令和 元年 6月16日(日) 快晴 62_31
  快晴の日曜日だ。ベッドパッドとダウンケットを干してから、小石川植物
 園に出かけた。ネジバナを期待していたが、もう終わりのようだ。薬園保存
 園と分類標本園をみてから、日本庭園にむかった。帰りは、白山通り沿いの
 パティスリーに寄るのが、このコースの仕上げになる。スイーツ(今回は、
 ジパング)を選び、パナッシェ(仏、混ぜるという意味)にしてもらう。
 アイスクリームとシャーベト、フルーツなどで、デコレートしてくれる。
 (N_P7700)

       
 令和 元年 6月12日(水) くもり 61_31
  午前中に向島百花園を散策した。昨日までは、ひどい雨が続いたので心配
 したが、それなりに咲いている。今回は、テッポウユリが各所で見られた。
 写真は、16番の島のテッポウユリだが、見ごたえがある。ちょうどいい時期
 のようだ。ホタルブクロは15番の島で大きな群落になっていた。帰りは、い
 つものパティスリーに寄り道して休憩するのが、このコースのお約束になっ
 ている。(N_P7700)

       
 令和 元年 6月 9日(日) くもり|小雨 60_31
  薄曇りで時々小雨が降り、ちょっと肌寒い。マウンテンパーカーを羽織り
 帽子をかぶっていれば問題ない。カメラは防滴仕様だ。久々に持ち出した高
 倍率ズームレンズも防滴だ。北綾瀬の「しょうぶ沼公園」に出かけた。
 千代田線北綾瀬駅までは3駅で、しかも南改札口を出れば、もう公園の中と
 いう安近短だ。堀切菖蒲園と比べると、公園は大きいが菖蒲田の総面積は、
 小さいかもしれない。この時期は菖蒲田には木道が敷かれ、間近にショウブ
 を見ることができる。後ボケを活かして、開放絞りで撮っているが、近接撮
 影では高倍率ズームは写りがあまいようだ。
 (DMC-G8,28-280mm相当、フラッシュ FP発光)

       
 令和 元年 6月 8日(土) 雨/くもり 59_31
  少し小雨が舞うが、折りたたみ傘を持って8:20に家を出た。9時少しす
 ぎには旧古河庭園に着くことができる。バラは昨夜の大雨で、だいぶ散って
 しまった。写真は、やや小ぶりメリナだ。サツキをバックに内臓フラッシュ
 をぐっと絞って入れている。花弁に残る水滴にキャッチライトが入り、いい
 感じに仕上がる。10時近くなると団体さんがやって来た。そろそろ引き上げ
 る時間だ。(N_P7700)

       
 令和 元年 6月 5日(水) くもり 58_31
  ハナショウブを求めて堀切菖蒲園に出かけた。相変わらず安近短だ。ショ
 ウブは、ちょうど見ごろのようだ。まだ蕾があるくらいがいい。写真には、
 「水の光」の札があった。この薄紫の色合いがなかなかでない。平日だが、
 人出は多い。園内を1週して引き上げることにしたが、このまま往復では
 歩き足りない。堀切橋で荒川を渡り、東武線の堀切駅から乗車して、西新井
 まで行くことにした。(N_P7700)

       
 令和 元年 6月 2日(日)  くもり 57_31
  撮影技法No.286を書き上げてHPにアップしてから、買い物も兼ねて柴又
 方面に散策に出た。写真は、葛飾柴又寅さん記念館に併設された TORAsan
 cafe のザッハトルテだ。寅さんシリーズの第41作はオーストリアのウィーン
 が舞台だった。本物のザッハトルテ?と期待した。砂糖を加えないホイップ
 クリームは約束どおりだが、ケーキのスポンジにアプリコットジャムが使わ
 れていないので違うようだ。ザッハトルテは登録商標で、街のケーキ屋さん
 でも、その名称は避けている。公共の記念館内のカフェで、これは如何なも
 のか。日曜日なのに客は3人しかいない。(N_P7700)

       
 令和 元年 6月 1日(土)  くもり 56_31
  大量の洗濯物を干し、特集No.618をHPにアップしてから新柴又周辺を
 散策した。写真は、パティスリーのイートインで頼んだ「フロマージュ・レ
 ジュ」だ。スフレふうの焼き菓子と蕨餅がついてきた。アイスティーと良く
 合う。フォトジェニックで、美味しく、これで660円は安い。(N_P7700)
       
 令和 元年 5月30日(木)  快晴 55_31
  予てから行きたとい思っていた日光市上三依
(かみみより)水生植物園に
 出かけることができた。この時期は、もちろん「ヒマラヤの青いケシ」が
 目当てだ。これは俗称ではなく、正式な和名だという。4カ所ほどに植えら
 れ、合計すれば数百株になりそうだ。植物園は、野岩
(のがん)鉄道会津鬼怒
 川線の上三依温泉駅から徒歩7分の距離だが、調べると駅の乗降客は日平均
 で20名程度だ。交通系ICカードは使えない。券売機はなく、切符は窓口で
 買う。自動改札に対応しない切符がもられる。関東地方にも、まだ、こんな
 ローカルな駅があった。応援したいが片道3.5時間では、そうそう行けない。
 (DMC-G8,24-120mm相当)

