一度に数多くの雪割草※1を鑑賞しつつ撮影するなら展示会がよい。今回は、雪割草全国大会に出かけた。自慢の作品が集まり、どれも撮りたくなるが、よく観察することから始めたい。必ずしも受賞作品がフォトジェニックとは限らない。気に入った春の妖精※2に絞って切り取りたい。撮影技法No.190 雪割草を撮る(その1)参照

【ポイント】 設定はオートに任せ構図に専念する
 
場所柄、バイヤーも多数来ている。商談も多く落ち着かない雰囲気だ。そんな中でデジカメの設定を一々変えていると、かえって失敗しそうだ。設定はできるだけオートにして、構図を意識して数多く撮りたい。

【注 意 点】 できるだけオートでいく
 ① ISO感度は、もちろんオートだが、上限を1600とした。
 ② ホワイトバランス(WB)もオートとした。
 ③ JPG、RAWの同時保存にした。RAWならば撮影後に画像編集ソフトでホワイ
   トバランスの調節ができる※3。また、白飛びやツブレの補正範囲が広い。

【共通条件】
上野グリーンクラブ 東京都台東区上野上野公園3-42
 DMC-G7,60mm相当マクロレンズ ,手持ち撮影 ,WB:オート ,JPG・
 RAW同時保存


【作例解説】
<例 211_1> 「 無 銘 」
 無銘だが白い覆輪のある一輪をほぼ中央に配し、ローアングルから縦に切り取った。できるだけ植木鉢を入れず、暗い背景を選んだ。画面右上にアウトフォーカスに二輪が写り込み、奥行き感が出ている。ISO感度は500まで上がっていた。
<撮影データ> f 3.2 ,1/60秒 ,ISO 500


<例 211_2> 「 出 雲 」
 淡いブルーの三輪に注目し横位置に切り取った。60mm相当のマクロレンズで被写体に10cmまで近づいても、ある程度背景が写り込む。ピント位置は中央の花のシベに合わせた。インナーフォーカスレンズなので安心して被写体に近づける。
<撮影データ> f 3.5 ,1/60秒 ,ISO 640 


<例 211_3> 「 紫 野 」
 青紫の三輪に注目し、左端の一輪のシベにピント位置を指定して切り取った1カットだ。照明は天井の蛍光灯だけで、やや暗くISOは1000まで上がったが、それほど荒れは見られない。花弁(本当は萼)のグラデーションがよく出てくれた。
<撮影データ> f 4.0 ,1/60秒 ,ISO 1000 


 ※1 ここでいう「雪割草」は、キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草の園芸名をさす。これとは
    別に、サクラソウ科サクラソウ属の一種のユキワリソウもある。これらを区別するために、
    ミスミソウの仲間の場合は雪割草と漢字で表記することもある。 cf.国際雪割草協会
 ※2 番外編 No.28 等参照。
 ※3 結果的に、どの作例もWBの調節は不要だった。

撮影技法 No.211 雪割草を撮るその2)  cf2月下旬 












<例 211_1


<例 211_2


<例 211_3




撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング