<Home>

  ときどき Diary R06  
       
 令和6年 6月16日(日) 雨/くもり/晴れ 058_06
  7時前には、雨が上がった。洗濯物を外干しにしてから都立日比谷公園に出
 かけた。6月4日にも来ているが、十日もすると咲いてる百合の種類が替わる。
 今回は、「ホワイトヘブン」、「ティセント」、「ニンフ」などが見られた。
 10時半に引き上げ、千代田線根津駅で下車し、甘味処に向かった。写真は、
 「アベックあんみつ」だ。その名を聞いて店の名前が分かる人は、相当な通だ
 ろう。しかも庶民的なお値段だ。11時間店。月曜日休み。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 6月13日(木) 晴れ 057_06
  相変わらず暑い。すでに朝から暑い。あまり歩かずに写真の撮れる公園と
 いうことで、東松戸駅から10分ほどの「ゆいの花公園」に行ってみた。写真
 は、キンポウゲ科のチドリソウ(千鳥草)だ。別名でヒエンソウ(飛燕草)と
 もいう。群れて飛んでいるように見えるものは、チドリソウが適しているが、
 1輪をアップで撮るときはヒエンソウがよさそうだ。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 6月11日(火) 快晴 056_06
  例年なら梅雨入りしている時期だが、今年は遅れている。毎日快晴で暑い。
 こんな時にウォーキングをしたら、熱中症になりそうだ。というわけで、公園
 の中に駅がある場所ということで、都立舎人(とねり)公園にした。
 全く暑いが、ボランティア花壇では、麦わら帽子を被った方たちが作業をして
 いる。挨拶をしてから花壇の様子を数カット撮らせてもらった。メインスト
 リートには、殆ど人がいない。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 6月 8日(土) 快晴 055_06
  6月5日に、堀木水辺公園に来たときは、ハナショウブは6分咲きだった。
 特に、PLフィルターでコントラストと青さを強調した空に映える白系統のハ
 ナショウブが少なかった。今日もう一度トライした。明日からまた、曇りや
 雨になる天気予報だ。8:30に荒川河川敷の堀切水辺公園に着いた。東京ス
 カイツリーのある方向は、殆ど雲がない。PLフィルターがよく効いて、白い
 ハナショウブが引き立つ。ただ、ハナショウブは、水を張った菖蒲田の縁から
 遠く、両手をいっぱいに伸ばして、花まで15cmほどに近づいて広角マクロ
 モードで撮っている。こうなると一脚も使えない。水平垂直に注意しつつ、
 枚数を撮ってマイベストを選ぶことにした。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 6月 5日(水) 快晴 054_06
  やっと晴れた。このところ1日の内のどこかの時間帯で雨や雷があった。
 雷三日とTVでは言っていた。堀切菖蒲園に行ってみた。きもち早めで、7分咲
 きくらいだろう。荒川河川敷の堀切水辺公園にも回った。こちらは5分から
 6分咲きだろう。スカイツリーにかかる雲が動くのを待って数カット撮らせて
 もらった。堀切菖蒲園駅前のパティスリーでスイーツを買って帰宅した。まだ
 11時だが、洗濯物は気持ちよく乾いていた。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 6月 4日(火) 雨/晴れ 053_06
  朝6時に新聞を取りに出ると、空は明るいが、まだ少し降っている。予報は
 晴れだ。今日は、都心に買い物に行く予定だ。コンデジをザックに入れて、
 早めに出て、まず日比谷公園によってみた。予想どおり、霞門付近でテッポ
 ウユリが咲いている。しかも朝の雨が水滴として残っている。数カット撮って
 から、デパートに回った。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 6月 2日(日) 晴れ/くもり/雨 052_06
  遅咲きのバラを求めて習志野市谷津バラ園に出かけた。園に着いた頃は、
 晴れていたが、急に暗くない強い雨になった。すぐにやみ、また晴れるという
 急がしいお天気になった。折りたたみ傘は持ってきた。また、防水の効いた
 トレッキングなので、とくに問題はない。カフェで休憩していると、また晴
 れて暑いくらいになった。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 5月23日(木) くもり 051_06
  5月下旬は、以外と花々が少なく、あまり出かけていない。旬のページでも
 5月下旬は、84枚しかアップできていない。他の旬のページは100枚を超えて
 いる。身近な植物園から見直してみることにした。手始めに市川市万葉植物園
 に出かけた。はやり、旬の花々は少なく、来園者も殆どいない。そんなことも
 あり、造園業者が入って色々と作業をしている。工事の邪魔にならないように
 園を半周して引き上げた。写真は、バイカウツギ(梅花空木)。
(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 5月20日(月) 雨/くもり 050_06
  都心に出たついでに、日比谷公園に寄ってみた。ちょうど10時半頃には雨も
 上がり、咲き始めたユリ(マニフィーク)に水滴が残り、いい感じだ。ただ、
 如何せん暗い。LEDライトをコンデジに取り付け100%で点灯した。30cm
 くらいまで寄れば、花もある程度明るくなった。15分ほど撮らせてもらって
 引き上げることにした。帰宅しても、まだ12時前だ。
(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 5月18日(土) 快晴 049_06
  夏のように暑い日が続く。洗濯物を干してから、東松戸のゆいの花公園に
 行ってみた。7000歩程度にしかならないが、まだ暑さに体が慣れていないの
 で、これくらいがちょうど良さそうだ。写真はキンポウゲ科のチドリソウだ。
 少しの風でも揺れて、待っている時間が長い。園内を2周して引き上げた。
(COOLPIX P7700)
       