       
 令和 元年 5月28日(火)  くもり・強風 54_31
  真夏のような暑さは納まったが、風が強い。ラベンダーやチドリソウ(ヒ
 エンソウ)を求めて東松戸ゆいの花公園に行ってみた。ラベンダーはこれか
 らのようだ。背の高いチドリソウは、風で揺れて10分間も一脚を構えてい
 ても撮らせてくれない。止む無く、例によって公園を2週して引き上げた。
 写真はバラのシンデレラだ。案内板には「2003年、独、ソフトピンク、丸弁
 クォーターカップ咲、微香性」とあるが、傷みがひどい。コントラストと明
 瞭度を下げると、あまり傷みは気にならない。(N_P7700)

       
 令和 元年 5月25日(土)  快晴 53_31
  暑い日が続く。アサザを求めて市川市万葉植物園に出かけた。予想どおり
 アサザ池(と勝手に名付けている)には一面の黄色い花が広がっている。
 水面ギリギリから撮ると、アサザがずっと続くようにみえる。本当は5m×
 3mほどの小さな池だ。珍しく30人ほどの団体が来た。ウォーキングのツ
 アーのようだ。狭い園路はすれ違うのも大変なので、四阿で15分ほど休憩
 することにした。団体さんは、1周すると引き上げてくれた。それからが撮
 影の時間になる。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 令和 元年 5月23日(木)  快晴 52_31
  少しい時間ができたので、水元公園のハーブ園を歩いてみた。写真はシソ
 科のフレンチラベンダーだ。別名、ストカエスラベンダー。ウサギの耳のよ
 うな苞(ほう)がトレードマークになる。逆光で撮るとその苞が輝いて見え
 る。ただ、暗くなるので内蔵フラッシュをごく弱く入れている。今日はスイ
 ーツまで手が回らない。(N_P7700)

       
 令和 元年 5月19日(日)  くもり時々晴れ 51_31
  谷津バラ園のHPを見ると「ただいま満開です。」とある。ややマンネリ
 ぎみだが、行くしかない。念のために折り畳み傘を持って出かけた。満開の
 バラに巡り合えた。写真は、日本のバラの「うらら」だ。1時間ほどで400
 カットを撮った。この頃は、絞りブラケット機能を使うので、枚数だけは増
 えてしまう。帰りの電車の中で、100枚ほどは没になった。
 (DMC-G8,24-120mm相当)

       
 令和 元年 5月16日(木)  晴れ 50_31
  ほぼひと月ぶりに水元公園に出かけた。もう少し頻繁に行けると季節の変
 化が花々で分かるのだが、当分仕方がない。写真はハクウンボクだ。ここ数
 年、この木に花はなかったような気がしたが、調べると数年に1度大量に開
 花するという。甘い香りがする。調べると安息香だ。主成分は安息香酸で、
 バニリンも含まれるという。それでバニラのような匂いがする。安息香酸ナ
 トリウムは清涼飲料水などの保存料として使用される食品添加物だ。
 (DMC-G8,24-120mm相当)

       
 令和 元年 5月14日(火)  小雨 49_31
  傘が要らないほどの小雨だ。パーカーを羽織って傘を持ち予定通り奥戸フ
 ラワーパークに出かけた。バスと徒歩で30分程度だが生憎のお天気もあって
 誰もいない。バラは、このところの強風で少し傷んでいる。例によって公園
 を左回りに1週し、続いて右回りにと思ったところで、かなり降ってきた。
 折り畳み傘をさして、もう1週した。写真は雫をまとったバラのゴールドバ
 ニーだ。雨になった方が、活き活きとした写真になる。もっとも、チノパン
 の裾はずぶ濡れだ。そのまま、バスで帰ることにした。(N_P7700)

       
 令和 元年 5月10日(金)  快晴 48_31
  朝から暑いくらいだ。案内はがきが来ていた日草展に行ってみた。場所は
 上野グリーンクラブになる。この数年毎年行っている。NHKも協賛している
 山野草展だが、今年は出品数が去年の半分もない。案内で聞いてみると高齢
 化で出品できる人が極端に減ってしまったという。写真は見事に咲くシラネ
 アオイだ。屋外の即売会場は、去年より大きくなっているが、すれ違うのも
 大変なほど混雑している。(DMC-G8,60mm相当マクロ)

       
 令和 元年 5月 8日(水)  快晴 47_31
  二駅前で途中下車して、足立区の清和バラ公園に寄ってみた。見事に咲い
 ている。写真は、シャルル・ドゥ・ゴールだ。いつものコンデジだが、開放
 絞りでぐっと寄って撮れば、背景がボケて淡い紫のバラが浮き上がる。
 困ったこともあった。腕章を付けたスタッフが、各区画にバラの名前の案内
 図を取り付けていた。「おとうさん、それ一部名前が違うよ。」『えっ!』
 「ほら、この案内図だと、そこの角のバラの色はワインレッドだけど、実物
 は、淡いピンクでしょ。品種違うんじゃない。」『あーっ。』「足立区の指
 定管理者として公園の管理運営してるんでしょ。案内図作るんだったら去年
 と同じじゃなくて現地調査しなきゃね。」『う~ん。』(N_P7700)

