平成22年12月25日(土) 晴れ 23_22
  向島百花園から吾妻橋に向かう途中、堤通から奥まったところに、ひっそりと
 営業するカフェに立ち寄った。白玉ぜんざい葛胡麻豆腐
(抹茶付き)を注文した。
 抹茶の渋みに葛胡麻豆腐の仄
(ほの)かな甘みがちょうど合う。白玉は注文が入っ
 てから茹でるので少し待つが、ぜんざいの甘みとつるんとした食感が心地好い。
 甘味処に寄るときは、昼食を調節することにしている。 (^^ゞ

                
 平成22年12月19日(日) 曇り 22_22
  日本橋を飾る麒麟(きりん)のブロンズ像だ。東京の繁栄を現すといわれる。
 ウシ目キリン科の哺乳類のキリンではなく 想像上の動物だ。「形は鹿に似て大きく、
 尾は牛に、蹄は馬に似、背毛は五彩で毛は黄色。頭上に肉に包まれた角がある。
 生草を踏まず生物を食わないという。」(広辞苑)
  麒麟の出現は聖人が生まれる前兆といわれるが、世のお父さん達が、この名を
 冠したビールを愛飲するのは、賢い子どもを望んでのことかもしれない。応援した
 いが、下戸(げこ) の ついでにウォーキング は力になれそうもない。

.
                 
 平成22年12月12日(日) 晴れ 21_22
  横十間川の向こうに東京スカイツリーがシャープペンシルのように立っている。
 シャープペンシルは早川金属工業の創業者、早川徳次 氏が大正4年に発明し、
 早川式繰出鉛筆
として特許を取得した筆記用具だ。ever-ready-sharp pencil
 名称でアメリカで大ヒットしたという。早川金属工業は後に、社名をシャープペンシル
 に因(ちな)んで SHARP と変更する。(SHARP株式会社の社史より)
  今日も東京スカイツリーは、繰り出されるように伸びている。

                
 平成22年12月5日(日) 晴れ 20_22
  四谷怪談で有名なお岩稲荷の社(やしろ)が、新宿区左門町の於岩稲荷田宮
 神社
陽運寺に祀られている。両者は道を挟んで斜向かいにある。
  陽運寺には、於岩稲荷霊神という大きな幟(のぼり)が並び、境内には心願成就
 の石、お岩様縁(ゆかり)の井戸等が賑やかに鎮座し、お岩さんは縁結びの霊神
 
として祀られている。しかし、墓は西巣鴨の妙行寺(みょうぎょうじ)にある。
  一方、田宮神社は、幟こそ奉納されているが、いたって簡素だ。ちなみに、田宮
 家は現在も続いているという。 怨念を抱いて亡くなった人びとを祀り、鎮めるのは
 神社が相応しい。写真は田宮神社。

               
 平成22年12月1日(月) 曇り 19_22
  ブログで、ときどき意見を交わす通りすがり氏の通勤写真術を真似てみた。
 青いLEDの光の流れに浮かび上がる水香江の紅葉は、まさに幽玄の世界だ。
 最新技術に復活した清流 と 漆黒の闇に浮かぶ紅葉が創り出す幻想の空間に
 柳沢吉保も舌を巻いていることだろう。

  都立六義園のライトアップ期間 11/19~12/5 まで、日没~21:00 (平成22年)

                
 平成22年11月21日(日) 晴れ 18_22
  長谷山本土寺という寺号は、建治三年(1277年)に日蓮聖人から授かったという。
 本土とは、離島に対する本土(一国のうちで中心となる国土)という意味ではなく、
 仏や菩薩の住する国を指すという。つまり、極楽浄土のことだ。
  ワンコイン(入場料500円)で極楽に行くことができる。しかも、簡単にこの世に戻る
 ことができて有り難い。年に数回極楽に行くことができる。
  写真は、平成3年に完成した五重塔だ。
                
 平成22年11月 19日(金) 晴れ 17_22
  ゲゲゲの鬼太郎の故郷の調布市には、深大寺の参道脇に鬼太郎茶屋がある。
 写真は妖怪喫茶コーナーで注文した目玉のおやじ栗ぜんざいで、目玉のおやじ
 に見立てた求肥を浮かべてみたところだ。
  妖怪甘味に癒される人もいるかもしれないが、「なまけ者になりなさい。」という
 水木しげる氏のことばが印象に残った。努力を重ね88歳にして、文化功労賞を
 受賞した人だからいえる言葉かもしれないが、来年のモットーはこれにしたい。