 令和6年 5月14日(火) 雨/くもり 048_06
  朝新聞を撮りに出ると、ポストの上に水滴が残っている。天気予報どおりに
 夜半に雨が上がったらしい。千葉県の谷津バラ園に行ってみた。今年はバラの
 出来がいい。どこを切り取っても画になりそうだ。水滴にキャッチライトを入
 れるために、FP発光に対応したフラッシュは必須だ。早くバラ園に入り人出
 が多くなる前に撮りきりたい。写真は、「ローズうらら」。広角側で思い切り
 寄った。(DC-G99 24-120mm相当)

       
 令和6年 5月11日(土) 快晴 047_06
  風が強いが朝から快晴だ。フレンチラベンダーを求めて、都立汐入公園に
 出かけた。ラベンダーと比べて香りは弱いが、ウサギの耳のような苞が特徴
 的だ。色の異なる数種類が植えられている。やはり、苞が紫色のものがフォ
 トジェニックだ。逆光から撮ると耳が一層鮮やかに写る。
(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 5月 7日(火) 雨/くもり 
046_06
  朝から雨だが、そろそろ清和バラ公園のバラが見頃になるはずだ。早めに
 朝食をとり、可燃ごみを出してから清和バラ公園に出かけた。最寄り駅は、
 つくばエクスプレス線の清和駅で徒歩2分の距離だ。ただ、これではウォーキ
 ングにならない。そこで、同じ足立区内の綾瀬駅から歩くのが、恒例になって
 いる。徒歩25分程度だ。今年はバラの出来がいい。フラッシュをマニュアル
 発光でごく弱く入れると、水滴にキャッチライトが入り、生き生きとした感じ
 になる。しかも雨で、来園者は殆どいない。咲き乱れる各種バラを背景にケニ
 ギンベアトリックス?を切り取った。この一角だけ、品種を示すプレートが
 ない。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 5月 3日(金) 快晴 
憲法記念日 045_06
  ゴールデンウィークも後半に入った。テレビから連日、高速道路などの渋滞
 のニュースが流れてくる。こんな時は、都心に向かったほうがすいている。
 向島百花園に行ってみた。新緑が美しい。写真は、ロウバイ科のクロバナロ
 ウバイ(黒花蝋梅)だ。快晴のお天気でコントラストがきつい。強めに内蔵
 フラッシュを入れて、影を弱めて撮った。園内を2周して引き上げた。
 電車もすいている。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月30日(火) 小雨 044_06
  小雨というか、傘をさすほどでもないくらいの霧雨が時折舞うが、バラを
 求めて旧古河庭園に行ってみた。写真は「万葉」だ。京成バラ園で創出された
 とある。ときどき団体さんがやってくるが、バラ園を一周することもなく、通
 り過ぎて行く。次の目的地に向けて観光バスが待っているのだろう。5分も待
 てば背景のすっきりした景色になる。バラ園を2周して引き上げた。途中、パ
 ティスリー寄り道をした。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月28日(日) 快晴 043_06
  暑いくらいの陽気になった。一部では真夏日(30℃以上)になったところ
 もあるようだ。暑さに慣れていないので、ウォーキングは少なめということ
 で、ゆいの花公園に出かけた。写真はモクレン科のホオノキ(朴の木)だ。
 花の直径が20cmほどある。高いところに咲き、モニターを下に向け、両手
 を上にいっぱいに伸ばして、やっと撮ることができた。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月26日(金) 晴れ 042_06
  晴れているが、かすんでいる。天気予報が黄砂に注意と呼びかけている。
 洗濯物を内干しにして、除湿機のスイッチを入れて水元公園に出かけた。
 青空バックに新緑を撮りたいが、空がかすんで、どうもよろしくない。
 写真は、ヒトツバタゴだ。別名、なんじゃもんじゃの木ともいわれる。日が
 差して新緑が輝いた時にシャッターを切った。11時半に帰宅すると洗濯物は
 気持ちよく乾いていた。取り込んでから、お昼にした。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月23日(火) くもり 041_06
  天気予報が当たり、今にも降り出しそうな曇り空だ。ただ、予報では降ら
 ないとなっている。折り畳み傘を持って市川万葉植物園に出かけた。この時
 期は、クマガイソウやイチハツなどが見られるはずだ。開園の9:30ちょうど
 に植物園についた。写真は、2×3mほどの花壇一面に咲くホソバノアマナだ。
 (ネームプレートでは、ホソバノアマナだが、タマスダレのようにも見える)
 これほどの密度で咲いているのは初めてかもしれない。クマガイソウは、1輪
 でけあった。他には、ジャケツイバラ(蛇結茨)が鮮やかな黄色い花を咲か
 せていた。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月20日(土) 晴れ 040_06
  皇居東御苑の花の見頃情報は、毎週金曜日に更新される。昨日チェックす
 ると沢山の花々が、咲いている。特にキンランとオドリコソウに期待して、
 東御苑に出かけた。電車1本で行ける。二の丸庭園では、キンラン、ギンラン
 とチゴユリなどが見られる。写真は、シソ科のオドリコソウだ。富士見櫓に
 向かう小径の両側に咲いている。少し赤みの差した花を探して切り取った。
 10時を過ぎると、外国人が急に多くなる。引き上げることにした。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月18日(木) くもり 039_06
  黄砂の影響で時々くしゃみが出るが、咲いたばかりのボタンを求めて上野
 東照宮牡丹苑に出かけた。開苑に5分ほど遅れて入ったが、ほとんど散策の人
 がいない。それはそれで有り難い。落ち着いて撮ることが出来る。写真は、
 「八千代椿」だ。名称にツバキと入っているがボタン科だ。マクロレンズの
 開放絞りで、ぐっと寄った。背景がいい感じにボケてくれる。マクロレンズな
 ので、開放絞りでもピントの合う中心部は、しっかり解像している。10時を
 過ぎると外国人が急に多くなった。牡丹苑の後は甘味処に寄るのがお約束だ。
 (DMC-GX7MK2 90mm相当マクロ)

