、逆光がきつい条件だ。へやの中央には即売用の鉢物があるが、値札を避
 けるのが難しい。(DMC-G7)
          
 
平成28年 1月10日(日) 晴れ 03_28
 
  3連休の中日だ。今年は里山デビューの予定なので、トレーニングを兼ねて、長め
 のコースを歩くことにした。三郷公園から水元公園を巡った。早足で3時間ほどにな
 る。
あちこちで見かける水仙は、逆光に輝く白いガクと花びらを撮りたい。露出は
 フォーカスポイント連動なら、気にすることなくオートのままでよい。背景はアンダー
 になりガクと花弁が透過光に浮かび上がる。(N_P7700)
  ※ すべて花弁に見えるが、外側の白い3枚がガク(萼)で、内側の3枚が花弁だという。

          
 
平成28年 1月 9日(土) 晴れ 02_28
 
  いつも出遅れているが、昨年リニューアルした江戸東京博物館に出かけた。常設
 展は6階から入る。写真は寛永の町人街のジオラマだ。高さ5cmほどの精巧なフィ
 ギュアが江戸の街を生き生きと演じている。ただ、会場が暗く肉眼では細部まで見る
 のは難しい。所々にチェーンの付いた10倍ほどの双眼鏡が置かれているが、暗い中
 手振れがあって、やはり細部まで観察できない。普通の照明で痛むようなモノでは無
 いはずだが、来館者に見ていただくという発想に乏しい展示だ。ISO感度を6400に上
 げて撮っている。場所によってはISO 12800でも苦しいところがある。会場は撮影ok、
 フラッシュ禁止となっている。まるで高感度撮影のテストのようだ。(DMC-G7)

          
 
平成28年 1月 3日(日) 快晴 01_28
 
  春のように暖かい日が続く。開苑とほぼ同時に上野東照宮ぼたん苑に入ること
 ができた。快晴のお天気で、囲いの陰になるボタンの花の発色がどうもよくない。
 ホワイトバランス(WB)は、囲いの下の日陰を上手く認識できないようだ。WBをオート
 から、くもりに切り替えた。これで、ほぼ希望どおりの発色をしてくれる。
 見事に咲く島錦(しまにしき)を準標準レンズの開放絞りで切り取った。背景が、ほど
 よくボケていい感じだ。10時を過ぎると見物の人が急に増えてきた。そろそろ引き上
 げる時刻だ。パーラーに寄り道をして、反省会にした。(DMC-G7)

Diary28<Top>へ   <home>に戻る  

ときどき Diary 28  ( 平成 22年23年24年25年26年27年,28年,29年 )

ついでにウォーキング