花の少ない1月に、いち早く咲くロウバイ(蝋梅)※1は、花を撮るカメラマンにとって貴重な存在だ。寒さや霜から花を守るために蝋細工のよう質感になったいわれ、名前の由来になっている。今回は、ソシンロウバイ(素心蝋梅)を例に、花弁の透明感や蝋細工のような光沢を写し撮るテクニックの一例を紹介したい。

【 ポイント 】 半逆光でねらい、正面から弱くフラッシュを入れる
 数輪にねらいを絞り、逆光気味に撮ると薄い花弁の透明感が表現できる。さらに、正面から、ごく弱くフラッシュを入れ、その反射を拾うと光沢感が出る。

【注 意 点】フラッシュの光量が絞りきれないときは、発光面に覆面※2をしたり、ディフューザーを付けて調節する。正面から発光させたいので内蔵フラッシュが適している。高級コンデジではシャッター速度の制約は少ないが、一眼の場合は、FP発光できる外付けフラッシュが必要になることがある。

作例解説】
<例 156_1> 順光線、ノーフラシュ
、距離約3m
 順光線でアイレベルよりも上にあるソシンロウバイを撮っている。空は見た目に近い色合いになったが、花が小さく透明感も光沢も分からない。皇居東御苑
<撮影データ> COOLPIX P7700、85mm相当,f3.5,1/1000秒

<例 156_2> 逆光+フラッシュ
 半逆光になるポジションを選び、コンデジをマクロモードに切り替え、30cmほどに近づいた。フラッシュの設定を-2EV(光量1/4)に設定し、さらに簡易ディフューザー
※3を取り付けた。ガイドナンバーは1以下だ。皇居東御苑
<撮影データ> COOLPIX P770、65mm相当マクロモード, 4.0 ,1/1000秒 ,
        内蔵フラッシュ-2EV、ディフューザー

<例 156_3> 疑似夜景の応用
 ローアングルから、ほぼ真上にレンズを向けて撮っている。フリーアングルモニタなら簡単だ。一眼なのでFP発光対応の外付けフラッシュを使用して、疑似夜景
※4のテクニックを応用した。空は濃紺になり薄黄色のソシンロウバイの花弁が浮き出ている。また、ろう細工のような質感も表現できた。小石川植物園
<撮影データ> DMC-GH2、90mm相当マクロレンズ、f 5.6 ,1/2500秒 ,
        -3EV ,外付けフラッシュ,
           
※1 陰暦の12月は臘月(ろうげつ)とも呼ばれ、この時期にウメに似た香りの花をつけること
   から、ロウバイと呼ばれるようになったという。 英語では、Winter sweet と呼ばれている。
※2 撮影技法 № 75 等参照 、※3 撮影技法 № 133 等参照 、※4 撮影技法 № 115 等参照

撮影技法 No.156 ロウバイを撮る 透明感と光沢を撮りたい   cf.1月中旬

ついでにウォーキング















<例 156_1 アイレベル



<例 156_2 逆光+フラッシュ



<例 156_3 疑似夜景




撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る