       
 令和6年 4月15日(月) 晴れ 038_06
  都立薬用植物園は、4月の第3、4月曜日と5月のすべての月曜日で開園する。
 一番花々が多い時期に見てもらうための対応らしい。大変けっこうだ。ボラン
 ティアの人たちが、9時から手入れをしている。写真はフデリンドウ(筆竜胆)
 だ。花の直径が1cmも無いほどだ。近接撮影に強い標準ズームを使用してい
 るが、これは大写しにならない。そこで、ザックに常備するオート中間リング
 10mmを使用することにした。これで等倍近くまで寄ることが出来る。しかも
 オートなので手ぶれ補正も働く。(DC-G99 24-120mm相当)

       
 令和6年 4月13日(土) 晴れ 037_06
  一属一種で、氷河期の生き残りといわれるミツガシワ(三槲)を求めて、目
 黒自然教育園に出かけた。水性植物区にあるが、花は、ほとんど終わりだ。
 その代わり、今回はサトイモ科の花が多く見られる。写真はウマシマソウ(浦
 島草)だ。地味な花が葉の下にあり、直射日光の影で、よく見えない。そこで
 フラッシュ光で撮ることにした。露出を-3EV補正し、内蔵フラッシュの光量
 をマニュアルで1/4にした。ガイドナンバーは1程度はずだ。光が回るように
 ディフューザを付けて切り取った。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月10日(水) 快晴 036_06
  5時45分に起きると、きのうの台風のような強風と大雨は、すっかり上がり
 快晴だ。放射冷却で、寒いくらいだ。洗濯物を急いで干してから、標準ズーム
 にPLフィルターを付け、さっそく水元公園に桜を撮りに出かけた。きのうの
 強風で一部散り始めているが、遠目には分からない。しかも、まだ、足元が
 濡れていて、座って花見をする人はいない。絶好のロケーションだ。PLフィ
 ルターがよく効いて、ソメイヨシノが実際よりも鮮やかに撮れる。
 (DC-G99 24-120mm相当、PL-F)

