2.解 説
(1)背景色を活かす
   洋ランの背景が濃い色の布やボードで装飾されている場合は、積極的に活用したい。
(2)背景をぼかす
   背景が雑多な場合、被写体と背景の距離があり使用レンズが明るいときに活用できる。
  条件が色々あるが、馴れれば直感的に分かるはずだ。レンズの絞りはあまり絞らずに思い
  切り近寄って撮影したい。
(3)画面を花で埋める full flower と名付けたい
   ひとつの鉢に多数の花が密生するときは、これだけを写して背景を入れない。
(4)背景をアンダーにする
   ライトを上または横から当てて撮る方法だ。被写体は適正露光だが、光が十分届かない
  背景は露出不足になり暗くなる。花の色が淡色のときは特に有効だ。

3.ま と め
 被写体毎に背景処理の方針を考えてから撮るようにしたい。それだけで作例と同様の写真が比較的簡単に撮れるはずだ※6












<例_1 夢の島ラン展



<例_2 LEDフラットライト


   
背景の処理
コメント   作 例  
1.背景色を活かす  背景の装飾用の布やボード
 の色を利用する。
 
2.背景をぼかす  長めのレンズを使用し、あまり
 絞らず、ぐっと近寄る。
 100mm相当のマクロレンズなら
 ベストだがズームレンズ+クローズ
 アップレンズでも十分だ※3
 
3.背景を入れない
 画面を花で埋める
 被写体との接触に注意※4
 
4.背景を露出不足
にする
 花だけを明るく。
 フラッシュよりもLEDフラットライト
 が適しているようだ※5
 ライトをカメラから離して陰影を確
 認しながら使いたい。
   
撮影技法 目次 に戻る <Home>に戻る   


撮影技法 No.90 洋ランを撮る 背景処理  

cf1月下旬 2月上旬 

ついでにウォーキング

 毎年2月には東京ドーム
で「世界らん展」が開催される。TVのニュースや新聞で見ることはあるが、賑々しい
場所は苦手で、行ったことがない。

※1 ここでは、植物全体を生育環境も含めて写す図鑑的撮影は馴染まない。半人工的な造形美の世界だ。
    それに相応しい撮り方がある。
※2 撮影技法 No.55 花を撮る(その13) 直接的表現の (1)色彩・色調的表現、(2)造形的表現を意識して撮影

※3
 撮影技法 No.78 マクロレンズに迫る 参照
※4 鏡胴を繰り出すレンズでは特に注意が必要だ。鏡胴が伸びないインナーフォーカスレンズは使いやすい。

※5 フラッシュのスレーブ発光を利用して立体感を出すこともできるが、陰影を直接目視できないことと展示会
    では1カ所に長時間止まれないのでLEDフラットライトが適しているようだ。

※6 撮像素子の小さいコンデジでは、「ぼかす」 ことが、やや難しい。

 展示会などで見かける洋ランは植木鉢などで育てられ、自然のままというモノはない※1
展示方法も主催者の考えや会場の都合により、人工的なレイアウトになっている。被写体は、数種類のランでアレンジされたものか、1輪から数輪のアップが中心になり、撮影する場合は背景の処理の良否が作品に影響することが多い。そこで、今回は背景の処理方法を4つに分類して、アップの撮り方を作例とともに紹介したい。

1.背景処理方法の分類と作例 ※2