                 
 平成22年11月 13日(土) くもり 16_22
  新宿御苑では、新宿門からフランス式整形庭園へまっすぐにのびた見通し線を
 スタライン
といっている。Vistaとは展望、眺望の意味で、(狭く長い通りなどを通し
 て見た)見通しのきく街路などに用いられる。
  Windows Vistaは、ひどくお節介で遅く、見通しの利かないOSだ。そこで、そろ
 そろ初期トラブルの叩き出しの終わったWindows7に更新することにした。
 Windows7に対応していないアプリケーションをアップデートしてから、バンドル品の
 Ultimateをインストールした。快適だ。
 ちなみに名前はだが、内部バージョンは6.1だ。サブPCも近くアップデートする。

                
 平成22年11月 7日(日) 晴れ 15_22
  コースNo.1をたどって千葉県の市川市動植物園に行ってみた。
 写真はカピバラの親子だ。左が母親のロゼ、右が生後6ヶ月の息子でアインという。
 和名はオニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)、最大級のネズミの仲間だ。5分ほど見て
 いたが、親子とも殆ど動かない。ただ、耳だけは頻繁に動かしている。見守っている
 姿なのだろうか。
  父親のペエーは、少し離れたところをウロウロしている。イクメン(子育てをする
 父親)ではなさそうだ。

                
 平成22年10月31日(日) 雨 14_22
  時折、小雨がぱらつくが、東京都足立区の青和バラ公園に行ってみた。つくばエ
 クスプレスの青井駅から西へ徒歩5分ほどの小さな公園だ。
  時期的には見頃を過ぎていたが、シンプリーヘブンが数輪咲き初めだったので、
 これを数十カット撮影した。別にフラッシュを用意していたので、内蔵フラッシュに
 加えて、スレーブ発光による多灯技術を利用して、水滴にキャッチライトを入れ
 花びらには少し陰影を付けて立体感を出すことができた。

                   
 平成22年10月24日(日) 晴れ 13_22
  小平市の東京都薬用植物園の周辺を歩いてきた。
 園内の植物を見るだけで、生物多様性生物資源などと難しいことを言わなくとも、
 素直に植物の有り難さが分かる。 cf.特集 都立薬用植物園(10月)
  花が少なくなるこの時期でも、30種類以上の花や実の写真を撮ることができた。
 ヘビウリの花は、その実から想像できない繊細さを見せる。公立の薬用植物園で
 無料だが、手入れもしっかりされて、侮りがたい存在だ。
  難点は、東大和市駅に隣接し徒歩2分なので、歩数が伸びない点だ。

                  
 平成22年10月24日(日) 晴れ 12_22 その2
  薬用植物園は、平成17年の行政評価でその在り方が見直され、一時存続の危機
 にあった。地元では、薬用植物園を存続させるための市民運動も始まっている。
  平成22年10月には、名古屋でCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が開
 催されるなど、生物多様性や生物資源の保護は時代の要請だ。
 薬用植物園は昭和21年から脈々とこれらの課題を担ってきた貴重な存在でもある。
  今後とも、薬用植物園の重要性は増すことが予想され、行政には目先の効率だけ
 でなく、百年の計を見据えた判断を求めたい
。 cf. 番外編 東京都薬用植物園

                
 平成22年10月16日(土) くもり 11_22
  上野公園を歩いてきた。動物園も2周ほどしてみた。動物の生態は実に面白く、
 園内だけでも300枚も写真を撮った。
  ところで、写真は帰り道に寄った甘味処の小倉あんみつだ。小倉あいすは、卵や
 牛乳を使用しないさっぱりした口当たりが特徴だ。蜜は、夏場は白蜜の割合が多く、
 冬は黒蜜が多くなるという心憎い演出をする。 今日は、もう冬バージョンになって
 いた。ついでにウォーキング一押しの甘味だ。
 
                       
 平成22年10月11日(月) 晴れ 10_22 体育の日
  今回は90mm相当のマクロレンズを一眼に付けて千葉県野田市の清水公園
 持ち出した。久しぶりの出番だが、何とか言うことを聞いてくれた。
  水滴が美しい花は、オオバヤドリギノボタンだ。毎朝9時20分頃に園の職員が、
 スコールのように温室内に散水するので、その直後に行けば、たっぷりと水滴の
 付いた花々に会うことができる。 写真でも、早起きは三文の得のようだ。
                
 平成22年10月7日(木) 晴れ 9_22
  仕事を午前中で切り上げて半日休暇を取り、都立向島百花園萩のトンネル
 見に行った。平日だが、人出が多くてトンネルを上手く表現できない。
  写真は、トンネルから少し離れたことろのミヤギノハギ(宮城野萩)の落葉低木だ。
 高さは2メートルに満たないが、良く手入れされて、こんもりと仕上がっている。
  これならおはぎに見える。
                