       
 令和6年 4月 8日(月) くもり/雨 035_06
  今週の前半は、お天気が悪い予報だ。今日は、午前中はもつようだ。都立
 石神井公園の公式ブログをみるとキバナカタクリ(黄花片栗)やイチリンソウ
 (一輪草)が見頃だとある。例によって、一輪咲いたのか群落があるのかなど
 量的な情報は無い。公園に付属するボランティアが管理する野草園だ。大群落
 などは無理だろう。それでも午前中だけ行ってみることにした。写真はキバ
 ナカタクリだ。この5輪が今咲いているすべてのようだ。望遠ズームレンズで
 切り取ったが、FP発光対応のフラッシュを持って行かず苦労した。機材が増え
 れば荷物が重くなる。一眼を持ち出すときは、デイリー用の20ℓミレーザック
 よりもドイターのトレッキング用25ℓのほうが良さそうだ。午後から大雨。
 (DC-G99 90-350mm相当)

       
 令和6年 4月 6日(土) くもり 034_06
  この週末から来週初めが、ソメイヨシノの見頃になるが、関東南部は、お天
 気が望めないようだ。足元の花々に期待して赤塚植物園に行ってみた。
 ニリンソウは、そろそろ終わりのようだ。ただ、万葉植物園に小さな群落が
 残っていた。超ローアングルから数カット撮らせてもらった。園内を2周し、
 20種類ほどの植物を切り取った。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月 2日(火) 晴れ 033_06
  明日、明後日と雨の予報だ。しかもだいぶ降るらしい。2日連続のウォーキ
 ングだが、安近短の向島百花園に出かけた。桜(ソメイヨシノ)にはまだ早い
 が、足元には沢山の花々が見られる。写真はメギ科のイカリソウ(碇草)だ。
 花の直径でも1.5cmほどだ。地面にカメラを支える左手の甲が着くくらいの
 ローアングルから見上げるように撮っている。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 4月 1日(月) 雨/晴れ/くもり/雨 032_06
  明け方降ったが、8時には上がり日が差した。予定どおり柏市逆井のカタク
 リ自生地にでかけた。写真は途中のナノハナの畑だ。自生地に着くと、あまり
 人がいない。朝方の雨のせいだろう。カタクリの出来はあまり良くない。
 コンクリート製の柵の向こう側にさらに、5cmメッシュの網が固定されてい
 て、ローアングルが撮りにくくなった。崖の上部には、けっこう咲いている。
 昼過ぎには、くもりから土砂降りになった。

 (DC-G99 24-120mm相当)

       
 令和6年 3月30日(土) 快晴 031_06
  東京地方は、きのう桜が開花した。それから急に暑くなった。今日は夏日
 に近い。市川市万葉植物園に行ってみた。ヒトリシズカもイカリソウも、全く
 無い。急に暑くなっても植物は間に合わない。写真は、タンチョウソウ(丹頂
 草)、別名:イワヤツデともいう。これは、そろそろ終わりのようだ。その
 他には、オキナグサ(翁草)が沢山見られた。園路脇の縁石にくっ付くように
 咲いている。高さ10cmほどで下を向くので、これも上手く撮らせてくれない
 花のひとつだ。
 (COOLPIX P7700)
  
       
 令和6年 3月27日(水) 快晴 030_06
  久々の快晴だ。一面のカタクリを求めて、神奈川県相模原市の城山カタクリ
 の里に出かけた。電車と直通バスを乗り継いで2時間20分ほどだ。カタクリは
 受付に6分咲きと出ているが、まばらな状態で一面に咲くような斜面はない。
 その代わり、キクザキイチゲやユキワリソウ(正式名称は、オオミスミソウ)
 が多く見られる。写真はキクザキイチゲだ。背景に林地を入れて切り取った。

 (DC-G99 24-120mm相当)
 
  
       
 令和6年 3月24日(日) くもり 029_06
  曇り空だが、わりと暖かい。ホトケノザやイカリソウを求めて水元公園に
 行ってみた。ホトケノザの大きな群落を見つけた。10m四方ありそうだ。
 さっそく超ローアングルから切り取った。いつものことだが、このマゼンダ系
 の色合いが上手く出ない。撮影に当たって、ファイルサイズは大きくなるが、
 色空間は、Adobe RGB空間を指定している。また、広域帯に対応したモニタ
 で見ているので、それなりに実際の色合いに近いはずだ。試しに、モニタの
 表示をSRGBに切り替えると、もっと色合いが沈んでしまう。
 (COOLPIX P7700)

     
       
 令和6年 3月22日(金) 快晴 028_06
  快晴だが、きのうから北風が強く寒い。ソメイヨシノの開花も例年より遅れ
 ている。サザンカ・ツバキ園の椿に期待して、小石川植物園に出かけた。
 まず、ツツジ園を一回りした。写真はホンコンドウダン(香港灯台、流通名
 ピンクシャンデリア)だ。露出を切り詰め、フラッシュのFP発光に頼って切り
 取った。足元付近はつぶれて、ほぼ写らない。釣り鐘状の花弁にキャッチラ
 イトが入り、生き生きと写る。続いて、サザンカ・ツバキ園に回った。10種類
 ほどのツバキが見られるが、強風のため花がだいぶ痛んでいる。
 (DC-G99 24-120mm相当)

