アガパンサス※1は、南アフリカ原産の多年草で、育てやすく露地植えでも毎年花を咲かせるという。薄紫が涼しげな色合いは、初夏を彩る花のひとつで、この頃見かけることが多くなった。今回は、ロングとアップに分けて撮影のポイントと注意点を紹介したい。

【ポイント】 シベにしっかりピントを合わせる
 ロングででもアップ
※2でもしっかりとシベにピントを合わせたい。

【注 意 点】 三脚または一脚が不可欠
 草丈があるのでクローズアップも撮りやすいが、一脚とアングルモニター付デジカメなら
楽な姿勢でシャッターチャンス(風が止む時、人が通り過ぎる時)を待つことができる。

【作例解説】 
<例 196_1> 木場公園大橋を背景に
 空の占める面積が多いので、花が露出不足にならないよう内蔵フラッシュを弱く入れ、背景とのバランスを取った。草丈が1m近くあり、背景とも合わせやすい。木場公園大橋を左上に配してみたが、H字型の主塔が目立ちアガパンサスがあまり引き立たない。
もっと背景をアウトフォーカスにするか、花穂を大きく捉えたい。
<撮影データ> 80mm相当,f 4.0 ,1/1250秒,フラッシュ -2EV,PowerShot G12 ,
           都立木場公園 ,一脚使用

<例 196_2> 正面から撮る
 今回は、余計なモノを入れずアップに切り替えた。まず、正面から形の良い2輪に絞ってマクロレンズの開放絞りで切り取った。ピントは左の花のシベに合わせている。花の形はよく分かり、ボケも柔らかいが、やや立体感に欠ける。
<撮影データ> 90mm相当マクロレンズ,f 2.8 ,1/1000秒 ,DMC-G1,
           市川市万葉植物園 ,一脚使用

<例 196_3> 斜め横から撮る
 奥行きやシベの形を表現するために、斜め横からマクロモードにしたコンデジで、1輪を切り取った。ボケは<例 196_2>と比べると、少ないものの解像感は高く、このコンデジはなかなか優秀だ。マイクロフォーサーズの一眼を凌ぐ描写をするときがある。
<撮影データ> 60mm相当マクロモード,f 3.2 ,1/20000秒 ,COOLPIX P7700 ,
           都立水元公園 ,一脚使用
        

※1 アガパンサス 番外編No.68 等参照   ※2 ロング、アップ 撮影技法 No.15 等参照。













<例 196_1 背景を入れる


<例 196_2 正面から2輪のアップ


<例 196_3 斜めから奥行きを出す



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.196 アガパンサスを撮る  cf6月下旬ほか 

ついでにウォーキング