       
 令和 元年 5月 6日(月)
振替休日 雨/くもり 46_31
  大型連休の最終日だ。明け方雨が降ったようだが、8時には、道路も乾い
 ている。都心の方が空いているので、向島百花園に出かけた。写真はユリ科
 のムサシノキスゲ(武蔵野黄萓)だ。高山性のニッコウキスゲが、低地に降
 りてきた変種で、絶滅危惧種だという。一日花が見られてラッキーだ。風が
 強く一脚は役立たない。外付けフラシュを弱くFP発光させて切り取った。
 (DMC-G8,24-120mm相当)

       
 令和 元年 5月 4日(土)
みどりの日 晴れ 45_31
  徒歩で1時間ほどの大川原ハーブガーデンに出かけた。民営のガーデンだ
 が、入園は無料だ。カフェで休憩するか売店でハーブ類を買うのがお約束に
 なっている。今回はカフェ目当てのコースになる。写真のスイーツは「ルー
 ジュ」だ。フランス語で赤の意味で、分かりやすいネーミングだ。ハーブ園
 で摘んだ花を添えてくれる。フォトジェニックで、味も都心の有名パティス
 リーに負けていない。しかもリーズナブルだ。今回はテラス席にした。何も
 色補正はしていないが、鮮やかに写る。(N_P7700)

       
 令和 元年 5月 1日(水)
天皇即位の日 雨/晴/曇/雨 44_31
  今日から元号が令和になった。明け方は雨だったが、7時には曇空になっ
 た。予報では午後から、また雨だ。雨が止んでいるうちに、上野牡丹苑に出
 かけた。連休は都心の方が空いている。写真は、ボタンの「八千代椿」だ。
 弱く入れたフラッシュに葉に残る水滴が光り、アクセントになる。10時に
 苑を出たが、快晴で暑いくらいだった。甘味処に寄り道をしても11時半に
 は帰宅した。すでに本曇りだ。16時には雨になった。(N_P7700)

       
 平成31年 4月28日(日) 快晴 43_31
  朝から快晴の空だ。野田市の清水公園に出かけた。めずらしい民営公園で
 しばらくぶりに出かけたが、フィールドアスレチックスからキャンプ場まで
 ある総合的なアウトドア志向の公園になっている。その中の花ファンタジア
 という植物園に向かった。まず、早く行って抜けるような青空をバックに来
 園者のいないネモフィラを撮りたい。国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘
(3.5ha、ネモフィラ450万株)」には遠く及ばないが、ローアングルから広
 角でぐっと寄れば一面のブルーになる。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 4月27日(土) 雨/くもり 42_31
  10連休のスタートだが、明け方から雨だ。8時を過ぎると曇空になった。
 松戸の戸定公園で開催中の藤まつりを見に行った。公園は、徳川最後の将軍
 の実弟 徳川昭武の大名屋敷で国指定名勝だが、あまり有名ではない。特に
 午前中は見物客は少なく、藤の穴場だ。公園を一周して駅に戻り、カフェで
 休憩にした。写真は抹茶と桜のムースだ。春らしい色合いで桜の仄かな香り
 もいい。40mm相当の準標準レンズであまり絞らずに撮ると、ピントの芯
 から周辺に溶けるようにボケていく。(DMC-G8,40mm相当)