       
 令和6年 3月20日(水) 晴れ 
春分の日 027_06
  殿ヶ谷戸庭園のブログを見ると、カタクリが103輪咲いたとある(蕾含む)。
 こういう定量的なデータが行く切っ掛けになる。これならば、はずれがない。
 国分寺崖線(こくぶんじがいせん)の南側の日当たりの良い斜面にカタクリが
 群生する。ただ、気温が上がらないと花弁が反り返ってこない。11時頃が良
 さそうだ。今回は、10時15分に、その現場に着いたが、まだシベが見えるまで
 花弁が反り返っていない。庭園をもう1周してくると、ちょうどいい感じだ。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 3月15日(金) 晴れ 026_06
  しばらくぶりに、神代植物公園に行ってみた。調べると6年ぶりだ。公園サ
 イトを見るとマメ科のヒスイカズラが見頃だという。公園に着くと、まず温室
 に向かった。明るい天井から、ぶら下がるので、逆光になる。そこで、外付
 けフラッシュを高速シンクロ(FP発光)させて切り取ることにした。鮮やか
 なエメラルドグリーンが浮かび上がる。その後、公園を一周したが、50万平
 方メートルもある公園だ。2.5時間もかかった。
 (DC-G99 24-120mm相当)

       
 令和6年 3月13日(水) 晴れ 025_06
  アンズ(杏)の花を求めて亀戸中央公園に行ってみた。今年の冬は暖冬なの
 だが、その割には花が遅いようだ。例年、咲いている時期だが、今年は、殆ど
 蕾の状態だ。といってもアンズは、蕾のうちが色が濃く、赤い萼とともにフォ
 トジェニックな被写体を提供してくれる。露出を気持ち抑え、その分をフラッ
 シュで補うと空は青く、蕾のピンク色も華やかになる。帰りは、明治通りを京
 成曳舟まで歩いた。12000歩を超え、スイーツ条件クリアだ。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 3月 9日(土) 晴れ 024_06
  目黒雅叙園での百段階段で開催中の「千年雛めぐり2024」に行ってみた。
 3月10日が最終日ということもあり、大変な混雑だ。30分ほど並んでやっと
 会場行きのエレベータに乗れた。7つの和室があり、有名な日本画家の絵画で
 装飾された和室が7つある。東京都指定文化財になっている建物だ。その各部
 屋に色々な人形か雛祭りを演出している。400カットほど撮らせてもらった。
 照明はあるものの、やはり暗く、F2.8通しのレンズで正解だった。スイーツ
 まで手が回らなかった。 (DC-G99 70-200mm相当)

       
 令和6年 3月 7日(木) 晴れ 023_06
  用事があって、午前中に一駅となりの松戸に出かけた。2月中旬にも来てい
 るが、その時のカワヅザクラは咲き始めだった。今日は、やや盛りを過ぎた
 ところだ。それでも十分に被写体になってくれる。ただ、色合いが濃くなり
 新鮮な感じが少なくなる。そこで内蔵フラッシュをマニュアルで、いっぱい
 に炊き込んだ。桜が明るく、青空との対比もいい感じになった。12時近くに
 なったので駅前のカフェでランチにした。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 3月 4日(月) 晴れ 022_06
  天気予報では、明日から雨で、また寒くなるようだ。その前に、一面のミモ
 ザを見たいと思い、清水公園の花ファンタジアに出かけた。開園とほぼ同時に
 入ったので、来園者は殆どいない。イングリッシュガーデンの入口と奥にミモ
 ザが数本ある。ちょうど見頃だ。ビタミンカラーの丸い花が房状に垂れ下が
 り、それが画面いっぱいになるように切り取った。10時半を過ぎると急に、
 来園者が増えた。ミモザの周囲の道は一方通行になるようだ。引き上げること
 にした。(DC-G99 24-120mm相当)

