これまで、ついでにウォーキング では撮影の約7割で、レンズ交換は出来ないコンパクトカメラを使用してきた。ズームレバーを操作するだけで費用もかからず、操作も至って簡単だ。今回は、そのレンズの広角マクロの機能をを活かす方法を紹介したい。

【ポイント】 マクロモードで至近距離から撮る
 (1) 広角マクロ機能を使うので、被写体までら30cmくらいに寄りたい。
 (2) 背景にも十分気をつけてポジションを選び、情景も描写したい。
   ①ボケによる効果は期待できないので、背景を単純化できる場所を探すこと。
   ②逆光で撮り、花びらの美しさを強調できる位置を探す
(撮影技法No.25 参照 )

【注意点】
 ① コンパクトカメラはレンズフードがないので、厚紙や手の甲でハレ切りをする。
 ② この時、左手でカメラの支持し、右手でシャッターを押すと手が足りな い。
   そこで、一脚とタイマー(2秒が適当)を利用し、左手で一脚を支持し、右手でシャッタ
   ーを押したら、すぐに右手の甲でレンズに日陰を作るようにする。

【作例解説】 埼玉県行田市の水城公園のホテイアオイを例に説明する。
<例 34_1 > アイレベルでの手持ち撮影 
  アイレベルからの撮影だ。ホテイアオイが群生するあおいの池の様子はよく分かる
 が、ポイントが無く平板な写真になった。。何も考えないで撮るとこうなることが多い。
 <撮影データ> 35mm相当,f 4.5,1/640秒 ,-0.7EV,PowerShot A650 IS
(以下同じ)

<例 34_2 > ローアングルから
  そこで、カメラを一脚に固定し、地上約30cmから撮影した
(撮影技法No.01参照 )
 池の広がりは強調できたが、まだ花の美しさが伝わらない。
 <撮影データ> 35mm相当 ,f 4.0 ,1/640秒 ,

<例 34_3 > クローズアップ
  一番手前のホテイアオイにテーマを絞り、マクロモードにして一脚を前に倒しながら
 花との距離を約20cmまで近づけた
(撮影技法No31参照 ) 。逆光なので、影を弱めて鮮や
 かさを出すためフラッシュを使用し、群落の広がりとホテイアオイの美しさを強調した。
 <撮影データ> 35mm相当 ,f 5.0 ,1/500秒 ,マクロモード,フラッシュ 光量1/4

<例 34_4 > ズームアップ
  <例 34_3 >の位置から数メートル離れた岸辺で、形の良いホテイ アオイを見つけ
 たが、池の周囲には柵があり、花まで30cmほどしか近づけなかった。そこで、45mm
 相当にズームアップして撮影した。テーマの2株のホテイアオイを強調するため、花び
 らの上端が背後の石橋よりも上に見える位置までカメラを下げ(地上約10cm)、
 <例 34_3 >と同じ要領で撮影した。大群落とともに透過光に輝く花びらと、その模様
 の面白さを鮮やかに表現した。
 <撮影データ> 45mm相当 ,f 5.0 ,1/500秒 ,マクロモード,フラッシュ 光量1/4

今回は、これまでに解説した撮影技術No.01、02、25、31を駆使している。コンパクトカメラでも工夫をすれば、十分に観賞に堪える作品ができる。










< 例 34_1 アイレベル



< 例 34_2  ローアングル



< 例 34_3 クローズアップ



< 例 34_4 ズームアップ







撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る


撮影技法 No.34 花を撮る(その7) 広角マクロ撮影

cf9月中旬 

ついでにウォーキング