バラは、その豊かな色彩や微妙なグラデーション、そして造形美まで持ち合わせた被写体で、これまで紹介した撮影技法を十分に駆使することができる。同時に美しさを表現するには、まだまだ研鑽(けんさん)が足りないことを思い知らされる。雨上がり谷津バラ園で撮影した3点をを取り上げ、留意点とテクニックを紹介したい。

【共通条件】
LUMIX G1 , 45mm(90mm相当)マクロ ISO 100 , WB:曇り、絞り優先モード
※1
 すべてマクロレンズ※3で撮影している
撮影技法 No.38 参照 )。 また、混雑が予想されるため一脚を使用した撮影技法 No.31 参照 )。 バラは背が高いので撮影は楽だ。

【作例解説】
<例 76_1> プリンセス ドゥ モナコ
 説明板には、「モナコ公国の王妃のグレースケリーを偲ばせる花です。」 とある。花びらの輝く白から覆輪のピンクに至るグラデーションと華やかさがモチーフになっている。
シャッタースピードの制約にもよるが、被写界深度を大きく取るため絞りは、f 8 にした。
被写体の横から、覆面フラッシュを入れて水滴の輝きと花びらの透明感も演出した。  <撮影データ> f 8、1/160秒 、外部フラッシュ使用

<例 76_2>ケニギンベアトリックス
 オランダのベアトリックス女王に捧げられた薔薇だという。開放絞りで後ボケを狙ったように見えるが、むしろ手前の1輪の花びらの造形美に焦点を当てている。
ピント位置は花の真に合わせている。光沢のある花びらに露出が合っているので、背景は暗く沈み、オレンジの花が一層浮き出ている。
 <撮影データ> f 2.8 、1/400秒

<例 76_3> チェリッシュ
 大きく ボカした背景 に、ピンク色の花びらが浮かび上がり、水滴がアクセントになっている。開放絞りだが、f 4 まで絞ると途端に背景がうるさくなってしまう。 大量撮影術で条件を変えながら20カット撮った中の1枚だ。cherish とは、大切にするという意味だ。
この薔薇を育て上げた人たちの情熱が伝わるような1枚にしたいと思った。
 <撮影データ>  f 2.8 、1/1000秒

※1 大部分を絞り優先モードで撮っている。デジカメには、シーンモードとかシーンセレクション(SCN)
    というモードがある。 カメラメーカーが撮影状況に合わせて用意した設定だが、これらは殆ど使わ
    ない。これらのモードは、メーカーの想定内の状況では、それなりに働くが、想定範囲外※2では、
    かってに、ISOや露出が変化したり、フラッシュが発光したりと、かえって邪魔になる。

※2 原理原則を正しく理解し、時々訓練しておけば想定外の事態でも大きな失敗はしないで済む。

※3 作例写真は、すべてマクロレンズで撮影している。ピントの合ったところは、クリアで高い解像を示し、
    周辺に向かって徐々にボケていく素直な描写をしてくれる。中望遠のマクロレンズ特有の描写だ。
    ついでにウォーキングはコンデジを多用するが、コンデジのクローズアップモードでは、ここまでの
    描写は望めない。

撮影技法 No.76 秋のバラを撮る  中望遠マクロが本領発揮

cf10月下旬 

ついでにウォーキング











< 例 76_1 プリンセス ドゥ モナコ



< 例 76_2 ケニギン ベアトリックス



< 例 76_3 チェリッシュ

 






撮影技法 目次 に戻る  <Home>に戻る