       
 令和6年 3月 2日(土) 晴れ 021_06
  スプリングエフェメラル(春植物)を求めて赤塚植物園に出かけた。都営
 三田線の西高島平駅を降りると地元よりもだいぶ寒い。20分ほど歩くと板橋
 区立赤塚植物園に着くが、花々はごく少ない。写真はミツマタだ。まだ、冬
 モードと言ったところだ。フクジュソウもほとんど蕾で、東京の東のはずれ
 よりも十日ほど季節が遅い感じだ。園内を2周して引き上げた。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 2月29日(木) 晴れ 020_06
  2月も終わりだ。銀行と郵便局をまわって記帳してから、都立水元公園に
 行ってみた。河津桜は3本しかないが、みごとに咲いている。ただ3本しかな
 いので一面のと言うわけにはいかない。できるだけ暗い林か青空をバックに
 して、淡い花弁の色を引き立たせたい。雲間に青空が覗くのを待って、1枝の
 河津桜を切り取った。空が明るいので、内蔵フラッシュの光量を調節するこ
 とで花を適正露光にもっていく。RAWから現像するときに、青の色味を少し
 落とせば桜が一層引き立つち春らしくなる。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 2月25日(日) 雨 019_06
  上野グリーンクラブで全国雪割草展が開催されている。お天気が崩れそう
 だが、今日が最終日だ。折りたたみ傘を持って出かけた。予想が当たり千代
 田線根津駅を出るとまもなく降ってきた。1階が即売会場で、2階が受賞作
 品などの展示会場になっている。写真は「月輪(げつりん)」という銘の
 標準花だ。花弁に見えるが、淡いパープルの蕚(がく)と葉の緑色がいい感
 じだ。20分ほどで約200カットを取り、雨がひどくなる前に引き上げ、途中
 下車して甘味処に寄った。(GX7Ⅱ、G MACRO 30mm/F2.8)

       
 令和6年 2月24日(土) 晴れ 018_06
  三ノ輪の千束神社に着いたのは、17:30だっだ。まだ明るい。今日の日没
 は17:33分だ。斜めになった行灯
(あんどん)直しながらを境内を一回りした。
 ただ、昨日は雨が降ったので、行灯はポリ袋が掛かっている。これは仕方が
 無い。17:45ごろから撮り始めた。参詣の人は殆どいない。日が暮れてから
 行灯の雰囲気がいい感じになる。カメラのホワイトバランスは、「晴れ」だ。
 ここで、オートホワイトバランスのまま撮ってしまうと、昼間の写真になって
 しまう。15分ほど撮って引き上げた。 (DMC-G8 50mm相当)

       
 令和6年 2月24日(土) 晴れ 017_06
  4日ぶりに晴れた。今日は、2カ所回る予定で午後3を過ぎてから出かけた。
 始めに向島百花園によった。ただ、土曜日の午後は人出が多い。植物の説明会
 もあり、長い列になっている。1時間ほどで引き上げ、三ノ輪の千束神社で開
 催中の地口行灯まつりに行った。東武東上線で、北千住まで行き、日比谷線に
 乗り換えれば2駅だ。三ノ輪の駅から千束神社まで約7分の距離になる。こち
 らは、見物の人が殆どいない。行灯なので灯りが入る日没後が、見所だ。
 (DMC-G8 24-120mm相当)

       
 令和6年 2月17日(土) くもり/晴れ 017_06
  今日は、暖かい。ニュースでは5月の陽気なるといっていた。昨晩の強風と
 相まって、梅が散ってしまうかもと思い、湯島天神に出かけた。予想通り、
 だいぶ散っている。女坂の紅白の梅は、何とか持ちこたえていた。これを撮ら
 せてもらった。人が途切れるのは10分ほど待ち。やっととれた1枚だ。1輪
 でも紅白に咲き分ける「思いのまま」を探すと3本ほど見つかった。丹念に
 さがせば、「思いのまま」の1輪を見つけることが出来る。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 2月17日(土) 晴れ/くもり 016_06
  早咲きのカワヅザクラ(河津桜)を求めて千葉県松戸市の坂川に出かけた。
 昨日は4月の陽気というニュースだったが、まだ、二分咲き程度だろう。咲い
 たばかりの枝先の数輪を狙って切り取った。PLフィルターがよく効く。ただ、
 逆光なので、内蔵フラッシュをマニュアルでやや強めに入れた。高コントラ
 ストに仕上がる。戸定が丘歴史公園にまわり、梅林を撮ってから松戸駅前の
 カフェで休憩にした。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 2月15日(木) 晴れ 015_06
  今年は、なかなか思ったようなセツブンソウの写真が撮れない。毎日のよう
 に公園のサイトや公式ブログをチェックしている。セツブンソウの開花情報は
 多いが、いざ行ってみると、どうもフォトジェニックではないところが多い。
 今回はブログ情報を頼りに都立石神井公園
(しゃくじいこうえん)に出かけた。
 野草観察園の2カ所で数株が見られる。この公園は隣接するようにして区の施
 設が多数ある。また、入り組んだ私有地に民家が点在するため、野草観察園
 は、入り組んだ細い道の先にあり、分かりにくい。
 (GX7Ⅱ、G VARIO マクロ 30mm/F2.8)

