健康管理のうえでメタボ※1が問題にされることが多いこの頃だが、画像だけなら簡単にスリム化することができる。この機能は、常用の画像編集ソフト※2にはないので、今回は画像編集フリーソフトとして定評のあるGINP※3を使用した。結果を紹介したい。

【ポイント】 控えめに補正する
 過剰な補正は被写体のオリジナリティを損なう恐れもあるので注意したい。

【注 点】 気持ち引いて撮る
 縮小すると余白のバランスが崩れるので、多少のトリミングを前提に撮っておく。
補正・加工した作品は、著作権等が問題になるような場面での使用には十分留意する。

【機材・条件】 COOLPIX P7700,28-200mm相当,f 2-4 ,フラッシュ DMW-FL360 天上
 に向けて発光 ,手持ち撮影, 撮影場所:おりがみ会館 東京都文京区湯島1丁目

【 手 順 】 実際の作業手順にそって説明する。
<例 172_1> 無補正
 「あやめゆかた」と題された高さ20cmほどの和紙人形を撮っている。和紙の質感を表現するため、フラッシュをマニュアルで使用し、天上にバウンズした※4
 和紙の厚みもあり人形に幅が出てしまい、ガッチリした体型にみえる。丸顔と合わせて
やや全体のバランスがもうひとつだ。
<撮影条件> f 4.0,1/60秒,200mm相当,+0.3EV,フラッシュ

<例 172_2> 横幅縮小
 そこで、上記ソフトを利用して、横方向だけを90%に縮小した。元の画像の縦横は4000×3000画素で構成されているが、横だけを10%縮小し3600×3000画素にした。(この作業は、トリミングで切り抜く作業とは異なり、常用する編集ソフトに、その機能はない。)
これで、柳腰のすらりとした八頭身美人に変身できた。

<例 172_3> トリミング
 上の作業で、画像の縦横比は5:6の四つ切りサイズになっているが、左右の余白が多いので、トリミングをした。画像のサイズは3568×2979になった。これを800×666に縮小して作例とした。










<例 172_1 無補正



<例 172_2 横方向10%縮小



<例 172_3 トリミング









撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


※1 「内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を
    メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群といいます。」 厚生労働省のHP
    昨今は、太めの人をメタボといっているようだ。
※2
 画像編集ソフトは、(株)市川ソフトラボラトリーの SILKYPIX Developer Studio Pro を使用している。
※3 GIMP(ギンプ、ジンプ、GNU Image Manipulation Program) ビットマップ画像編集・加工ソフトウェア
    (ペイントソフト)。オープンソースで開発されている画像処理ソフト。高価な有償グラフィックソフトにも
    引けをとらない多機能性が魅力となっている。
※4 バウンズ撮影については、撮影技法No.47No.48 等参照
撮影技法 No.172 ちょっとスリムに

cf7月中旬 

ついでにウォーキング