       
 平成31年 4月23日(火) 晴れ 41_31
  JRが事故で上り電車が大幅に遅れている。機材満載のザックを背負っては
 しばらく乗れそうもない。無理に乗り込んでも通勤の人に迷惑だ。行き先に
 約束がある訳ではない。急きょ下り電車で行ける市川万葉植物園に変更した。
 写真はチゴユリ(稚児百合)だ。数十輪咲いているが、横を向いているのが
 1輪あった。これを超ローアングルから撮れば、少し上向きに写る。開園直
 後に職員が大量に散水する。葉に残った水滴に、ごく弱く入れたフラッシュ
 光が反射して、いい感じになった。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 4月21日(日) 晴れ 40_31
  予定どおり、神代植物公園に出かけた。調べると10年ぶりだ。春バラの
 シーズンだとJR中央線三鷹駅からのバスが混雑するが、今回は、バラには
 まだ早くバスは空いている。写真は、ぼたん園に咲く「春の夢」だ。その
 名前に惹かれて1枚撮った。咲き始めで、ぼたん園やシャクヤク園は、ま
 ばらな状態だ。写真を撮りつつ、2時間半ほど歩き続けたが、49万平方メー
 トルの公園は、広くてとても1周することさえできない。ポイントを決めて
 行かないと、どれも中途半端になりそうだ。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 4月20日(土) 晴れ 39_31
  昨日、新たに買ったレンズ( LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm /
 F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.)が届いた。35ミリ換算で24~120mm
 相当になる。この焦点距離のレンズは、すでに1本あるが、それより明るく
 解像感も高い。水元公園に試し撮りに出かけた。写真はシソ科のラショウモ
 ンカズラだ。120mm相当までズームしてもレンズの先端から約12cmまで
 ピントが合う。マクロレンズに迫る性能だ。切れ・ボケとも十分だ。奮発し
 たが、それだけのことはありそうだ。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 4月18日(木) 晴れ 37_31
  朝から暖かいというより、暑いくらいだ。皇居東御苑のHPの開花状況で
 は、富士見櫓の苑路でオドリコソウが咲き始めたとある。さっそく出かけた。
 大手門では手荷物検査があり、だんだん厳しくなっている。今回は果樹古品
 種園に植えられている数種類のリンゴの花を見ることができた。写真は高坂
 林檎(こうさかりんご)だ。調べると、まぼろしのリンゴだという。淡い蕾
 の色が青空に映える。10時半を過ぎると団体が大量に入って来る。旗を持つ
 ガイドも外人がやっている。落ち着いて写真が撮れるのは、9時~10時半ま
 でのようだ。(N_P7700)

       
 平成31年 4月13日(土) 快晴 36_31
  朝から快晴で、暖かくなる予報だ。国立科学博物館附属自然教育園に出か
 けた。名前が長くて厳めしいので自然教育園と略したいが、これでは何処に
 あるか分かりにくい。そこで、所在地をとって目黒自然教育園と呼ぶことに
 している。 写真は、水生植物園に咲くミツガシワだ。群落になっている。
 これほど沢山あるのは初めてだ。ポジションを選び水面の反射を避けると、
 背景が暗くなる。さらに外付けフラシュをFP発光させて撮ると、水面はほぼ
 黒くなりコントラストのある絵柄になる。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 4月12日(金) くもり 35_31
  今朝も、この時期としては寒い。その分、桜も長く楽しむことができる。
 今日は、向島百花園に出かけた。桜は八重の「関山」が見事に咲いているが、
 曇り空バックでは、どうも締まらない。そこで足元に目を向けることにした。
 写真はユキノシタ科のイワヤツデ(岩八手)だ。蕾の頭が赤いので、タン
 チョウソウ(丹頂草)ともいう。本HPでは、特別に理由がない限り、その公
 園や植物園の表記をそのまま使うことにしている。(N_P7700)

       
 平成31年 4月 9日(火) 快晴 34_31
  明け方寒さで目を覚ました。ダウンケット1枚では、ちょっと寒い。その
 まま起きて、テレビをつけると天気図は西高東低の冬型だ。風が強く寒いが、
 抜けるような青空だ。早々に洗濯物を干し、燃やすごみを出して、それ以外
 の今日の予定は、すべて変更して水元公園に向かった。
 写真は、中央広場のメタセコイアをバックに、数本の染井吉野を切り取った
 1枚だ。PLフィルターが良く効いてハイコントラストになる。さらに画像編
 集ソフトでビビッド
(vivid、生き生きしているさま)な色調を選んだ。
 (DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 4月 7日(日) 晴れ 33_31
  ニリンソウを求めて、板橋区の赤塚植物園に出かけた。開園を少し待って
 入ったが、人出は殆どない。もともとニリンソウの自生地を公園として整備
 したゆるい傾斜地だが、年々群落が小さくなっているようだ。腕章を付けた
 監視員が時々回って来る。一脚を使って柵の外から撮っているので問題ない。
  10時半を過ぎると団体がやってきた。「タンポポって、大きくなると白く
 なるんだ。」という人達には、「これは白花タンポポという種類で、もとも
 と白ですよ。あれは、芹のようは葉と飛ぶ燕に見える花からセリバヒエンソ
 ウって言います。」と教えると皆スマホで撮りはじめた。試しにスマホで撮
 ってみると画質は別として、けっこう接写ができだ。(N_P7700)

       
 平成31年 4月 5日(金) 晴れ 32_31
  足立区都市農業公園のHPによると荒川河川敷のチューリップが見ごろだ
 という。昨日から暖かい。予定を大幅に変えて農業公園に行くことにした。
 距離的には、遠くないのだが交通の便が良くない。最寄り駅は東武線西新井
 駅だが、バスは1時間に1本程度しかないので、下調べが必要になる。
  この公園は桜の種類が多く、50種290本に及ぶという。写真は、エドヒガ
 ン系の八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)だ。露出をマニュアルで絞り、外付け
 フラッシュをFP発光させて切り取った。(DMC-G8,24-70mm相当)

       
 平成31年 4月 3日(水) 快晴 31_31
  午後3時ごろから少し時間ができた。いつものコンデジとPLフィルターを
 持って水元公園に出かけた。写真は、影が長く伸びる横光線の中で中央広場
 の林を切り取った1枚だ。28mm相当の広角なので空は均一の青さにならな
 いが、横光線による陰影とPLフィルターの効果が、コンデジとは思えない
 立体感と解像感を与えている。(N_P7700)