       
 令和6年 2月13日(火)
晴れ 014_06
  残照の中に五色桜橋と富士のコラボを撮りたいと思い、夕方になってから
 荒川の堤防に行ってみた。日暮里舎人ライナーの扇大橋駅下車、江北橋通を
 西(夕日に向かって)に15分ほど行くと歩道橋があり、これを登ると堤防の
 上だ。今日の日没時刻は17:20になる。日没時刻から20分を過ぎたあたり
 からの30分ほどが残照の撮影タイムになる。まだ、ビルの間に富士が見える
 貴重なスポットだ。-3EVの露出補正をして、ホワイトバランスは蛍光灯(昼
 光色)にすると幻想的な風景になる。自動露出やオートホワイトバランスの
 ままだと、昼間の写真になってしまう。一工夫して切り取りたい。
 (DC-G66 DG 24-120mm/F2.8-4.0)

       
 令和6年 2月11日(日)
建国記念日 晴れ 013_06
  セツブンソウとフクジュソウに期待して目黒自然教育園に出かけた。今年は
 特に花が小さく、上手く撮らせてくれない。ISO感度の設定を間違えて、200
 のままで撮ってしまった。通常オート(80~200)で撮っている。内蔵フラッ
 シュを使うと、自動的にISO 80になり、コントラストが上がるが、ISO 200で
 もう画像が、少しゆるくなる。その分を画像編集ソフトで、コントラストを上
 げると、今度は、ノイズが増える。コンデジの弱みは、高感度撮影に向かない
 点だ。やはり、コンデジに代わる小さく軽いマイクロフォーサーズの一眼が
 欲しくなる。この病気は毎年発症する。ワクチンはなさそうだ。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 2月 9日(金) 晴れ 012_06
  コンデジに代わる小さく軽いマイクロフォーサーズのカメラが欲しくなり、
 すでに生産終了している中古品を購入してみた。さっそく試し撮りに柴又に
 出かけた。ボディはまずまずだが、標準ズームレンズがよろしくない。広角
 側は使えるが望遠側(30~42mm)では、順光にも関わらず盛大にフレアが
 出る。ファインダーでも分かるほどで、PCのモニターでみると、使えない状
 況だ。たまには、はずれがある。
 (Panasonic GX7Ⅱ、G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6Ⅱ)

       
 令和6年 2月 6日(火) 小雨 011_06
  昨日の夜から降りだした雪は段々強くなった。今朝には止んだが、5cmほ
 ど積もっている。こんな日は、雪の牡丹苑に行くのか恒例になってる。
 お天気は、わずかに小雨が降っている。傘を差さない人もいるが、コンデジは
 濡れると、ひどい目に合うことになる。牡丹苑は、良い感じに積もっている。
 ただ、藁帽子の下は、暗いので補助光が必要だ。苑内を往復して300カットを
 撮った。11時を過ぎたので、上野駅の甘味処に寄った。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 2月 3日(土) 快晴 010_06
  今日は、節分だ。だからという分けでは、キンポウゲ科のセツブンソウを
 求めて都立野川公園に行ってみた。2カ所で小さな群落になっている。ただ、
 寒いせいか、あまり頭を持ち上げてくれない。また、このところ乾燥がひど
 く砂埃が白い花弁に着いて、あまりフォトジェニックではない。それでも何
 とか園路から近いところに形の良い2輪を見つけ、コンデジを支える左手の甲
 が地面に着くくらいの超ローアングルから切り取った。一眼に望遠マクロを
 付けたカメラマンもいたが、ここまでのローアングルは出来ない。コンデジ
 が有利だ。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月30日(火) 快晴 009_06
  暖かくなってきた。そろそろセツブンソウが見られる時期だ。西多摩郡瑞穂
 町の耕心館に行ってみた。電車と徒歩で2時間半ほどだ。野草園では、ちょう
 ど咲き始めのだった。少し早いかもしれない。写真は耕心館の隣の けやき館
 でゆっくり回っているループウィング型風車だ。発電量は多くないようだが、
 風切り音が殆ど無い。威圧感も少ない。青空にくっりに映える姿を見ると、
 つい撮ってしまう。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月26日(金) 快晴 008_06
  朝から快晴だ。ただ風が強く寒い。こんな日は、江戸川の土手から富士山が
 見えるはずだ。朝食後すぐに出かけた。すべて徒歩だ。写真は、葛飾大橋の中
 程から見たスカイツリーと富士山だ。手前に江戸川が広がる。約440mの橋を
 渡り、矢切の方に回った。矢切に行くとケーキラボ・マグネットというカフェ
 に吸い寄せられてしまう。お茶の後、中矢切のネギ畑の脇を進むと江戸川の土
 手になる。今度は新葛飾橋を渡って12時すこし前に、帰宅した。16600歩に
 なった。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月24日(水) 快晴 008_06
  この冬一番の寒波が来ているという。朝6:30に干した洗濯物が凍りそうだ。
 早咲きの梅を求めて皇居東御苑に出かけた。梅林坂付近にたくさんの梅が見ら
 れる。写真は、冬至という種類の白梅だ。数カット撮らせてもらった。梅林坂
 をのぼり、江戸城本丸跡に着く。このあたりから外国人が多くなる。10時半
 過ぎると、人手が多くなる。そのまま大手門から出て千代田線で帰宅した。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月22日(月) 晴れ 007_06
  午前中に亀戸中央公園に出かけた。オトメツバキは、まだ蕾だが、公園のC
 地区に咲くサザンカの「笑顔」が満開だ。数カット撮らせてもらった。公園を
 1周してから、京成曳舟駅まで明治通りを歩いた。13000歩になった。カフェ
 で休憩にした。(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月18日(木) 快晴 006_06
  温室の花々を求めて新宿御苑に出かけた。写真は、大温室に置かれた花手水
 (はなちょうず)。この頃、植物園や庭園などで見かけることが多くなった。
 水盤に、切り花を浮かべたものだが、センスの善し悪しが出てしまう。これ
 は適度に隙間があり好い感じなっている。右上は、ベトナムツバキ、赤と白の
 球状の花は、マメ科のカリアンドラ・ハエマトケファラのようだ。和名は合歓
 のはずだ。2時間ほど歩いて1万歩を超えた。 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月15日(月) 晴れ 005_06
  早咲きの梅に期待して、向島百花園に行ってみた。写真は、園の入口外側に
 咲く一重寒紅(ヒトエカンコウ)だ。露出を1段不足にして、その分を内蔵フ
 ラッシュ(-1EV補正)で補った。内蔵フラッシュでも1/200秒までならシン
 クロする。背景は暗く沈み、一重寒紅が浮き上がる。帰りに道、高砂駅で途中
 下車して、パティスリーに寄った。
 (DC-G99、24-120mm相当 )

