撮影技法 No.122 では、『 どうやって目障りなモノを画面に入れないようにするか、今後の課題だ。』 と書いた。時々考えながら撮っていると、上手くいくこともある。今回は、近景の花の撮影で役に立った方法を作例とともに紹介したい。

【ポイント】
アイレベルに拘らず、ポジション・アングルをほんの少し変えてみる。
  立ったままのアイレベルでの撮影が、いつもよい結果になるとは限らない。特に近景の
 場合は、カメラをほんの少し動かしてみるだけで見える景色が大きく変わる。特にコンデ
 ジは、モニターを見ながらの撮影が簡単にできるので試してみたい。

【注意点】 周囲に注意
  1,2歩動くときでも周囲に十分気をつけたい。モニターだけを見ていて、側溝に落ちた
 り花壇に踏み込んだりしないよう注意したい。
 

【作例解説】
 共通条件:ISO 100、フラッシュ、ディフューザー、WB オート、手持撮影
  COOLPIX P7700、天候:小雨、撮影場所:千葉県松戸市平賀 本土寺

<例 136_1> 
アイレベル

 背後にピンクのアジサイを配して、花壇のノカンゾウをアイレベルから切り取った1枚だ。
ノカンゾウ と アジサイが いの字構図 ( 撮影技法No.22 参照 )になり、バランスはいい感じだが、画面の下に花壇の柵が入ってしまった。
 <撮影データ> 70mm相当、f 3
.2、1/250秒、

<例 136_2> ウエストレベル
 そこで、ポジションはそのままで、カメラをウエストレベルまで下げて撮っている。柵は画面から消えて、すっきりした画面構成になった。
 <撮影データ> 60mm相当、f 2.8、1/125秒

<例 136_3>
 ピンク色のアジサイと濡れた石畳を組合わせた1枚だ。アウトフォーカスだがアジサイの左に三脚を持ったカメラマンが写っていて、なかなか移動していくれない。
 <撮影データ> 28mm相当、f 3.2、1/125秒

<例 136_4>
 そこで、その位置から右に半歩、前に半歩移動した。三脚を待ったカメラマンは、依然として、そこに居るのだが写っていなければ居ないも同じだ。石畳の長い感じはやや薄れたが、アジサイの濡れた質感がよく出ている。近距離での日中シンクロ( 撮影技法 № 2 )だが露出もほぼ適正で、明暗のバランスも不自然にならずに済んだ。
 <撮影データ> 28mm相当、f 3.2、1/125秒












<例 136_1 アイレベル


<例 136_2 ウエストレベル


<例 136_3 カメラマンが


<例 136_4 半歩前進



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング

撮影技法 No.136 アイレベルに拘らない    cf.6月中旬ほか