アセビ※1は、この葉を食べた馬が苦しむことから、馬酔木の文字が当てられたという。
アセビを何の工夫もなく撮ると<例 95_1>のように、白い壺型の花冠の質感が飛んでしまうことが多い。今回は、撮影技法No.56 望遠マクロNo.58 ローキーNo.67 日中シンクロなどのテクニックを駆使し、いつものコンデジで、花冠の艶と透明感を表現してみたい。

【ポイント】 絞り優先モード+思い切りアンダー+日中シンクロ

【 方 法 】
(1) 後ボケを活かしたいので、絞り優先モード(A)が適している。絞りは開放が望ましい。
(2) 露出補正を-2EVに設定する。
(3) 内蔵フラッシュの光量を1/2、1/4、1/8と変化させながら大量に撮る。
(4) 背景がアンダーな状態のまま、アセビの花冠だけが適正露光の1カットを選ぶ。

【作例解説】 共通条件 : 100mm相当※2,f 4.0,絞り優先モード,PowerShot G12
<例 95_1> アセビ
 クローズアップレンズ(以下、CLと略) No.2使用。開放絞りとのため、背景の家屋の壁はボケているが、壺型の花冠は飛び気味で質感に乏しい。 <撮影データ> 1/500秒

<例 95_2> 露出補正 -2EV
 上記の条件のまま、露出補正を-2EVに設定する。2段分アンダーになり予想通り背景はほぼ黒くつぶれている。 <撮影データ> 1/2000秒 

<例 95_3> フラッシュ 1/4
 上の条件にプラスして、フラッシュの光量を変化させながら大量撮影術で撮っていく。
光量を1/4にしたときに白い花冠に対して、ほぼ適正露出になった。微調整は画像編集ソフトで行うで神経質にならなくても良い。1/2000秒、このシャッタースピードでも内蔵フラッシュがシンクロするコンデジにアドバンテージがある
※3。少しの工夫で乳白色の花冠の艶と透明感をある程度表現できた。 <撮影データ> 1/2000秒,フラッシュ 1/4

※1 アセビ(馬酔木)ツツジ科の常緑低木。葉に毒性がある。別名 アセシビ、アセボ
    グラヤノトキシン Grqyanotoxin ( 旧名:アセボトキシン Asebotoxin ) toxin:毒素。
    毒素:生物に起源を持つ毒性の強い物質。
※2 広角マクロならば、被写体にもっと寄ることができるが、フラッシュ光が鏡胴にケラれて、被写体の右側
    に黒い影ができる。ここは距離が適当に取れる望遠マクロが望ましい。きつい影は見られない。
※3 手持ちの一眼のシンクロ速度は2台とも1/160秒で、FP発光※4する高価なフラッシュを使用 しないと
    高速シンクロはできない。
※4 フォーカルプレーンシャッターを搭載したカメラで高速シャッターを切るとき、シャッタースリットが全画面
    を通過する間フラッシュを発光し続ける発行方式。FP発光のイメージは下記サイトが上手くできている。
    http://cweb.canon.jp/camera/flashwork/ettl2/high/index.html













<例 95_1  f 4,1/500秒



<例 95_2 -2EV補正



<例 95_3 フラッシュ使用 光量1/4



撮影技法 目次 に戻る   <Home>に戻る 


ついでにウォーキング

撮影技法 No.95 アセビを撮る  cf.3月中旬