       
 平成31年 4月2日(火) 晴れ/くもり 30_31
  朝から快晴だが、予想では午後からくもりだという。風が冷たいので薄手
 のダウンを羽織って、小石川植物園に出かけた。開園とほぼ同時に入ること
 ができた。ソメイヨシノは満開だ。空の青さを活かしてコントラストを出す
 ため、PLフィルターを掛けると空がいっそう碧く、桜のピンク色が映える。
 この時期だけの景色だが、桜を撮ると更に解像感の高いカメラやレンズが欲
 しくなる病気が出てしまう。特効薬はない。11時には引き上げたが、正門の
 券売所は親子連れで混雑していた。(DMC-G8,24-120mm相当)

       
 平成31年 3月31日(日) くもり/晴れ 29_31
  昼頃になって、やっと少し晴れてきた。柏市の逆井にカタクリを撮りに出
 かけた。例年と比べて花数は少なく群落も小さい。桜の開花以降、雨や花冷
 えが続いているためだろう。(DMC-G8,28-280mm相当)
       
 平成31年 3月29日(金) くもり 28_31
  今日の天気予報では、今週末は雨のようだ。時間を作り春植物を求めて、
 市川市万葉植物園に行ってみた。今年は、赤のアセビ(馬酔木)が多くみら
 れる。今回も質感を出しつつ、背景を整理するために内臓フラッシュやLED
 ライトを多用した。10時を過ぎると、30人ほどのウォーキングのグループ
 がやって来て賑やかになった。「この花は何?、こっちは?」と聞かれるの
 で、写真は一時中断して案内役にまわった。ただ、グループは忙しそうに15
 分ほどで行ってしまい、また静かな植物園に戻った。(N_P7700)

       
 平成31年 3月24日(日) 晴れ 27_31
  来客が早めに引き上げたので、カタクリの下見に千葉県の逆井に出かけた。
 カタクリはソメイヨシノの開花とほぼ同じ時期に咲く。今年の東京のソメイ 
 ヨシノ開花は、3月21日だった。カタクリは、暖かくならないと花弁が反り
 返ってこない。11時ごろがいい。そこで、今回の撮影は順番を逆にしてパ
 ティスリーから始めた。ちょうど駅前にあり、喫茶コーナーもある。
 ピスタチオムースのシシリーを頼んだ。栗のケーキも付けてみた。カタクリ
 の自生地は駅から15分ほどだ。まだ2分咲き程度だろう。例年通り3月末ご
 ろに満開になりそうだ。(N_P7700)

       
 平成31年 3月23日(土) くもり一時小雨 26_31
  天気予報がはずれた。一日中くもりの予報だっが、向島百花園に着くころ
 には小雨がパラついた。園内を回るスタッフが「生憎ですね。貸し出し用の
 傘、ありますよ。」と言ってくれたが、「これも好いかも。」といってザッ
 クに常備する折り畳み傘を取り出した。写真はオトメツバキだ。内臓フラッ
 シュを弱く入れ、さらに左上から立体感を出すためにLEDフラットライトを
 入れた。手持ち撮影では手が足りないが、一脚があれば何とかなる。
 (N_P7700)

       
 平成31年 3月17日(日) 晴れ 25_31
  山野草展を目当てに川口グリーンセンターに出かけた。例年、観賞温室で
 開催される山野草展には、地元の愛好家の出品と業者の展示即売会があり、
 賑わう。今回は山野草愛好家の出品だけで、見られる数は少なかった。
 その代り、屋外の山野草園ではキクザキイチゲやカタクリが見られ、それな
 りに収穫があった。2時間ほどで500カット以上撮ったので、整理に手間取っ
 た。写真は、キンポウゲ科の菊咲一華の群落。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 3月16日(土) くもり|晴れ 24_31
  週間天気予報では雨だったが、くもりで時々晴れる。水元公園を散策した。
 写真はネコヤナギの花穂だ。逆光気味に撮ると白銀の綿毛がいっそう輝いて
 見える。背景と調和するように、弱くフラッシュを入れた。英名は pussy
  willow。pussy は猫の意味で、willow はヤナギだ。英語でもネコヤナギと
 いうのは面白い。花言葉は「自由」だという。猫だからか?(N_P7700)

       
 平成31年 3月14日(木) 晴れ 23_31
  午前中に用事があり、午後になってしまったが、春植物に会いに赤塚植物
 園に回ることにした。カタクリは、野草の小径にあったが、まだ、蕾だ。
 そのかわり雪割草がけっこう見られる。もともと丘陵地を公園にしているの
 で、自然な感じの植栽になっている。ただ、逆光でシベが暗い。内臓フラッ
 シュをonにして、光量をマニュアルで1/32まで絞り、焚き込んだ。ガイド
 ナンバーは0.2程度だろう。これで十分だ。明るい林の下に咲く春の妖精を
 切り取った。(N_P7700)

