<例 88_5 霜柱全景



<例 88_6 10月_霜柱


 

 
  マイクロ一眼 コンデジ   コメント
作 例   大量撮影術で撮るので、ローアングル
 に対応した三脚は必需品だ。
 元の縦横比は共に 3:4 だが、左右を
 トリミングし 5:6 の四つ切りのフォ
 ーマットにした。
拡 大
( 等 倍 )
 上の写真の一部を等倍に拡大した。
 清水公園のシモバシラの結晶は繊細
 で、シルクの糸を束ねたような光沢
 がある。水元公園ではやや荒いが、
 力強く成長した感じが伝わる。
撮影日時 平成23年1月10日 9:48 平成24年1月4日 9:18  
撮影場所 千葉県清水公園 都立水元公園  
 カメラ Panasonic G1 Canon G12  
 レンズ 200mm相当   100mm相当   クローズアップレンズNo.2 使用※1
 天 候 快晴 斜順光 快晴 日陰   
 外部フラッシュ なし 使用、接写モード、覆面   フラッシュのマクロモード
 撮影モード A:絞り優先  A:絞り優先  
露 出   f 6.3 1/200秒
ISO 100
 f 6.3 1/15秒
ISO 80
  ISOは、どちらも最低感度とした。
 ホワイトバランス オート オート  ともにAWB
露出補正  なし  -0.7EV  
保存形式 RAW RAW  RAWの方が繊細な写真には向く
撮影枚数  18  30  1枚のために撮った枚数 大量撮影術 
編集 露出補正  -0.5EV +0.2EV
 画像編集ソフト

 
SYLKYPIX Develper Studio Pro
 
氷の結晶だが、柔らかさを表現
   したいので色温度を少し高めた
 編集シャープネス  ナチュラルファイン
(+1)
 強調(+3)
  編集 色温度  補正なし  5200 → 5400K
 
 <解 説>
  白いモノを白く写すには、プラスに露出補正するのが一般的だが、今回のテーマでは
 ハイライトが飛んでしまうと作品になりにくい。2つの作例とも画像編集も含めて結果
 的に -0.5EV(絞り相当)のマイナスの露出補正※2をしている。
  水元公園では被写体と約20cmの距離で撮影した。フラッシュの光量を絞りきれな
 いので、覆面
※3を付けている。また、正面からの発光なので陰影に欠けるため、編集
 ソフトでシャープネスを強めに掛けている。
  作品としては、好みの問題もあるが斜順光で陰影を活かして、氷の光沢や柔らかさを
 一眼で切り取り、編集ソフトで微調整した清水公園の霜柱を推薦したい。
 
 <まとめ>
  太陽の低いうちの自然光を利用して陰影を付け、やや不足気味の露出で狙う(または
 編集する)。曇りなら、ごく弱くフラッシュを入れ、画像編集ソフトでシャープネスを
 強めにすると良い作品になるだろう。

 ※1 撮影技法No.56 参照
 ※2 撮影技法No.27 参照 ただし、受光角1度程度のスポット測光を適切に使う場合は、この限りではない
 ※3 撮影技法No.75 参照


撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る 


撮影技法 No.88 繊細な霜柱を撮る   cf.1月上旬

ついでにウォーキング

 今回は、霜柱をマイクロフォーサーズのミラーレス一眼とコンデジで撮影した2つの作例を比較検討することで、霜柱を美しく撮る方法を検討した。<例 88_5> は
1月上旬のシモバシラの写真だ。枯枝の根本に白いモノが付着しているようにしか見えないが、ぐっと近寄ると繊細で美しいシモバシラの氷の結晶が見えてくる。