       
 令和6年 1月13日(土) 晴れ 004_06
  折り紙会館のサイトのギャラリーコーナーが更新されていた。湯島天神と
 結んで出かけてみた。2階のギャラリーは9:30に開店する。10時少し前に到
 着した。昨年12月10日にも来ているが、大きく展示物に変わったところは見
 られない。写真は、1階ギャラリーの十二単(じゅうにひとえ)と題された高
 さ15cmほどの紙人形だ。撮影OKだが、これにはプライスタグも付いている。
 また、ガラスに周囲の光源が反射して、正面から撮りにくい。少し右上から
 撮るようにして、何とか画面に入らないようにした。
 (COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月 7日(日) くもり 003_06
  隅田公園と牛嶋神社などで開催中の「東京下町回遊・竹あかり」というイベ
 ントに行ってみた。17:00点灯なので、16時を過ぎてから出かけた。都バス
 1本で行ける。穴に開けた竹筒を組み合わせたオブジェや竹で編んだ籠などが
 ライトアップされ、幻想的な雰囲気だ。特に牛嶋神社の参道に置かれたオブ
 ジェが秀逸だ。30分ほど撮り、17:30のバスで帰宅した。ところで、隅田公
 園は、隅田川左岸の墨田区の公園と隅田川右岸の台東区の公園に分かれる。
 (DCM-LX9)

       
 令和6年 1月 5日(金) 快晴 002_06
  今日は、今年最初の「燃やすごみ」の日だ。年末からの大量をごみを集積場
 所に持って行った。洗濯物を干してから、ロウバイに期待して水元公園に出か
 けた。公園の北の外れにロウバイが数本あり、咲いている。枯れ葉が落ちない
 で枝に残っているので、ちょっと騒がしい感じだ。蝋細工のような花弁の輝き
 を撮りたい。ほぼ1万歩になった。帰りはバスにした。
(COOLPIX P7700)

       
 令和6年 1月 2日(火) 晴れ/くもり 001_06
  1月2日は、上野東照宮牡丹苑に行くことが恒例になっている。今年も出か
 けた。新型コロナが5類になり、自由に出歩けるようになったが、牡丹苑は比
 較的すいている。ただ、あまり出来は良くないようだ。昨年の異常気象のため
 だろう。苑内を2周して、上野駅ビルの甘味処に寄ろうとしたが、列が出来て
 いる。外国人も多い。ここは、そのまま引き上げることにした。夕方TVを見
 ていると羽田空港の大事故を生中継していた。今年は、新年早々、大災害や
 重大事故が続く。(DC-G99 24-120mm相当)

Diary <Top>   <Home>