<中央広場 >


 
No.09 都立水元公園  平成22年5月30日    cf.5月下旬  
     
      ベンチ
 ※ポプラ並木の下に大きい
   ベンチが続く
     ポプラ
 ※5月にはポプラの樹皮にも
   新しい葉が出る

  ハクチョウソウ
 (白蝶草) アカナバ科

  セリバヒエンソウ
 (芹葉飛燕草)
 キンポウゲ科
 ※葉はセリのようで、花が燕
  (ツバメ)のように見える。

   
     ノアザミ
    (野薊) キク科 
 ※
花言葉:報復、独立 
   スコットランド地方の花

   ドクダミ(毒溜)
     ドクダミ科
 ※十薬(じゅうやく)という
   生薬の原料

   アンネフランク
       バラ科
 ※「アンネの日記」で有名な
  アンネフ・ランクが愛した
   バラ

   ホットリップス
      シソ科
 ルージュを引いた唇に
   見立てた名といわれる。

<特集目次>に戻る  <Home>に戻る


※1 番外編No.11 水元 参照   ※2 番外編No.24 メタセコイア 参照

水元公園
【所在地】
 東京都葛飾区水元公園
 東金町5・8丁目、
 埼玉県三郷市

【交  通】
 JR常磐線 金町駅(千代
 田線直通)から京成バス
 (戸ヶ崎操車場または
 西水元3丁目行き)
 「水元公園」下車徒歩7分

【入園料】
  無料

【問合せ】
 TEL 03-3607-8321
 水元公園サービス
 センター
 〒125-0034
 東京都葛飾区水元公園
 3丁目2番地

特  集

ついでにウォーキング

 公園へ行こうのホームページから、都立水元公園の説明を一部引用して紹介したい。

『 水元公園は小合溜
※1に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイア※2の森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。
  ・開園年月日 : 昭和40年4月1日   ・開 園 面 積 : 878,996平方メートル
  ・樹  木  数 : 19,100本                 


 植物園ではないので、見られる花の種類は多くはないが、ついでにウォーキングでは良く行く公園のひとつになっている。5月の公園を紹介したい。