       
 平成31年 3月 9日(土) 晴れ 22_31
  東京地方に春一番が吹いたという。やや風が強いが暖かさに誘われて向島
 百花園に出かけた。安近短の定番コースだが内容的には充実している。
 写真は東京スカイツリーを背景に、紅白の梅林を切り取った1枚だ。半逆光
 だがレンズフードを付け、さらに木陰から撮っているので、フレアやゴース
 トは見られない。園内を2周した。10時を過ぎると来園者がぐっと増えて
 きたので引き上げ、いつものパティスリーで休憩にした。(N_P7700)

       
 平成31年 3月 5日(火) 晴れ 21_31
  昨日からの雨がやっと上がった。大量の洗濯物を干してから都立水元公園
 にウォーキングに出かけた。2月は、ほどんど雨が降らず、ここにきて急に
 降って暖かくなったのでベロニカが一斉に咲きだした。大きな群落があちら
 こちらで見られる。この花の正式な和名は、植物学者の牧野富太郎が名付け
 たオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)だが、ちょっと気の毒だ。そこで学名の
  Veronica persica からベロニカと呼ぶことにしている。 persica とは「ペ
 ルシャの」という意味だという。(N_P7700)

       
 平成31年 3月 2日(土) 晴れ 20_31
  ユキワリイチゲを求めて小石川植物園に出かけた。園にはメッシュで区切
 られた地図があり、A1~G16まで分かれている。1区画は50m四方になる。
 園のHPではユキワリイチゲがF10で見られると載っている。しかし、50m
 四方というのは結構広く、いつも小さなン花は探すのに苦労する。そこで、
 今回は正門の券売所で聞いていみた。地図にピンポイントに記入して丁寧に
 教えてもらい、簡単に見つけることができた。群落が2ヶ所あった。淡いパ
 ープルの花を幻想的に切り取った。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 2月27日(水) くもり 19_31
  降り出しそうな曇り空だが、河津桜を求めて松戸市の坂川河畔を散策した。
 7分咲き程度だろう。蕾があるくらいがちょうどいい。マクロモードにして
 画面が花と蕾で埋め尽くされるほどに近づいて切り取った。そのままでは、
 シベが影になり、発色も今一つなので、フラッシュをごく弱く焚き込んだ。
 この後は、戸定邸のさくらびな祭に回ることにした。最後は、カフェで休憩
 して反省会になるのが、この時期のいつものコースだ。(N_P7700)

       
 平成31年 2月26日(火) くもり 18_31
  上野の下町資料館で地口行灯(じぐちあんどん)を見てから、実際の祭で
 掲げられる様子を見たいと思っていた。台東区の千束稲荷神社で毎年、初午
 祭(はつうままつり)があるという。調べると、今年は2月23日~26日だ。
 神社には午後6時少し前に着いた。電灯の点いた沢山の地口行灯が並ぶ。お
 賽銭を上げてから撮らせてもらった。写真の行灯には「お染の姿 しばし と
 どめん」と書かれている。百人一首の「 天津風
(あまつかぜ) 雲の通ひ路
 (かよひじ)
吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ 」をもじった地口だろう。
 観賞するにも素養が要る。(DMC-G8 40mm相当)

       
 平成31年 2月24日(日) 晴れ 17_31
  先週後半から花粉症がひどいが、医者でもらった薬を飲んで、マスクをし
 ていれば何とか外出できる。上野グリーンクラブで開催中の2019雪割草全
 国大会を見に行った。1,2階は雪割草を扱う業者が展示即売会をやってい
 る。3階が雪割草展の会場だ。今年は、素人がイメージするような標準花の
 出展は少なく、玄人受けするような変わり種がおおい。撮影枚数は例年と比
 べて少ない。即売会の花の方が撮りたいものが多いが、こちらは撮れない。
 写真は標準花の「美世の春」だ。。(DMC-G8 60mmマクロ)

       
 平成31年 2月20日(水) 晴れ 16_31
  今日は、4月中旬の陽気だという。江東区の亀戸神社の周辺を散策するこ
 とができた。神社の梅は満開まで、もう少しだろう。神社の北約100mほど
 に江東天祖神社がある。あまり有名ではないが、道祖神が数体祭られている。
 比較的新しいものには銘が入っているようだ。写真は「朝凪(あさなぎ)」
 という銘があった。数カット撮らせてもらった。その後は、墨田区の香取
 神社にむかった。ここには香梅園という梅園がある。ほぼ満開だ。
 (DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 2月17日(日) くもり 15_31
  今年もセツブンソウ(節分草)とユキワリイチゲ(雪割一華)を求めて、
 自然教育園に出かけた。園内の3ヶ所に小さなセツブンソウの群落がある。
 セツブンソウは、高さ3~4cmほどの花で手持ちで超ローアングルから撮っ
 ていると「やっぱり、これ(チルト式モニタ)がないと。無理ですね。」と
 言って、一眼レフにマクロレンズを付けたお父さんが、話しかけてきた。
 「そうですね。」と答えて場所を譲り、園内を半周してからポイントに戻り
 また数カット撮った。(DMC-G8 60mmマクロ)

