撮影技法 No.71 ヒガンバナを撮る(その1) 欲張ったテーマにトライ

ついでにウォーキング

 今回は、彼岸花について撮影の考え方と画像編集を紹介して、作品創りの参考としたい。
撮影技法 No.55 花を撮る
(その13 を参考に、1輪から数輪に絞って形の面白さを狙うとともに群落の様子も合わせて表現するという、少し欲張ったテーマにトライする。なお、日中のフラッシュの活用方法については、撮影技法No.02 日中シンクロ などを参照されたい。

1.共通条件
 <場 所> 都立水元公園
 <機 材> 使用カメラ:Canon G12 ,三脚使用,絞り優先モード,ISO 100

2.制作過程とコメント










<例-5 ヒガンバナ
例-4 を画像編集ソフト
※1
トリミング・微調整した。美肌
色3のカラーテイストを適用
した。緑色に落ち着きがでる
ので、ポートレイトではない
が、このカラーテイストを利
用することがある。     ,

※1 市川ソフトラボラトリー
 SILKYPIX Developer Pro


No.
作例 撮影条件          コメント
例-1  28mm相当
 f 8.0 、1/200秒
 天候 晴れ
 ①全景、公園やヒガンバナの群落の様子は分か
   るが、手前の柵が目障りだ。
 ②花の造形的な美しさが表現できていない。
 ③画面がヒガンバナと樹木で水平に2分割され、
   テーマが浮き出ていない。
例-2  50mm相当
 f 3.5 、1/100秒
 天候 うす曇り
 ①天候は、うす曇りになり好条件だ。
 ②柵ぎりぎりまで被写体に迫り、少し背の高い
  一輪に注目して50mm相当にズームした。
 ③この一輪を背景の群落から切り離して写す
  ためカメラの位置を少し下げた。
例-3  50mm相当
 f 3.5 、1/125秒
 フラッシュ 光量1/2補正
 天候 うす曇り
 ①赤い色に鮮やかさがほしいので、フラッシュを
  光量1/2に補正してONとした。
 ②シャッタースピードは自動的に1/125秒になっ
  たが背景の明るさは殆ど変わらない。
例-4    写真-3 を画像編集ソフト
 で -0.4EV 補正
 ①ここから先は、画像編集ソフトの作業になる。
 ②例-3 は、例-2と比べて画面中央のヒガンバナ
 の露出が、ややオーバーになっているの
  で、編集ソフトで-0.4EVを補正した。
 ③ヒガンバナは、例-2 とほぼおなじ明るさに
  なった。背景は少しアンダーとなり、テーマが
  より浮き出ている。

撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


<補足> 
例-3 の段階で、フラッシュの光量1/4とし、カメラの露出補正を -0.5EV 、色調を「くっきりカラー・モード」にすれば、例-4 と同様な効果が得られるはずだ。しかし、JPG形式では、読みが外れたときの修正があまり効かない。
一方、RAWで記録してれば、撮影後の調整の範囲が広く、現場での多少のミスもある程度カバーできる。

4.まとめ
 現場の作業とPC操作でほぼ、希望どおりの作品に仕上げることができた。モチーフやテーマが異なれば、また違った作品になるはずだ。