フラッシュについて、撮影技法 No.40No.75 ではスレーブ発光の方法を紹介した。また、同 No.126 では延長コードの利用と注意点などを解説した。今回は、今月、ついでにウォーキングの仲間になった無線式フラッシュトリガーを取上げたい。これは、カメラのレリーズに応じて無線信号でフラシュを同調させる小道具だ。(その1)では、試し撮りの結果から紹介したい。

【ポイント】自然な感じに仕上げたい
 今回は、モミジの赤を鮮やかに表現するため、葉の裏側からフラッシュを焚きこんだ。画面に機材が写り込まないようにセットしたい。

【注 意 点】 トラブル防止のため運搬や保管時は電池を抜いておく。

【共通条件】
 天   候 :晴れ時々くもり
 撮 影 地 :東漸寺 千葉県松戸市小金359番地
 機  材:DMC G8,28-280mm相当、無線式フラッシュトリガー※1、一脚
      フラッシュ DMW-FL360
 撮影条件:絞り優先モード,ISO 200,評価測光,WB:晴れ、手ぶれ補正on
      JPEG・RAW同時保存


【作例解説】
<例 247_1> ノーフラッシュ
 苔の緑とモジミの対比をねらった1枚だが、モミジの色合いが冴えない。透過光で見れば鮮やかな色合いだが、枝の高さが50cm程度で、太陽光では逆光にはならない。プラスに露出補正をしたが、効果はない。
 <撮影データ> f 5.6 ,1/30秒 ,50mm相当、+1EV、ノーフラッシュ

<例 247_2> 外付けフラッシュon
 外付けフラッシュをカメラに取り付け、弱く入れてみた。幾分明るくなったが、モミジの鮮やかさはない。
 <撮影データ> f 6.3 ,1/30秒 ,50mm相当、+1EV、外付けフラッシュ

<例 247_3> 無線式フラッシュトリガー使用、フラッシュon
 トリガーにフラッシュを取り付け、画面の左下の地面に発光部をやや上に向けセットした。中央の枝から3mほど離れている。背景を暗くしたいのでマイナス2段の露出補正をかけた。シャッター速度は1/125秒になった。この状態でGNを段階的に変えて撮り、適正露光に持っていきたい。今回は、GN 14だ。
 <撮影データ>f 6.3 ,1/125秒 ,50mm相当、-2EV、無線式フラッシュ
        トリガー及びフラッシュ

<例 247_4> 取り付け例
 この状態で使用する。カメラのホットシューに取り付けた方が発信側、フラッシュを付けた方が受信側になる。発信・受信はスイッチで切り替える。

 ※1 Yongnuo RF603CⅡ、2個一組、単4電池2本×2 ネット上では、これは使えるという
    評価とともに精度が悪い、仕上げが雑、電池がすぐ消耗する、異常発熱する※2、耐久性
    がないなどクレームも多々ある。並行輸入品のため取説は 中国語と英語のみだが、図を見
    ればセットアップは簡単にできる。今回はダメ元で、購入してみた。
 ※2 運搬や保管時は、必ず電池をぬいておきたい。















<例 247_1 補助光なし


<例 247_2 外付けフラッシュon


<例 247_3 無線式トリガー使用


<例 247_4 セット例>



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.247 無線式フラッシュトリガーを使う(その1)  cf11月下旬

ついでにウォーキング