       
 平成31年 2月14日(木) くもり/晴れ 14_31
  11日の雪から寒い日が続いているが、梅と菜の花を求めて浜離宮恩賜庭
 園に出かけた。平日で人は少ないはずだが、10時を過ぎる頃から突然中国
 語が聞かれるようになった。今年の中国の旧正月の休みは、2月4日から10
 日までの7連休だというが、まだ、春節の影響が続いているようだ。写真は
 アブラナ科のナノハナ(背景は梅の八重寒紅)だ。こうして切り取ると超高
 層ビルが林立する中の庭園とは思えない風情になる。(N_P7700)

       
 平成31年 2月 4日(月) 晴れ 13_31
  今日は朝から暖かい。4月の陽気になると予報は伝えている。薄手のダウ
 ンジャケットを引っ掛けて、洋蘭展2019を目当てに川口グリーンセンター
 に出かけた。新井宿駅に付くと、ダウンはもう要らないくらいだ。まるめて
 ザックに押し込んだ。15分ほどで公園に着く。まず、観賞温室で開催中の洋
 蘭展2019を見て回った。新宿御苑の協賛もあり展示される種類や数も多い。
 写真は、温室の中央に置かれた「レリア アンセプス」だ。花弁の僅かにピン
 クがかった色合いが中々出ない。少し引いて、アウトフォーカス気味に華や
 かな背景も入れ込んで切り取った。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 2月 2日(土) 晴れ 12_31
  昨日の夜は雪が舞ったが、今朝は南風が吹いて暖かい。洗濯物を干してか
 ら水元公園の散策に出かけた。写真は公園の北側にある苗圃に植林されたソ
 シンロウバイ(素心蝋梅)だ。蝋細工のような花弁が朝日に輝くところを切
 り取った。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 1月31日(木) 晴れ/くもり 11_31
  午後から時間ができた。予定外だが都立野川公園に行くことにした。天気
 予報では、夜から雨か雪だという。都立公園のHPでは、セツブンソウが見
 られるとなっている。もし大雪だとやられてしまうので、その前に行くこと
 にした。園内のカタクリ山で数十株見ることができるが、昨年と比べて個体
 は小さく、群落もまばらだ。恐らく今年に入って殆ど雨が降っていないせい
 だろう。超ローアングルから切り取った。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 1月27日(日) 晴れ 10_
31
  上野の不忍池周辺を歩いたが、濡れた歩道が凍っている。あまりの寒さに
 下町風俗資料館に避難した。ちょうど初午(はつうま)の時期に合わせて、
 地口行灯(じぐちあんどん)が飾られている。ホワイトバランスをオートか
 ら「晴れ」にして、40mm相当の準標準レンズの開放絞りで切り取った。
 白熱電球の赤みがかった色合いに発色し、後ボケと合わせて、夕暮れ時の雰
 囲気になった。帰り道も風がひどく冷たい。途中下車して、パティスリーの
 喫茶コーナーで休憩した。
(DMC-G8 40mm)

       
 平成31年 1月24日(木) 晴れ 9_
31
  カンザクラをもとめて、小石川植物園に出かけた。旧養生所の井戸の北側
 に1本だけある。ほぼ満開のようだ。ソメイヨシノよりも色合いが濃く、河
 津桜と区別がつかない。みんなの花図鑑では「カンザクラ:カンヒザクラ
 (寒緋桜)とヤマザクラ(山桜)ないしオオシマザクラ(大島桜)の雑種と
 考えられている栽培品種である。」となっている。一方、Wikipediaでは、
 「カワヅザクラ:オオシマザクラ とカンヒザクラの自然交雑種であると推定
 されている。」となっていて、ますます区別がつない。帰りは巣鴨駅まで歩
 くことにした。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 1月22日(火) 晴れ 8_
31
  千葉県松戸市の矢切を散策した。矢切は「やぎり」と読まれることが多い
 が、本来は濁らずに「やきり」が正しい。ネギ畑の間を抜けて市川市北国分
 に入るとケーキラボ(cake labo)という看板が気なった。店名はMAGNETだ。
 これでは引き寄せられてしまう。ハーブガーデンを併設したカフェらしい。
 写真は、ケーキセットで頼んだピエジェだ。ピスタチオを使ったババロアと
 グリオット入りの渋みの効いたショコラムースが、二層になっている。焼き
 菓子とスイセンの花が添えられている。コーヒーはポットで供される。お洒
 落でリーズナブルなカフェだ。(N_P7700)

