撮影技法No.141 ガガブタ(鏡蓋)を撮るでは、コンデジにクローズアップレンズを付け、望遠側にズームしてガガブタ※1を撮る方法を紹介した。今回は、やや引いて いの字構図 を意識して撮る方法を紹介したい。この場合、近接撮影に強いコンデジならクローズアップレンズは無くても撮るとこができる。

【ポイント】 いの字構図を意識し、超ローアングルから切り取る
 取り回しの楽なコンデジに限るが、モニターを上から覗きながら水面近くの被写体を超ローアングルから切り取りたい。

【撮影場所】
都立水元公園 東京都葛飾区水元公園

【機材設定】 Nikon COOLPIX P7700 ,露出:絞り優先モード 露出:フォ
      ーカスポイント連動※2,WB:晴れ ,すべて手持ち撮影

【作例解説】 
<例 256_1> 3輪を入れ込んで
 中央やや下の1輪を主題に右上の小さな1輪を副題に切り取った。
<撮影データ> 46mm相当マクロモード,f5.6 ,1/160秒,+0.3EV


<例 256_2> ハート形の葉を副題に

 水滴の乗った葉を副題にして、右上の黄金分割点に花を配して切り取った。水滴に輝きが欲しいのでLEDフラットライトを入れている。
<撮影データ> 65mm相当マクロモード,f4.0 ,1/800秒,LEDライト

<例 256_3> 2輪を絞らずに
 
2輪をあまり絞らずに、かなり水面に近い位置※3から切り取った。
<撮影データ> 65mm相当マクロモード,f4.0 ,1/600秒


※1 番外編 No.71 ガガブタのいわれ 等を参照されたい。
※2 この設定の場合、意識しなくともカメラが指定したピント位置の露出をピンポイントに合わ
   せてくれる。いちいち露出を合わせたいポイントを中央に持ってきてAEロックしなくても、
   これを同様の作業をカメラがやってくれる。
※3 どれも水面近くから撮るというアクロバティックな撮影になっている。軽くて取り扱いの楽な
   コンデジでないと、できない作業かもしれない。優秀な後継機を待っているが、スマホに押さ
   れてコンデジは、どのカメラメーカーもあまり力を入れていないようだ。ついでにウォーキン
   グの撮影スタイルが続けられるか心配になる。使用中の機種は5年以上使用し、その間に2回
   修理に出しているが、大分くたびれている。そろそろ次のコンデジを準備しないといけない。















<例 256_1 3輪を入れる >


<例 256_2 葉を副題に >


<例 256_3 2輪を絞らずに >





撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.256 ガガブタを撮る(その2)  cf.8月下旬 

ついでにウォーキング