※1 調べた範囲では、オキナグサをスプリングエフェメラル(番外編 No.28参照)としている図鑑や植物
    関連のサイトはなかった。ついでにウォーキングとしては、十分にその資格があると思うのだが・・・
※2 実(み)の写真は準備できなかった。これも次回までの宿題になった。
※3 現場は常に応用問題になる。基礎をしっかりを固めておかないと応用が利かない。


 まだ寒さが残る頃に、暖かそうな繊毛に覆われたオキナグサ※1(翁草)は、早春の植物園などでは、ぜひ撮っておきたいテーマのひとつだ。蕾(つぼみ)、花、実※2とも、それぞれが繊細な被写体を提供してくれる。

【ポイント】 ローアングルから、ごく弱くフラッシュを入れる
 オキナグサは15cmほどの高さしかなく、しかも俯
(うつむ)いて咲くため、シベまで写し撮るには、超ローアングルからの撮影になる。また、白髪の翁(おきな)に見立てた長い繊維に輝きが欲しいので、ごく弱くフラッシュを入れたい。

【注 意 点】 手持ち撮影の練習が必要
 ローアングルに対応した三脚でも、希望のポジションとアングルが得られないことが多く、手持ち撮影に頼ることになる。フリーアングルモニタ付きのコンデジが活躍するが、ときどき練習しておかないと、フィールドでは役に立たない※3

【作例解説】
<例 194_1> 全景
 少し遠いが、手頃な1株を光量を4分の1まで絞ったフラッシュを入れ、望遠で引っ張った。周囲も写り込み生育環境も分かるがシベが写らず、やや不満が残る。
<撮影データ> 210mm相当 ,f 4.8 ,1/100秒 ,Power Shot 650A 露出補正 -1EV ,
           フラッシュ使用 -2EV ,三脚使用 ,向島百花園

<例 194_2> つぼみ
 つぼみの状態では、上を向いているので、一脚を前に倒しながら90mm相当のマクロレンズで切り取った。ノーフラッシュだが自然光に輝く繊維が印象的な1枚になった。
<撮影データ> 90mm相当マクロ ,f 4.5 ,1/500秒 ,DMC-G1, 一脚使用 ,市川市
           万葉植物園

<例 194_3> 一株
 シベも写し撮るために、ローアングルから手持ちで撮っている。マイナス側に露出補正をして、その不足分をフラッシュで補っている。繊維が銀色に輝き、シベも明るく撮れる。
ファインダー撮影では、きびしい姿勢になるがフリーアングルモニタ付きのコンデジなら、比較的楽な姿勢で撮ることができる。
<撮影データ> 120mm相当 ,f 4.5 ,1/30秒 ,Power Shot 650A ,露出補正-0.7EV
           フラッシュ使用 -2EV ,手持ち撮影 ,向島百花園

<例 194_4> 超ローアングル
 カメラを保持した左手の甲が地面に着く位置から撮っている。そのため画面右上に少し空が映り込んでいる。これも露出を切り詰め、その不足分をフラッシュで補っている。
<撮影データ> 65mm相当 マクロモード,f 3.5 ,1/640秒 ,COOLPIX P7700,露出補
           正 -0.7EV,フラッシュ使用 M 1/64,手持ち撮影,市川市万葉植物園

撮影技法 No.194 オキナグサを撮る(その1)  cf4月中旬ほか 











<例 194_1 向島百花園


<例 194_2 市川市万葉植物園


<例 194_3 向島百花園


<例 194_4 市川市万葉植物園






撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング