撮影技法 No.159では、逆光でスイセンを狙いつつ、影になるシベをフラッシュで明るく撮る方法を紹介した。ただ、フラシュは光量の調節がむずかしく、白い萼辺の輝きをやや弱める結果になった。今回は、遠隔発光させたフラシュで逆光を作り、光量の調節が容易なLEDライトを使用して、影を弱めることにした。
イメージに近い仕上がりになった。作例とともに注意した点を紹介したい。

【ポイント】 フラッシュ光がレンズを直撃しない位置を探す
 フラッシュ光を直接拾うと画面にゴーストが発生したり、コントラストが低下するため、レンズの画角の外で、なるべく高い位置にフラッシュを固定する。

【注 意 点】 予行演習をしておく
 現場で、もたもたすると他の来園者の迷惑になる。自宅などで事前に、機材のセットの練習や各種設定値の確認をしておく。

【撮影場所】 
都立向島百花園 東京都墨田区東向島3-18-3

【機材設定】 
COOLPIX P7700 ,露出:絞り優先モード,ISO 100,WB:晴れ
 手持ち撮影,手ぶれ補正 on,三脚(
撮影技法 No.60 参照無線式フラッシュトリ
 ガー
※1フラッシュ DMW-FL360LEDライト※2

【作例解説】 
<例 273_1> フラッシュ未使用
 直径1.5mほどの日本水仙の群落を一回りして撮影ポイントを決めた。その反対側に三脚を設置し、雲台に受信側のトリガーとフラシュを設置した。まずは、ノーフラッシュで撮ってみた。スイセンの白い萼辺の輝きはない。
<撮影データ> 28mm相当マクロモード(以下同じ),f 5.0 ,1/400秒


<例 273_2> フラッシュon

 そのままトリガーをonにして、フラシュのガイドナンバー(GN)を段階的に替えながら数カット撮った※3。GN 9.9 のとき、ほぼ適正露光が得られた。萼辺の輝きは撮れたが、黄色い副花冠※4の中にあるシベは、やや暗い。
<撮影データ> 28mm相当,f 3.5 ,1/320秒,露出補正-0.7EV,フラッ
       シュ GN 9.9,照射角50mm相当


<例 273_3> LEDライトon

 そこで、そのままの条件に加えLEDライトを入れることにした。萼辺の輝きは、そのままに、シベが気持ち明るくなった。これを作品とした。
<撮影データ> 28mm相当,f 4.0 ,1/500秒,露出補正-0.7EV,フラッ
       シュ GN 9.9,照射角50mm相当
、LEDライトon
   

<例 273_4> 参考 カメラ側の様子(後日撮影)
 カメラのホットシューにトリガー、ブラケットを介してLEDライトをセットしている。フラッシュ撮影ではシャッター速度の制約が少ないコンデジが便利だ。


※1 Yongnuo RF603CⅡ、2個一組、単4電池2本×2 撮影技法No.247 参照
※2
 Nikon LD-1000、単四電池4本、光量2段切替
※3 フラッシュは三脚に固定したが、コンデジは手持ちなので、多少フレーミングがずれている。
   これは仕方がない。三脚を2本持っていくのは難しい。
※4 ふくかかん 花の中心にある筒状の部分
















<例 273_1 日本水仙 無補正 >



<例 273_2 フラッシュon >



<例 273_3 LEDライトon >



<例 273_4 カメラ側の様子 >



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


撮影技法 No.273 スイセンを撮る(その2)  cf1月中旬 

ついでにウォーキング