植物図鑑※1などでは、「 チゴユリは山野の林地などで見られる。・・・中略・・・ 花は広鐘形※2で下向きに咲く。 」 などと説明されている。今回は、皇居東御苑の二の丸庭園で見つけたチゴユリ(稚児百合)を雑木林の雰囲気の中に写し撮ることにチャレンジした。

【ポイント】 超ローアングル 日中シンクロ で切り取る
 合わせ技になり、だんだん難しくなるが、背景描写にも気を配り下を向いて咲くチゴユリをローアングルから新緑の雑木林の中に浮き出るように撮りたい。

【注 意 点】 中焦点のマクロレンズでは、背景が分からないほどボケてしまう。今回は、
 ある程度背景を活かしたいので、ボケの少ないコンデジの方が適している。

【共通条件】 すべて手持ち撮影 ,COOLPIX P7700 ,28-200mm相当 ,f 2-4,
 WB:オート※3,測光方式:マルチパターン測光

【作例解説】
<例 132_1>片膝を突いて
 アイレベルでは花が葉の陰に隠れて見えない。片膝を突いて視点を下げて撮っている。葉の出方や広鐘形が花のようすが分かる図鑑的な撮り方だ。
 <撮影データ> 70mm相当,f 3.2 ,1/100秒

<例 132_2>ローアングル
 白い花を強調したいので、手持ちの超ローアングルから撮ってみた。マルチパターン測光は白い花を白く表現してくれたが、背景がシラけている。葉の影になる花と明るい空の明暗差が大きいので、これはやむを得ない。
 <撮影データ> 50mm相当,f 2.8 ,1/100秒

<例 132_3>露出補正
 そこで、測光方式は変えず露出を-0.7EV補正して、ほぼ同じ位置から撮った。背景の調子は狙いどおりだが、肝心の花がアンダーになりすぎた。
 <撮影データ> 50mm相当,f 2.8 ,1/200秒 ,露出補正 -0.7EV

<例 132_4>フラッシュ
 今度は、光量を1/4にしてフラッシュを入れたが、近接撮影なので花も葉も白く飛んでしまった(作例省略)。そこで、フラッシュの光量を絞るために、テスト中の簡易ディフューザを使用してみた。ディフューザの効果は不明だが、光量を減らすことはできた。
 <撮影データ> 50mm相当,f 4.0 ,1/125秒 ,露出補正 -1.0EV,フラッシュ -2EV
            簡易ディフューザー

<例 132_5>ポジション
 上記、作例でもいいのだが、さらに雑木林の雰囲気を出したいので、ポジション5cmほど右に移動した。やや薄暗い雑木林にひっそりと咲くチゴユリを切り取った。ひと絞り開けてもう少し背景をボカしたいところだったが、フラッシュの光量を絞りきれなかった※4
コンデジ用のディフューザーに改良が必要かもしれない※5
 <撮影データ> 50mm相当,f 4.0 ,1/125秒 ,露出補正 -1.3EV,フラッシュ -2EV
            簡易ディフューザー

※1 久保田 修 「イラストでちがいがわかる名前がわかる 里の花 」 Gakken
※2 
読み方:こうしょうけい  広がった釣り鐘の形
※3
 わずかだが、すべての写真で緑色の色かぶりがあった。撮影技法 № 28 を参考に修正している。
    オートホワイトバランスでも、微調整はヒトの目で見てやったほうがよさそうだ。
※4
 取説を読み直すと仕様の欄に、マニュアル発光では光量を1/2から1/64まで調節できるとあった。
    これならいけるかも。

※5 撮るたびに課題が見つかり、なかなか進歩しないが、趣味の世界なので、ゆっくりいきたい。












<例 132_1 チゴユリ


<例 132_2 ローアングルから


<例 132_3 露出補正


<例 132_4 フラッシュ


<例 132_5 ポジション修正






撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング

撮影技法 No.132 チゴユリを撮る 超ローアングル+フラッシュ   cf.4月下旬