       
 平成31年 1月20日(日) 晴れ 7_
31
  港区郷土歴史館に行ってみた。この歴史的建造物は、昭和13年に竣工し
 た旧国立公衆衛生院で、平成14年まで使用されてきた。仕事で、4階講堂に
 は来たことがある。平成21年に港区が取得し郷土歴史館として昨年開館した
 複合施設だ。建物には重厚な趣がある。同区の郷土歴史館のほか図書館など
 区の施設が入っている。常設展、特別展を含め見学可能なところは、ひと通
 り見ることができた。来館者は、少なく誰かとすれ違うこともない。建物の
 1/3ほどしか利用されていない。10時半に1階カフェに寄ってみたが、客は
 一人もいない。存続できるか心配になる。(DMC-G8 24-120mm)

       
 平成31年 1月16日(水) 晴れ 6_
31
  きょうは、少し暖かい。水仙を求めて向島百花園に出かけた。春夏秋冬
 花不断という百花園だが、さすがにこの時期は少ない。日本水仙は15番の
 島付近に多く見られる。今回は外付けフラッシュをトリガーを使い、花の裏
 側から遠隔発光して白い花弁の輝きを撮ってみた。ただし、シベが暗くなる
 のでLEDライトを弱く正面から入れている。広角マクロモードで、ぐっと寄
 れば日本水仙の群落に見えるかもしれない。(N_P7700)

       
 平成31年 1月12日(土) くもり 5_
31
  WEB巡回ソフトを走らせると、おりがみ会館で、「彩人形・おひなさま・
 二人展」という紙人形展が開催されている。行ってみることにした。写真は
 2階ギャラリーに展示される「おいらん」だ。高さ15cmほどだ。この大き
 さで、これだけ緻密に作るのは大変な業だろう。写真撮影とフラッシュの使
 用許可を求めると、この部屋だけはOKだという。幸いほかにはギャリーが
 いない。次の客が来るまでの間に50カットほど撮らせてもらった。15分ほど
 あった。これで、無料という大変に有り難い展示会だ。ささやかながら紙人
 形展のPRに協力したい。
(DMC-G8 24-120mm)
 
       
 平成31年 1月10日(木) 晴れ 4_
31
  ニュースでは、一番の寒さだという。洗濯物を干すと、すぐに水元公園に
 出かけた。公園のグリーンプラザ裏の霜柱を撮るためだ。確かに寒く、霜柱
 は出来ていたが、意外と小さい。今度はロウバイを求めて樹木園に向かう。
 ロウバイの林というほどではないが、甘い香りとともに黄色い花が見られる。
 シベが暗いので、内蔵フラッシュをごく弱く入れ込んだ。花弁にハイライト
 が入り、蝋細工のような光沢を見せてくれる。
(DMC-G8 24-120mm)
 
       
 平成31年 1月 6日(日) 晴れ 3_
31
  午後5時ごろ、上野公園不忍池の西側から弁天堂とスカイツリーの写真を
 撮っていると後ろから、声を掛けられた。
 Is it video ? (これは、ビデオですか?)振り向くと大男だった。
 It is still.   (静止画です。)と答えた。すると
 What is the camera iso ? (カメラのISOはいくつですか?)と続いた。
 Two hundred. (200だよ)と答えると流ちょうな日本語で、
 「僕のカメラはニコンだけど、ここではISO100で撮ってますよ。」
  
・・・ 初めから日本語で聞いてよ、・・・・
 「このカメラはパナソニックで最低感度は200、これで十分きれいな絵に
  なるよ。」と言ってモニターを見せると、
 「ok、頑張って、バイバイ。」といって去っていった。こちらも
 「サンキュー、バイバイ」と応えた。(DMC-G8 24-120mm)
 
       
 平成31年 1月 5日(土) 晴れ 2_
31
  この時期にシソ科のシモバシラの根元にできる氷の霜柱を見たいと思い
 赤塚植物園に出かけた。暖かいので小さいが、公園の野草の小径で見ること
 ができる。開園時刻に着いたが先客がいた。写真はあまり撮らずに、やたら
 と話しかけてくる。写真の話なら聞いてもいいが、カメラや機材の自慢話は
 遠慮したい。年齢を聞くと80歳だという。2,3分話を聞いて、その場を離
 れた。公園をゆっくりと一回りしてから野草の小径に戻り、10分ほど霜柱を
 撮った。その後は徒歩で板橋区立熱帯植物館で開催中の「らん・ラン・欄展
 2019」に向かった。今日は15800歩になった。(N_P7700)
 
       
 平成31年 1月 2日(水) 快晴 1_
31
  穏やかな好いお正月だ。ちょっと寒いが、上野東照宮ぼたん苑に出かけた。
 9時半の開苑と同時に入ることができた。今年は花のつきが良く、色形とも
 フォトジェニックな被写体を提供してくれる。例年通り苑内を一往復半して
 撮りまくった。見る方向が逆になると、光線状態も変わるからだ。お天気が
 良すぎて、影がきつい。また、麦藁の中のボタンが暗くなるのでフラッシュ
 弱く焚き込んでいる。写真は五重塔を背景にしたミツマタ。(N_P7700)
 
Diary31<Top>へ   <home>に戻る  

ときどき Diary 31  ( 平成 22年23年24年25年26年27年28年29年30年,31年 )

<Home>