 平成22年10月2日(日) 晴れ 8_22
  夏が長かったせいか、花期が遅れる植物が多いようだ。10月になって、やっとミズ
 アオイ
(水葵)が咲きだした。
  やや逆光気味にして、フラッシュを少し入れて撮ると花びらが一段と鮮やかになる。
 市川市万葉植物園はJR武蔵野線のすぐきわにある。背景には金網と線路と架線
 があるので、レンズの絞りを開放(f 3.5)にしてボカしている。見えるとおりに写さない
 ことも写真技法のひとつだ。  cf撮影技法No.37
 
                    
 平成22年9月26日(日) 7_22 水元公園
  カリガネソウ(雁草)だが、風があってフレームに収まらないし、ピントも合わない。
 そこで、撮影技法 No.12花を撮る(1) を活用し、動きを止めて写した1枚だ。
  使用しているコンパクトデジカメは1/500秒でもシンクロする。 といっても、レンズ
 先端から約 5cmに被写体があり、少しの風でも大きく揺れる。満足のいくカットは、
 30枚撮って1枚だけだっだ。
                
 平成22年9月19日(日) 晴れ 6_22
  草冠に秋と書くとハギ(萩)である。
 「 マメ科ハギ属の小低木の総称。夏から秋、多数総状に紅紫色または白色の蝶形
 花をつけ、のち莢(サヤ)を結ぶ。」  「 」 は広辞苑より
  おはぎは萩の餅という女房言葉から出ている。「 煮た小豆を粒のまま散らしかけ
 たのが、萩の花の咲きみだれるさまに似るのでいう。」
  和英辞典では a rice cake covered with bean jam である。おはぎの構造の説明
 で、あまり食指は動かない。

                
 平成22年9月18日(土) くもり 5_22
  葛西神社の例大祭の宵宮(よみや)に行ってみた。今回もナイトウォーキングだ。
 夜店も多数あり、神楽殿ではお囃子(はやし)に合わせてひょっとこが軽妙に踊って
 賑やかだ。ひょっとこの剽軽(ひょうきん)な仕草をしばらく眺めていた。
                                   cf撮影技法No.35  f.撮影技法No.36
   葛西神社  東京都葛飾区東金町6-10-5  葛西囃子発祥の地
   ひょっとこ  火吹き男からの転という。火を吹くときの顔つきから。 
           お面を取ると女性だった。

 
               
 平成22年9月11日(土) 晴れ 4_22
  埼玉県行田市(ぎょうだし)の水城公園周辺をウォーキングした。
 あおいの池では、薄紫のホテイアオイ(布袋葵)がほぼ満開だ。大群落の一日花
 満開に遭遇できたのはラッキーだ。  cf撮影技法No.34

  一日花 ( 読み方 いちにちばな )
   咲いた花がその日のうちにしぼむ花。ハイビスカス、朝顔など

                
 平成22年9月 4日(土) 晴れ 3_22
  日中はあまりに暑いので、荒川土手のナイトウォーキングに行ってみた。
 川風は涼しくなっている。夕暮れ時の東四つ木避難橋は葛飾ハープ橋を撮影する
 絶好のスポットだ。
  RAWからの現像の時に、水面に映る街路灯を浮き立たせるとともに、秋の夜空を
 強調するために、青を強めにした。  cf撮影技法No.33
                
 平成22年8月29日(日) 晴れ 2_22
  モンブラン 登山は無理だが、アイスコーヒーがあれば征服は容易(たやす)い。
 文京区 播磨坂(はりまざか)のパティスリーにて  ケーキセット¥1,084 

  モン‐ブラン【Mont Blanc フランス】
  (「白い山」の意)アルプス山脈中の最高峰。海抜4807m。フランス・イタリア両国の国境にそびえ、
  山頂は花崗岩から成る。万年雪に覆われて多くの氷河が流下している。山麓に登山基地シャモニの
  町がある。

               
 平成22年8月22日(日) くもり 1_22
  写真を保存するパソコンのDドライブを500GBから2TBに更新した。2TBのハード
 ディスクでも、バルク品なら1万円を切る時代になった。取り回しもスダレケーブルが
 シリアルになったので簡単だ。データの引越の方が時間が掛かる。
  取り外したHDDはフォーマットして、たまにテレビの録画用として使用していたGドラ
 イブに転用した。
  写真は、テレビ番組保存用の旧Gドライブ320GB  cf機材の紹介
Diary22<Top>へ   <home>に戻る

ときどき Diary 22  ( 平成 22年,23年24年 25年26年27年28年29年)  

ついでにウォーキング